アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨SushiSwap(SUSHI)とは?特徴と価格動向や買い方と将来性を徹底解説

仮想通貨SushiSwap(SUSHI)とは?特徴と価格動向や買い方と将来性を徹底解説

スポンサーリンク

SushiSwap(SUSHI)は、利用者に流動性提供やステーキングによる収益機会を提供するDEXです。

独自トークンSUSHIのガバナンス参加権、低リスク貸借プラットフォーム「kashi」(菓子?)、お得なトークンプレセール「miso」(味噌?)、そしてNFTとメタバースへの進出は、SushiSwapが急成長を遂げた要因です。

DEXの中でトップ10に位置するこの取引所と仮想通貨SUSHIの基本情報から価格動向、購入方法、そして将来性に至るまで、あらゆる面から徹底解説します。

仮想通貨SushiSwap(SUSHI)とは?

トークン名称SushiSwap
仮想通貨シンボル・単位SUSHI
総供給量2.5億SUSHI
価格(SUSHIの円価格)@2023/11/9¥149.99
過去最高値@Mar 14, 2021¥3,514.26
過去最低値@Nov 04, 2020¥71.19
時価総額@2023/11/9347.3億円
市場ランキング@2023/11/9140位
公式リンクhttps://www.sushi.com/
       【仮想通貨SushiSwap(SUSHI)概要】

SushiSwapは、分散型取引所(DEX)です。イーサリアムブロックチェーン上に構築され、ユーザーは中央集権型の仲介者なしに、ユーザー間で仮想通貨の交換を行います。

SUSHIトークンはSushiSwapのネイティブトークンであり、ガバナンストークンの役割も果たします。SUSHIを保持しているユーザーは、取引所の収益分配を受ける権利と投票によるガバナンスへの参加が認められています。

2023年11月9日の現在価格は、¥149.99で底値圏にあります。時価総額は347億円で140位に位置します。

SushiSwapはDEX(分散型取引所)

SushiSwapは、中央集権型の金融機関とは異なる、分散型のプラットフォームです。ユーザーは自身の暗号資産を流動性プールに提供することで、そのプール内で行われるトレードから発生する手数料の一部を収益として得ることができます。このプロセスは「流動性マイニング」とも呼ばれ、DeFiが提供する新しい種類のパッシブインカム(受動的報酬)です。

SushiSwapの起源:Uniswapとの関係

SushiSwapは大成功したUniswapの模倣(パクリ)から誕生しました。元々はUniswapのコードを用いたフォークとしてスタートしました。

しかし、SushiSwapはUniswapにない特徴を加え、特に注目されるのはSUSHIトークンの導入によるユニークな報酬システムです。流動性プロバイダー(LP)にはSUSHIトークンがインセンティブとして与えられ、SUSHI保有者はプラットフォームの収益分配を受ける権利と、ガバナンス投票への参加権を持ちます。

SushiSwapは、Uniswapより高い金利や報酬を提供することでユーザーを引き抜く「ヴァンパイア攻撃」を仕掛け、短期間で大きな流動性とユーザーベースを確保しました。この戦略は物議を醸しましたが、SushiSwapは独自の機能を追加し、本格的なDEXへと進化し多くのユーザーに支持されるようになりました。

現在では、DEXランキングで上位に位置する人気の取引所となっています。

SushiSwap(SUSHI)の特徴

SushiSwap公式サイト入口

SushiSwapはイーサリアムベースのDEXであり、取引所機能によりユーザーは他のユーザーと直接暗号資産を交換できます。

しかし、SushiSwapの特徴は単なる取引機能にとどまりません。ユニークなトークン経済システムやガバナンスモデル、開発者の交代による革新的な変遷、そして主要な仮想通貨取引所での上場による可視性の高まりなど、SushiSwapは多角的な発展を遂げてきました。

ここでは特に次の特徴について説明します;

  • 開発者交代によるサービスの発展
  • 大手仮想通貨取引所での上場状況
  • SushiSwapの独自トークンSUSHI
  • 「Kashi」と「Miso」というユニークなサービス

開発者交代によるサービスの発展

SushiSwapは開始当初、匿名の開発者グループによって創設されましたが、2020年9月にプロジェクトのリーダーシップはサム・バンクマン・フリード氏に移行しました。彼はFTX(その後、2022年11月に破綻)という大手仮想通貨取引所のCEOであり、彼の指揮のもとSushiSwapは技術的および戦略的な面で大幅なアップグレードを遂げ、より本格的なDEXへと進化しました。この交代は、SushiSwapがより確固たる地位を築くきっかけとなりました​。

具体的なアップグレードは;

  • よりスムーズなユーザーインターフェースの導入
  • 他のDeFiプロトコルとの統合(例えばRenBTCなど)
  • UniSwapと区別するための追加機能

これにより、SushiSwapはユーザーエクスペリエンスの向上とプラットフォームの機能拡張を図りました。将来的にはイーサリアム以外のブロックチェーンへの展開も計画されているとのことです。これらのアップグレードはSushiSwapをより使いやすく、多機能なDEXへと進化させることに寄与しました。

大手仮想通貨取引所での上場状況

SushiSwapのネイティブトークンであるSUSHIは、世界中の主要な暗号通貨取引所で取引されており、幅広いアクセス性を誇ります。最も人気のある取引所の一つはDigiFinexで、ここでは最も活発な取引ペアSUSHI/USDTが、2023年11月9日の過去24時間で約445,463ドル(6,682万円)の取引量を記録しています。他にも、BinanceやOKXなどがSUSHIトークンの取引に対応しています​。さらに、CoinbaseやHTXなどの大手取引所でSUSHIを購入できます​​。

SushiSwapの独自トークンSUSHI

SUSHIトークンはSushiSwapの中心的なガバナンストークンとして機能し、保有者はプラットフォームの将来に影響を与える提案や投票に参加することができます。

また、流動性プロバイダーへのインセンティブとしても配布され、これによりプラットフォームの流動性が維持されています。

SUSHIトークンの保有者は、SushiSwapの手数料の一部を受け取る権利も有しており、これはトークン保有者が直接的にプラットフォームの成長から利益を得られる仕組みです​。

このような特徴はSUSHIを単なる取引手段以上の価値を持つトークンにしており、プラットフォームに深く関与するインセンティブを与えています。

「Kashi」と「Miso」というユニークなサービス

「Kashi」と「Miso」は、SushiSwapプラットフォーム上で提供されている二つの特別な機能です。

Kashi

「Kashi」はSushiSwapにおける革新的な貸し借りプラットフォームです。このプラットフォームを通じて、ユーザーは様々な仮想通貨を貸し出したり、借り入れたりすることができます。このシステムは、利用者が余剰な資産を活用して収益を得るためのもので、投資家にとっては低リスクで効率的に収益を得る手段となります​​。

Miso

「Miso」はSushiSwapが提供するトークンプレセールプラットフォームです。ここでは、新しいトークンが市場に出る前に、特別な価格で購入することができます。これにより、投資家はまだ市場価値が高まる前のトークンを早期に手に入れるチャンスを得ることができ、大きなリターンを目指すことが可能です​​。

これらの機能はSushiSwapをただの交換プラットフォーム以上のものにしており、ユーザーに対してより多様な投資と収益の機会を提供しています。

SushiSwap(SUSHI)の価格推移

仮想通貨SUSHI全期間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨SUSHI全期間価格推移(CoinMarketCap)】

SushiSwap(SUSHI)は2020年8月に発表され、3か月後の2020年11月4日に現在までの最低値である、71円をつけました。

その後のSushiSwapの「ヴァンパイア作戦」の成功により、価格も急騰し4か月後の2021年3月14日には市場最高値の3,514円を記録しました。

その後は仮想通貨市場全般の流れに沿って、長期的に下落しています。ただし他のアルトコインよりはよく持ちこたえていると言えます。それは、下落しても過去の最低価格よりは2倍程度の水準を維持していることです。

SushiSwap(SUSHI)の買い方・購入方法

SUSHIは国内仮想通貨取引所では扱いがありません。ので国内取引所に登録し、ビットコインかイーサリアムを買って、海外取引所に送金して、SUSHIに交換する手順を取ります。

SUSHIの購入方法は比較的簡単です。

  • 国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入
  • 海外取引所Bybitに口座を開設する
  • 国内取引所から海外取引所へ送金し、SUSHIを購入

国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入

仮想通貨SushiSwap(SUSHI)の購入には、まずビットコインなどの仮想通貨を国内の仮想通貨取引所で購入することから始めます。仮想通貨取引所選びは、取引手数料や使いやすさなどを考慮に入れ、自分に合ったものを選びましょう。ビットコイン取引は、その流動性と普及度から、多くの取引所で対応しています。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすいです。順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

海外取引所に口座を開設する

仮想通貨SushiSwap(SUSHI)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

国内取引所から海外取引所へ送金してSUSHIを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨SushiSwap(SUSHI)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからSushiSwap(SUSHI)を選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

SUSHIは将来性が高く、需要が増加することが予測されています。是非、この機会にSUSHIを購入してみてください。

SushiSwap(SUSHI)の将来性・見通し

SUSHIは、日本の寿司文化にちなんで名付けられました。UniswapのパクリとしてスタートしたSushiSwapはFTXの創始者サム・バンクマン・フリード氏のテコ入れもあって、人気のDEXになりました。

仮想通貨SUSHI10年価格予測(TechNewsLeader)
【仮想通貨SUSHI10年価格予測(TechNewsLeader)】

上図はUSの著名な仮想通貨価格予想サイト、TechNewsLeaderの仮想通貨SUSHIの今後10年間の価格予測です。このままではわかりにくいので、現在価格に対する倍率で表したものが下表です。

X年後倍率
1年後2.2倍
5年後6.8倍
10年後29.6倍
      【仮想通貨SUSHI10年価格予測倍率、現在価格比(TechNewsLeader)】

堅調な上昇を予測しています。

長期的視点でのSushiSwapの展望

SushiSwapの2023年のロードマップでは、DEX(分散型取引所)の機能強化に注力する計画が示されています。主要な開発者の一人であるMatthew Lilleyによると、Kashi(貸付プラットフォーム)とMISO(トークンローンチプラットフォーム)は一時開発を後回しにして、DEXの強化が優先されるとのことです。

この方針の下、SushiSwapは集中流動性の提供に重点を置き、流動性提供者が特定の価格帯で流動性を提供することを可能にする機能を開発しています。2023年中のリリースを目指しているこの機能は、自動市場作成(AMM)セクターにおいてSushiSwapを競争力のある位置に置くことを目指しています。

さらに、「面白いサプライズ」と新しいインセンティブ構造の導入が予定されており、これらの取り組みがSushiSwapの競争力をさらに高めることが期待されています

サービスの発展と異なるブロックチェーンとの接続可能性

SushiSwapは、Ethereumネットワークから始まり、多くの異なるブロックチェーンにわたって拡張してきました。最近では、ChainlinkのCross-Chain Interoperability Protocol(CCIP)の統合を発表し、これによりArbitrum、Avalanche、Ethereum、Optimism、Polygonなどの主要なネットワークでセキュアなクロスチェーンの相互運用性を実現しています。

SushiXSwapという特徴的なクロスチェーンスワップ機能により、ユーザーは異なるブロックチェーン間でトークンをシームレスに交換します。

SushiSwap(SUSHI)を利用する方法

SushiSwapの使い方は以下の通りです:

  1. イーサリアムの購入:SushiSwapを利用するためには、まずイーサリアムを購入する必要があります。これはネットワーク手数料(ガス代)の支払い手段として必要となります。
  2. ウォレットの準備:次に、SushiSwapに対応したウォレットを用意します。SushiSwapは、仮想通貨のウォレットを接続することで、スワップなどの取引ができるようになります。MetaMaskがおすすめです。
  3. ウォレットの接続:SushiSwapとウォレットを接続します。
  4. 公式サイトへのアクセスSushiSwapにアクセスします。
  5. ウォレットの接続:ウォレットを接続します。
  6. ネットワークの選択:右上の「Ethereum」と書かれたボタンをクリックし、利用したいネットワークを選択します。
  7. ネットワークの切り替え:ウォレットで切り替えを承認します。
  8. 仮想通貨の交換:「Swap」タブを選択し、交換したいトークンとその枚数を入力します。もう片方のトークンの枚数が自動的に入力されます。最後に「Swap」をクリックしてトランザクションを承認すれば、取引が完了します。

以上が基本的なSushiSwapの使い方となります。具体的な操作はウォレットや使用するネットワークにより異なる場合がありますので、各ウォレットやネットワークの公式ドキュメンテーションもご参照ください。

SushiSwap(SUSHI)に関する注意点

SushiSwapを利用する際には以下のような注意点があります:

  1. 法整備はまだ完成されていない:仮想通貨や分散型取引所に関する法律はまだ発展途上であり、国や地域によってはまだ法整備が進んでいない場合があります。そのため、利用者は自己責任で取引を行う必要があります。
  2. 保証がない:SushiSwapは分散型取引所であり、中央集権的な組織が存在していません。そのため、取引に問題が生じた場合でも、保証はありません。
  3. 日本語のサポートはない:SushiSwapの公式サイトやサービスは、主に英語で提供されています。そのため、日本語のサポートは限定的である可能性があります。

仮想通貨SushiSwap(SUSHI)のまとめ

仮想通貨SushiSwap(SUSHI)は、分散型取引所(DEX)で、イーサリアムブロックチェーン上での中央集権型仲介者なしの暗号資産交換機能、ユニークなガバナンスと報酬システム、さらにはユーザーの流動性提供を通じた受動的収入といった特徴を持ちます。

  • SushiSwapの起源: Uniswapの模倣から生まれ、独自の特徴を加えて発展しました。
  • サービスの発展: 開発者交代によりユーザーインターフェースの向上、他のDeFiプロトコルとの統合、追加機能の導入。
  • SUSHIトークンの導入:ガバナンストークンとして機能、高い金利の提供、流動性プロバイダーへのインセンティブ。
  • SUSHI価格情報: SUSHIは、時価総額347億円(140位)、価格は¥149.99(2023年11月9日現在)。
  • SUSHIの上場: 大手仮想通貨取引所で取引され、プラットフォームの流動性を支える重要な役割を担っています。
  • ユニークなサービス: 「Kashi」と「Miso」により多様な投資と収益の機会を提供。
  • 将来性: SushiSwapはイーサリアム以外のブロックチェーンへの展開を計画中。長期的には、DEXの機能強化、集中流動性の提供、クロスチェーンスワップ機能を開発する予定

このようにSushiSwapは、DEX界で重要なプレーヤーとしての地位を確固たるものにし、多様なサービスと革新を通じて成長を遂げています。そのため、仮想通貨と分散型金融に関心を持つ人々にとって、注目に値するプロジェクトです。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須