アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)とは?特徴と将来性:価格予測と最新情報

仮想通貨GTO(Gifto/ギフト)とは?特徴と将来性:価格予測と最新情報

スポンサーリンク

仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)とはなんだろう、日本でも買えるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

GFTは、デジタルギフトやNFT市場で、オンラインのコンテンツクリエイターやアーティストに対して、ファンや視聴者が直接「投げ銭」ができる革新的な通貨です。

日本の取引所では取扱はありません。

でも実はかんたんに買う方法があります。
それは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、GFTに交換します。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように、この画期的なGFTの仕組み・特徴と買い方を紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨GFTの買い方

記事を読んで、サクッとGFTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)とは?(旧名GTO)

トークン名称Gifto
仮想通貨シンボル・単位GFT(旧名はGTO)
総供給量10.2億GFT
価格(GFTの円価格)@2024/1/4¥3.15
過去最高値@Feb. 8, 2023¥283.77
過去最低値@Mar. 13, 2020¥0.5546
時価総額@2024/1/431.4億円
市場ランキング@2024/1/4724位
公式リンクhttps://gifto.io/
【仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)概要(旧名GTO)】

仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)は、ソーシャルメディアプラットフォーム上で利用者が気に入ったコンテンツクリエイターに対して贈り物(ギフト)を送れる、ユニークな仮想通貨です。

GFTを通じてコンテンツクリエイターを支援し、活動を直接的に後押しできるのです。

GFTの現在価格は、3.15円、時価総額は31.4億円で724位です。

GTOトークンはGFTトークンになりました

なお、2023年1月12日から、GTOトークンはGFTトークンに改称されました。同日からスワップが始まっています。この記事ではGFTの呼称を使います。

記事を読んで、サクッとGFTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

GFT(Gifto/ギフト)の特徴

GFT(Gifto/ギフト)は、その名の通り「ギフト」を仮想通貨として贈れる仮想通貨です。

生まれた背景には、スマートフォンアプリ「Uplive」があり、その中で利用者がライブ配信者への感謝を表現する手段として生まれました。そのため、GFTは特にエンターテイメント分野での利用が期待されています。

Giftoウォレットを通じて、GFTを送ったり受け取ったりできるので、利用者間での取引が円滑に行われます。

さらに、Giftoプラットフォームでは、仮想通貨としての機能だけでなく、実際の商品やサービスへの交換もできるため、実用性を持った仮想通貨と言えます。

Uplive(アップライブ)との関連性

Gifto(GFT)は、Upliveというライブストリーミングプラットフォームで生まれた仮想通貨です。

Upliveは、全世界で2000万以上のユーザーを持つ巨大なコミュニティで、その中で生まれたGiftoは、ユーザー間での贈り物やサービスのやり取りをトークン化したものです。

UpliveとGiftoの連携目的:

  • Uplive上でのユーザー活動をGiftoのトークンで報酬化。
  • ユーザーのエンゲージメントの向上。
  • プラットフォーム全体の活性化。

Upliveユーザーのメリット:

  • Giftoを使用して、より多くの活動が可能。
  • これにより、より多くの価値を生み出せる。

相互依存と成長:

  • UpliveとGiftoは相互に依存。
  • 両プラットフォームの共同成長が期待される。
Upliveは2016年7月にAsia Innovations Ltdによってリリースされました。
中国発のグローバルライブ配信アプリ。

GFTを贈れる特性

GFT(Gifto/ギフト)の魅力的な特性の一つに、仮想通貨GFTを贈れるという点があります。

  • ギフトという名前の通り、ユーザー間でGFTをプレゼントとして贈り合えます。
  • 仮想通貨の新たな活用方法であり、ユーザー間の交流を促す機能です。
  • 贈り物としてのGFTは、特別な日や感謝の気持ちを伝える手段としても活用できます。

GFTは、従来の仮想通貨のイメージを一新し、より身近な存在として認識されるようになりました。GFTは仮想通貨の新しい可能性を開いています。

Giftoウォレットの役割

Giftoウォレットは、Gifto(GFT)の重要な機能の一つです。メリットは以下の通りです;

  • このウォレットは、GFTの所有、送受信、および管理を可能にするツールとなっています。
  • GFTを贈るという特性を活かすためには、このGiftoウォレットが必要不可欠となります。
  • ウォレットは仮想通貨GFTの安全性を確保する役割も果たしています。ユーザーは自分のGFTをウォレットに保管し、不正アクセスやハッキングから保護することができます。
  • Giftoウォレットは、GFTの流動性を高めるための重要な役割も果たしています。ウォレットを通じてGFTを簡単に移動させることができるため、GFTの使用範囲と流通量が拡大し、仮想通貨としての価値を高める助けとなります。

Giftoの全体像

Gifto(ギフト)は、仮想通貨の新星として注目を浴びているデジタルアセットです。

  • 仮想通貨GFTは、ギフティングプラットフォームとして機能し、ユーザーがデジタルギフトを送り合うことを可能にします。
  • Giftoのユニークさは、ユーザー間のインタラクティブなエンゲージメントを生み出す能力にあります。
  • ユーザーは自分たちのコミュニティ内での関係を強化し、新たな経済の形成を促進することができます。
  • Giftoウォレットはこのプラットフォームの中心的な役割を果たし、ユーザーがGFTを安全に管理し、取引することを可能にします。

GTOトークンはGFTトークンに改称

仮想通貨Gifto(GTO_GFT)公式サイト入口。GiftoトークンのGTOをGFTに交換開始
【仮想通貨Gifto(GFT)公式サイト入口】

仮想通貨Gifto(GFT)公式サイト入口を上に示します。

2023年1月12日から、GTOトークンはGFTトークンに改称されました。同日からスワップが始まっています。(GTO to GFT Token Swap Details

記事を読んで、サクッとGFTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

GFT(Gifto/ギフト)の購入方法

残念ながら 仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)は、2024年1月現在日本国内の取引所での扱いはありません。しかし、以下の手順を踏めば海外の取引所で買う事が出来ます。

  1. 国内取引所Coincheckで日本円でビットコインを購入
  2. 海外取引所Bybitに口座を開設する
  3. 海外取引所Bybitにビットコインを送金してGFTに交換

この手順でGiftoを入手できます。

①国内取引所Coincheckで日本円でビットコインを購入

まず国内の暗号資産取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを購入します。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順は非常にわかりやすく、順番にやっていくと簡単に口座開設できます。

本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

②海外取引所に口座を開設する

仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

③国内取引所から海外取引所へ送金してGFTを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからGFTを選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

記事を読んで、サクッとGFTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

GFT(Gifto/ギフト)の価格推移

仮想通貨Gifto(GTO_GFT)全期間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨Gifto(GFT)全期間価格推移(CoinMarketCap)】

GFT(Gifto/ギフト)の2017年ローンチ以降の全期間の価格推移が上図です。

過去最低価格は、2020年3月13日の0.55円です。

2023年1月26日にGate.ioに上場して、2月8日に過去最高値の284円をつけました。

現在の価格、3.15円はその1/90ですが上昇基調にあります。

Giftoは、その革新的なビジネスモデルと一体化したブロックチェーン技術により、仮想通貨市場で注目を集めています。

長期的な視点で見ると、Giftoは堅実な成長を続けており、その価格推移は投資家にとって大きな魅力となっています。

記事を読んで、サクッとGFTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

GFT(Gifto/ギフト)の将来性

GFT(Gifto/ギフト)の将来性は、その革新的なビジョンと実績により、非常に注目されています。Giftoは、ソーシャルメディアプラットフォームでのバーチャルギフトの送受信を可能にすることを目指す仮想通貨。その取り組みは、ユーザー同士の交流を深める新たな手段となり、SNSのエコシステムを一層活性化させる可能性を秘めています。また、Giftoはすでに自身のプラットフォームであるUpliveでの利用が始まっており、その影響力を実証しています。さらに、すべてのSNSでの利用を目指すという野心的なロードマップを描いており、その達成によりGiftoの価値は大いに高まるでしょう。Giftoは、仮想通貨の新たな可能性を切り開く存在として、その将来性が期待されています。

価格予想サイト

仮想通貨Gifto(GTO_GFT)10年後価格予測(TechNewsLeader)
【仮想通貨Gifto(GFT)10年後価格予測(TechNewsLeader)】

仮想通貨GFT(Gifto)の価格予想を、USの著名な暗号資産予想サイトのTechNewsLeaderから引用したものが上図です。

このままではわかりにくいので、現在価格にたいする倍率で表したものが下の表です。

倍率
20251.3
20308.9
2040474.7
       【仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)2040年までの価格予想(TechNewsLeader)

これらのサイトでは、専門家による分析やAIの予測モデルを駆使して、GFTの将来の価格動向を予測しています。ほぼ過去最高値をいずれ更新することを期待させる内容と言えます。

その理由を以下見ていきます。

既にリリース済みのサービスとその影響

Gifto(GFT)は、既にリリースされた仮想通貨で、そのユニークなサービスが注目されています。

Giftoは、ギフトサービスをブロックチェーン技術で実現した初のプラットフォームで、ユーザーがお互いに仮想通貨でギフトを送り合えます。

このサービスは、既存のSNSやライブストリーミングサービスと連携し、新たな収益機会を創出しています。これにより、Giftoはインフルエンサーやクリエイターを中心に利用者を増やしており、その影響力は日増しに拡大しています。また、仮想通貨の普及にも寄与しており、その将来性は非常に大きいと言えるでしょう。

すべてのSNSでの利用可能性

Gifto(GFT)は、その特性から見て、全てのSNSで利用可能です。

Giftoは、ユーザーがコンテンツクリエイターへ、仮想通貨の形で直接贈り物を送れるプラットフォーム。

その独自の価値提案は、YouTubeやInstagramなどの主要なSNSプラットフォームでの使用に向いています。これにより、ユーザーは自分が価値あると感じるコンテンツに対して、直接報酬を提供できるようになります。

さらに、Giftoがブロックチェーン技術を活用しているため、国境を越えた送金もスムーズ。これらの特性が、Giftoが全てのSNSで広く利用される可能性を高めています。

ロードマップとその解釈

GFT(Gifto/ギフト)のロードマップは、その将来性を示す重要な指標となります。具体的なプロジェクトの目標や進行状況が明記されているため、投資家にとっては非常に価値のある情報源となるのです。現在のロードマップには、新たなパートナーシップの形成、ユーザーエクスペリエンスの向上、そして何よりも全てのSNSでの利用可能性の拡大といった、GFTの成長と普及に向けた戦略が詳細に描かれています。これらの計画が順調に進行すれば、GFTの価値は確実に高まるでしょう。仮想通貨GFTのロードマップは、その革新的なビジョンと実行力を確認するための重要な資料と言えます。

記事を読んで、サクッとGFTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

まとめ:GFT(Gifto/ギフト)は需要増が見込まれる

仮想通貨GFT(Gifto/ギフト)は、ソーシャルメディアプラットフォーム上でコンテンツクリエイターにデジタルギフト、「投げ銭」を贈ることができるユニークな通貨です。

GFTを利用することで、ファンや視聴者は気に入ったクリエイターやアーティストを直接支援し、その活動を後押しできます。

現在のGFTの価格は約3.15円、時価総額は約31.4億円で、仮想通貨市場において724位にランクされています。

日本の取引所では直接買えません。国内の仮想通貨取引所Coincheckでビットコインを購入し、それを海外仮想通貨取引所Bybitに送金し、GFTに交換する方法がおすすめです。

GFTの革新的な使用法と市場におけるその位置付けは、今後の需要増加につながる可能性が高いと考えられます。特に、クリエイターやアーティストへの直接的な支援手段としての役割は、デジタルコンテンツ市場において重要な価値を提供します。

記事を読んで、サクッとGFTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須