アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨のエアドロップとは?特徴・最新の予定情報と受け取り方を徹底解説

仮想通貨のエアドロップとは?特徴・最新の予定情報と受け取り方を徹底解説

スポンサーリンク

仮想通貨のエアドロップは、「天からの仮想通貨の贈り物」。あらかじめ決められた条件を満たすと仮想通貨やトークンを無料でもらえるイベントです。

エアドロップは、新たな仮想通貨の普及を目指すプロジェクトからのプレゼントのようなもので、その受け取り方や注意点を理解しておくことで、思わぬ報酬を手にすることができます。

この記事では、このエアドロップの特徴や最新の予定情報、そしてどのように受け取るのかという点について詳しく解説します。

最新情報に基づいて、エアドロップの魅力を余すことなくお伝えします。

「私は仮想通貨の初心者だけど、エアドロップに参加できるかな?」とか「今からでも参加できるエアドロップはあるかな?」などと思っている方に徹底解説します。

もくじ

仮想通貨のエアドロップとは?

  • エアドロップは、新しい暗号通貨トークンを無料で受け取ることができるプロモーション活動です。
  • これは、新しいプロジェクトや既存のプロジェクトのトークンを広めるための方法として使用されます。
  • エアドロップという名前は、まるで空から仮想通貨が降ってくるかのようなイメージから名付けられました。
  • エアドロップは、仮想通貨の持ち主が増え、流通量が増えることで価値が上がるという考え方に基づいています。

エアドロップの目的

  • 新しいトークンの認知度を高める
  • コミュニティを構築・拡大する
  • トークンの流動性を高める

エアドロップの受け取り方

  • 特定のウォレットアドレスを持っている
  • ソーシャルメディアでのフォローやリツイート
  • 特定の取引所での取引

エアドロップのリスク

  • 偽のエアドロップキャンペーンに騙されるリスク
  • 個人情報の漏洩
  • トークンの価値が低下する可能性
  • 参加する前に、エアドロップの詳細と信頼性を確認することが重要です。

エアドロップのメリット

エアドロップのメリットは何と言っても、仮想通貨を無償で手に入れらる点にあります。

新たに仮想通貨を購入するリスクを負うことなく、資産を増やす絶好のチャンスと言えるでしょう。

さらに、手に入れた仮想通貨の価値が将来上昇する可能性があるので、長期的な視点から見ても大きな魅力があります。

このように、エアドロップは仮想通貨市場における重要なイベントであり、参加者にとっては貴重な機会となっています。

ただし、エアドロップには参加条件があるため、それをクリアする必要があります。それでも、無償で仮想通貨を得るための手段としては、エアドロップは非常に有効です。

仮想通貨を無償で手に入れることができる

エアドロップは、仮想通貨を無償で手に入れる絶好の機会です。具体的には、仮想通貨プロジェクトが自社のトークンを無料で配布する行為を指します。

エアドロ(エアドロップを略して、エアドロと呼びます)は、新たなトークンを市場に広めるためや、コミュニティを活性化させるために利用されます。エアドロップの参加者にとっては、新規プロジェクトのトークンを早期に入手できるだけでなく、価値が上昇すれば売却による利益も期待できます。

ただし、全てのエアドロが利益をもたらすわけではなく、価値のないトークンも存在します。そのため、どのエアドロに参加するかは慎重な判断が必要となります。

手に入れた仮想通貨の将来的な価値上昇を期待できる

エアドロップにより手に入れた仮想通貨は、将来的に価値が上昇する可能性を秘めています。仮想通貨市場は急速な変動が常で、今日は価値が低い仮想通貨が明日には高騰することも少なくありません。

エアドロップで得た仮想通貨が次のビットコインになるかもしれないという期待感は、エアドロップの大きな魅力の一つです。

仮想通貨はブロックチェーン技術を活用した新たなビジネスモデルやサービスが生まれるたびに、その価値を見直されることがあります。そのため、エアドロップで得た仮想通貨が、将来的にどのような価値を持つのかを見極めることは、投資家にとって重要な視点となります。

エアドロップのデメリット

エアドロップには魅力的な側面が多いですが、次のようなデメリットも無視できません。

  • 参加条件が厳しい場合があります。
    • 特定の仮想通貨を保有している、あるいは特定の取引所で取引を行っているといった条件が設けられることがあり、全てのユーザーが対象となるわけではありません。
  • エアドロップで得た仮想通貨が取引所で売却できない場合もあります。
    • これは、まだ市場に認知されていない新規の仮想通貨や、取引所が対応していない仮想通貨の場合に起こり得ます。

エアドロップの受け取りは無料ですが、これらのデメリットを理解した上で参加することが重要となります。

参加条件が厳しい場合がある

エアドロップは仮想通貨を無償で手に入れるチャンスですが、参加条件が厳しい場合があります。

一部のエアドロップでは、特定の仮想通貨を所持していること、または特定の取引所に登録していることが条件となることがあります。

また、SNSでのフォローやリツイート、チャットボットとの会話など、一定のアクションを求められることも少なくありません。

さらに、エアドロップの参加者を選定するためのKYC(Know Your Customer:顧客確認)プロセスを経て、本人確認が必要な場合もあります。

これらの条件を満たすことで初めて、エアドロップによる仮想通貨の配布を受けることができます。そのため、エアドロップに参加する際は、事前にそれぞれの条件を確認し、準備をしておくことが重要です。

取引所で売却できない仮想通貨も存在する

エアドロップの魅力は、無料で仮想通貨を手に入れることができる点にありますが、全ての仮想通貨が取引所で売却可能なわけではありません。

新興のプロジェクトからエアドロップされる仮想通貨は、まだ取引所に上場されていない場合が多く、売却するには一定の手間と時間が必要になります。

また、一部の仮想通貨は、特定の取引所でしか取り扱いがないため、その取引所に口座を開設しなければならないこともあります。

これらの点を理解した上で、エアドロップに参加することが重要と言えるでしょう。エアドロップのリスクを把握し、自身の投資戦略に合わせた選択を行いましょう。

最新のエアドロップ情報

仮想通貨のエアドロップ情報は、一瞬で変わる可能性があります。そのため、最新の情報を手に入れることが重要となります。

現在、進行中のエアドロップとしては、次の15のプロジェクトのエアドロップが注目されています。

2023年に予定されている仮想通貨エアドロップトップ15

次の記事の情報を元にリストアップしました。

出典:Top 15 Upcoming Crypto Airdrops in 2023

Layer Zero、Quai、Sui、ZigZag、Shardeum など、多くの人気のある暗号通貨プロジェクトが 2023 年にネイティブ トークンの一部をコミュニティにエアドロップすると噂されています。

推奨される、エアドロップ参加方法はテストネットに参加して、実際に使ってみることです。

プロジェクト名概要内容エアドロップの資格の改善策
TaikoEthereumと同等のZK-RollupTaikoはEthereumと同等のZK-Rollupで、Ethereumの全オペコードをサポートしており、変更なしで任意のEthereumスマートコントラクトを実行できます。テスト トークンの交換などのテストネット アクティビティに参加する。
Taiko のGalxeページで、クイズに答えたり、Taiko について学ぶためのページにアクセスしたりするなど、クエストを完了する。
BaseCoinbaseのレイヤー2BaseはEthereumメインネットの上に構築されたCoinbaseのレイヤー2スケーリングソリューションです。公式ブリッジを使用して ETH を Base に入金し、オンチェーン サマー中に NFT を鋳造する。
上級者は、Base テストネットにスマート コントラクトをデプロイすることで、記念の初期ビルダー NFT を鋳造する。
MetaMask3000万以上のユーザーを持つウォレットMetaMaskは月間アクティブユーザーが3000万人以上の最も人気のあるEthereumウォレットです。DeFiプロトコルを利用したことがあるMetaMaskユーザーや、MetaMaskウォレットでEthereumを保有しているユーザー
Layer Zeroクロスチェーンアプリケーションを可能にするLayer Zeroは、複数のブロックチェーンで動作するアプリケーションを可能にするクロスチェーン通信プロトコルです。クロスチェーンプロトコルを利用したことがあるユーザーや、複数のブロックチェーンでトークンを保有しているユーザー
Starknetアカウント抽象化を統合したゼロ知識レイヤー2Starknetは、アカウント抽象化を統合して、より柔軟で効率的なスマートコントラクトの実行を可能にするゼロ知識レイヤー2スケーリングソリューションです。ゼロ知識プロトコルを利用したことがあるユーザーや、レイヤー2ソリューションでトークンを保有しているユーザー
ScrollL2マイニングを通じてMEVを対処するゼロ知識レイヤー2Scrollは、L2マイニングを通じてMEVを取り扱うゼロ知識レイヤー2スケーリングソリューションです。MEVソリューションを利用したことがあるユーザーや、レイヤー2プロトコルでマイニングを行ったユーザー
Sei Network取引に特化したレイヤー1ブロックチェーンSei Networkは、取引に特化したレイヤー1ブロックチェーンで、独自の合意形成メカニズムを持っています。分散型取引所を利用したトレーダーや、レイヤー1ブロックチェーンでトークンを保有しているユーザー
zkSyncゼロ知識証明を使用したレイヤー2プロトコルzkSyncは、セキュリティとスケーラビリティを確保するためにゼロ知識証明を使用したレイヤー2スケーリングソリューションです。ゼロ知識プロトコルを利用したことがあるユーザーや、レイヤー2ソリューションでトークンを保有しているユーザー
ZigZagzkSync上の分散型オーダーブック取引所ZigZagは、zkSyncの上に構築された分散型オーダーブック取引所です。分散型取引所を利用したトレーダーや、zkSyncでトークンを保有しているユーザー
FuelモジュラーなブロックチェーンアーキテクチャFuelは、カスタマイズ可能な合意形成メカニズムとトークン経済を持つモジュラーなブロックチェーンアーキテクチャです。Ethereumで開発を行った開発者や、モジュラーブロックチェーンでトークンを保有しているユーザー
Quai Networkマージドマイニングとシャーディングを利用するブロックチェーンネットワークQuai Networkは、スケーラビリティとセキュリティを実現するためにマージドマイニングとシャーディングを利用するブロックチェーンネットワークです。マージドマイニングに参加したマイナーや、シャーディングブロックチェーンでトークンを保有しているユーザー
Thetanuts Financeオプション戦略で利益を生む Thetanuts Financeは、オプション戦略を通じて利益を生む分散型金融プロトコルです。DeFiプロトコルを利用したユーザーや、利益生成戦略でトークンを保有しているユーザー
Atlendis 担保なしの暗号ローンを可能にするAtlendisは、担保なしの暗号ローンを可能にする分散型金融プロトコルです。担保なしのローンを取得した借り手や、貸し出しプロトコルでトークンを保有しているユーザー
ShardeumEVM互換のシャーディングブロックチェーンShardeumは、高いスループットとスケーラビリティを目指すEVM互換のシャーディングブロックチェーンです。Ethereumで開発を行った開発者や、シャーディングブロックチェーンでトークンを保有しているユーザー
ZetaChainブロックチェーン間のメッセージングを可能にする ZetaChainは、ブロックチェーン間のメッセージングを可能にするクロスチェーン通信プロトコルです。クロスチェーンプロトコルを利用したユーザーや、複数のブロックチェーンでトークンを保有しているユーザー
   【2023年に予定されている仮想通貨エアドロップ トップ15(Coingecko.com)】

これらのエアドロップが必ず起こる事を保証するものではありませんが、プロジェクトに何らかの形で参加することにより、可能性は高まります。

過去のエアドロップ事例

過去のエアドロップ事例を振り返ると、仮想通貨の世界には驚きと興奮が満ち溢れていることがわかります。

例えば、UNI(Uniswap)のエアドロップでは、利用者全員に400UNIが配布され、価格上昇により一時的に約20万円の価値となりました。

また、LUNAやTRONのエアドロップも話題となり、参加者には大きな利益がもたらされました。

エアドロップは新たな仮想通貨の普及やブランドイメージ向上のために行われるため、その価値は時とともに変動します。そのため、エアドロップを活用することで、仮想通貨投資の新たな可能性が広がります。

シンボル(XYM)のエアドロップ

シンボル(XYM)のエアドロップは、NEMのブロックチェーンプラットフォームから分岐した新プロジェクトの一環として行われました。

このエアドロップでは、NEMを保有していたユーザーが新たに生まれたXYMを無償で受け取れました。これは、エアドロップの典型的な形態であり、新たなプロジェクトを広く知らしめるための一助となります。

XYMは現在、多くの仮想通貨取引所で取引が行われており、エアドロップを通じて無償で受け取ったユーザーは、その価値変動を見守ることができます。エアドロップは、新たな仮想通貨プロジェクトを知る絶好の機会とも言えるでしょう。

2021年に実施された場合には、その後大きく値上がりし、2022年5月のテラショックとそれに続く2022年11月のFTX破綻後に大きく下落したものがほとんどです。ピークの時に売った方は大きく利益を出しています。

BOBAトークン(BOBA)のエアドロップ、OMGトークン保有者が対象

BOBAトークン(BOBA)のエアドロップは、仮想通貨市場で話題を集めた事例の一つです。

BOBAは、高速で安価な取引を実現するイーサリアムのレイヤー2ソリューションを提供するプロジェクトから発行されたトークン。

エアドロップでは、2021年11月12日のOMGトークン保有者に、1対1で無料でBOBAトークンが配布されました。

BOBAトークン($ BOBA)は、BOBADAOのガバナンストークンであり、ボバネットワークで報酬を獲得するためにステーキングも可能です

DON(DON)のエアドロップ

Donnie FinanceのDONトークン(以下DON)のエアドロップは、IOSTの保有者を対象に行われました。具体的な詳細は以下の通りです:

  • スナップショット日時:2021年2月25日17:00(日本時間)以降に作成された最初のIOSTネットワークブロック。
  • エアドロップ対象:IOSTを保有している必要があります。ステーキング、フレキシブルセービング中の保有数もカウントされます。先物取引の残高、ステーキングの未受取分、マージン(信用取引)で借りている分は対象外。
  • エアドロップでもらえるDONの数量:エアドロップの総数は DONの総発行枚数の5% です。その5%が世界の各取引所へ保有IOST数に応じて配布され、バイナンスにエアドロップされたDONを各ユーザーの保有IOSTに応じて分配されます。
  • エアドロップ実施日:2021年3月12日に1回目のエアドロップ分が配布されました。

なお、現時点ではまだDONの上場は決まっていません。また、エアドロップは今回で終わりではありません。1回目が今回、2回目が夏頃でそれぞれ総発行枚数の5%、合計で10%がエアドロップされる予定です。

SOSトークン(SOS)のエアドロップ

SOSトークンは、OpenDAOが発行した仮想通貨で、大手NFTマーケットOpenSeaで取引したことがある人なら誰でも無料で請求できるエアドロップが行われました。

具体的な詳細は以下の通りです:

  • エアドロップ対象:過去に一度でもOpenSeaでNFT売買を実施したユーザーすべて。
  • エアドロップでもらえるSOSの数量:総供給量は100兆トークンで、そのうち50%がOpenSeaのユーザーに配布されました。
  • エアドロップ受け取り期限:2022年6月30日まで。

エアドロップの受け取り方法は以下の通りです:

  1. 公式サイトにアクセスする
  2. メタマスクを接続する
  3. 「Claim Airdrop」をクリックして申請する
  4. 「Initiate Claim」 をクリックする
  5. 「Add $SOS」 をクリックする
  6. 「SOSトークン」 が追加されていればOK
  7. 「Claim Airdrop」 をクリックする

なお、SOSトークンはUniswapなどの分散型取引所や、OKEx、Huobi Global、Gate.ioなどの仮想通貨取引所に上場しています。

SOLOトークン(SOLO)のエアドロップ

SOLOは、SologenicというDeFiプラットフォームのネイティブトークンです。そのエアドロップは、特定の条件を満たすXRPとSOLOホルダーに対して行われました。このようなエアドロップを通じて、参加者はコストをかけずに新たな仮想通貨を手に入れるチャンスを得ました。また、SOLOトークンはその後の価値上昇を見込むことができたため、参加者にとっては大きなメリットとなりました。

具体的な詳細は以下の通りです:

  • スナップショット日時:2021年12月25日 AM5時(日本時間)
  • エアドロップ日時:2022年1月21日 AM5時(日本時間)
  • エアドロップ対象:Sologenicのトラストラインを設定したウォレットにSOLOかXRPを保有していることが条件。トラストラインを設定できるウォレットには、xummやLedgerデバイスなどがあります。
  • エアドロップでもらえるSOLOの数量:「200,000,000 SOLO」のロックが解除され、「XRP保有者に50%」「SOLO保有者に50%」が配布されました。

なお、エアドロップの受け取り方法は以下の通りです¹:

  1. Ledger Nano SをPCに接続します。
  2. XRP Toolkitのページにアクセスします。
  3. 「Get Started」をクリックします。
  4. 「Connect Wallet」をクリックします。
  5. 「Ledger Device」を選択後、「Connect Ledger」をクリックします。
  6. 「Nano S」を選択後、「接続」をクリックします。
  7. 表示されたアドレスが間違いないことを確認し、「Confirm」をクリックします。
  8. Account画面の「+ADD Asset」をクリックします。
  9. 「Custom Edit」をクリック後、以下の内容を入力し、「Next」をクリックします:
    • Issuer: rsoLo2S1kiGeCcn6hCUXVrCpGMWLrRrLZz
    • Currency: 534F4C4F00000000000000000000000000000000
    • Limit: 400000000
  10. Ledger Nano Sで承認します。

以上で、SOLOトークンのトラストラインの設定が完了し、エアドロップの受け取りが可能になります。

TRONのエアドロップ

TRONのエアドロップは、仮想通貨業界で大きな話題となりました。TRONは、デジタルエンターテイメント業界のデータ自由化を目指すブロックチェーンプロジェクトで、そのエアドロップにより、多くのユーザーがTRONのトークンを無償で手に入れる機会を得ました。エアドロップの対象はTRONのウォレットを所有しているユーザーで、一定数以上のTRXを保有していることが条件でした。

TRON(トロン)のエアドロップは、過去にいくつか行われています。具体的な詳細は以下の通りです:

  • ETH保有者向けエアドロップ:トロンのERC20のフェーズが終了するとともに、イーサリアム所有者に対し3000万枚のエアドロップが行われました。
  • TRX保有者向けエアドロップ:TRONベースのステーブルコイン貸出プラットフォーム「JUST」のJSTトークンをTRX保有者に対して無料配布するエアドロップが行われました。このエアドロップでは「合計990,000,000JST」が段階的に配布されました。
  • APENFTトークン(NET)エアドロップ:DMM Bitcoinでは、2023年6月10日まで毎月、トロン(TRX)の保有者に対してAPENFTトークン(NET)のエアドロップが行われていました。

これらのエアドロップは、特定の条件を満たすことで参加できます。具体的な条件や詳細は各エアドロップの公式情報を確認する必要があります。

エアドロップの結果、TRONのブロックチェーンエコシステムの普及と活性化が進み、TRON自体の価値も大きく上昇しました。エアドロップは仮想通貨の世界で新たな価値を生み出す重要な手段であり、TRONのエアドロップはその最たる例と言えるでしょう。

Terra(LUNA)のエアドロップ

Terra(LUNA)は、米ドルなどの価格にペッグしたステーブルコインを発行するプロジェクトで、韓国のTerraform Labs社が開発を開始しました。しかし、2022年5月にUSTのディペッグ騒動が発生し、USTとLUNAは大暴落しました。

その後、新しいTerra2.0チェーンで復活を目指す動きが見られています。また、価格予測システムによれば、Terraの過去の価格データに基づいて、2023年末のTerraの価格はおおよそ0.69147 USDになる可能性があると予測されています。

Terra(LUNA)のエアドロップは、LUNAやUSTの保有者を対象に行われました。具体的な詳細は以下の通りです:

  • スナップショット日時:2022年5月27日
  • エアドロップ対象:LUNAおよびUST保有者
  • エアドロップでもらえるLUNAの数量:エアドロップされるトークンの内、30%はエアドロップ日時に配布され、残り70%は2年間に渡り段階的に配布されていく

GMTのエアドロップ

GMTのエアドロップは、仮想通貨業界で話題を呼んだ事例の一つです。

GMTのエアドロップは、Move-to-Earnプロジェクト「STEPN」が行ったもので、特定のユーザーに対して無料でGMTトークンが配布されました。具体的な詳細は以下の通りです:

  • エアドロップ対象:STEPNの特定のユーザー
  • エアドロップでもらえるGMTの数量:合計で約4500万のGMTトークンが配布されました
  • エアドロップ実施日:2022年3月15日から17日の間に行われました

なお、STEPNでは、ユーザーが移動距離に応じてGSTトークンを獲得できますが、保有しているスニーカーのレベルが30以上になると、GST・GMTのいずれかを選んで獲得できます。このような形で、ユーザーは自分の活動を通じて報酬を得ることができます。

UNI(Uniswap)のエアドロップ

UNI(Uniswap)のエアドロップは、2020年に行われた大規模なエアドロップの一つで、仮想通貨業界に大きな波紋を投げかけました。

Uniswapは、分散型仮想通貨取引所(DEX)大手の一つで、そのプラットフォームを利用したユーザーに対してUNIトークンを無償で配布しました。

特に、エアドロップの対象となったのは、特定の日時までにUniswapを利用したことがある全ユーザーで、その数は世界中で約25万人にも上りました。

一人当たり最大400UNIが配布され、その価値は当時のレートで約2000ドルに達しました。このエアドロップは、仮想通貨の持つポテンシャルと、エアドロップによるユーザーへの恩恵を象徴する出来事となりました。

XYMのエアドロップ

XYMのエアドロップは、仮想通貨NEMのホルダーに対して行われた注目のエアドロップでした。

NEM(XEM)のブロックチェーンネットワークを大型アップグレードするために生まれた新たな通貨、「シンボル(Symbol/XYM)」を、NEMを保有していたユーザーに無償で配布したのです。このエアドロップでは、保有していたNEMの数量に応じてXYMが配布され、NEMのホルダーは新通貨XYMを手に入れることができました。

具体的な詳細は以下の通りです:

  • スナップショット日時:2021年3月12日13時26分
  • エアドロップ対象:スナップショット時にNEM(XEM)を保有していたユーザー
  • エアドロップでもらえるXYMの数量:「1XEM=1XYM」の割合で新通貨XYMを無料配布する「エアドロップ」が行われました
  • エアドロップ実施日:2022年2月16日、または2022年3月24日(取引所による)

なお、このエアドロップはすでに終了しており、現在新たに参加することはできません。最新の情報は公式ウェブサイトや信頼性の高いニュースソースをご確認ください。

Mutant SerumのNFTのエアドロップ

Mutant SerumのNFTエアドロップは、極めて成功したNFTの一つである、Bored Ape Yacht Club(BAYC)のホルダーに対して行われたため、仮想通貨業界で大きな話題となりました。

これは、Mutant Serumがその所有者に対して、そのプロジェクトのNFT(非代替性トークン)を無償で配布したものです。エアドロップの対象者は、特定の条件を満たすMutant Serumの保有者だけでした。

Mutant SerumのNFTのエアドロップは、Bored Ape Yacht Club(BAYC)の所有者に対して行われました。具体的な詳細は以下の通りです:

  • エアドロップ対象:Bored Ape Yacht Club(BAYC)の所有者
  • エアドロップでもらえるNFTの数量:Bored Apeには、M1、M2、または M3の Mutant Serumsを1回エアドロップできます。
  • エアドロップ実施日:最初の1万個のMAYC NFTの公開販売が完了した後

このエアドロップでは、Bored ApeにMutant Serum(血清)を投与することで、「突然変異した猿=MAYC」を生成することができました。生成されたMutant Apeは、元のBored Apeのコア属性を保持しますが、固有の変異型を持ちます。

なお、このエアドロップはすでに終了しており、現在新たに参加することはできません。最新の情報は公式ウェブサイトや信頼性の高いニュースソースをご確認ください。

このようなエアドロップは、プロジェクトの知名度を上げ、新たなコミュニティメンバーを獲得するための戦略として利用されることが多いです。Mutant SerumのNFTエアドロップは、その成功例と言えるでしょう。ただし、エアドロップには参加条件が設けられることが多く、すべての人が受け取れるわけではないので注意が必要です。

エアドロップへの参加方法と受け取り方

エアドロップへの参加方法は、まずエアドロップを行うプロジェクトの公式ウェブサイトやSNSをチェックし、その参加条件を満たすことから始まります。

参加条件はプロジェクトにより異なりますが、一般的には特定のウォレットを持っていることや、特定の仮想通貨を保有していることなどが求められることが多いです。

条件を満たしたら、指定のフォームに必要情報を入力し、送信するだけ。

受け取り方はエアドロップが実施された後、指定されたウォレットに自動的に送られてきます

ただし、エアドロップの受け取りは無料ではありますが、取引所によっては受け取った仮想通貨を出金する際に手数料が発生することもありますので、注意が必要です。

エアドロップの参加条件の一般的な例

エアドロップへの参加には一定の条件が求められることが一般的です。まず、基本的な条件として、

  • 特定の仮想通貨ウォレットを所有していることが必須となります。
  • エアドロの開催者側が指定する特定の仮想通貨を保有していることも要求される場合があります。
  • SNSのフォローや投稿、レビューの執筆など、特定のアクションを取ることを求められることもあります。

これらの条件を満たすことで、無償で仮想通貨を受け取ることが可能となります。ただし、参加条件はエアドロップ毎に異なるため、公式情報を確認し、適切に対応することが求められます。

エアドロップを受け取るための手順

エアドロップを受け取るための手順は、まず該当の仮想通貨の公式ウェブサイトやSNSをチェックし、エアドロップの詳細情報を確認しましょう。

次に、エアドロップの参加条件を満たすかどうか確認します。

条件を満たしていれば、指定のアクション(例えば、特定のウォレットを作成し、そのアドレスを登録する等)を行います。

これらのアクションを完了すると、エアドロップの受け取りが可能となります。ただし、エアドロップの受け取りは自動的に行われるものもあれば、手動で申請する必要があるものもありますので、必ず公式情報を確認してください。

また、エアドロップの受け取りは一定の時間がかかる場合がありますので、焦らず待つことも大切です。

国内の仮想通貨取引所で口座開設する

エアドロップを活用するためには、まず国内の仮想通貨取引所で口座を開設することが必要です。

取引所は以下の4社が代表的です:

コインチェック:アプリダウンロード数NO.1 23銘柄

【DMM Bitcoin】:手数料が安い 26銘柄 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】:高機能アプリ 24銘柄

BitTrade :取引銘柄数No.1 28銘柄

申込手順は非常にわかりやすいので、順番にやっていくと簡単に口座開設できます。日本は本人確認は厳格なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わるといよいよ日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

口座開設後、エアドロップ対象の仮想通貨を保有することでエアドロップに参加できます。また、取引所はエアドロップの配布場所となるため、口座を持つことでエアドロップ情報もキャッチしやすくなります。ただし、取引所によってはエアドロップに対応していない場合もあるため、事前に確認が必要です。

おすすめはCoincheckです

Coincheck(コインチェック)口座開設リンク

海外の仮想通貨取引所Bybitに口座開設する

残念ながら、日本の取引所が扱っている仮想通貨の銘柄数は海外に比べてかなり限られています。

幅広くエアドロップの可能性に対応するためには海外の日本語対応の取引所に口座を無料で開設しておきましょう。その中でもおすすめはBybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybit口座開設リンク

エアドロップの情報収集方法

エアドロップの情報収集には、信頼できる情報源とSNSの活用が欠かせません。仮想通貨の公式ウェブサイトやニュースサイト、フォーラムなどから最新情報をチェックしましょう。また、Twitter(現X)やReddit、TelegramなどのSNSでは、開発者やコミュニティからリアルタイムで情報が発信されます。特にTwitter(現X)はハッシュタグを活用して特定の仮想通貨やエアドロップに関連する情報を瞬時に探すことが可能です。

ただし、情報の信憑性を確認することが重要で、エアドロップの詐欺も存在します。そのため、公式のアカウントや信頼性の高い情報源から情報を得ることをおすすめします。

信頼性の高い情報源の紹介

信頼性の高いエアドロップ情報を得るためには、公式な情報源をチェックすることが重要です。その一つが仮想通貨の公式ウェブサイトや公式SNSアカウント

新しいエアドロップの開始や条件等の最新情報は、まずここで発表されます。

次に、国内の大手仮想通貨取引所のウェブサイトやメールマガジンも有効な情報源。取引所がエアドロップをサポートする場合、その情報を早めに通知してくれます。

また、専門的な情報を提供する仮想通貨ニュースサイトやエアドロップ情報専門のウェブサイトも役立つでしょう。ただし、情報の信憑性を確認するため、複数の情報源を比較検証することをお勧めします。

SNSを利用した情報収集方法

SNSはエアドロップ情報を得るための重要なツールとなり得ます。特にTwitter(現X)やTelegramは仮想通貨業界で頻繁に使用され、最新のエアドロップ情報がリアルタイムで共有されるため、これらのプラットフォームを活用しましょう。Twitter(現X)では、エアドロップのハッシュタグをフォローすることで情報を追跡できますし、Telegramでは仮想通貨関連のグループに参加することで最新情報を得ることが可能です。ただし、情報の信憑性を確認するためには、公式アカウントからの発表を確認することが重要です。

エアドロップと税金

エアドロップにより仮想通貨を受け取った場合、税金の観点からは重要なポイントがあります。

日本では、仮想通貨のエアドロップは「雑所得」として課税対象となり、受け取った時点の仮想通貨の価格が所得とされます。そのため、エアドロを受け取った際には、その時点の価格を記録し、確定申告の際には必ず申告するようにしましょう。

また、エアドロップによる所得は年間20万円以下であれば非課税となるので、その点も留意が必要です。税金の問題は複雑なため、不明な点があれば税務専門家に相談することをおすすめします。

エアドロップ受け取りに関する税金の取り扱い

エアドロップを受け取ると、税金の観点からは「雑所得」として申告する必要があります。

エアドロップで得た仮想通貨は、無償で受け取ったものでも、その時点での市場価格が所得とされ、税金が課されます。例えば、エアドロップで1ビットコインを受け取り、その日のビットコインの価格が500,000円だった場合、500,000円分の雑所得として申告する必要があります。ただし、エアドロップの仮想通貨を売却した場合、その売却益も課税対象となります。仮想通貨の税金計算は複雑なので、専門家の意見を求めることも重要です。

税金対策のポイント

エアドロップと税金の関係について、特に税金対策のポイントに焦点を当てて解説します。エアドロップを受け取った場合、仮想通貨の価値によっては税金が発生する可能性があります。

そのため、エアドロップを活用する際は、税金対策も重要な要素となります。

まず、エアドロップを受け取った時点での仮想通貨の価値をしっかりと記録しておくことが大切です。また、エアドロップ受け取り後の売却益も課税対象となるため、売却時の価格も記録しておく必要があります。税金の計算や申告には専門知識が求められるため、税理士等の専門家に相談することをおすすめします。

無料で仮想通貨がもらえる取引所

エアドロップの魅力は無料で仮想通貨を手に入れられる点ですが、そのためには適切な取引所を利用することが不可欠です。その中でも、DMM BitcoinやBITPOINTなどは、エアドロップの対象となる仮想通貨を多数取り扱っています。これらの取引所では、新規登録者や既存ユーザーに対して、特定の仮想通貨をエアドロップとして配布するキャンペーンを実施することもあります。取引所ごとにエアドロップの条件や配布通貨は異なるため、複数の取引所をチェックし、自身に最適な取引所を選びましょう。エアドロップを活用すれば、仮想通貨投資の初期費用を抑えつつ、仮想通貨市場への参入をスムーズに行うことが可能となります。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、日本国内の仮想通貨取引所の中でも、エアドロの提供が頻繁に行われているプラットフォームの一つです。ここでは、新規登録ユーザーや既存ユーザーを対象に、特定の仮想通貨を無償で配布するエアドロップイベントを定期的に開催しています。これらのイベントは、新たなトークンの普及やユーザー数の増加を目指すプロジェクトからの協賛が多く、DMM Bitcoinユーザーはこれらの機会を通じてさまざまな仮想通貨を手に入れることが可能です。ただし、エアドロップの対象となる仮想通貨や配布条件はイベントごとに異なりますので、公式サイトやメールマガジンなどで最新情報をチェックすることが重要です。

BITPOINT

BITPOINTとは、国内大手の仮想通貨取引所であり、エアドロップの対象となる仮想通貨も多数取り扱っています。新規登録したユーザーに対し、無料で仮想通貨をプレゼントするキャンペーンも頻繁に行われています。これは、エアドロップと同じく、ユーザーがリスクなく仮想通貨を手に入れる機会を提供するものです。さらに、BITPOINTでは、エアドロップ情報も積極的に発信。ユーザーはBITPOINTを利用することで、エアドロップの最新情報をいち早くキャッチすることが可能です。仮想通貨の世界は日々変化しているため、情報を逃さないことが大切。BITPOINTはその一助となる存在と言えるでしょう。

エアドロップに関するよくある質問と回答

エアドロップについての疑問や質問は多いもの。よくある質問とその回答をまとめてみました。

  • 仮想通貨エアドロップとは何ですか?
    • エアドロップは、新たな仮想通貨を広めるために、その通貨を既存のユーザーに無償で配布する活動のことを指します。
  • エアドロップに関する情報はどこで集めたら良いですか?
    • 信頼性の高い仮想通貨情報サイトやSNSを活用すると良いでしょう
  • エアドロップの安全性?
    • エアドロップ自体は安全ですが、詐欺的なエアドロップも存在するため、情報源の信頼性を確認することが重要です。

仮想通貨エアドロップとは何ですか?

仮想通貨エアドロップとは、新たな仮想通貨が市場に登場する際やプロモーションの一環として、特定の条件を満たしたユーザーに対して無償で配布される仮想通貨のことを指します。

エアドロップは、その名の通り空から降ってくるように仮想通貨が配布されることから名付けられました。

通常、エアドロップは既存の仮想通貨保有者や、特定の取引所のユーザー、特定のコミュニティのメンバーなど、特定の条件を満たす人々を対象に行われます。このような形で配布される仮想通貨は、新たなプロジェクトの認知度向上やコミュニティの形成、ユーザー基盤の拡大などを目指して行われます。

エアドロップに関する情報はどこで集めたら良いですか?

エアドロップ情報を収集する際は、信頼性が高く最新の情報を提供しているウェブサイトやSNSを活用すると良いでしょう。

特に、仮想通貨取引所やブロックチェーンプロジェクトの公式ウェブサイト、公式Twitter、公式Telegramなどは情報源として確実です。

エアドロップ情報専門のウェブサイトやニュースサイトも有効です。

ただし、情報の信憑性を確認するために、複数の情報源を比較検討することが大切です。エアドロップは仮想通貨の無償配布という特性上、詐欺的なものも存在します。そのため、注意深く情報を見極めることが求められます。

エアドロップの安全性

エアドロップの安全性について、仮想通貨の世界では重要なテーマとなります。

エアドロップは無償で仮想通貨を配布する手法であるため、詐欺的な行為を引き起こす可能性も存在します。そのため、エアドロップの参加にあたっては、配布元の信頼性や配布方法を確認することが肝心です。

また、エアドロップを受け取るためのウォレットも重要な要素。安全なウォレットを選択して、自身の資産を守ることが求められます。エアドロップは一見魅力的に見えるかもしれませんが、安全性を確認せずに参加すると、大切な資産を失うリスクもあります。エアドロップを利用する際は、必ず安全性を確認しましょう。

仮想通貨のエアドロップとは;まとめ

仮想通貨のエアドロップについて、その特徴から最新の予定情報、受け取り方までを詳しく解説しました。

エアドロップは新トークンを無料で配布する手法で、プロジェクトの認知度向上やコミュニティ報酬として行われます。

対象は特定トークン保有者や特定アクションを行ったユーザー

トークンの量は保有量やアクションにより異なることがあり、特定の「スナップショット」日時を基に行われます。

エアドロップ受取には対応ウォレットが必要で、詐欺のリスクもあるため情報確認が大切。

エアドロップにより、仮想通貨を無償で手に入れることができ、その後価値が上がれば利益を得ることもできます。

最新のエアドロップ情報は信頼性の高い情報源やSNSから収集できます。

また、エアドロップ受け取りには税金の視点も重要で、適切な税金対策を行うことが求められます。

これからまた仮想通貨の時代がやってくると言われています。今から有望な仮想通貨プロジェクトをウォッチしてエアドロップのチャンスをつかみましょう。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須