アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨Ren(REN)とは?特徴と買い方や将来性を徹底解説

仮想通貨Ren(REN)とは?特徴と買い方や将来性を徹底解説

スポンサーリンク

仮想通貨Ren(REN)ってなんだろう、日本でも買えるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

Ren(REN)は、異なるブロックチェーン間で通貨をやりとりするシステムで、RENトークンを発行しています。

この記事では、Renの特徴、買い方、そしてその将来性について徹底的に解説します。

追記@2023/11/2 US大手取引所のCoinbaseが上場基準を満たしていないとして、RENの上場廃止を発表しました。コインベース、5仮想通貨銘柄上場廃止へ

仮想通貨Ren(REN)とは

トークン名称Ren
仮想通貨シンボル・単位REN
総供給量10億REN
価格(RENの円価格)@2024/2/28¥11.63
過去最高値@Feb 20, 2021¥259.98
過去最低値@Nov 27, 2018¥2.2
時価総額@2024/2/28116億円
市場ランキング@2024/2/28477位
公式リンクhttps://renprotocol.org/
【仮想通貨Ren(REN)概要】

仮想通貨Ren(REN)の現在価格は、11.63円で、過去最低価格の約5倍、最高価格の1/22です。

仮想通貨Ren(REN)とは、ブロックチェーン間の流動性を向上させることを目指したプロジェクトで、その中心に位置するのがRENトークンです。

これは、デジタルアセットを異なるブロックチェーン間で転送できるようにするための仮想通貨で、その独自技術が注目されています。

特に、異なるブロックチェーン間での取引を可能にする「RenVM」や、プライバシー保護技術「zkSNARK」など、他の仮想通貨では見られない特徴を持つRen。これらの技術を活用し、仮想通貨の新たな可能性を切り開くことを目指しています。

RenVM: Ren Virtual Machine(仮想マシン)RenVMは、異なるブロックチェーン間で暗号通貨を転送するためのRenのオープンプロトコルを動かす仮想マシンです。 これにより、BitcoinやZcashなどの人気のある資産が、Ethereumなどのブロックチェーンに持ち込まれ、これらの資産がマルチチェーン分散型金融エコシステムに参加できるようになります。
zk-SNARKは、ゼロ知識を使った、証明構造の一種です。zk-SNARKを使用すると、秘密鍵を持っていることを証明できますが、鍵情報を明らかにする必要がないので安全です。

Renの概要

仮想通貨Ren(REN)は、仮想通貨間の流動性の確保を目指したプロジェクトの一つです。

ブロックチェーン間の取引を可能にして、仮想通貨の世界に新たな可能性を切り開くことを目指しています。

Renは、その独自の技術であるバーチャルマシン「RenVM」や「Darknodes」を活用し、異なる仮想通貨間での取引をスムーズに行うことを可能にしています。

プライバシーの保護にも力を入れており、取引の透明性と安全性を両立させることを目指しています。このような特性から、Renは仮想通貨市場で注目を集めており、その将来性に期待が寄せられています。

Renの開発背景

Renは、2017年にシンガポールで設立されたプロジェクトで、その背景には、仮想通貨の取引におけるプライバシー保護と流動性確保という二つの大きな課題への解決策を提供するという目的がありました。開発チームの中心人物であるTaiyang ZhangとLoong Wangは、ブロックチェーン技術のポテンシャルを最大限に引き出すために、異なるブロックチェーン間での資産移動を可能にする、一種の「デジタル橋渡し」を作ることを目指しました。その結果生まれたのが、このRenという仮想通貨です。

Renの特徴と機能

仮想通貨Ren(REN)は、その特徴と機能により、多くのユーザーから注目を浴びています。

  • 独自に開発したバーチャルマシーン「RenVM」: 異なるブロックチェーン間での資産移動を可能にする画期的な技術
  • チェーン間で送金を可能にする「Darknodes」:チェーン間での送金を可能とする
  • 取引のマッチングはノードが実行
  • プライバシーを守る「zkSNARK」:取引の透明性と安全性を保つ
  • Renの役割と使い道

これらの特徴と機能により、仮想通貨市場での流動性を高め、より多くのユーザーが仮想通貨を利用できる環境を提供できます。

独自に開発したバーチャルマシーン「RenVM」

仮想通貨Ren(REN)の一つの大きな特徴として、独自に開発されたバーチャルマシーン「RenVM」が挙げられます。RenVMは、異なるブロックチェーン間でのデジタル資産の移動を可能にする画期的な機能を提供します。この技術により、ビットコインをイーサリアムのような他のブロックチェーンに直接移動させることが可能になり、その結果、仮想通貨の流動性が向上します。RenVMは、ブロックチェーンの壁を越えて資産を自由に動かすことができるため、仮想通貨Renの魅力を一層引き立てています。

チェーン間で送金を可能にする「Darknodes」

「Darknodes」は、仮想通貨Renの重要な特徴であり、異なるブロックチェーン間での送金を可能にします。これは、異なる仮想通貨間での取引を容易にし、流動性を大幅に向上させる可能性があります。Darknodesは、特定の仮想通貨を他の仮想通貨に変換する役割を果たし、その過程で手数料を得ることで、ユーザーに利益をもたらします。これにより、Renは多様な仮想通貨のエコシステムに対応でき、その柔軟性はRenの魅力の一つとなっています。

取引のマッチングはノードが実行

Renの特徴の一つに、取引のマッチングをノードが実行する点があります。Renのネットワークでは、Darknodesと呼ばれるノードが取引をマッチングし、その結果をRenVMに報告します。これにより、取引の透明性が保たれるとともに、取引の効率化が図られています。また、ノードが取引をマッチングするので、中央集権的な取引所に頼らずに分散型の取引が可能となり、仮想通貨の理念である「分散型」を実現しています。これにより、Renは他の仮想通貨とは一線を画した存在となっています。

プライバシーを守る「zkSNARK」

仮想通貨Renの特徴の一つに「zkSNARK」があります。これは、プライバシーを守るための重要な機能で、取引の詳細を公開せずに、その正当性を証明できる技術です。

Renでは、このzkSNARKを使って、ユーザーのプライバシーを最大限に保護しています。具体的には、取引の詳細を暗号化し、その暗号化された情報だけで取引の正当性を検証できます。これにより、取引内容を公開せずに、その正当性を証明できるのです。

仮想通貨Renのこの機能は、プライバシー保護への強い意識を反映しており、ユーザーからの信頼を得ています。

Renの役割と使い道

仮想通貨Ren(REN)の主な役割は、異なるブロックチェーン間の資産移動です。この機能は、ブロックチェーン業界における大きな課題の一つである「相互運用性」を解決するものです。

例えば、ビットコインをイーサリアム上で利用できるようになります。

RENはプライバシーに重点を置いています。RENを使うことで、ユーザーは自身の資産を安全に、そしてプライバシーを保ちながら送金できます。

Renの購入方法

仮想通貨Ren(REN)は2024年2月の時点では、国内の仮想通貨取引所では取扱がありません。

次の手順で簡単に海外取引所でRenを購入できます。

  • 国内取引所Coincheckで日本円でビットコインを購入
  • 海外取引所Bybitに口座を開設:身分証明書の提出など、一定の手続きが必要となる。
  • 海外取引所Bybitにビットコインを送金してRENに交換

国内取引所Coincheckで日本円でビットコインを購入

Coincheckでのビットコインの購入から始めます。Coincheckは日本国内で利用者数が多く、信頼性が高い取引所の一つです。ユーザーフレンドリーなインターフェースや、日本円から直接ビットコインを購入できる手軽さが特徴です。初めての方でも安心して取引が行えます。

Coincheck口座開設リンク

海外取引所Bybitに口座開設する

仮想通貨Ren(REN)を取引するためには、日本語対応の海外取引所Bybitに口座を開設する必要があります。Bybitは、高い流動性と安定したシステムが魅力の取引所で、RENをはじめとする多種多様な仮想通貨を取り扱っています。

口座開設は無料で、メールアドレスとパスワードを入力するだけで手続きが完了します。

まずBybitの公式サイトにアクセスしましょう。

Bybitアカウント作成画面

まず、メールアドレスとパスワードを設定し、必要な個人情報を入力します。

その後、メールで送られてくる認証リンクをクリックしてアカウントを有効化します。Bybitでは、本人確認(KYC)の手続きが必要となるので、身分証明書のアップロードを忘れないようにしましょう。これらの手続きを経て、Bybitでの取引が可能となります。

Bybit口座開設バナー

海外取引所Bybitにビットコインを送金してRENに交換

Bybitにビットコインを送金し、Renに交換する方法を詳しく解説します。まず、Bybitのウェブサイトにログインし、ダッシュボードから「資金」をクリック。次に「入金」を選択し、ドロップダウンメニューからビットコインを選択します。表示されるビットコインのアドレスに、先ほどCoincheckで購入したビットコインを送金します。送金が完了したら、Bybitの「市場」からREN/BTCの取引ペアを選択。適切な価格と数量を設定して「買う」をクリックし、ビットコインをRENに交換します。これであなたもRenの世界へ一歩踏み出すことができます。

Renの価格推移

仮想通貨Ren(REN)全期間価格推移(CoinMarketCap)

Renは、Taiyang Zhangによって2017年に設立され、当初はRepublic Protocolと呼ばれていました。Renは、2018年に3400万ドル(約37.4億円)の初期コインオファリング(ICO)を完了し、2020年5月にRenVMと呼ばれる仮想マシンのメインネットをローンチしました。

仮想通貨Ren(REN)の過去最低価格は、2018年11月27日の2.2円です。

最高価格は仮想通貨ブームの2021年の2月20日の260円です。100倍以上の値上がりです。

その後は2022年5月のテラショック、11月のFTX破綻を経て、「クリプト冬の時代」に連動する形で低迷しています。

追い討ちをかけたのが、2023年11月のUS最大手取引所のCoinbaseの上場廃止です。一時、6円以下まで下げましたが、その後の仮想通貨市場の上昇と共に緩やかに上昇しています。2024年2月現在の価格は¥11.63です。

Renの競合と比較

Renの主な競合としては、ビットコインやイーサリアム、リップルなどが挙げられますが、これらとRenとの最大の違いは、チェーン間での送金を可能にする「Darknodes」や、プライバシーを守る「zkSNARK」など、独自の機能を持っている点です。これにより、Renは他の仮想通貨にはない利点を提供し、ユーザーに新たな価値をもたらしています。また、Renの取引のマッチングはノードが実行するため、分散型の安全性を確保しながら高速な取引を実現しています。これらの特徴は、Renが他の仮想通貨と差別化を図るための重要な要素となっています。

既存産業との比較

Renは、ブロックチェーン間の流動性を可能にするという点で、既存の金融産業とは異なる特徴を持つ仮想通貨です。従来の金融システムでは、異なる通貨間での取引は為替レートの影響を受け、また送金に時間がかかるという課題がありました。しかし、Renの技術により、異なるブロックチェーン間でもスムーズに資産を移動でき、その効率性とスピードは既存の金融システムとは一線を画します。これにより、仮想通貨市場の流動性向上に寄与し、より多くのユーザーが仮想通貨市場に参入しやすくなる可能性があります。

競合プロジェクトとの比較

仮想通貨Ren(REN)と競合するプロジェクトには、CosmosやPolkadotなどのチェーン間通信プロジェクトが存在します。しかし、Renが優れている点は、チェーン間での直接的な仮想通貨の移動が可能なことです。CosmosやPolkadotは、あくまで異なるブロックチェーン間でのデータ連携を可能にするものであり、直接的な仮想通貨の移動はサポートしていません。また、Renはプライバシー保護技術「zkSNARK」を採用しており、取引の匿名性を確保しています。これに対し、競合はプライバシー保護にあまり重きを置いていない傾向が見られます。そのため、Renはユーザーのプライバシーを重視し、直接的な仮想通貨の移動を可能にする点で競合プロジェクトと一線を画しています。

Renの将来性とロードマップ

Renの将来性は、その特徴と機能から見て非常に高いと言えるでしょう。Renは、仮想通貨間の取引を可能にして、新たな金融システムを築き上げる可能性を秘めています。また、プライバシーを守る技術「zkSNARK」を採用していることから、ユーザーの信頼も得やすいでしょう。一方で、ロードマップを見ると、開発が着々と進行していることがわかります。これらの要素から、Renは今後も成長を続け、仮想通貨市場での地位を確固たるものにすると期待されています。ただし、その成長は投資家の期待や市場環境に左右されるため、投資は自己責任で行うべきです。

RENの価格予想と投機的需要

アメリカの著名な暗号資産価格予想サイトである、TechNewsLeaderの予想を紹介します。

仮想通貨Ren(REN)価格予測10年まで(TechNewsLeader)

分かりやすくするために、現在価格に対する倍率にしたものが以下の表です。

X年後倍率
1.7
5.3
1022.9
       【仮想通貨Ren(REN)の価格予測、10年後まで(TechNewsLeader)】

ほぼ最高価格を回復するとの見立てです、

仮想通貨Renの価格予想は、その独自技術と市場の投機的需要に大きく影響されます。Renが提供するバーチャルマシーン「RenVM」や「Darknodes」などの機能が、他の仮想通貨にはない独自性を持つため、これらの技術が注目されれば価格上昇の可能性があります。また、仮想通貨は投機的需要が価格を左右する一因となります。一般的に、新規参入者が増えると需要が増え、価格が上昇する傾向があります。Renの将来性に注目した投資家が増えれば、価格は上昇する可能性が高まります。ただし、仮想通貨の価格は非常に変動性が高いため、投資は慎重に行うべきです。

Renのロードマップとアラメダからの資金の途絶の恐れ

2021年初め、破綻したFTXグループのアラメダがRenを買収し、開発資金を供給してきました。

しかし、アラメダからの資金の供給はFTXが破産法の手続きを開始した(2022年末から)ことに伴い2022年末で終了しました。

Ren2.0構想

2023年8月現在、Renはアラメダ以外からの資金調達を探っており、現在の状況は明らかにされていません。その目的はRen2.0の開発です。

Ren 2.0は、既存のRenプロトコルの進化版で、新たなマルチチェーンアプリケーション開発を可能にします。分散化とセキュリティの強化、よりスケーラブルな署名スキームのサポート、そして最適化されたトークノミクスが主な進歩です。ローンチ時には、十分なRenを持つ誰でもネットワークの一部になれます。

まとめ:仮想通貨Ren(REN)は資金調達の行方を注視する必要

仮想通貨Ren(REN)は、ブロックチェーン間の相互運用性を実現するためのオープンプロトコルで、新たなマルチチェーンアプリケーション開発の可能性を開くRen 2.0のローンチが控えています。

しかし、Renの開発チームは現在、追加の資金を確保するための探求を進めており、その結果次第でRen 2.0の開発とデプロイメントが影響を受ける可能性があります。

したがって、Renの投資を考えている方は、資金調達の状況を注視し、最新の情報の確認が重要です。

この新たなマルチチェーンの未来を基盤とした分散型マルチチェーンインフラが、新たな可能性を開くことが期待されます。

RENを今の段階で少しでも買って将来の値上がりを待ちたいという方は、まず国内取引所Coincheckで口座を開設しておきましょう。

Coincheckだったら、500円から仮想通貨取引が始められます。

コインチェック

海外の取引所は日本語で口座開設ができる、Bybitがおすすめです。

Bybit-口座開設はこちら

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須