アフィリエイト広告を利用しています

コントラクトアドレスの調べ方は?仮想通貨初心者でもわかる解説と方法

コントラクトアドレスの調べ方は?仮想通貨初心者でもわかる方法を解説

スポンサーリンク

「コントラクトアドレスとは何か、どのように使用されるのか」の理解は、仮想通貨の世界で重要なスキルです。

この記事では、イーサリアムのプラットフォームにおけるコントラクトアドレスの役割と、それがどのように機能するのかを初心者でも理解できるように解説します。

また、コントラクトアドレスを送金アドレスと誤解し、間違って送金してしまうとどのようなリスクがあるのかについても詳しく説明します。

コントラクトアドレスとは

コントラクトアドレスとは、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行するためのアドレスです。送金アドレスとは違います。
ここでは次の点を解説していきます。

  1. コントラクトアドレスの基本的な意味
  2. コントラクトアドレスの役割と用途
  3. コントラクトアドレスを調べる意義

コントラクトアドレスの基本的な意味

コントラクトアドレスとは、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行するためのアドレスです。

スマートコントラクト:
ブロックチェーン上で自動的に実行されるプログラム。あらかじめ設定されたルールに従って、取引を自動的に実行します。これにより、信頼性が高まり、コスト削減が可能となります。ただし、主観性が反映されない、改良の基準が厳しい、現実世界のデータを直接組み込む方法がないなど、いくつかの限界もあります.

これは仮想通貨の世界で使われる特定の「財布」のようなもので、人間が直接管理する通常のウォレットアドレスとは異なり、プログラム(スマートコントラクト)が管理するアドレスを指します。

つまり、コントラクトアドレスはプログラムが自動的に取引を行うための場所であり、人間が直接操作するものではありません。

コントラクトアドレスの役割と用途

コントラクトアドレスの主な役割は、スマートコントラクトの実行場所の提供です。

スマートコントラクトは、自動的に取引を行うプログラムで、例えば分散型取引所(DEX)では、ユーザーがトークンを交換する際にスマートコントラクトが介在します。

このとき、スマートコントラクトがコントラクトアドレス上で動作し、取引を自動的に処理します。

また、新たな仮想通貨をメタマスクなどに追加(表示)するときにもコントラクトアドレスが使用されます。

しかし、ユーザーが間違えて直接コントラクトアドレスに送金を行うと、その資産の回収は非常に困難、あるいは不可能となる可能性があるため絶対にしてはいけません。

コントラクトアドレスを調べる意義

コントラクトアドレスを調べることには大きな意義があります。それは、特定のスマートコントラクトがどのように動作しているのか、またそのスマートコントラクトがどのような取引を行っているのかを理解するためです。

コントラクトアドレスを調べることで、そのアドレスに関連する全ての取引履歴を見ることができます。これにより、スマートコントラクトの動作を監視し、その安全性や信頼性の確認が可能になります。

また、新たなトークンをウォレットに追加する際にも、そのトークンのコントラクトアドレスを知る必要があります。

これらの理由から、コントラクトアドレスを調べることは、仮想通貨を安全に、そして効果的に利用するために重要なスキルとなります。

コントラクトアドレスと送金アドレスの違い

コントラクトアドレスと送金アドレスは、仮想通貨取引において重要な役割を果たしますが、違うものですので注意してくださいね。
・送金アドレスは、通常の取引で使用されるアドレスであり、他のユーザーに仮想通貨を送る際に利用されます。送金アドレスは、個人のウォレットに関連付けられており、その所有者が直接仮想通貨を送受信できます。
・コントラクトアドレスは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムを実行するためのアドレスです。コントラクトアドレスには、直接的に送金を行うことはできません。

このように、コントラクトアドレスと送金アドレスは、それぞれ異なる役割を持ち、仮想通貨取引において重要な役割を果たしています。理解しておくことで、より効果的な取引が行えるでしょう。

送金アドレスとの主な違い

送金アドレスとコントラクトアドレスの主な違いは、それぞれが誰によって管理されるか、そしてどのように使用されるかにあります。

・送金アドレスは、個々のユーザーが管理し、仮想通貨の送受信に使用します。

・一方、コントラクトアドレスは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムが管理し、自動的な取引の実行に使用されます。

つまり、送金アドレスは人間が操作し、コントラクトアドレスはプログラムが操作するという違いがあります。

なぜコントラクトアドレスへの送金はできないのか

コントラクトアドレスへの直接的な送金はできないのは、それがプログラム(スマートコントラクト)によって管理されているからです。スマートコントラクトは、特定のルールに基づいて自動的に取引を行います。したがって、ユーザーが直接コントラクトアドレスに送金を行うと、その資産はスマートコントラクトによって制御され、ユーザーがその資産の回収は非常に困難、あるいは不可能となります。

このため、コントラクトアドレスへの直接的な送金は止めましょう。

ブロックチェーンとコントラクトアドレス

ブロックチェーンとコントラクトアドレスの関係性の理解は、仮想通貨取引において重要です。特に、複数のブロックチェーンが存在する場合のコントラクトアドレスの取り扱いや、BSC(Binance Smart Chain)、ETH(Ethereum)チェーン、Polygonチェーンのコントラクトアドレスについて理解しておくことが重要です。

  • チェーンが複数ある場合のコントラクトアドレスの取り扱い
  • BSC,ETHチェーン,Polygoneチェーンのコントラクトアドレスについて

について説明します。

チェーンが複数ある場合のコントラクトアドレスの取り扱い

複数のブロックチェーンが存在する場合、それぞれのブロックチェーンは独自のコントラクトアドレスを持つことになります。これは、各ブロックチェーンが独立したネットワークであり、それぞれが独自のスマートコントラクトを実行するからです。したがって、あるブロックチェーンのコントラクトアドレスを別のブロックチェーンでは使えません。

BSC,ETHチェーン,Polygoneチェーンのコントラクトアドレスについて

BSC、ETH、Polygoneチェーンは、仮想通貨取引やスマートコントラクトの実行に使用される主要なブロックチェーンです。それぞれのチェーンには、異なるタイプのコントラクトアドレスが存在します。


コントラクトアドレスは、特定のスマートコントラクトを識別するために使用されます。

  • BSCでは40文字の英数字の組み合わせで表されます
  • ETHでも同様に、40文字の英数字の組み合わせの形式で表されます。
  • Polygoneチェーンでは42文字の英数字の組み合わせで表されます。

正確なコントラクトアドレスを調べることは、トークンの詳細情報を確認したり、スマートコントラクトを実行するために必要です。


したがって、BSC、ETH、Polygoneチェーンを使用する際には、正確なコントラクトアドレスを調べる方法を学ぶことが重要です。

コントラクトアドレスの調べ方

以下は、コントラクトアドレスの調査方法についての記事です。この記事では、具体的な手順に従って、どのようにコントラクトアドレスを見つけるかを説明します。また、推奨度の順に各方法を紹介します。

  • Etherscanを使用した調査方法
  • CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)での調べ方
  • ブロックエクスプローラ(BscScanやPolygonScanなど)を利用したコントラクトアドレスの調査
  • トークンのコントラクトアドレスの見つけ方

について見ていきますね。

Etherscanを使用した調査方法

Etherscanは、Ethereumブロックチェーンを探索し、トランザクション、アドレス、トークン、価格などの情報を検索できます。

  1. Webブラウザを開き、Etherscanのウェブサイトにアクセスします。
  2. ページ上部の検索バーに調べたいトークンの名前を入力します。
  3. 提案された一覧から正しいトークンを選択します。
  4. トークンの詳細ページに移動します。ここで、「Contract」のセクションを見つけ、その隣に表示されているアドレスがコントラクトアドレスです。

EtherscanでETHのコントラクトアドレスを検索してみましょう。

Etherscanでトークン名検索

赤枠の検索窓に、ETHと入れますと複数の選択肢がプルダウンで表示されます。Wrapped ETHを選ぶと以下の画面に遷移します。

EtherscanでETHのコントラクトアドレス

Othre infoの中に、contractが見つかります(赤枠参照)。

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)での調べ方

CoinMarketCap(コインマーケットキャップ)は、仮想通貨市場の情報を提供するサイトです。コントラクトアドレスを調べるためには、以下の手順を実行します。

  1. Webブラウザを開き、CoinMarketCapのウェブサイトにアクセスします。
  2. ページ上部の検索バーに調べたいトークンの名前を入力します。
  3. 提案された一覧から正しいトークンを選択します。
  4. トークンの詳細ページに移動します。ここで、「Contracts」のセクションを見つけ、その隣に表示されているアドレスがコントラクトアドレスです。

実際に、CoinMarketCapでETHのコントラクトアドレスを調べてみましょう。

CoinMarketCapでETHを検索

日本語表示、日本円表示が選べますのでとても親切ですね。右上の検索窓に、「ETH」と入力して複数出てくるプルダウンメニューからEthereumを選択します。

次の画面の赤枠がコントラクトアドレスとなります。

ブロックエクスプローラ(PolygonScanなど)を利用したコントラクトアドレスの調査

ブロックエクスプローラ(例えば、BscScanやPolygonScanなど)もコントラクトアドレスの調査に使用できます。これらのツールは、特定のブロックチェーン上のトランザクションを調査するのに役立ちます。

  1. Webブラウザを開き、PolygonScanBscScanのウェブサイトにアクセスします。
  2. ページ上部の検索バーに調べたいトークンの名前を入力します。
  3. 提案された一覧から正しいトークンを選択します。
  4. トークンの詳細ページに移動します。ここで、「Contract」のセクションを見つけ、その隣に表示されているアドレスがコントラクトアドレスです。

PolygonScanでMatic token(MATIC)のコントラクトアドレスを探して見ましょう。

Polygonscan トークン名入力

左の窓に、コントラクトアドレスを知りたい、トークン名を入力します。ここでは、「Matic Token」と入力します。

すると、プルダウンメニューで可能性のある仮想通貨名が表示されますので、「MATIC」を選んだ結果以下の図になります。

Polygonscan MATICのコントラクトアドレス

赤枠内がMATICのコントラクトアドレスです。

トークンのコントラクトアドレスの見つけ方

トークンの公式ウェブサイトや公式ドキュメンテーションから、そのトークンのコントラクトアドレスを見つけることができます。ただし、情報が正確で最新のものであることを確認するために、他のソースと照らし合わせることが重要です。

コントラクトアドレスを調べる際の注意点

コントラクトアドレスを調べる際には、以下の注意点を念頭に置いておく必要があります。

  • コントラクトアドレスの安全な調べ方と注意点
  • 偽トークンとの見分け方
  • チェーンによって異なるコントラクトアドレスの扱い

コントラクトアドレスの安全な調べ方と注意点

コントラクトアドレスを調べる際には、間違ったアドレスに送金しないように注意が必要です。また、詐欺サイトからの情報を避け、信頼できるソースから情報を得ることが重要です。

偽トークンとの見分け方

コントラクトアドレスを調べる際には、偽トークンに注意が必要です。偽トークンは詐欺目的で作られたトークンで、投資家を騙すことが目的です。

偽トークンは、正規のトークンと同じような名前やシンボルを持っており、初心者が見分けるのは難しいです。そのため、信頼できる情報源や公式ウェブサイトでコントラクトアドレスを確認しましょう。

チェーンによって異なるコントラクトアドレスの扱い

異なるチェーン(BSC、ETHチェーン、Polygoneチェーンなど)では、同じトークンでも異なるコントラクトアドレスを持つことがあります。したがって、コントラクトアドレスを調べる際には、使用しているチェーンに応じたアドレスを確認する必要があります。

異なるチェーンによってコントラクトアドレスの扱いが異なることもあります。
・BSC(Binance Smart Chain)では、0xで始まる42桁の英数字のコントラクトアドレスが一般的です。

・ETH(Ethereum)チェーンでも同様の形式のアドレスが使用されますが、アドレスのプレフィックスが異なることに注意が必要です。
・Polygoneチェーンでは、0xで始まる42桁の英数字のコントラクトアドレスが使用されますが、BSCやETHとは異なるチェーン上でのアドレスです。

これらの異なるチェーンによるコントラクトアドレスの違いには注意が必要です。特に、送金やトランザクションを行う際には、正しいチェーン上でのコントラクトアドレスを使いましょう。

例えば、BSCでのトークン送金を行う場合には、BSC上での正しいコントラクトアドレスを使用する必要があります。ETHやPolygoneのコントラクトアドレスでは送金ができないため、注意が必要です。

まとめ:コントラクトアドレスの調査、あなたの仮想通貨取引を安全に!

コントラクトアドレスは、ブロックチェーン上のスマートコントラクトを特定するための重要なツールです。が、送金アドレスとは違いますので、絶対に送金してはいけません!

コントラクトアドレスを調べることは、取引の安全性を確保し、詐欺や不正から自身を守るために不可欠です。

Etherscan、CoinMarketCap、BscScanなど、さまざまなツールを使ってコントラクトアドレスを調査する方法があります。

これらの情報を活用して、仮想通貨取引やNFT取引のリスクを下げることができます。

コントラクトアドレスの理解と活用は、あなたのブロックチェーン活動をより安全で信頼性の高いものにします。

参考記事:MetaMaskにPolygon Maticを追加したい方は以下を参照くださいね。

BSCを追加したい場合は以下がオススメです。

暗号通貨(仮想通貨)取引を始めたい方に、おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設の詳細は以下の記事を参照ください↓

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須