アフィリエイト広告を利用しています

IPFS(InterPlanetary File System)とは?特徴・メリット・HTTPとの違いを徹底解説

IPFS(InterPlanetary File System)とは?特徴・メリット・HTTPとの違いを徹底解説

スポンサーリンク

IPFSってなにだろう、仮想通貨ファイルコイン(FIL)との関係は、FILは日本で買えるかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

IPFS(InterPlanetary File System)は、次世代の分散型ファイルシステムとして注目されています。

インターネットの仕組みを根本的に変えてしまうのではないかと期待されています。

従来のHTTPとは異なり、P2Pネットワーク上で動作し、データの保存と共有を効率的に行います。信頼性の高い方法であらゆる種類のファイルを保存するためのプロトコルで、web3、ブロックチェーンや仮想通貨と深く関係しています。

ファイルコイン(FIL)は、IPFSを活性化させるために開発されました。開発者は同じくProtocol Labsです。

仮想通貨FILは日本のGMOコインで買えます。

この記事では、IPFSの特徴、メリット、HTTPとの違いとファイルコイン(FIL)とはを徹底解説します。

この記事でわかること↓

  • IPFSとは、
  • IPFSの特徴と仕組み
  • HTTPとの違い
  • ファイルコイン(FIL)とは

仮想通貨ファイルコイン(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

IPFS(InterPlanetaryFileSystem)とは?

IPFS(InterPlanetary File System)とは、分散型の新世代ファイルシステムで、従来のHTTPに代わる可能性を秘めた技術です。インターネット上の情報を効率的に保存・取得するためのプロトコルとして開発され、データの永続性とアクセスの高速化を実現します。IPFSは、ブロックチェーン技術と似た分散型ネットワークを活用し、各ノードがデータの一部を保持するため、中央集権的なサーバーに依存せずに情報を取り扱うことが可能です。これにより、情報の冗長性が高まり、ネットワークの耐久性や安定性が向上します。

IPFSの基本的な概念

IPFS(InterPlanetary File System)とは、分散型の新世代インターネットプロトコルで、データの格納と取得方法を一新した革新的なシステムです。従来のHTTPに代わる新たな手段として注目を集めています。

IPFSの最大の特徴は、データの格納場所を特定のサーバーではなく、ネットワーク上の全てのノードに分散させる点。これにより、単一のサーバーがダウンしてもデータへのアクセスが可能となり、高い耐障害性を実現しています。

また、データは一度ネットワークにアップロードされると、それがどこからアクセスされても同じ内容を保証する安全性も確保しています。これらの特性から、IPFSは次世代のインターネットインフラとして期待されています。

IPFSが開発された背景

IPFSの開発背景には、現行のWeb構造の問題点を解消するという強い意志が存在します。現在のWebはHTTPをベースに中央集権的な構造を持っていますが、これにはサーバーへの過度な依存や、情報の一部が欠落した場合に全体が利用できなくなるという欠点があります。また、一部地域での接続が困難になるなど、情報アクセスの不平等も問題視されています。これらを解消するため、分散型のWebシステムとしてIPFSが開発されました。IPFSは、情報を全ノードが保持し、必要な情報を最も近いノードから取得することで、これらの問題を克服しています。

IPFSの特徴

IPFS(InterPlanetary File System)は、分散型のファイルシステムであり、その特徴は一言で言えば”中央集権的なサーバーに依存しないデータのやり取り”です。従来のHTTPとは違い、IPFSはピアツーピア(P2P)ネットワークを活用。これにより、ユーザー間で直接ファイルを共有することが可能となります。また、IPFSはデータの重複を防止する仕組みを持っており、同じデータがネットワーク上に何度もアップロードされることを防ぎます。これにより、データの効率的な管理とネットワークの負荷軽減が可能となります。さらに、IPFSはオフライン環境でも機能するため、インターネット接続が不安定な地域でもデータのやり取りが可能です。これらの特徴により、IPFSは次世代のインターネット基盤として注目されています。

IPFSの仕組みとは?

IPFSとは、分散型のファイルシステムで、インターネットの新たな形を提案する技術です。従来のHTTP方式では、データは中央集権型のサーバーに保存され、そのサーバーからデータを取得する形となります。一方、IPFSはピアツーピア(P2P)方式を採用し、各ノードがデータを保持・共有することで情報の流通を行います。これにより、サーバーがダウンしても情報を取得できる耐障害性を持つと共に、データ取得の効率性も向上します。また、IPFSのデータはハッシュ値で管理されるため、データの改ざんが困難で、セキュリティ面でも優れています。

IPFSの主な機能

IPFSの主な機能は、データの分散保存とパーマネントウェブの実現です。IPFSでは、データをユニークなハッシュ値に変換し、そのハッシュ値を用いてデータの取得や保存を行います。これにより、データの重複保存を防ぎつつ、データの取得が容易になります。また、パーマネントウェブとは、データが永久に存在し続けるウェブのことを指します。IPFSはこのパーマネントウェブを可能にする技術で、一度ネットワークにアップロードされたデータは削除されることなく、常にアクセス可能な状態を保ちます。これにより、データの永続性と可用性が向上します。

P2Pネットワークとは

IPFS(InterPlanetary File System)は、P2P(Peer-to-Peer)ネットワークを基盤としています。これは、「個々のコンピュータが直接、対等に通信するネットワーク」を指します。

P2Pネットワークの特徴は以下の通りです:

  1. 分散性: 各コンピュータ(ピア)が直接通信を行うため、一部のコンピュータが故障してもネットワーク全体が機能し続けます。これは、一部のサーバーがダウンしても他のピアからデータを取得できるという意味です。
  2. スケーラビリティ: ネットワークに新しいピアが追加されると、そのピアが新たなデータのソースとなり、ネットワークの全体的な帯域幅が増加します。これにより、大量のデータを効率的に配信することが可能になります。
  3. 耐障害性: データがネットワーク全体に分散されているため、一部のピアが故障したり、接続が切断されたりしても、他のピアからデータを取得することができます。

これらの特徴により、IPFSはウェブの分散化を実現し、データの永続性、耐障害性、高速性、セキュリティなどを向上させることができます。ただし、P2Pネットワークは適切な管理とセキュリティ対策が必要となります。

仮想通貨ファイルコイン(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

IPFSのメリット

IPFSのメリットは数多く存在します。IPFSのメリットについて以下の順で解説します。

  • 耐障害性
  • 耐改ざん性
  • 耐検閲性
  • 負荷分散

これらは、従来のHTTPと比較してIPFSが優れている点と言えるでしょう。IPFSが分散型であるがゆえのメリットです。

耐障害性

PFSは、データを複数のノードに分散して保存するため、一部のノードが故障してもデータの取得が可能です。これにより、システム全体の耐障害性が向上します。

例えば、一般的なクラウドストレージサービスが障害を起こした場合、データへのアクセスが一時的に遮断されることがありますが、IPFSではそのような問題が発生しにくいのです。

耐改ざん性

IPFSとは、インタープラネタリーファイルシステムの略で、分散型のファイルシステムを指します。

IPFSでは、データに対してハッシュ値を生成し、それをアドレスとして使用します。このハッシュ値はデータの内容から計算されるため、データが改ざんされるとハッシュ値も変わります。したがって、改ざんがあった場合、それを容易に検知することができます。これにより、データの信頼性が高まります。

耐検閲性

PFSのデータは分散されているため、特定のノードや組織によるデータの検閲や操作が困難です。政府や企業が情報を抑制しようとしても、IPFSを使用していればそのような検閲から逃れることが可能です。インターネットの自由と中立性を保つ上で、非常に重要な特徴です。

負荷分散

IPFSでは、データの取得が近くのノードから行われるため、ネットワークの負荷が分散されます。これにより、大量のアクセスがあってもサーバーの負荷を軽減することができ、迅速なデータ取得が可能になります。特に、大規模なファイル配信などでの利用が期待されています。

仮想通貨ファイルコイン(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

HTTPとIPFSの違い

HTTPとIPFSの違いについて解説します。以下の順で詳しく説明します。
・HTTPの基本的な仕組み
・HTTPとIPFSの比較

HTTPの基本的な仕組み

HTTP(HyperText Transfer Protocol)は、インターネット上でウェブページやファイルを送受信するためのプロトコルです。

クライアントがサーバーにリクエストを送り、サーバーがそのリクエストに応じてデータを返す仕組みです。このやり取りは一対一の通信であり、データの保存は中央集権的に行われます。このため、サーバーに障害が発生するとデータへのアクセスができなくなることがあります。

また、データの転送速度はサーバーの位置や負荷に依存するため、遅延が発生することもあります。

HTTPとIPFSの比較

HTTPとIPFS(InterPlanetary File System)の最大の違いは、データの保存と取得の仕組みです。以下の表で詳しく比較します。

項目HTTPIPFS
保存の仕組み中央集権的なサーバーに保存分散型ネットワークに保存
通信の仕組み一対一の通信ピアツーピアの通信
速度サーバーの位置や負荷に依存近くのノードから取得するため高速
障害耐性サーバー障害でアクセス不可一部のノード障害でもアクセス可能
               【HTTPとIPFSの違いの比較】

IPFSは、データを分散型ネットワークに保存し、ピアツーピアの通信でデータを取得します。

これにより、近くのノードからデータを取得するため通信が高速で、一部のノードが障害してもデータへのアクセスが可能です。

この仕組みは、HTTPの中央集権的な保存と一対一の通信に比べて、速度や障害耐性に優れています。

仮想通貨ファイルコイン(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

IPFSのデメリットと対策

IPFS(InterPlanetary File System)のデメリットとそれに対する対策について解説します。以下の項目で詳しく説明します。
・ウィルス対策の徹底が必要
・データを保管する報酬が安定しない
・データが削除される可能性

ウィルス対策の徹底が必要

IPFSは分散型のファイルシステムであるため、ウィルス対策が非常に重要です。一般的なクラウドストレージと異なり、IPFSではデータの保管場所が分散されているため、ウィルスの感染が広がりやすいのです。そのため、ウィルス対策ソフトの導入や最新のセキュリティ対策の適用が必要となります。具体的には、定期的なセキュリティチェックやファイルのスキャンなどが求められるでしょう。

データを保管する報酬が安定しない

IPFSのデータ保管には報酬が発生しますが、その報酬が安定していないことが問題となっています。データの需要と供給によって報酬が変動するため、保管者にとっては収益の予測が困難です。この問題を解決するためには、報酬の安定化策を検討する必要があります。例えば、最低保証報酬の設定や、長期間のデータ保管に対するインセンティブの提供などが考えられるでしょう。

データが削除される可能性

IPFSでは、データの保管場所が分散されているため、データが削除される可能性があります。特に、保管報酬が不足すると、保管者がデータを削除することがあるのです。この問題を防ぐためには、データの重要度に応じた報酬体系の導入や、データのバックアップ体制の強化が求められます。具体的には、重要なデータほど高い報酬を設定することで、保管者にデータの削除を防ぐインセンティブを提供することが考えられるでしょう。

仮想通貨ファイルコイン(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

IPFSを活用したサービス事例

IPFSの技術は革新的で、多岐にわたるサービスでの活用が進展しています。以下の順で具体的な事例を解説します。
・Brave:プライバシーを重視したウェブブラウザ
・MyCryptoHeroes:ブロックチェーン技術を活用したオンラインゲーム

Brave:プライバシーを重視したウェブブラウザ

Braveは、プライバシーを重視したウェブブラウザで、IPFSの技術を採用しています。IPFSを使用することで、ユーザーのプライバシーを保護しながら、高速かつ効率的なコンテンツ配信が可能になります。中央集権型のサーバーに依存せず、分散型のネットワークを活用することで、サーバーの障害によるダウンタイムも防ぐことができます。BraveのIPFS対応は、分散型ウェブの普及に一歩近づく重要なステップとなっています。さらに、BraveはIPFSのノードも実行でき、ユーザーが自分でコンテンツをホストすることも可能です。これにより、インターネットの健全な成長とプライバシーの保護が期待されています。IPFSの採用により、Braveはウェブの新しい時代を切り開いています。

MyCryptoHeroes:ブロックチェーン技術を活用したオンラインゲーム

MyCryptoHeroesは、ブロックチェーン技術を活用したオンラインゲームで、IPFSを用いてゲーム内のアセットを管理しています。IPFSの分散型ファイルシステムを活用することで、ゲーム内のアセットの所有権と取引が透明かつ効率的に行えます。また、データの改ざん防止やセキュリティの強化にも寄与しており、プレイヤー間の信頼を高める要素となっています。IPFSの採用は、ブロックチェーンゲームの新しい可能性を広げる画期的な取り組みと言えるでしょう。特に、IPFSによってゲームデータの一貫性と信頼性が保たれ、プレイヤーの体験が向上しています。このような技術の採用は、ゲーム業界における新しい潮流を作り出していると言えます。IPFSとMyCryptoHeroesの組み合わせは、ゲーム業界の未来を形作っています。

仮想通貨ファイルコイン(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

IPFSとブロックチェーン・仮想通貨の関係

IPFSとブロックチェーン・仮想通貨の関係について、以下の観点から詳しく解説します。
・IPFSとブロックチェーンの違いとは?
・IPFSと仮想通貨の関係

IPFSとブロックチェーンの違いとは?

IPFS(InterPlanetary File System)とブロックチェーンは、共に分散型技術ですが、目的と機能が異なります。IPFSはピアツーピアのハイパーメディアプロトコルで、ウェブのアップグレードと耐久性を目指しています。一方、ブロックチェーンは取引の記録を分散して保存する技術です。IPFSはデータの効率的な配信と保存を可能にし、ブロックチェーンはデータの不変性と透明性を保証します。IPFSはウェブページの寿命を延ばし、ブロックチェーンは取引の信頼性を高める役割を果たします。

IPFSと仮想通貨の関係

IPFSと仮想通貨の関係は、データの保存と取引の安全性において密接です。IPFSのコンテンツアドレッシング技術は、大きなファイルをチェーン外に保存し、取引に不変の永続リンクを提供することができます。これにより、コンテンツのタイムスタンプとセキュリティが強化され、データ自体をチェーン上に置く必要がなくなります。また、IPFSは仮想通貨の取引における帯域幅のコスト削減や、災害時などのインターネット接続が不安定な場合でもデータへのアクセスを可能にするなど、仮想通貨の取引と使用をより効率的かつ安全にします。

仮想通貨ファイルコイン(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

IPFSとそのトークンFilecoinの関係

IPFSとFilecoinの関係について解説します。以下の順で詳しく説明します。
・IPFSにトークンが必要な理由
・Filecoinとは?

IPFS(InterPlanetary File System)にトークンが必要な理由

IPFSは分散型ファイルシステムで、データの永続性と効率的なアクセスを提供します。トークンが必要な理由は、データの保存と取得に対する報酬システムを構築するためです。Filecoinはこの報酬システムを担当し、データの提供者と利用者間で価値のやり取りを可能にします。この仕組みにより、IPFSは持続可能で信頼性の高いネットワークを実現しています。

Filecoinとは?

FilecoinはIPFSのトークンで、データの保存と取得に対する報酬を提供します。IPFSネットワーク内でデータを保存するプロバイダーはFilecoinを受け取り、データを取得するユーザーはFilecoinで支払います。Filecoinの市場価値は供給と需要に基づいて決定され、データの価値を具体的に反映します。FilecoinはIPFSのエコシステムを活性化し、分散型ウェブの実現に貢献しています。

Filecoin(FIL)の買い方

仮想通貨Filecoin(FIL)は日本の仮想通貨取引所GMOコインに2023年7月8日上場しました。

仮想通貨Filecoin(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

Filecoinの使い方

Filecoinの具体的な使用方法について解説します。以下の順で説明します。
・データの分散ストレージ
・Filecoinの価格や買い方

データの分散ストレージ

Filecoinを使用したデータの分散ストレージは、データの耐障害性と効率的なアクセスを提供します。データプロバイダーはFilecoinを報酬として受け取り、データの安全な保存を保証します。ユーザーはFilecoinでデータを取得し、必要なデータに迅速にアクセスできます。このメカニズムは、データの透明性と信頼性を高め、分散型ウェブの基盤となっています。

Filecoinの価格や買い方

仮想通貨Filecoin(FIL)価格推移全期間(CoinMarketCap)
【仮想通貨Filecoin(FIL)価格推移全期間(CoinMarketCap)】

仮想通貨Filecoin(FIL)の2023年12月20日に価格は、¥758.26で上昇基調です。

時価総額は、3662億円でランキングは32位と大きな存在感を誇ります。

仮想通貨ファイルコイン(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

IPFSとFilecoinの実用例

IPFSとFilecoinの実際の使用例について解説します。以下の順で説明します。
・分散型アプリケーション(DApps)の開発
・データの永続的な保存

分散型アプリケーション(DApps)の開発

IPFSとFilecoinは、分散型アプリケーション(DApps)の開発に活用されています。DApps開発では、データの透明性と耐障害性が求められるため、IPFSとFilecoinの組み合わせが効果的です。例えば、分散型金融(DeFi)プラットフォームなどでの使用が増えており、信頼性と効率性の向上に貢献しています。

データの永続的な保存

データの永続的な保存においても、IPFSとFilecoinは重要な役割を果たしています。データの改ざん防止と長期的なアクセス保証が可能で、例えば、学術研究データや重要な法的文書などの保存に使用されています。IPFSとFilecoinの連携により、データの永続性と信頼性が向上し、多岐にわたる分野での活用が進展しています。

以上がIPFSとFilecoinの関係と使用例についての解説です。この技術はWeb3の発展にとって非常に重要で、今後のインターネットの進化に大いに期待が寄せられています。

仮想通貨ファイルコイン(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

IPFSに関するよくある質問

IPFSについての理解を深めるため、以下のよくある質問について解説します。
・IPFSとは何か?
・IPFSとHTTPの違いは何か?

IPFSとは何か?

IPFS(InterPlanetary File System)は、分散型のファイルシステムで、ウェブ上のデータを効率的に保存・配信するためのプロトコルです。従来の中央集権型のサーバーに依存せず、ピアツーピアのネットワークを活用することで、データの耐久性とアクセス速度を向上させます。IPFSは、ウェブの次世代構造として注目されています。

IPFSとHTTPの違いは何か?

IPFSとHTTPの主な違いは、データの保存と配信の方法にあります。HTTPは中央集権型のサーバーにデータを保存し、リクエストに応じて配信します。一方、IPFSはデータをネットワーク上の複数のノードに分散して保存し、リクエスト時に最も近いノードからデータを取得します。この分散型のアプローチにより、IPFSはデータの耐久性を高め、配信速度を向上させることができます。

仮想通貨ファイルコイン(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

IPFSのまとめ

IPFS(InterPlanetary File System)は、分散型ファイルシステムで、web3の発展にとって非常に重要な技術です。

従来のHTTPと異なり、IPFSはデータの耐障害性や耐検閲性を高め、データの保存と取得を効率的に行うことができます。

プライバシー重視のウェブブラウザ「Brave」やブロックチェーンゲーム「MyCryptoHeroes」などのサービス事例があります。

IPFSは、中央集権型のサーバーに依存せず、分散型のネットワークを活用することで、サーバーの障害によるダウンタイムも防ぐことができます。このような特性により、IPFSは今後のインターネットの構造を変革する可能性を秘めており、今後の展開が大いに期待されています。

仮想通貨ファイルコイン(FIL)はIPFSプロトコルを補完するコインです。時価総額ランキングは32位と大型仮想通貨です。

仮想通貨Filecoin(FIL)をサクッと買いたいかたは、GMOコインに無料で口座を開設しておきましょう。

GMOコインの公式サイトはこちら>>

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須