アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)とは?特徴と将来性、買い方と価格動向を解説

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)とは?特徴と将来性、買い方と価格動向を解説

スポンサーリンク

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)とはなんだろう、2023年12月に急騰しているが日本でも買えるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)は世界初のP2Pワイヤレスネットワークを構築するという革新的なビジョンを掲げています。

日本の取引所では取扱はありません。

でも実はかんたんに買う方法があります。
それは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、HNTに交換します。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の特徴と買い方を紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の買い方

記事を読んで、サクッとHNTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

もくじ

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)とは?

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)概要

トークン名称Helium
シンボル・単位HNT
総発行予定数2億2300万HNT
価格(HNTの円価格)@2023/12/17¥1,032.46
過去最高値@Nov 13, 2021¥7,847.33
過去最低値@Jun 10, 2020¥36.01
時価総額@2023/12/171632億円
市場ランキング@2023/12/1755位
公式サイトhttps://www.helium.com/
         【仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)概要】

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)は2023年12月に入って、6倍以上急騰しました。その理由は別セクションで詳細に紹介します。【2023年12月】HNT急騰の理由

Helium(ヘリウム/HNT)は、IoT(Internet of Things)デバイスを接続するためのブロックチェーンベースのネットワークです。

このネットワークは、ノードと呼ばれる「ホットスポット」によって構成されています。これらのホットスポットは、LoRaWANというプロトコルを使用しています。

ユーザーは「ホットスポット」を自宅やオフィスに設置して、身の回りのIoTデバイスを接続するネットワークを作ります。このネットワークは、データの送受信に使用され、そのたびにユーザーはHNTトークンを報酬として得ます。

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)ユーザーメリット

Heliumの主なユーザーメリットは以下の通りです:

  1. 収益性:Heliumのネットワークを利用してデータを送受信するたびに、ユーザーはHNTトークンという報酬を得ることができます。
  2. プライバシーとセキュリティ:Heliumのネットワークはブロックチェーン技術を基にしているため、データのプライバシーとセキュリティが保証されます。
  3. 分散化:ユーザーが自分でネットワークを構築することで、大規模な通信会社に依存することなく、自分のネットワークを管理することができます。
  4. コスト削減:自分自身でネットワークを構築し、管理することで、ネットワークの運用コストが大幅に削減され、ユーザーの負担も軽減されます。

これらのメリットにより、HeliumはIoTデバイスの接続をより効率的かつ効果的に行うことができ、ユーザーの負担を軽減することができます。これがHeliumの基本的な仕組みです。

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の設立背景と目指すビジョン

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)は、IoTデバイスを接続するための分散型ネットワークの構築を目指して2013年に設立されました。

ヘリウムプロジェクトの目指すビジョンは、世界初のP2P(Peer to Peer)ワイヤレスネットワークを提供することです。

IoT技術はすでに大きな発展を遂げていますが、セキュリティやエネルギーの問題など、多くの課題を抱えています。Helium(HNT)は、これらの問題を解消し、web3時代に向けたIoTの普及を促進することを目指しています。

具体的には、ユーザーが自宅やオフィスにHeliumの専用ルーターを設置することで、ネットワークの分散化が可能になり、コストの削減とセキュリティリスクの低減を実現します。そして、ネットワーク網を広げる手伝いをした人に報酬としてHNTトークンが支払われます。

これらの取り組みにより、Helium(HNT)は、セキュリティ性が高くプライバシーの保護が可能な新しいIoTを実現し、web3の普及に貢献することを目指しています。

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の基本的な機能と特徴

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)は、P2Pワイヤレスネットワークを構築する新たな仮想通貨です。

このネットワークは、ヘリウムのホットスポットと呼ばれるデバイスを使って、広範囲にわたる低電力のワイヤレスネットワークを形成します。

その最大の特徴は、IoTデバイスの接続です。

ヘリウムはネットワークの参加者が信頼できる情報を安心して提供できるように、独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しました。

さらに、ヘリウムはIoTデバイスが長距離データできるように、転送LongFiというデータ転送システムをつかっています。

サクッとHNTを手に入れてるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の価格推移

仮想通貨ヘリウム(Helium_HNT)価格推移全期間(CoinMarketCap)
【仮想通貨ヘリウム(Helium_HNT)価格推移全期間(CoinMarketCap)】

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)は2019年7月にローンチされました。2023年12月の現在価格は、1,027円です。2023年12月に入って急騰しています。

過去最低値は、2020年6月の36円。そして最高値は、2021年11月の7,847円です。

【2023年12月】HNT急騰の理由

仮想通貨ヘリウム(Helium_HNT)価格推移2023年12月(CoinMarketCap)
【仮想通貨ヘリウム(Helium_HNT)価格推移2023年12月(CoinMarketCap)】

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)は2023年12月に400円から、1,300円に急騰しました。

ヘリウム(HNT)の価格急騰の理由として、以下の点が挙げられいます:

  1. 市場全体の動向:ヘリウムの価格上昇は、Solanaやその他のトークンのパフォーマンスに沿っています。SolanaのSOLトークンは、2023年に三桁の上昇を記録しています。
  2. ヘリウムの業界地位:一部のアナリストは、分散型公共インフラストラクチャ(DePin)プラットフォームが2024年に好調になると予測しています。ヘリウムはこの業界の大手プレイヤーの一つで、10万人以上の支払い顧客がいるとされています。VanEckのアナリストによると、2024年にヘリウムのエコシステムは強い成長を見せる可能性があります。
  3. 経済全体の動き:ヘリウムは、Fed(アメリカ連邦準備制度)の決定後に起こった市場全体の「エブリシング・ラリー」に反応しています。アメリカの株式市場は史上最高値に近づき、金も記録的な水準に達しています。

これらの要因が組み合わさり、ヘリウムの価格は$1から$6.8まで上昇しました。また、ヘリウムのモバイルトークン(MOBILE)とIoTトークン(IOT)も同様に上昇しています。

サクッとHNTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の買い方と取引

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)は国内仮想通貨取引所では扱いがありません。ので国内取引所に登録し、ビットコインかイーサリアムを買って、海外取引所に送金して、HNTに交換する手順を取ります。

HNTの購入方法は比較的簡単です。

  • 国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入
  • 海外取引所Bybitに口座を開設する
  • 国内取引所から海外取引所へ送金し、HNTを購入

国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の購入には、まずビットコインなどの仮想通貨を国内の仮想通貨取引所で購入することから始めます。仮想通貨取引所選びは、取引手数料や使いやすさなどを考慮に入れ、自分に合ったものを選びましょう。ビットコイン取引は、その流動性と普及度から、多くの取引所で対応しています。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすいです。順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

海外取引所に口座を開設する

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

国内取引所から海外取引所へ送金してHNTを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからHelium(HNT)を選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

HNTは将来性が高く、需要が増加することが予測されています。是非、この機会にHNTを購入してみてください。

サクッとHNTを手に入れてるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の特徴とその技術

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の最大の特徴は、P2Pワイヤレスネットワークを構築して、IoTデバイス間通信ができる点です。

この特徴により、ヘリウムはIoTデバイスの普及とともに大きく成長しています。ここでは次の点を説明します;

  1. 仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)が提供するP2Pワイヤレスネットワークの概要
  2. ヘリウムホットスポットの役割とその特性
  3. 仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の独自のコンセンサスアルゴリズムとブロックチェーン技術
  4. ヘリウムLongFiというデータ転送システムの特性
  5. 仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)が提供する新サービスHeliumTabsの特徴と利用方法

また、ヘリウムは独自のコンセンサスアルゴリズムとブロックチェーン技術を採用しており、これによりセキュリティと透明性が保たれています。さらに、ヘリウムホットスポットを設置することで、ユーザー自身がネットワークを構築し、その報酬としてHNTを獲得することが可能です。これらの特性が、ヘリウムが提供する新サービスHeliumTabsの特徴と利用方法につながっています。

①仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)が提供するP2Pワイヤレスネットワークの概要

仮想通貨ヘリウム(Helium_HNT)ワイヤレス革命

ヘリウム(Helium/HNT)は、独自のP2Pワイヤレスネットワークを提供する仮想通貨です。このネットワークは、一般のユーザーが自宅に設置する小型のデバイス、ヘリウムホットスポットを通じて構築され、全世界に広がる分散型のネットワークを形成しています。これにより、IoTデバイスなどが低コストでインターネットに接続することが可能になります。また、ネットワークに参加することでヘリウムの仮想通貨を得ることができ、これがユーザーの参加意欲を刺激します。このように、ヘリウムは仮想通貨の新たな可能性を提示しています。

②ヘリウムホットスポットの役割とその特性

ヘリウムホットスポットは、仮想通貨ヘリウムのネットワークを構築するための重要な要素で、その機能が注目されています。

このホットスポットは、低消費電力で広範囲をカバーし、さまざまなIoTデバイスをインターネットに接続します。

ホットスポットを設置したユーザーはヘリウムの仮想通貨(HNT)を報酬として獲得できます。

従来のマイニングとは異なり、エネルギーを使わず、誰でも手軽に参加できる点が特徴です。

Heliumのホットスポットは、以下のウェブサイトで購入することができます:

  1. Helium Mobile:Helium Mobileのウェブサイトでは、屋内用のホットスポットを$249で購入するできます。ただし、現在は在庫切れで、2024年初頭に再入荷予定です。
  2. Helium Store for Asia:Helium Store for Asiaでは、RAK Hotspot MinersというHeliumのホットスポットを購入できます。
  3. Helium Mobile Hotspot Outdoor:屋外用のHelium Mobile Hotspotは、$499で購入できます。2023年12月18日から出荷開始予定です。

これらのウェブサイトでHeliumのホットスポットを購入するには、

  • アカウントを作成し
  • 適切な支払い方法を設定する
  • Heliumのホットスポットを選択
  • 購入したい量を入力して取引を完了

③仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の独自のコンセンサスアルゴリズムとブロックチェーン技術

ヘリウムは、革新的な独自のブロックチェーン技術とコンセンサスアルゴリズムを採用して、信頼性と効率性を高め、より多くのユーザーが参加できるようにしました。

その中核は、Proof-of-Coverage(PoC)という独自のコンセンサスアルゴリズムです。PoCは、ネットワーク参加者が物理的に存在し、正しく機能していることを証明する新しい形の証明です。

参加者は、無線信号のカバレッジを提供することで報酬が得るために、積極的にネットワークに貢献し、結果としてネットワークは成長し続けます。

ヘリウムネットワークのLoRaWAN技術は、低消費電力で長距離通信ができるので、IoTデバイスのネットワーク接続コストを大幅に削減し、その普及を促進しています。

④ヘリウムLongFiというデータ転送システムの特性

ヘリウムの特性の一つに、LongFiという独自のデータ転送システムがあります。

LongFiは、LoRaWAN(ローラワン)とブロックチェーンを組み合わせた新しい通信技術です。

LongFiによりヘリウムネットワークは、従来のワイヤレスネットワークと比べて圧倒的に広い範囲をカバーするようになりました。

また、LongFiの特性から、ヘリウムのネットワークは消費電力が低く、デバイスのバッテリー寿命を大幅に延ばせます。

LongFiにより、IoTデバイスの接続性とエネルギー効率が向上し、ヘリウムはIoT市場に広範囲のカバーという利点を提供するようになりました。

⑤仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)が提供する新サービスHeliumTabsの特徴と利用方法

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)が提供する新サービス、HeliumTabsは、IoTデバイスの追跡と管理を目的としたものです。

このサービスの利点は、低消費電力で長距離通信ができる点です。これにより、デバイスの位置情報をリアルタイムで把握することが可能になり、盗難や紛失時の対応を迅速に行うことができます。

利用方法は非常にシンプルで、ヘリウムのネットワークに接続したIoTデバイスにHeliumTabsを設定するだけ。その後は、専用のアプリを通じてデバイスの位置情報を確認できます。このように、ヘリウムは仮想通貨だけでなく、新たなIoTサービスを提供することで、さらなる価値を創出しています。

サクッとHNTを手に入れてるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の将来性と価格予測

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の将来性は、独自技術とIoTの市場拡大によっています。

次に点から見ていきましょう;

  • 仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の価格予測
  • IoT関連のサービスニーズとヘリウムの価格の関連性
  • IoT関連仮想通貨の市場動向とヘリウムの価格の影響
  • 仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)のサービス拡大と価格上昇の可能性

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の価格予測

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)の価格予測について、専門家の意見や市場の動向を基に考察します。

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)価格予測(TechNewsLeader)

上図は、USの著名な暗号資産価格予測サイト、TechNewsLeaderの予測です。

このままではわかりにくいので、現在値に対する倍率で表にしました。

X年後倍率
1.8
5.6
1024.2
      【仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)価格予測(TechNewsLeader)】

10年後には2年前の過去最高値に近づくとの強気の予測です。

IoT関連のサービスニーズとヘリウムの価格の関連性

IoT(Internet of Things)関連サービスの需要増加は、仮想通貨ヘリウムの価格に直結します。ヘリウムは、IoTデバイスのネットワーク接続を実現するP2Pワイヤレスネットワークを提供。IoTデバイスの増加とともに、このネットワークの利用需要が高まると予想されます。ヘリウムのネットワークを利用するためには、ヘリウムの仮想通貨(HNT)が必要となり、その結果、HNTの価格にも影響を与える可能性があります。IoTデバイスの普及が進むほど、ヘリウムの価格も上昇する可能性があると言えるでしょう。そのため、IoT市場の動向を見ることは、ヘリウムの価格予測にも重要なポイントとなります。

IoT関連仮想通貨の市場動向とヘリウムの価格の影響

IoT関連の仮想通貨市場は、社会全体のデジタル化と共に拡大の一途を辿っています。その中でヘリウムは、IoTデバイス間の通信を可能にする革新的なプロジェクトとして注目を集めています。市場全体の動向とヘリウムの価格は密接な関連性を持っています。IoT市場の拡大は、ヘリウムの需要増加に直結し、価格上昇の要因となります。また、ヘリウムの技術が評価され、大手企業とのパートナーシップが増えれば、その影響も価格に反映されるでしょう。しかし、市場は常に変動するため、投資は自己責任で行い、リスク管理を怠らないことが重要です。

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)のサービス拡大と価格上昇の可能性

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)のサービス拡大は、価格上昇につながります。

この仮想通貨はIoTデバイス間の通信を可能にするP2Pワイヤレスネットワークを提供。その独自の技術とサービスが注目を集め、利用者が増えれば価格も上昇すると考えられます。また、ヘリウムが採用するブロックチェーン技術は、データの安全性を高めるため、企業からの信頼も厚く、その結果、価格上昇につながるでしょう。さらに、新サービスHeliumTabsの導入は、より多くの人々がこの仮想通貨を利用するきっかけとなり、価格の上昇を後押しします。ヘリウムの価格上昇の可能性は、これらの要素が組み合わさった結果と言えるでしょう。

サクッとHNTを手に入れてるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)に関するQ&A

ヘリウム(Helium/HNT)の将来性についてどのように考えるべきですか?

ヘリウムは、世界初のP2Pワイヤレスネットワークを構築するという革新的なビジョンを持っています。そのネットワークは、IoTデバイスの接続性を大幅に向上させる可能性があります。しかし、その成功は多くの要因、特に技術の採用率や市場の成熟度に依存します。投資家は、これらの要素とヘリウムのビジョンがどの程度一致しているかを評価する必要があります。

IoTの将来性とヘリウム(Helium/HNT)の役割は何ですか?

IoTは、デバイスがインターネットに接続され、データを収集し共有することで、私たちの生活をより便利で効率的にする技術です。ヘリウムは、そのデバイスの接続性を向上させることで、IoTの可能性を最大限に引き出す役割を果たします。ヘリウムのネットワークは、デバイス間の通信を安全で効率的に行うことができます。

ヘリウム(Helium/HNT)の価格は何に影響を受けますか?

ヘリウムの価格は、市場の需給バランス、投資家のセンチメント、ヘリウムの技術的進歩、そしてIoT市場の成長など、多くの要素に影響を受けます。特に、ヘリウムのネットワークが広く採用されると、その価格は上昇する可能性があります。

IoT市場の成長がヘリウム(Helium/HNT)にどのような影響を与えると予想されますか?

IoT市場の成長は、ヘリウムにとって大きな機会をもたらします。IoTデバイスの数が増えると、それらのデバイスを接続するためのネットワークの需要も増えます。ヘリウムのネットワークは、その需要を満たすための理想的な解決策を提供します。したがって、IoT市場の成長は、ヘリウムの価格と採用率に直接的な影響を与える可能性があります。

サクッとHNTを手に入れてるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

まとめ:ヘリウム(Helium/HNT)は新たな通信インフラ構築のための仮想通貨

仮想通貨ヘリウムは、IoTデバイス間の通信を可能にするP2Pワイヤレスネットワークの構築を目指しています。独自のコンセンサスアルゴリズムやブロックチェーン技術を活用し、安全かつ効率的なデータ転送を実現しています。

HNTの価格は2023年12月に入り、4倍近く急騰して、1,000円台で上昇基調です。

ヘリウムは、IoTデバイスの数が増えるにつれて、それらのデバイスを接続するためのネットワークの需要が増えるという現象を利用しています。ヘリウムのネットワークは、その需要を満たすための理想的な解決策を提供します。

購入のためには、日本国内の取引所、Coincheckでビットコインなどを購入して、海外取引所、Bybitに送金して、仮想通貨ヘリウム(Helium/HNT)に交換する方法が一般的です。

参考記事:ヘリウムの購入には、Coincheckでビットコインを購入してください。

次にBybitで日本語で口座開設してヘリウムに交換しましょう。

詳細な手順は以下の記事を参照ください。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須