アフィリエイト広告を利用しています

Wall Street Memes(ウォールストリートミームズ)とは?特徴・買い方と将来性

Wall Street Memes(ウォールストリートミームズ)とは?特徴・買い方と将来性

スポンサーリンク

Wall Street Memes(ウォールストリートミームズ)は、ウォールストリートの動きとミームコインの世界を風刺するという新たなコンセプトから生まれました。アメリカで大きな話題になっていますので急遽取り上げました。

ミームコインは、元々はインターネット上のジョークやミームから生まれた仮想通貨のことを指します。ミームコインは、実際の使用価値や具体的な目的を持たず、その価値は主にコミュニティの支持や人気に基づいています。

最も有名なミームコインの一つは「ドージコイン」で、イーロンマスク氏もツイートして、一時的に大きな価値を持つようになりました。

ミームコインは価格の大きな変動が起こりやすく、投資には高いリスクが伴います。ミームコインへの投資は慎重に行うべきです。

このプロジェクトは、そのユニークな徐々に価格を上げるプレセールアプローチで仮想通貨市場に新たな波を作り出しています。

そのプレセールは大成功を収め、目標の23.4億円に迫る23.1億円を調達し、さらに20億円以上を調達するなど、その成長は止まることを知りません。

プレセールは終了し、複数の海外の仮想通貨取引所で買う事が出来ます。

この記事では、

  • Wall Street Memesの特徴
  • 購入方法
  • その将来性

について詳しく解説します。

プレセールの成功から現在の成長、そしてその未来の可能性まで、Wall Street Memesが仮想通貨市場でどのように新たな波を作り出しているのかを探ります。新たな投資の視点を開拓しませんか?

参考記事:その他話題の仮想通貨はこちらを参照

WSMを買うためには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Wall Street Memesとは?- ウォールストリートミームズを詳しく解説

引用<span class="su-quote-cite"><a href="https://wallstmemes.com/" target="_blank">ウォールストリート・ミームは、ウォール街による金融市場の組織的独占に反対するリテール運動のトークン化である。</a></span>
Wall Street Memes公式サイト

ウォールストリートとミームは一見関係なさそうですね。ところがさにあらず!

SNSを通じて広まるインターネットミームが、投資市場に大きな影響を及ぼすケースが増えてきています。

例えば、USの大規模なオンラインコミュニティプラットフォームである、「Reddit」のフォーラム「WallStreetBets」で話題になって、株価が急騰した「GameStop(ゲームストップ)」は、ミームが投資に影響を与えた例です。

今やインターネットミームは、一般の投資家たちが集まり、情報を共有し、投資行動を起こすきっかけとなります。ウォールストリートの動向を予測するためには、ミームの動きにも注目が必要となってきています。

ミーム(Meme)は「模倣される情報の単位」や「模倣の単位」といった意味です。今は英語の「Meme」をそのまま「ミーム」とカタカナ表記で用います。

特にインターネット上で広まるミームは「インターネットミーム」と呼ばれ、特定の画像やフレーズ、動画などがウェブ上で急速に広まり、変化し、共有される現象を指します。これらのミームは、ユーモラスな要素を含むことが多く、社会的な意見や現象を風刺するために使われることもあります。

ここでは、

  • Wall Street Memes(WSM)の概要
  • 「WSMトークン」:金融革命を促進する新たなトークン

の順で詳しく見ていきますね。

Wall Street Memes(WSM)の概要

トークン名称Wall Street Memes
シンボル・単位WSM
総発行予定数20億枚
価格(1WSMの円価格)@2024/1/10¥2.140
過去最高値@Sep 30, 2023¥11.57
過去最底値@Jan 08, 2024¥1.82
時価総額@2024/1/1041.1億円
市場ランキング@2024/1/10658位
公式サイトhttps://wallstmemes.com/
         【Wall Street Memes(WSMトークン)概要】

Wall Street Memes(WSM)とは、ウォールストリートに関連するミーム(インターネット上で広く共有される画像やフレーズ)を扱うプラットフォームです。

WSMはそのトークンです。2023年9月末まで、期間限定でプレセールをやっていました。エアドロップもです。

プレセールの最終価格は、$0.0337(約5円)でした。その後、複数の仮想通貨取引所(CEX)に上場しました。上場したら、10倍になるとの憶測もありましたが、実際には11円と2倍弱になりました。

2024年1月11日現在の価格は、2.4円とプレセールの半分になっています。

Wall Street Memesは、金融市場の動向を軽快に伝え、投資家コミュニティ間での情報交換を促進するためのもの。

ミームは、複雑な金融情報を分かりやすく伝える手段として、特に若い世代の投資家に人気があります。

Wall Street Memesは、このミーム文化を活用して、金融市場の知識を広めることを目指しています。ウォールストリートの動きをユーモラスに描写するミームは、投資の世界をより身近に感じさせ、新たな投資家層の参入を促しています。

「WSMトークン」:金融革命を促進する新たなトークン

「WSMトークン」は、Wall Street Memesのコアとなる新たなデジタル資産です。

WSMはイーサリアム・ブロックチェーン上のERC-20トークンで、最大供給量は20億個です。

トークン契約アドレスは0xB62E45c3Df611dcE236A6Dc7A493d79F9DFadEfです。このトークン契約アドレスには資金を送らないでください。

WSMは現在、公式サイトと複数の取引所で購入できます。

仮想通貨WSM公式サイトでも買えます
【仮想通貨WSM公式サイトでも買えます】

上記は、Wall Street Memesの公式サイトでのWSM購入画面です。1USDTで53WSMが買えますので、1WSM=$0.0189(2.74円)ですね。

WSMを扱っている取引所のリストは以下の通りです。

仮想通貨WSM扱い取引所
【仮想通貨WSM扱い取引所】

CoinGeckoの情報によると、WSMトークンの購入や取引において最も人気のある取引所は以下の通りです:

  1. OKX: WSMトークンとUSDTのペアが最も活発に取引されており、過去24時間の取引高は$1,150,119になっています。
  2. OrangeX: WSMトークンとUSDTのペアで取引されており、過去24時間の取引高は$476,371です。
  3. BingX: こちらもWSMトークンとUSDTのペアで取引されています。過去24時間の取引高は$65,533.35です。
  4. その他の取引所: LBank、Hotcoin Global、ゲート(Gate.io)、BitMart、CoinWなどもWSMトークンを取り扱っています。

これらの取引所では、WSMトークンはUSDTとのペアで主に取引されており、最近の市場の動きは様々です。具体的な取引の詳細については、各取引所のウェブサイトを直接確認することをお勧めします。

WSMを買うためには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Wall Street Memesの特徴

Wall Street Memes(WSM)は、金融市場のパワーバランスを変える特徴を持ち、個人投資家や小規模トレーダーにも参加の機会を提供します。

大手機関やウォールストリートのエリートが主導権を握る従来の金融市場に対して、WSMは革新的な逆襲を目指しています。

WSMは将来性のあるロードマップを持ち、金融市場における影響力を増やし、新たなトレンドの創出が期待されています。

次世代の金融市場における重要な役割を果たすと予測されるWSMへの投資は、その高い可能性と成長予測を考慮すると、見逃せないチャンスと言えます。

以下の順で詳細に見ていきます;

  • パワーダイナミクスを変革する:Wall Street Memesの逆襲
  • Wall Street Memesのロードマップ:将来性の予測

パワーダイナミクスを変革する:Wall Street Memesの逆襲

Wall Street Memes(ウォールストリートミームズ)の特徴は何と言っても、金融市場のパワーダイナミクスを変革する力を持っていることです。

ウォールストリートミームズは、一般投資家が集まって情報を共有し、大衆の意識を高めるためのツールとして、既存の金融機関の影響力に挑戦しています。

その結果、市場の動きを大きく左右できるようになり、一般投資家によるウォールストリートへの逆襲が始まりました。

伝統的な金融市場に新たな風を吹き込む革新的な動きであり、誰もが参加できる金融市場の創造に一役買っています。

Wall Street Memesのロードマップ:将来性の予測

Wall Street Memesロードマップ

Wall Street Memesの将来性は、そのロードマップ(上図)により描かれます。

このプロジェクトは、ウォールストリートの動向をユーモラスに描写したミームを通じて、金融情報のアクセシビリティを高めることを目指しています。

そのため、ミームのクオリティ向上やコミュニティの拡大に重きを置いたロードマップが展開されていきます。

ミームと金融の融合により、新たな金融文化の創出を目指すというビジョンも持っています。

Wall Street Memesは金融業界に新たな風を吹き込む可能性を秘めていると言えます。

ただし、ミームの人気はあくまでも流行により変動するため、Wall Street Memesが如何に流行を作り出せるかが将来性を左右する重要な要素となります。

WSMを買うためには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Wall Street Memesの買い方

仮想通貨WSM公式サイト_ETH to WSM
【仮想通貨WSM公式サイト_ETH to WSM】

ウォールストリートメームズ(WSM)のトークンは、公式サイトからETH、USDT、または銀行カードを使用して購入することができます。以下に、その手順を説明します。

  1. 日本の仮想通貨取引所Coincheckでイーサリアムを買います
  2. MetaMask(メタマスク)ウォレットをインストールして、アカウントを作成します
  3. MetaMask(メタマスク)口座に、Coincheckからイーサリアムを送金します
  4. Wall Street Memesの公式ウェブサイトにアクセスして、MetaMaskウォレットに接続します
  5. イーサリアム(ETH)を使用してWSMトークンを購入します

①日本の仮想通貨取引所Coincheckでイーサリアムを買います

仮想通貨WSMの購入には、まずイーサリアムなどの仮想通貨を国内の仮想通貨取引所で購入することから始めます。仮想通貨取引所選びは、取引手数料や使いやすさなどを考慮に入れ、自分に合ったものを選びましょう。イーサリアム取引は、その流動性と普及度から、多くの取引所で対応しています。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすいです。順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたイーサリアム(ETH)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

②MetaMask(メタマスク)ウォレットをインストールして、アカウントを作成します

MetaMask(メタマスク)のインストールは、簡単かつ迅速です。ここではGoogle Chromeを例にとります。

1.Chromeウェブストアで「メタマスク」を検索します。

ChromeウェブストアMetamask追加画面
【ChromeウェブストアMetamask追加画面】

2.「Chromeに追加」をクリックします。これで、ブラウザにMetaMaskの拡張機能が追加されます。
追加後にMetaMaskのアイコンをクリックすると、セットアップの画面が表示されます。

3.「ウォレットの作成」を選択し、パスワードを設定します。このパスワードは、MetaMaskを使用するたびに必要となるので、忘れないようにしましょう。


以上が、MetaMaskのインストール方法です。

スマホの場合は、アプリストアで「MetaMask」と検索すると下のような画面が出てきますので、ダウンロードして下さい。

スマホ、MetaMaskアプリダウンロード画面
【スマホ、MetaMaskアプリダウンロード画面】

パスワードを設定してください。

メタマスクのアカウント作成は簡単な手順で完了します。

1.メタマスクのインストールが完了したら、アイコンをクリックし「Create a Wallet」を選択。新規ウォレット作成に進みます。


2.セキュリティのため、強固なパスワードを設定しましょう。


3.次に、秘密のバックアップフレーズが表示されます。12語の英語単語です。これは紛失した場合の復元に必要なため、安全な場所に保存しておくことが大切です。

4.ウォレットアドレスは「0xd」から始まる42文字になります。


これでアカウント作成は完了です。次はイーサリアムを入金しましょう。

③MetaMask(メタマスク)口座に、Coincheckからイーサリアムを送金します

さきほど仮想通貨取引所Coincheckで購入したイーサリアムを、MetaMask口座に送金します。

MetaMaskのウォレットアドレス(「0xd」から始まる42文字)をコピーしておきます。

Coincheckにログインし、送金を選びますと、送金先アドレスを要求されますので、入力します。

次に、送金したいイーサリアムの個数を選んで送金を押すと完了です。ガス代が2000円近くかかりますのでその分も見込んでイーサリアムの個数を決めてください。

MetaMaskにイーサリアムが届いたら以下のような画面になります。

MetaMaskイーサリアムメインネット画面
MetaMaskイーサリアムメインネット画面

④Wall Street Memesの公式ウェブサイトにアクセスして、MetaMaskウォレットに接続します

仮想通貨WSM公式サイト_日本語入口
【仮想通貨WSM公式サイト_日本語入口】

上図がWall Street Meemの公式サイトです。右上のLanguageを日本語にしておきましょう。

「今すぐ購入してステークしてください」をクリックします。

仮想通貨WSM公式サイト_ETH to WSM日本語

上で①ETHを選びます。②交換したいETHの個数を入力すると、右側に得られるWSMの個数が表示されます。すると③「ウォレットを接続して購入&ステーキングする」をクリックします。

Wall Street Meem公式サイト_ウォレット接続画面

上のように、ウォレット接続画面になりますので、MetaMaskを選択します。

後は画面の指示に従って、MetaMaskで承認していきますと後は画面の指示に従って、MetaMaskで承認していきますとWSMが買えます。

Wall Street Memes:投資家が逃すべきではない強力な投資チャンス

ウォールストリートミームズ(WSM)は、投資家が逃すべきではない強力な投資チャンスを提供しています。

WSMトークンは、金融市場の既存のパワーダイナミクスに挑戦し、一般の投資家に力を与えることを目指しています。

また、WSMトークンは、プロジェクトの成長と成功を支えるための具体的なステップと目標が明記されたロードマップを持っています。投資家はWSMがどのように発展していくのか、どのような価値を提供するのかがわかります。

コミュニティが目指すように、100倍になるかどうかは誰にもわかりませんが、サポーターたちの熱量は非常に高いものを維持しているようです。

WSMを買うためには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Wall Street Memesの将来性

「Wall Street Memes」は、金融市場や投資に関するユーモラスなコンテンツを提供するプラットフォームで、特に若者の間で人気が高まっています。

複雑な金融情報を分かりやすく伝えるための手段として、また社会的な議論を刺激するためのツールとして使用されています。

WSMトークンの将来性を予測するために以下の要素が重要です;

  • プレセールの成功:WSMのプレセールは2023年5月26日に開始され、48時間以内に初回のプレセールラウンドで50万ドルを調達し、完売しました。ハードキャップの目標は30,577,000ドルで、2023年第4四半期にDEXとCEXのリストに掲載される可能性があります。
  • コミュニティの成長:新しいミームコインは、コミュニティを構築することで、ICO後すぐに100百万ドルの市場評価を得ることがよくあります。
  • ブロックチェーンの大衆化:2024年のビットコイン半減期後の次のクリプト・ブルラン(*)が発生すると、ミーム資産の上昇が続く可能性があります。ブロックチェーンが大衆化するにつれて、新規参入者はウォールストリートミームズのようなコインに引き寄せられる可能性があります。
  • プレセール価格の段階:WSMコインの価格は、プレセールの初回ラウンドで0.025ドルから始まり、数日以内に完売し、2023年7月末時点では若干高い価格、0.0325ドルで取引されています。これは、最もリスクを負う早期の購入者に割引を提供するためです。
  • 既存のブランド:ウォールストリートミームズは、既に確立されたブランドを持っており、これを利用して長期的に成長することができます。
クリプト・ブルラン:仮想通貨市場が全体的に上昇する期間を指す用語です。”ブルラン”は、株式市場の用語で、価格が一般的に上昇する期間を指します。これは、ブル(雄牛)が角を上に向けて突進する様子から来ています。
2024年のビットコイン半減期後の次のクリプト・ブルランとは、ビットコインの新規供給量が半分に減少する2024年の「半減期」イベントの後に予想される市場の上昇期間を指しています。ビットコインの半減期は、過去に何度か起こり、その都度、価格の大幅な上昇を引き起こしています。

Wall Street Memesの可能性:金融市場における影響力

Wall Street Memesは、金融市場における新たな風潮を生み出す可能性を秘めています。

金融市場は情報の流通速度が速く、トレンドが常に変化する世界。

そんな中で、Wall Street Memesは金融情報をユーモラスに伝える手段として注目を集めています。

金融の専門知識がなくても理解しやすい形で情報を提供することで、より多くの人々が金融市場に関心を持つきっかけを作り出すでしょう。

また、ミームはインターネットを通じて短時間で大量に拡散する特性を持つため、Wall Street Memesが生み出す情報は瞬く間に広まる可能性があります。

Wall Street Memesは、金融市場の動向を大きく左右する力を持つと言えるでしょう。

Wall Street Memesの成長予測:ロードマップは10億ドル目指す

Wall Street Memesロードマップ

ウォールストリートミームズ(WSM)のロードマップは、投資家に対して明確なビジョンと将来の成長予測を示しています。

上図のロードマップは、プロジェクトの進行状況を追跡し、その成長と進化を評価するための重要なツールとなっています。

第3段階では、10億ドル(1,400億円)の時価総額を目指すことを謳っています。WSMトークンの発行上限である、20億枚すべて発行された場合には、WSMトークンの価格としては、0.5ドルです。今のプレセール価格、0.0325ドルの約15.4倍になります。実際の発行枚数はもっと少ないでしょうから、上昇倍率はもっと高くなる可能性が高いです。

WSMのロードマップには、プロジェクトの成長を支えるための具体的なステップと目標が明記されています。これにより、投資家はWSMがどのように発展していくのか、どのような価値を提供するのかを理解することができます。

WSMを買うためには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

まとめ

ウォールストリートミームズ(WSM)は、ウォールストリートとインターネットミームの世界を風刺したユニークな仮想通貨です。このプロジェクトは、金融市場の既存のパワーダイナミクスに挑戦し、一般の投資家に力を与えることを目指しています。

WSMトークンのプレセールは2023年9月に終わりました。

今は、Wall Street Meemの公式サイトからETHを使って購入できます。

日本での取り扱いはありませんが、日本の仮想通貨取引所Coincheckでイーサリアム(ETH)を買って、MetaMaskウォレットに送り、公式サイトで購入することができます。

ウォールストリートミームズのロードマップは、プロジェクトの将来的な展望を示しています。このロードマップには、プロジェクトの成長と進化を支えるための具体的なステップと目標が明記されています。第3段階では、10億ドルの市場価値を目指します。

これにより、投資家はWSMがどのように発展していくのか、どのような価値を提供するのかを理解することができます。

ウォールストリートミームズは、投資家が逃すべきではない強力な投資チャンスを提供しています。その風刺的なアプローチと明確なロードマップにより、WSMは金融市場における新たなパワーダイナミクスを作り出す可能性を秘めています。

イーサリアムを日本で買う場合には、アプリDL数No.1のCoincheckがおすすめです。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Coincheckで無料口座開設の詳細は以下の記事を参照ください。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須