アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨ファントム(Fantom/FTM)とは?特徴や買い方と今後の将来性を解説

仮想通貨ファントム(Fantom/FTM)とは?特徴や買い方と今後の将来性を解説。イーサリアムキラーの実力。

スポンサーリンク

仮想通貨ファントム(FTM)って、何だろう? 日本の取引所で手に入るのかなと思っている方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨ファントム(FTM)はイーサリアムの問題を解決するべく開発された、イーサリアムキラーコインで、人気があります

しかし、残念ながら日本の取引所では買えません

でも実はかんたんに手に入れる方法があります。
それは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、FTMに交換するのです。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように仮想通貨ファントム(FTM)の特徴と買い方を紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨ファントム(FTM)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨FTMの買い方

記事を読んで、サクッとFTMを手に入れられるようになりましょう♪

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨ファントム(FTM)とは?

トークン名称Fantom
シンボル・単位FTM
総発行予定数31億7500万FTM
ブロックチェーンイーサリアム
価格(FMTの円価格)@2024/2/4¥52.73
過去最高値@Oct 28, 2021¥504.37
過去最低値@Mar 13, 2020¥0.2829
時価総額@2024/2/41478億円
市場ランキング@2024/2/461位
公式サイトhttps://fantom.foundation
【仮想通貨ファントム(Fantom/FTM)概要】

仮想通貨ファントム(FTM)は イーサリアムの問題(ガス代が高い、処理能力が不十分)を解決するべく開発されました。

イーサリアムキラーとも称されていて、人気の仮想通貨の一つです。

イーサリアムと互換性がありますが、工夫をこらしてより高速で安価な取引処理を実現しました。

取引データ処理にDAGテクノロジーを利用してスケーラビリティ問題に取り組んでおり、イーサリアムの置き換えを目指しています。イーサリアムキラーと称されるゆえんです。

独自のコンセンサスアルゴリズムであるLachesis(ラケシス)を使用し高速でスケーラブルなブロックチェーンプロトコルを実現しました。

2024年2月の現在価格は53円60円でピークの約1/10ではありますが、上昇基調に転じています。

仮想通貨ファントム(FTM)の5つの特徴

  •  ファントムコインFTMを発行
  • スケーラビリティ問題を克服するファントムOperaメインネット
  • 取引承認にLachesis(ラケシス)を使用して、高速で低コスト
  • イーサリアムの代替をめざしている
  • 様々なDEX(分散型取引所)プロジェクトと連携している

の5点を見ていきますね。

ファントムコインFTMを発行

 ファントムネットワークはネイティブトークンとして、FTMを発行しています。FTMはステーキング、ガバナンス、支払い、手数料に活用されネットワークの安全性を確保しています。

FTMを使えば、送金にかかる時間は約1秒、手数料は約0.0000001ドルです。ビットコインの場合は送金の完了を告げられるまで30-60分かかります。

FTMは日本では取扱はありませんが、Binance, Kraken、Gemini、Bybitなど34の取引所に上場しています。

スケーラビリティ問題を克服するファントムOperaメインネット

 Operaは、ファントムネットワークのメインネットであり、分散型アプリケーションを構築するための安全で高速な環境です。

Operaメインネットでは、DAG(Directed Acyclic Graph)技術が取引データの処理に用いられており、Lachesisという独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しています。Operaメインネットは、DAGとLachesisを組み合わせることで、高速でセキュアな取引処理とスケーラビリティを実現しています。

仮想通貨ファントム(FTM)は、旧世代のブロックチェーンの制限を克服するためにOperaを設計し、シームレスなdAppの移植のためにEthereumとの互換性を維持しています。

取引承認にLachesis(ラケシス)を使用して、高速で低コスト

 ファントム(FTM)は、従来のブロックチェーン技術の問題を克服し、高速かつ低コストな取引を実現する注目の仮想通貨です。

ファントムは独自のaBFT(Asynchronous Byzantine Fault Tolerance)コンセンサスアルゴリズムであるLachesis(ラケシス)を使用しています。これにより、取引の承認が高速かつ効率的に行われます。

イーサリアムの代替をめざしている

イーサリアムキラーとして期待される仮想通貨ファントム(FTM)は、イーサリアムが抱える問題を解決することを目指して開発されたプロジェクトです。

ファントムは、イーサリアムとの互換性を持ちながら、より高速でスケーラブルなブロックチェーンプロトコルを提供します。開発者アントン・ネル氏によって2018年にローンチされた通貨で、独自のコンセンサスアルゴリズムであるLachesisを採用しています。

イーサリアムのブロックチェーン上には、DeFiやNFTなど様々なエコシステムが誕生していますが、ファントムはそのようなイーサリアムの機能を超えることが期待されています]。ファントムは、高速な取引処理とスケーラビリティを実現し、「イーサリアムキラー」として注目を集めています。

様々なDEX(分散型取引所)プロジェクトと連携している

 仮想通貨ファントム(FTM)は、様々なDEX(分散型取引所)プロジェクトと連携しています。

DEXは、スマートコントラクトを用いて利用者間で直接的に暗号資産の取引を行う仕組みの取引所で、個人と個人(P2P)で取引を行えます。

ファントム(FTM)は、DAGテクノロジーを活用してスケーラビリティ問題を解決し、イーサリアムの代替を目指している仮想通貨です。

ファントムは、その高速性とスケーラビリティを活かして、FeFiスペースで活躍を広げています。

主なDEXとしては、

  • SpookySwap:非常に低いスワップ手数料を提供。ファントムプラットフォーム上で2割のシェアを持ちます。
  • Beethoven X:ファントムでは2番人気。
  • Curve:12のチェーンで利用できるDeFiプロトコルの代表格

などがあります。

サクッとFTMを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

暗号資産ファントム(FTM)のチャートと現在の価格

仮想通貨ファントム(FTM)価格推移全期間(CoinMarketCap)
【仮想通貨ファントム(FTM)価格推移全期間(CoinMarketCap)】

仮想通貨ファントム(FTM)は2019年2月に上場以来、低調な値動きでした。2020年3月13日には、0.28円という最低価格をつけています。

しかしその後急激な上昇を示し、2021年10月28日には最高価格の504円に達しました。1782倍の急騰です。

現在価格は、最低価格の186倍、最高価格の約10分の1となっており、上昇余力は充分にあると思われます。

暗号資産ファントム(FTM)の今後・将来性

仮想通貨ファントム(FTM)価格予想(TechNewsLeader)

上記はUSのTechNewsLeaderという価格予想サイトの予想です。現在価格に対する倍率で表したものが下記です。

X年後倍率
2.0倍
6.6倍
1032.9倍
仮想通貨ファントム(Fantom/FTM)将来の価格予想

5年くらいで最高価格を回復するとの見立てです。

が投資はあくまでも自己判断でお願い致します。

強気の予想の根拠を簡単に説明しますね。

イーサリアムキラーコインとして注目集める

 イーサリアムのライバルとして知られる仮想通貨ファントム(FTM)は、イーサリアムキラーコインの1つとして高い評価を受けています。

ファントムは、イーサリアムと同様にスマートコントラクト機能を持ち、互換性もあるため、理解しやすいとされています。

ファントムは、イーサリアムの抱えるスケーラビリティや処理速度の問題を解決し、高い処理能力や低い取引手数料を実現しています。これらの特徴から、ファントムはイーサリアムを超える可能性が期待されており、多くの投資家から注目を集めています。

イーサリアムキラーコインとしてのポテンシャルを持つファントムは、今後の価格動向や成長が大いに期待される仮想通貨です。

アップデートGo-Operaを実装している

 仮想通貨ファントム(FTM)は、アップデート「Go-Opera」を実装しています。

このアップデートは2021年4月から行われており、取引承認の速度やセキュリティー面が大幅に改善されました。ファントムは、イーサリアムの抱える問題を解決する目的で開発された仮想通貨であり、DAGを用いた取引データ処理により、従来のブロックチェーン技術の問題を克服しています。

Go-Operaの実装により、ファントムは更に高い処理速度と安全性を実現し、将来性のあるプロジェクトとして注目を集めています。

アメリカの大手格付け機関からの高い評価

イーサリアムのライバルとして注目される仮想通貨ファントム(FTM)は、アメリカの大手格付け機関「Weiss Ratings」から非常に高い評価を受けています。

Weiss Ratingsは1971年創業の信頼性のある格付け機関で、これまで53000件以上の金融機関の格付けを行ってきました。評価はイーサリアムを超えるものでした。

この高評価により、ファントム(FTM)の価値上昇への期待が一層高まっています。イーサリアムを超える可能性を秘めたファントムは、今後の動向が注目されます。

サクッとFTMを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨ファントム(FTM)の買い方・購入方法

 残念ながら、仮想通貨ファントム(FTM)は日本国内の取引所では購入できません。

しかし、以下の手順で安全に買う事が出来ます。

  1. 国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入
  2. 海外取引所Bybit(バイビット)に口座開設する
  3. 日本の取引所からBybitにビットコインを送金後、FTMに交換

①国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入

仮想通貨ファントム(FTM)の購入には、まずビットコインなどの仮想通貨を国内の仮想通貨取引所で購入することから始めます。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順は非常にわかりやすく、順番にやっていくと簡単に口座開設できます。

本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

海外取引所に口座を開設する

仮想通貨ファントム(FTM)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

国内取引所から海外取引所へ送金してFTMを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨ファントム(FTM)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからFantom(FTM)を選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

FTMは将来性が高く、需要が増加することが予測されています。

仮想通貨ファントム(FTM)に関するQ&A

ファントムとイーサリアムはどちらが優れているのか?

仮想通貨ファントム(FTM)は、イーサリアム(ETH)のライバルとして注目されている暗号資産です。

イーサリアムの抱えるスケーラビリティ問題や取引速度の問題を解決することを目指して開発されました。

ファントムはDAGテクノロジーを活用したオープンソースのスマートコントラクトプラットフォームであり、イーサリアムよりも取引速度が速く、手数料も低いとされています。

しかし、イーサリアムはDeFiやNFTなど様々なエコシステムが既に誕生しており、実績があります。両者の優劣は、目的や用途によって異なります。

仮想通貨ファントム(FTM)の開発者がいなくなっても開発は続くのか?

仮想通貨ファントム(FTM)の開発者、アントン・ネル氏とアンドレ・クロンジェ氏が市場から撤退したことが明らかになりました。しかし、ファントムは非常に高速でスケーラブルなブロックチェーンプロトコルであり、今後も開発が続くでしょう。イーサリアムに代わるプロジェクトとして期待されるファントムは、引き続き開発が進み、市場で注目されるであろうと予想されます。 

サクッとFTMを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

まとめ:仮想通貨ファントム(FTM)は高い成長余力を持つ

仮想通貨ファントム(FTM)はイーサリアムの問題(高いガス代、不十分な処理能力)を解決するべく開発されました。

イーサリアムキラーとも称されていて、人気の仮想通貨の一つです。

イーサリアムと互換性がありますが、より高速で安価な取引処理を実現しました。

DeFiの分野での採用が広がっており、将来性は高いと評価されています。

2023年12月の現在価格は、約60円で上昇基調にあります。

日本の仮想通貨取引所では扱っていませんが、

かんたんに手に入れる方法があります。
それは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、FTMに交換するのです。

サクッとFTMを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須