アフィリエイト広告を利用しています

【初心者向け】Metamask(メタマスク)にPolygon/Matic mainnetネットワークを追加する方法

【初心者向け】MetamaskにPolygon(ポリゴン)Matic mainnetネットワークを追加する方法

スポンサーリンク

  • NFTの売買のために初めてMetaMaskを作ったけど、イーサリアムはガス代が高いらしいから安いPolygon(ポリゴン)を使いたい。
  • MetaMaskにPolygon/Matic mainnetを接続したいが、失敗したくない。

この記事ではそんなMetaMask初心者の方にPolygon/Matic mainnetに接続する方法を説明します。

MetaMask(メタマスク)とは?なにに使えるのか?

結論:MetaMaskは一つあるだけで、PC・スマホのどちらでも使え、複数の仮想通貨やNFTを保管・管理できる世界No.1のスグレモノウォレットなのです。

仮想通貨の取引には買った仮想通貨を保管するウォレット(財布)が必要です。

最も有名なのがMetaMaskで、月間2100万人以上が使っています。無料でGoogle Chromeなどのブラウザーの拡張機能でも、スマートフォンのアプリでも利用できるのが人気です。

MetaMaskは仮想通貨だけでなく、NFTなどの多くのブロックチェーンアプリに対応しています。

MetaMaskログイン画面:最初はイーサリアムのみ接続
MetaMaskログイン画面:最初はイーサリアムのみ接続

MetaMaskは、イーサリアムブロックチェーンに対応しており、その派生ブロックチェーンである、Polygon(ポリゴン)Matic mainnet、BNB(バイナンス)、Avalanche(アヴァランチ)などのトークンやNFTもまとめて管理できるのが大きなメリットとなります。

ただ最初はイーサリアム対応だけなので他のネットワークを使うためには、あらかじめ追加しておく必要があるのです。

Polygon(ポリゴン)Matic mainnetとは?なぜ接続が必要なの?

 NFTなどはイーサリアムで購入することが一般的ですが、ユーザーの悩みはガス代と呼ぶ取引手数料が高くて市場任せという事です。ガス代は数百円から数千円になることもあります。

そこでPolygon(ポリゴン)ブロックチェーンは処理をイーサリアムから切り離して安くしました。

その結果、多くのクリエイターがPolygon(ポリゴン)チェーンを使用してNFTの売買をするようになっています。

使われる仮想通貨はPolygon(ポリゴン)が発行したトークン、MATICです。

MATICはMatic mainnetネットワーク上でのみ使えます。

MetaMaskはネットワークの切り替え機能をもっているので、利用したいMatic mainnetネットワークに切り替えて使います。

その前にあなたのMetaMaskにPolygon(ポリゴン)Matic mainnetを追加・接続しておく必要があるのです。

Polygon(ポリゴン)Matic mainnetをMetaMaskに接続する手順

さあそれでは、Polygon(ポリゴン)をMetaMaskに追加していきましょう。

  • MetaMask(メタマスク)口座を開設してイーサリアムを送付する
  • MetaMask(メタマスク)にPolygon(ポリゴン)Matic mainnetを追加
  • Polygon Matic mainnetの追加を確認

の流れで説明します。

MetaMask(メタマスク)口座を開設してイーサリアムを送付する

まず国内の仮想通貨取引所でイーサリアムを購入しておきます。MetaMaskはイーサリアム系仮想通貨に特化しています。

次にMetaMaskの口座を無料で開設します。スマホ上でも、PCのブラウザー(拡張機能として使えます)上のどちらで開設してもOKです。

秘密のリカバリーフレーズ(英単語12個)は、ウォレットを復元するときに必要となるので、厳重に管理・保管しておきましょう。これを知られたら、中身を全部盗まれても文句は言えない仕組みです。

ウォレットアドレスは「0xd」から始まる42文字になります。

MetaMask口座が開設出来たら、国内の取引所からイーサリアムをMetaMaskアドレスに送付しておきます。

MetaMaskにイーサリアムが届いたら以下のような画面になります。

MetaMaskイーサリアムメインネット画面
MetaMaskイーサリアムメインネット画面

MetaMask(メタマスク)にPolygon(ポリゴン)Matic mainnetを追加

MetaMaskをブラウザから開くと、先述のように右上に「イーサリアムメインネット」が今の接続ブロックチェーンですよと記載されています。

このままではPolygon(ポリゴン)Matic mainnetのチェーンにはつながりませんので、追加します。

MetaMaskネットワークを変更しよう
MetaMaskネットワークを変更しよう

MetaMaskの上の窓の「イーサリアムネットワーク」の下向き矢印をクリックします。

MetaMaskネットワークを追加ボタン画面
MetaMaskネットワークを追加ボタン画面

「ネットワークを追加」ボタンをクリックしてください。

MetaMask Polygon Mainnetを選択する画面
MetaMask Polygon Mainnetを選択する画面

「Polygon Mainnet」の右にある「追加」をクリックしてください。

MetaMask Polygon追加の際の承認画面
MetaMask Polygon追加の際の承認画面

ネットワーク名が「Polygon Mainnet」であることを確認して「承認」します。

Polygon Matic mainnetの追加を確認

MetaMask Polygonネットワーク追加完了画面
MetaMask Polygonネットワーク追加完了画面

「Polygon Mainnetに切り替える」ボタンをクリックします。

MetaMask Polygon Mainnetの画面
MetaMask Polygon Mainnetの画面

右上の表示が「Polygon Mainnet」となっていれば、Polygon(ポリゴン)のMatic mainnetが追加されています。

仮想通貨Maticでガス代が節約できる

Polygon(ポリゴン)はトークンとしてMaticを発行しています。

サービス名Polygon(ポリゴン)
仮想通貨シンボル・単位MATIC
総発行予定数100億MATIC
価格(1MATICの円価格)@2023/2/13¥162.47
時価総額@2023/2/13¥1兆,4178億
公式サイトhttps://polygon.technology/

「Polygon(ポリゴン)Matic mainnet概要」

仮想通貨の取引やNFTの購入などのブロックチェーン上での暗号資産の取引には必ずガス代という手数料がかかります。

MATICのガス代は約0.08〜0.09MATICと言われています。現在価格で約15円です。イーサリアムの最低数百円と比較するとかなり安くなっていることが分かります。

ガス代の安さが、Polygon(ポリゴン)Matic mainnetの大きな魅力で、多くのプロジェクトがPolygon(ポリゴン)上で稼働している大きな理由です。

まとめ:NFT市場拡大とともにPolygon MATICは成長する

Polygon(ポリゴン)ブロックチェーンはイーサリアムの高いガス代・処理渋滞などの問題を解決するために設計されました。

Polygon(ポリゴン)のガス代はイーサリアムに比べて大幅に安く、処理速度も速くなりました。

Polygonが発行する仮想通貨がMATICで、ネットワーク名は、Polygon(Matic)mainnet。

MetaMaskにPolygon(Matic) mainnetを追加することで取引手数料を大幅に節約できます。

以上、MetaMaskにPolygon(Matic)mainnetを追加する方法を説明しました。是非、OpenseaなどのNFTマーケットプレイスで売買をお楽しみください。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須