アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨HFT(Hashflow)とは?特徴や価格推移と買い方と将来性を徹底解説

仮想通貨HFT Hashflowとは? 特徴や価格推移と買い方と将来性を徹底解説

スポンサーリンク

仮想通貨HFT(Hashflow)とはなんだろう、日本でも買えるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨HFT(Hashflow)は、あらゆる資産を秒単位で取引できる革新的なプラットフォームです。具体的には取引決済の際の遅延を減らし、注文時と実際の取引時の価格差(スリッページ)を最小限に抑えることを目指しています。ユーザーは思わぬ高値つかみが無くなります。

買い方に関しては、

日本の取引所では取り扱いはありません。

でも実はかんたんに買う方法があります。
それは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、HFTに交換します。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように仮想通貨HFTの特徴と買い方を紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨HFT(Hashflow)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨HFTの買い方

記事を読んで、サクッとHFTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨HFT(Hashflow)とは?

トークン名称Hashflow
仮想通貨シンボル・単位HFT
総供給量10億HFT
価格(HFTの円価格)@2023/12/24¥53.81
過去最高値@Nov 07, 2022¥376.78
過去最低値@Dec 29, 2022¥40.40
時価総額@2023/12/24146.6億円
市場ランキング@2023/12/24351位
公式リンクhttps://www.hashflow.com/
【仮想通貨HFT(Hashflow)概要】

仮想通貨HFT(Hashflow)は、分散型取引所(DEX)「Hashflow」のガバナンストークンです。

Hashflowは、注文時と成約時の遅延を無くすことで、スリッページ(注文時と実際の取引時の価格差)のリスクを減らします。

HFTはERC-20規格を採用し、イーサリアムチェーン上で発行されています。

また、HFTはハッシュバース(Hashverse)という仮想空間での決済手段としても利用可能です。

Hashflowでは登録やデポジットなしで、ウォレットを接続するだけで取引を開始できます。手数料は0%で、表示価格での取引が可能。さらに、複数のチェーン間での資産のシームレスなスワップが可能で、面倒なブリッジ操作は不要です。

Hashflowは、$15B(2兆1750億円)以上の総取引量を誇り、Ethereum、Arbitrum、Avalancheなどの主要なチェーンで利用されています。

サクッとHFTを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨HFT(Hashflow)の特徴

仮想通貨HFT(Hashflow)の特徴を以下の順で紹介します;

  • DEX「Hashflow」のガバナンストークン
    • HFTの保有者はプロトコルのガバナンスに参加することができ、仮想通貨の運営に直接影響を与えることができます。
  • 取引時のスリッページ(注文価格と実際の取引価格との差)のリスクを軽減
    • 取引の効率性が大幅に向上します。
  • HFTはイーサリアム規格ERC-20のチェーン上で発行
    • 高い相互運用性を持ち、他の仮想通貨との互換性が確保され、取引の自由度が高まります。そして、
  • ハッシュバース(Hashverse)で使える
    • その用途の広さも特徴の一つ

DEX「Hashflow」のガバナンストークン

仮想通貨HFT(Hashflow)公式サイト入口新
【仮想通貨HFT(Hashflow)公式サイト入口】

仮想通貨HFT(Hashflow)の特徴の一つはガバナンストークンであることです。

ガバナンストークン所有者は、プラットフォームの運営や政策決定に参加する権利を持ち、Hashflowの開発方針に直接影響を与えられます。

取引時のスリッページのリスクを軽減

仮想通貨HFT(Hashflow)の特徴の一つに、取引時のスリッページのリスクを軽減する機能があります。

スリッページとは、注文を出した価格と実際の約定価格との差のことを指します。これは特に価格が急激に変動する仮想通貨取引においては避けられないリスクであり、大きな損失につながる可能性もあります。

Hashflowはこのスリッページのリスクを軽減する仕組みを持っています。Hashflowは注文量に応じて最適な価格を提示し、ユーザーが納得の上で取引を行うことができます。これにより、取引の安全性が向上し、ユーザーは安心して取引を行えます。

イーサリアム規格ERC-20のチェーン上で発行

仮想通貨HFT(Hashflow)は、イーサリアム規格ERC-20のチェーン上で発行されています。

ERC-20は、広く使われているイーサリアムネットワーク上で新たなトークンを作り出すための規格で、多くのプロジェクトで採用されています。

HFTもその一つで、ERC-20規格に準じた形で発行されており、イーサリアムのスマートコントラクト機能を活用することで、取引や送金などが可能になっています。

また、ERC-20規格を採用しているので、イーサリアム対応のウォレット、例えばMetaMaskで保管できます。

より効率的な価格設定

Hashflowの価格設定は、従来の分散型取引所(DEX)とは違う独自のアプローチをとっています。

この価格設定は、複数のブロックチェーン上でデジタル資産を瞬時に取引できるように最適化されており、手数料無料で、市場価格での価格見積もりを提供します。これにより、取引は公正な価格で完了しユーザーは安心して取引できます。

HFTの価格設定は、見積依頼(RFQ)を利用しています。このモデルでは、専門のマーケットメーカーが流動性プールを管理し、オフチェーンの価格設定機能を利用して、市場価格を発見します。マーケットメーカーは、過去のトークン価格、ボラティリティ、その他の市場に基づく情報を含むオフチェーンデータを考慮に入れて、資産の価格を公正に設定することができます。

このオフチェーン価格設定は、取引者に次のようなメリットがあります:

  • より良い価格: オフチェーン価格設定により、公正な価格見積もりが保証され、取引から最大限の価値を引き出すことができます。
  • ゼロスリッページ: 見積もりは利用可能な市場価格で完了されます。
  • MEV保護: Hashflowは暗号署名を使用してフロントランニングを防ぎます。

このように、HFTの価格設定システムは、取引者にとってより公正で効率的な取引環境を提供しています。

ハッシュバース(Hashverse)で使える

ハッシュバース(Hashverse)は、Play to Earnスタイルのゲームで、HFTを使用してクエストやステーキングに参加できます。

ハッシュバースは、ゲームをプレイしながら報酬を得ることができ、プレイヤーはプロトコルのガバナンスに関わることも可能です。

物語はディストピアの世界を舞台にし、プレイヤーはチームに加わり、報酬を獲得するために競争します。このプラットフォームは、楽しみながら仮想通貨取引の新しい形を提供します。

高い相互運用性と定評ある支援者

仮想通貨HFT(Hashflow)は、その高い相互運用性と、定評ある支援者によって支持されています。以下に、これらの特徴を詳細に説明します。

相互運用性

  • 定義: 相互運用性とは、HFTが他の仮想通貨やブロックチェーンネットワークと容易に連携し、交換できる能力を指します。これにより、ユーザーは自由にHFTを他の仮想通貨に交換したり、さまざまなブロックチェーンネットワークで使用したりすることが可能となります。
  • 拡張性: HFTはすでにいくつかの主要なレイヤー1ブロックチェーンや、オプティミズム(Optimism)、アービトラム(Arbitrum)などの主要なイーサリアム(ETH)スケーリングソリューションに対応しています。

定評ある支援者

  • 投資家の支持: HFTは、そのビジョンや技術力を評価した一流の投資家たちからの支持を受けており、その成長と安定性に対する信頼感を高めています。このような強力な支援者による支援は、HFTの将来性を大いに期待させる要素となっており、投資家たちからの注目度も高まっています。

このように、仮想通貨HFT(Hashflow)は、高い相互運用性と定評あるバッカーによって支えられており、その特徴は投資家やユーザーにとって魅力的な要素となっています。

サクッとHFTを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨HFT(Hashflow)の価格推移・チャート解説

仮想通貨HFT(Hashflow)全期間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨HFT(Hashflow)全期間価格推移(CoinMarketCap)】

上図が仮想通貨HFT(Hashflow)の全期間の価格推移です。

2022年11月7日に過去最高価格の¥376.78を付けた、その1か月後の2022年12月29日に過去最低価格の¥40.40まで下落しました。

2023年12月24日現在の約54円は底値圏ですが、底値を割るか、上昇するかは暗号資産全体の流れとも連動するので注意深く見ていく必要があります。

HFTは新興の仮想通貨であり、その価格はまだ大きく揺れ動いています。その背後には、HFTが提供する新たな取引体験や、未来への期待感が影響していると言えるでしょう。

サクッとHFTを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨HFT(Hashflow)の買い方・購入方法

残念ながら 仮想通貨HFT(Hashflow)は、2023年12月現在日本国内の取引所での扱いはありません。しかし、以下の手順を踏めば海外の取引所で買う事が出来ます。

  1. 国内の仮想通貨取引所Coincheckでビットコインなどを購入
  2. 海外取引所Bybit(バイビット)に口座開設する
  3. 日本の取引所からBybitにビットコインを送金後、HFTに交換

国内の仮想通貨取引所Coincheckでビットコインなどを購入

まず国内の暗号資産取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを購入します。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順は非常にわかりやすく、順番にやっていくと簡単に口座開設できます。

本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

②海外取引所に口座を開設する

仮想通貨HFT(Hashflow)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

③国内取引所から海外取引所へ送金してHFTを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨HFT(Hashflow)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからHFTを選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

サクッとHFTを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨HFT(Hashflow)の将来性・今後の見通し

仮想通貨HFT(Hashflow)に関する将来性と今後の見通しについて、以下の点を基に詳細を述べます。

HFTの市場パフォーマンス

  • 取引高: Hashflowは2021年8月のデビュー以来、トップ10の分散型取引所(DEX)にランクインしており、日々の平均取引高は2,500万〜3,000万ドルに達しています。これは、プラットフォーム上で17万以上のユニークなウォレットが取引され、総取引高で100億ドルを超えていることを示しています。

人気とユーザーエクスペリエンス

  • ユーザー受け: Hashflowの人気は、ユーザーフレンドリーなインターフェイスと、投資家に最高のユーザーエクスペリエンスを提供することに注力しているためです。これがトレーダーや投資家の間で好評を得ています。

将来価格の予測要因

  • 価格変動の要因: 他の仮想通貨と同様、HFTの将来価格は過去の価格変動、市場需要、仮想通貨市場の将来の傾向や分析、投資家のセンチメントなど、多くの要因によって変動する可能性があります。

今後の見通しまとめ

  • 上場と将来性: HFTは2022年の11月に一部の取引所で上場し、その独自の取引アルゴリズム「RFQ」や低料金、速い取引時間などの特性により、ユーザーからの期待は高く、将来的に価格が上昇する可能性が考えられます。

このように、仮想通貨HFT(Hashflow)は、その革新的な特性と市場でのパフォーマンスにより、将来的な成長と価格上昇の可能性を秘めています。ただし、暗号通貨市場は不確実性が高く、投資には慎重な判断が必要です。

サクッとHFTを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨HFT(Hashflow)に関するよくある質問

HFTはどこで買えるのか?

HFTは日本の取引所では購入できません。

HFTを購入できる海外の主な取引所は、ByBit、Kucoin、Coinbase、MEXCなどが挙げられます。

HFTは日本の取引所で買えるのか?

現時点では、HFTは日本国内の取引所では取り扱っていません。

HFTのトークン供給量は?

HFTの最大供給量は10億枚(1,000,000,000)で、上場時の流通量は約1億7522万枚(全トークン供給量の約17.52%)です。

HFTはどのように保護されているか?

HFTはERC-20トークンとして提供され、イーサリアムブロックチェーン上に構築されています。セキュリティはプルーフ・オブ・ステーク(PoS)コンセンサスによって強化されており、HFTトークンの契約はQuanstampによって監査されています。

HFTを使用するとどのような機能が利用できるか?

HFTは、Hashflowのネイティブトークンであり、Hashverse(ゲーミファイドガバナンスプラットフォーム)内でも使用できます。ユーザーはHFTをステークして、以下の機能を利用できます:

  • ガバナンス: 投票権はステークされたHFTの量とロック期間に基づいて決定されます。
  • 報酬とIn-DAOヘルス: Hashverseは物語主導のゲーミファイドDAOであり、ステークされたトークンはユーザーのヘルスメトリックスを決定します。最もアクティブなコミュニティメンバーには報酬が提供されます。

サクッとHFTを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

まとめ:仮想通貨HFT(Hashflow)は将来性が期待できる銘柄

仮想通貨HFT(Hashflow)は、独自の取引アルゴリズム「RFQ」を採用し、取引時のスリッページのリスクを軽減します。

イーサリアム規格ERC-20のチェーン上で発行され、高い相互運用性を持つことから、様々なプラットフォームでの利用が可能です。

価格推移は現時点では低調ですが、2023年12月に入ってゆるやかな上昇を見せています。

仮想通貨HFT(Hashflow)は、日本の取引所では扱いがありませんが、かんたんに買うことができます。

その方法は、

国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、HFTに交換します。記事中に詳細を記載しましたので、さくっとHFTを手に入れてください。

サクッとHFTを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須