アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨Nafter(NAFT)の特徴とは? 価格チャート、NFTとの関係や将来性を解説

仮想通貨Nafter(NAFT)の特徴とは? NFTとの関係や将来性を解説

スポンサーリンク

仮想通貨Nafter(NAFT)は、写真や動画をお金に変えることができる画期的なサービスです。

楽しくSNSに写真や動画をアップしながら、あなたの作品をNFTにして売れます。

NAFTは、写真を撮るのが好きな人や、オリジナルの動画を作るクリエイターにとって、新しい収入源となるでしょう。

この記事では、Nafterがどのようにしてあなたの作品を価値あるものに変えるのか、そしてその魅力的な将来性について、わかりやすく説明します。

まずCoincheckに無料で口座開設しておきましょう↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

仮想通貨Nafter(NAFT)とは

  •  投稿した写真や動画などをNFTにして稼げる
  • ベトナムのNafter.ioが運営
  • NAFTトークンを取引と運営に活用

の3点を解説します。

投稿した写真や動画などをNFTにして稼げる

仮想通貨Nafter(NAFT)で売買できるnafter.io へのNFT投稿例
nafter.io NFT投稿例

スマートフォンで撮影した写真をNFT(非代替性トークン)に加工(「ミントする」といいます)し、Nafterプラットフォームに投稿するとあなたにファンができて販売できる。コレクターズアイテムになることも夢ではありません。

こんなことを数分でできるようにしたのが、Nafterです。

NFTがクリエイターにとっては新しい自己表現と報酬を得る方法として話題になっています。従来デジタルデータは際限なく複製ができる為価値がつきませんでした。しかしブロックチェーン技術を使ってNFT化することによりコピペができなくなり、世界で唯一の作品となり価値がつくようになったのです。

とはいえNFTを作るのはとても大変です。それをSNSと融合させて一般人でもできるように簡単化したのが仮想通貨Nafter(NAFT)です。NFTを作る知識が無くても、自分のコンテンツをNFT化して報酬を得る道が開けたという点で画期的なサービスです。

ベトナムのNafter.ioが運営

プラットフォームは「Nafter.io」でベトナム企業のNafterが運営しています。

わずか数クリックでNFTを作成(ミント)、販売そして購入できる、世界で初のSNSプラットフォームを作りました。ユーザーが投稿するオリジナルの写真や動画をNFT化して売買でき、双方向でやり取りもできます。

BNB(Binance Smart Chain)、イーサリアムやNafter発行の仮想通貨NAFTなどのトークンでNFTを売買できます。

複数のチェーンが異なる仮想通貨で取引ができる点もユーザーフレンドリーです。

NAFTトークンを取引と運営に活用

 「Nafter.io」はガバナンストークンとしてNAFTを発行しています。

トークン名称Nafter
仮想通貨シンボル・単位NAFT
ブロックチェーンBNB Smart Chain
総供給量10億 NAFT
価格(1 NAFTの円価格)@2023/12/26¥0.0897
過去最高値@May 15, 2021¥58.89
過去最低値@Aug 22, 2023¥0.0602
時価総額@2023/12/268951万円
市場ランキング@2023/12/261609位
公式リンクhttps://app.nafter.io/
  【仮想通貨Nafter(NAFT)概要】

ガバナンストークンは、「Nafter.io」という組織の運営方針を決めるときに投票に参加できる権利を持ちます。DAO(分散型自律組織)として運営しています。

ガバナンストークンNAFTはNafterサービス内で使える仮想通貨として仮想通貨取引所で購入できます。もちろんこのプラットフォーム内でのNFTの購入やステーキングにも使えます。

まずCoincheckに無料で口座開設しておきましょう↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

仮想通貨Nafter/NAFTの価格推移チャート

仮想通貨Nafter(NAFT)全期間価格推移(CoinMarketCap)
    【仮想通貨Nafter(NAFT)全期間価格推移(CoinMarketCap)】

NAFTの価格は2021年5月の発足時には;
 1NAFT=0.26$ =35.62円(1$=137円で換算)でスタートしました。

2021年5月15日に、過去最高値;1NAFT=58.89円をつけましたが、その後長期的に下落が続き、

2023年8月22日に過去最低値の0.0602円をつけています。2023年12月26日現在は、0.0897円と底値圏を脱して上昇しつつあります。

時価総額は、8951万円で、1609位です。この低迷は、NFT市場自体の低迷と連動しているものと考えられます。NFT市場自体は徐々に回復基調にあるので、一緒に回復することが期待されています。

まずCoincheckに無料で口座開設しておきましょう↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

仮想通貨Nafter(NAFT)の特徴3つ

  • 投稿した写真や動画をNFTにミントできる
  • SNSとNFTをプラットフォーム化
  • NAFTのステーキングで稼げる

の3点を説明します。

投稿した写真や動画をNFTにミントできる

 仮想通貨Nafter(NAFT)の最大の特徴が、投稿写真・動画のNFT化とそれらの売買です。従来のSNSですと投稿してコメントやいいねをもらうだけだったのに対し、気に入って買ってくれる人がいれば報酬を得られます。

ミントする方法も以下の4ステップと簡単です;

ステップ1: アプリ上で、上部にある「新規投稿」をタップします。

ステップ2: NFTとしてミントしたい写真やビデオをアップロード します。

ステップ3:投稿の価格情報などを選択します。

ステップ 4: “Create Item “をクリックし、ポップアップに表示される手順に従い、ネットワーク使用料 を確認します。

気に入ったNFTがあれば仮想通貨を準備することで簡単に購入できます。

NFTのミントは、今までそれほど簡単ではありませんでした。Nafterはこれをユーザーに解放し、クリエイターにさらなる自由とファンとの交流のための素晴らしいプラットフォームを提供します。

SNSとNFTをプラットフォーム化

Nafter(NAFT)の最大の特徴は、SNSとNFTを融合させたプラットフォームの提供です。

「Nafter.io」に投稿された動画や写真をNFTにミントしてくれるので、世界でたった一つしかないアート作品として登録し販売できます。

そのためには、デジタルウォレットを接続し、Nafterのアカウントを以下の3ステップで作成するだけです。

ステップ1: nafter.ioにアクセスし、「Connect Wallet」をクリックします。

ステップ2: MetaMask、Trustwalletなどお好みのウォレットを選択、またはWalletConnectを選択します。

ステップ3:ここで、名前、ユーザー名を入力し、情報を確認してから「アカウント作成」をクリックします。

これでNafter上でNFTのミント、販売ができるようになります。

NAFTのステーキングで稼げる

 ステーキングは特定の仮想通貨を預け入れて運用益を得る方法です。(APYの記事引用)

あなたのNFTを販売した対価とした仮想通貨Nafter(NAFT)を受取った場合や、NAFTを購入した時にそれをプラットフォームのプールに預け入れておくだけで報酬としてNAFTを得られます。

まずCoincheckに無料で口座開設しておきましょう↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

仮想通貨Nafter(NAFT)の仕組み

  • Binance Smart Chain(BSC)上ベースなので低コスト
  • 上場はPancakeSwap
  • 定期的なバーンにより仮想通貨NAFTの価格維持を図る

の3点を解説します。

Binance Smart Chain(BSC)上ベースなので低コスト

 Nafter(NAFT)は、世界最大の仮想通貨取引所であるバイナンスが運営しているブロックチェーンであるBSC(Binance Smart chain)上で稼働します。

BSCとは、バイナンスが作ったスマートコントラクトが動くブロックチェーンです。BSCで使われているネイティブトークンはBNB(バイナンスコイン)です。

BSC上で種々のアプリケーションやDeFiなどのサービスを展開できます。PancakeSwapなどのDEX(分散型取引所)や1inchのようなDEXアグレゲーターなどが続々と作られています。

BSCの大きな特徴は高速の処理と手数料の安さです。イーサリアムブロックチェーン上でサービスを動かした場合の数分の1のガス代(ブロックチェーン上の処理に対して支払う手数料を指す)です。

上場はPancakeSwap

仮想通貨Nafter(NAFT)はPancakeSwapに上場しており、そこで 入手できます。

PancakeSwapは安い手数料でユーザー同士がスマートコントラクト経由で取引する分散型仮想通貨取引所(DEX)です。

残念ながら日本国内の仮想通貨取引所では扱っていません。

仮想通貨Nafter(NAFT)を購入するには、日本と海外の仮想通貨取引所に口座を開設する必要があります。日本の口座で円でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)を購入し、それを海外取引所に送って、Nafter(NAFT)を購入するという手順となります。

少し面倒ですが、今が底値圏ですので極めて安く購入できるチャンスです。

定期的なバーンにより仮想通貨NAFTの価格維持を図る

仮想通貨をバーン(burn=燃やす)すると、その仮想通貨は永遠に取り出すことができなくなり流通量が減り、その結果として価格を上げる効果があります。 

@NafterAppは2021年9月230万個のNAFTを買い上げ、市場から消滅させました。今後もバーンを継続して、価格維持を図るものと思われます。

まずCoincheckに無料で口座開設しておきましょう↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

仮想通貨Nafter(NAFT)の将来性

  •  USの予想サイトは2024年までは強気の見通し
  • NFT市場の先行きに依存するも価格が反転する可能性は高い
  • NFTXSNSの相乗効果はプラスに働くと予測

の3点を説明します。

USの予想サイトは2024年までは強気の見通し

 アメリカではAIを使った仮想通貨の価格予想サイトが数多くあります。

ここでは以下の4つのサイトの予測をご紹介します。簡単化の為に平均予測値を示します。

Price Prediction:https://priceprediction.net/en/price-prediction/nafter

YearPrice PredictionWalletInvestorTradingBeastPricePrediction.net
2022$0.00082163$0.000901$0.000967$0.000777
2023$0.001$0.001198$0.001634$0.001305
2024$0.002$0.001586~0.001595$0.000196$0.001586~0.001595
2025$0.003$0.000074$0.000125$0.001405

これらを総合すると、2024年までは「買い」、それ以降は「売り」との予想です。これらは全て過去の履歴からAIがはじき出したものなので、NFT市場の動向を盛り込んでいません。

NFT市場の先行きに依存するも価格が反転する可能性は高い

 NFT市場は2021年夏ごろから急成長し2022年4月まで勢いは持続しました。しかし2022年6月にはピークの10分の1以下まで落ち込んでいます。(引用:NFT市場の現状、今後の可能性について解説、https://hedge.guide/feature/nft-future-bc202210.html)。

月間売上は、2022年1月には約186億円が2022年6月には約15億円まで急減しました。仮想通貨Nafter(NAFT)もこの減少の直撃を受けたものと思われます。

しかし、NFT市場全体としては、2022年の約4,196億円から2027年には約1兆8,782億円と4.4倍の伸びが予測されています。NFT市場の回復に伴って、仮想通貨Nafter(NAFT)も価格の反転が期待されます。

NFT x SNSの相乗効果はプラスに働くと予測

皆さんはSNSは自在に使いこなしておられるでしょう。しかし、NFTとなるとハードルが高いと感じられるのではないでしょうか?

「Nafter.io」のプラットフォームはNFTをSNSの簡便さで作ってくれます。SNSに投稿するだけで世界に一つだけのアートを作り、あわよくばファンがついてお金が稼げることが知れ渡ると爆発的に人気が出る可能性もあります。

そうなれば、このプラットフォームのガバナンストークンである、仮想通貨Nafter(NAFT)も大化けするでしょう。

まずCoincheckに無料で口座開設しておきましょう↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

仮想通貨NAFTの買い方と使い方

将来性が高い仮想通貨NAFTを底値で買っておきたい方もおられますよね。ただ、残念ながら日本の取引所では売っていませんので、以下の3ステップの手順で購入して下さい。

  1. 国内の仮想通貨取引所Coincheckでビットコインやイーサリアムを購入します。
  2. 海外の仮想通貨取引所に口座を開設して、口座に日本の取引所から仮想通貨を送ります。Gate.io, UniswapやPancakeSwapなどのDEXが手数料が安くてお勧めです。この時には送金手数料が必ずかかりますのでそれも考慮して日本側で購入してください。
  3. 海外の取引所で仮想通貨NAFTを購入。

まずCoincheckに無料で口座開設しておきましょう↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

Nafter/NAFTで、NFTxSNSを楽しむ

Nafter/NAFTの公式サイト「app.nafter.io」にアクセスしてNFTxSNSの世界を楽しんでください。

まとめ:仮想通貨Nafter/NAFTはSNSとNFTを組み合わせて将来性が高い

「Nafter.io」はSNSとNFTを融合させた世界初のプラットフォームです。 写真や動画を投稿すれば、わずか数ステップで世界に一つしかないNFTにミント(制作)してくれます。売買は仮想通貨Nafter(NAFT)で行います。

普通の人でも写真や動画をNFT化して販売できるチャンスがあるのです。

仮想通貨Nafter(NAFT)は知名度も低く、上場している仮想通貨取引所もPancakeSwapなど少数ですが、将来大手取引所に上場し、流通量を減らすバーンを実施していけば着実に価値は上がることが期待できます。

底値の今仕入れておくとNFTの売買を楽しみながら将来の値上がり益やステーキング報酬が期待できる面白い銘柄といえるでしょう。

まずCoincheckに無料で口座開設しておきましょう↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

関連記事 「Nafter.io」のプラットフォームは一種のDAOとして運用されています。DAOにおけるガバナンストークンの働きを知りたい時は以下の記事を見てください。

DAO(分散型自律組織)とは?初心者向けにわかりやすく解説しました

ステーキングの利回りの指標である、APRやAPYを知りたい方は以下の記事を参照下さいね。

仮想通貨のAPYとAPRの意味は?違いや計算方法を初心者向けに解説

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須