アフィリエイト広告を利用しています

【暴落】仮想通貨USTC(TerraClassicUSD)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

【暴落】仮想通貨USTC(TerraClassicUSD)とは?特徴や今後の見通し・将来性を徹底解説

スポンサーリンク

仮想通貨UST(TerraUSD)は韓国のTerraform Labs発行のステーブルコインです。Terra(LUNA)という仮想通貨と連動する形で、1USTが常に1ドルとなるように設計されていました。

2022年4月には世界の暗号資産上位10位以内に入るほどの人気でした。

しかし、2022年5月にUSTは大幅な価格暴落(ディペッグ)に見舞われ、ビットコインをはじめとする仮想通貨全体が大幅に暴落するきっかけとなりました。

その後、通貨の名称をTerraUSD(UST)からTerraClassicUSD(USTC)に変更し、復活を図っています

計画通り復活すれば、USTCは77倍になります。投資家の強い関心を集めている理由です。

この記事では、「暴落」という言葉を冠される仮想通貨USTC(TerraClassicUSD)とは、その特徴や将来性を徹底的に解説します。

仮想通貨USTC(TerraClassicUSD)とは?

トークン名称TerraClassicUSD
仮想通貨シンボル・単位USTC
ブロックチェーンイーサリアム
総供給量9,793,270,786 USTC
価格(USTCの円価格)@2023/10/2¥1.95
過去最高値@Jan 30, 2021¥156.36
過去最低値@Jun 19, 2022¥0.93
時価総額@2023/10/2191億円
市場ランキング@2023/10/2174位
公式リンクhttps://www.terra.money/
               【仮想通貨USTC(TerraClassicUSD)概要】

UST(TerraUSD)は、韓国の企業であるTerraform Labsが発行していたステーブルコインです。理想的には1USTが常に1ドルの価値を持つことになります。
USTは、Terra(LUNA)という仮想通貨とペッグさせる形で価格を維持させる無担保型(アルゴリズム型)のステーブルコインです。実際には、USTの価格が1ドルから変動した場合、自動的にLUNAが売買されてUSTの価格が1ドルに戻るように調整される仕組みです。

時価総額も一時は上位10位以内に入るほどの存在感を発揮していました。

しかし、2022年5月にUSTは大幅な価格暴落(ディペッグ)を経験し、その価値の80%以上を失いました。これは、投資家が一斉にUSTとLUNAを売却し始めた結果、USTの価格が1ドルから大きく下落したためです。その後、通貨の名称をTerraUSD(UST)からTerraClassicUSD(USTC)に変更し、復活を図っています

2023年10月時点では、USTは廃止されて、USTCのみが存在します。
現在のUSTCの価格は約1.95円です。

USTCの基本的な概要:Terra、LUNAとUSTCの関係

Terra、LUNA(今はLUNC)、そしてUSTC(TerraClassicUSD)は密接に関連しています。

  • Terra: ブロックチェーンプラットフォームで、元々はTerraUSD(UST)という名前のステーブルコインを提供していました。このステーブルコインは、LUNAを介して1対1で米ドルにペッグされていました。Terra上では今も多くのdAppsやプロジェクトが動作しています。
    • LUNA: Terraブロックチェーンのネイティブトークンで、不安定な資産です。Terraのステーブルコイン(UST)の価格安定を維持するためにも使用されます。
    • UST(TerraUSD): Terraブロックチェーン上で使用されるステーブルコイン。廃止されました。
  • Terra Classic: Terraのハードフォークブロックチェーンで、独自のエコシステムとトークンを持っています。
    • LUNC(Luna Classic):は、2022年5月にLUNA(ルナ)が暴落した後の復旧計画によりフォークされて誕生した暗号資産です。前身であるLUNAは暴落前まで時価総額ランキング10位以内に入っていた人気の通貨です。LUNCは暴落したLUNAの復興プランとして誕生しました。Terra Classicのネイティブトークンです。
    • USTC(TerraClassicUSD): これはTerraUSD(UST)のリブランディング後の名前です。TerraブロックチェーンがTerra Classicにリブランディングされた後、USTもUSTCとして改名されました。

Terraブロックチェーンは、LUNAとUST(現在はUSTC)との間で「ミントとバーン」のアルゴリズムを使用して、ステーブルコインの価格を安定させていました。このアルゴリズムは、USTCの価格が1ドル未満または1ドル以上になった場合に、LUNAとUSTの供給と需要を調整する仕組みです。

簡単に言えば、Terra Classicはブロックチェーン、LUNCはそのネイティブトークン、そしてUSTCはそのステーブルコインです。これらは相互に影響を与え合い、エコシステムを形成しています。

USTCの現在

USTCは現在、Terra Classicブロックチェーン上のステーブルコインの安定性を維持する目的でLUNCコミュニティによってサポートされています。

供給を拡大し、ステーブルコインへの関心を再活性化するため、Terra Classicコミュニティは、LUNCトークンの差し入れや破棄などのプロジェクトを開始し、インフラの改善にも取り組んでいます。

USTCの起源と開発背景、

TerraClassicUSD(USTC)は、元々TerraUSD(UST)として知られていました。このステーブルコインはTerraブロックチェーンの分散型アルゴリズムに基づいています。

2022年5月にLUNA/USTの価格が崩壊した後、ブロックチェーンとトークンの名称が変更されました。

Terraとステーブルコイン

Terraは元々、価格が1対1で米ドルにペッグされたアルゴリズムステーブルコイン、TerraUSD(UST)を提供するオープンソースのブロックチェーンプラットフォームでした。このブロックチェーンは、ユーザーがUSTを瞬時に使ったり、貯めたり、取引したり、交換したりすることを可能にしていました。

ミントとバーンのアルゴリズム

Terraは、USTとその不安定なネイティブアセットLUNAとの間で「ミントとバーン」のアルゴリズムを採用していました。このアルゴリズムは、USTの価格が1ドル未満の場合、ユーザーとアービトラージャーは1 USTをシステムに送り(バーン)、1ドル相当のLUNAを受け取る(ミント)ことができました。

UST/LUNAの崩壊とハードフォーク

2022年5月には、大量のUSTが市場に投入され、USTの価格が急落しました。これにより、投資家たちはパニックを起こし、より多くのUSTを売ってLUNAをミントしました。これがLUNAの供給量を急増させ、価格を崩壊させました。この事態を収拾するために、コミュニティの投票を経て、TerraチームはTerraブロックチェーンのハードフォークを発表しました。

リブランディング

結果として、元のTerraブロックチェーンはTerra Classicとしてリブランディングされました。この中で、TerraUSD(UST)はTerraClassicUSD(USTC)として改名されました。

このように、USTCは多くの波乱を経て現在の形になっています。それでも、その基本的なアルゴリズムとエコシステムは、投資家にとって魅力的な選択肢を提供しています。

USTCの仕組みと特徴

USTC(TerraClassicUSD)は、Terra Classicブロックチェーン上で動作するステーブルコインです。このステーブルコインは、価格安定のために独自のミント(発行)とバーン(焼却)のメカニズムを採用しています。

具体的には、ユーザーがLUNC(Terra Classicのネイティブトークン)を焼却すると、相当する価値のUSTCが発行されます。この記事では、USTCの仕組みとその特徴について詳しく解説します。以下の項目で説明を行います。

  • 無担保型のステーブルコインとしての役割
  • ミントとバーンによる価格安定策
  • USTCと他のステーブルコインとの違い
  • 2022年の価格暴落の要因と影響
  • 様々なブロックチェーンでの利用可能性

この情報がUSTCについての理解を深める手助けとなることを期待しています。

無担保型のステーブルコインとしての役割

USTC(TerraClassicUSD)は無担保型のステーブルコインです。これは、USTCが特定の資産に担保されていないということを意味します。無担保型のステーブルコインは、価格の安定性を確保するために独自のアルゴリズムやメカニズムを使用します。USTCは、その価格を1ドルに保つように設計されていますが、これは担保資産なしで達成されるように設計されています。

現在ではドルとのペッグは達成されていません。

ミントとバーンによる価格安定策

USTCの価格安定の主な手段は、ミント(発行)とバーン(焼却)のメカニズムです。ユーザーがLUNC(Terra Classicのネイティブトークン)を焼却すると、その価値に相当するUSTCが発行されます。この発行されたUSTCは、特定の条件下で市場に放出されることで、価格の安定を助けます。このメカニズムにより、USTCは他のステーブルコインと比較しても高い価格安定性を持っています。

USTCと他のステーブルコインとの違い

USTC(TerraClassicUSD)は、他のステーブルコインと比較していくつかの違いがあります。

  1. 発行体: USTCは韓国の企業であるTerraform Labsが発行しています。一方、他の主要なステーブルコイン(例えばUSDTやUSDC)は、それぞれTether Limited社とCircle社が発行しています。
  2. 担保の種類: USTCは無担保型(アルゴリズム型)のステーブルコインで、価格がTerra(LUNC)という仮想通貨とペッグさせる形で維持されています。一方、USDTやUSDCなどの他の主要なステーブルコインは法定通貨担保型で、ドルやユーロなどの法定通貨を担保としています。
  3. 価格安定性: USTCは2022年5月に大幅な価格暴落(ディペッグ)を経験しました。これは、投資家が一斉にUSTとLUNAを売却し始めた結果、USTの価格が1ドルから大きく乖離したためです。その後、通貨の名称をTerraUSD(UST)からTerraClassicUSD(USTC)に変更し、復興を図っています。

2022年5月の価格暴落の要因と影響

Luna price crush 2022年4月20日から5月20日

2022年5月のTerraUSD(UST)の崩壊は、主にディペッグという現象によって引き起こされました。これは、投資家がUSTとその担保資産であるLUNAを一斉に手放し始めたときに発生しました。その結果、USTとLUNAの価格は暴落し、約6兆円の時価総額が消えました。

この混乱が起きた後、大手取引所Binanceは一時的にUSTの出金を停止しました。その後、通貨の名称をTerraUSD(UST)からTerraClassicUSD(USTC)に変更し、復興プロジェクトが開始されました。

しかし、この事件以降、各国でステーブルコインについての議論が行われており、投資家の間でステーブルコインへの不安が広がっています。これらの要素がUSTCの価格に影響を及ぼしています。

様々なブロックチェーンでの利用可能性

TerraClassicUSD(USTC)は、Terra Bridgeという機能を利用することで、様々なブロックチェーンで使用できます。具体的には、以下のブロックチェーンに対応しています:

  • イーサリアム
  • バイナンススマートチェーン
  • アバランチ
  • ポリゴン
  • ソラナ

ユーザーはTerra Bridgeを使用して、ブロックチェーンをまたいだ資産の移動ができます。これは、DeFi(分散型金融)やDapps(分散型アプリケーション)を利用する上で、大きなメリットとなります。

USTCの価格動向とその要因

仮想通貨UST(TerraClassicUSD)全期間価格推移(CoinMarketCap)
仮想通貨UST(TerraClassicUSD)全期間価格推移(CoinMarketCap)

USTCはステーブルコインとして設計されているため、価格安定性が求められます。しかし、2022年の暴落はその性質を大きく揺るがしました。この暴落の主な要因は、市場の信用不安と規制強化の動きです。特に、ステーブルコインの背後資産の透明性を求める声が高まり、USTCの無担保性が問題視されました。さらに、仮想通貨市場全体のベアトレンドもUSTCの価格を下げる一因となりました。

これらの要因が絡み合い、USTCの価格は大きく下落し、2023年10月2日現在は1.9円台と、目標の1ドルの1/77で安定しています。

過去の価格動向とその背後にある要因

2022年5月のTerraUSD(UST)の崩壊は、主にディペッグという現象によって引き起こされました。これは、投資家がUSTとその担保資産であるLUNAを一斉に手放し始めたときに発生しました。その結果、USTとLUNAの価格は暴落し、約6兆円の時価総額が消えました。

USTの価格を維持するために、Terra(LUNA)を大量に発行して需要と供給のバランスをとろうとしたのですが、かえってLUNAの暴落を招いただけになってしまったのです。

現在の価格動向と市場の反応

仮想通貨UST(TerraClassicUSD)過去1年価格推移(CoinMarketCap)
仮想通貨UST(TerraClassicUSD)過去1年価格推移(CoinMarketCap)

USTC(TerraClassicUSD)の価格は現在底値圏にあり、ドルに対するペッグが失われています。

市場の反応は一般に慎重であり、USTCがドルに再ペッグするかどうかについては多くの疑問が投げかけられています。

このような状況下で、投資家や市場参加者はUSTCの将来に対して慎重な姿勢を取っています。

Terra ClassicコミュニティはUSTCの再ペッグを目指しており、そのための多くの議論と提案が行われています。

USTCの今後の見通しと将来性

USTCの今後の見通しと将来性については、様々な要素が考慮されます。その中でも、USTCがステーブルコインとしての役割を果たすことが重要で、その安定性が評価されるかどうかが鍵となります。また、仮想通貨の規制が強化される中、USTCが法的な問題をクリアできるかも見逃せません。さらに、USTCのユーティリティ性が向上し、多くのブロックチェーンで利用されるようになると、その価値はさらに高まるでしょう。しかし、USTCが価格暴落を経験したことを忘れてはならず、そのリスクを理解した上で投資を検討するべきです。これらの要素を踏まえ、USTCの将来性は慎重な見方が求められますが、一方で新たな可能性も秘めています。

USTCの存在感とその影響

TerraClassicUSD(USTC)は、Terra Classicブロックチェーン上で動作するステーブルコインです。このコインは、元々TerraUSD(UST)として知られていましたが、2022年5月31日にTerra Classicブロックチェーンに移行し、USTCとしてリブランディングされました。

存在感

USTCの存在感は、その市場評価によって測れます。1CoinMarketCapによれば、USTCの全体の市場評価は約189億円で、174位と中堅どころと言えるでしょう。Bitcoinに対する交換レートも存在します。

影響

USTCの影響は、Terra Classicブロックチェーンとそのエコシステムに大きく影響を与えています。特に、USTCのドルからの逸脱後、Terraコミュニティは新しいブロックチェーン「Terra 2.0」を作成し、元のブロックチェーンは「Terra Classic」としてリネームされました。

このような動きは、USTCが持つ影響力とそのコミュニティ内での重要性を示しています。しかし、その価格の不安定性が続く限り、その影響力は限定的であるとも言えます。

ステーブルコイン規制の強化とUSTCへの影響

USTCは現物資産の担保がない、アルゴリズム型のステーブルコインなので、規制当局からの監視も厳しくなっています。規制強化の動きがUSTCの価値や取引環境に影響を及ぼす可能性があります。近年では、仮想通貨に対する規制が全世界的に強まる中で、USTCの将来性についても慎重な視点が求められます。規制強化はUSTCの価値を保つ上で必要な一方で、取引の自由度を制限する可能性もあります。

USTCの購入方法と注意点

USTCは国内仮想通貨取引所では扱いがありません。ので国内取引所に登録し、ビットコインかイーサリアムを買って、海外取引所に送金して、USTCに交換する手順を取ります。

USTCの購入方法は比較的簡単です。

  • 国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入
  • 海外取引所Bybitに口座を開設する
  • 国内取引所から海外取引所へ送金し、USTCを購入

国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入

仮想通貨USTC(TerraClassicUSD)の購入には、まずビットコインなどの仮想通貨を国内の仮想通貨取引所で購入することから始めます。仮想通貨取引所選びは、取引手数料や使いやすさなどを考慮に入れ、自分に合ったものを選びましょう。ビットコイン取引は、その流動性と普及度から、多くの取引所で対応しています。

おすすめの取引所はCoincheckです。マネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすいです。順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

海外取引所に口座を開設する

仮想通貨USTC(TerraClassicUSD)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

国内取引所から海外取引所へ送金してUSTCを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨USTC(TerraClassicUSD)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからUSTC(TerraClassicUSD)を選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

USTCは将来性が高く、需要が増加することが予測されています。是非、この機会にUSTCを購入してみてください。

USTCに関するよくある質問とその回答

USTCはどのようなブロックチェーンで利用可能か?

USTCはEthereumやBinance Smart Chainなど、複数のブロックチェーンで利用可能なステーブルコインです。

USTCの価格はどのように決まるのか?

USTCの価格は市場の需給バランスにより決まりますが、基本的には1USTC=1USDの価値を保つよう設計されていますが、それは達成できていません。

USTCの将来性はどうか?

Terra Classicコミュニティはドルとの再ペッグを目指して活動していますが、先行きは不透明です。

USTCのまとめと今後の展望

USTC(TerraClassicUSD)はTerra Classicブロックチェーン上で動作するステーブルコインですが、現在はドルに対してペッグしていない状態です。この記事で触れたように、USTCは無担保型のステーブルコインであり、独自の価格安定メカニズムが存在します。しかし、そのメカニズムはまだ完全には機能しておらず、価格の安定には至っていません。

今後の展望

USTCの今後については、多くの不確実性があります。Terra Classicコミュニティは再ペッグを目指しており、そのための多くの議論と提案が行われています。しかし、現状ではUSTCの価格は不安定であり、投資家や市場参加者は慎重な姿勢を取っています。

USTCが再びドルにペッグすることができれば、その価格安定性と利用ケースは大きく向上する可能性があります。しかし、それがいつ実現するか、または実現するかどうかは不明です。

是非、日本のCoincheckと海外のBybitに口座を開設して、仮想通貨USTC(TerraClassicUSD)を購入して将来の値上がりに期待してはいかがでしょうか?

Coincheckでの口座開設の詳細はこちらを参照ください:

Bybitでの口座開設の詳細はこちら:

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須