アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨Worldcoin(ワールドコイン)はいつもらえる?全ての人々のアイデンティティを証明する新たな暗号通貨

仮想通貨Worldcoin(ワールドコイン)はいつもらえる?全ての人々のアイデンティティを証明する新たな暗号通貨

スポンサーリンク

ChatGPTで一躍有名になったOpenAIのCEO、サム・アルトマン氏がWorldcoinという暗号通貨プロジェクトのために161億円を調達しました。

Worldcoinプロジェクトは、人々が「ユニークな個体」であることを認証するために虹彩をスキャンし、その結果をもとに無料でトークンを配布することを目指しています。

メインネットのローンチ前に既に160万人以上が参加しています。

  • 「そもそもWorldcoin(ワールドコイン)とは何?」
  • 「日本ではいつ始まるの?」
  • 「私ももらえるの?」

などの疑問に答えます。

緊急速報:WorldcoinトークンのWLDは2023年7月24日に主な仮想通貨取引所で上場し、一時は60%値上がりしました。日本でも既に8カ所でOrbが設置され、Worldcoinの登録を受け付けているようです。最新情報は次の記事を参照ください。

関連記事;日本でWorldcoin(WLD)をもらいました

WLDの価格は2023年8月は下げています

Worldcoin(ワールドコイン)の概要と目標

  • Worldcoinとは何か?
  • Worldcoin(ワールドコイン)の目標とツール

の2点から説明しますね。

Worldcoinとは何か?

OpenAIのCEOであるサム・アルトマン氏が共同設立したWorldcoinは、その名の通り、全世界の人々に向けた暗号通貨プロジェクトです。

Worldcoinは、世界経済への普遍的なアクセスを可能にするという目的で設立された暗号通貨プロジェクトです。その中心的な特徴は、人々が「ユニークな個体であるだけでトークンを無料で得られるというもの。

これを達成するために、Worldcoinは虹彩をスキャンする装置、「Orb」(上図)を使用して、各個人のアイデンティティを確認します。

Worldcoin(ワールドコイン)の目標とツール

このプロジェクトの最大の目標は、世界最大のアイデンティティおよび金融公共ユーティリティを構築することです。

世界中の全ての人々がデジタル資産にアクセスでき、その利益を享受できる環境を目指しているのです。

そのために、Worldcoinは以下の3つの主要なツールを開発しています。

  1. World ID:プライバシーを保護したデジタルアイデンティティ。個々のユーザーが一意の存在であることを証明するために使用。
  2. Worldcoinトークン:Worldcoinトークンは全員に無料で配布されるデジタル通貨
  3. World App:World Appはこのトークンや他のデジタル資産を使ったグローバルな支払いを可能にします

Worldcoinの人認証のやり方とその装置

虹彩スキャン装置「Orb」がすること。

Worldcoinは、各個人の一意性を確認するために「Orb」と呼ばれるデバイスを使用します。この装置は、瞳孔の生物学的特性(虹彩)を利用して個人を認証し、その結果を基にデジタルなWorld IDを生成します。

World IDを取得するためには、ユーザーはWorld Appをダウンロードし、その後Worldcoin OperatorによるOrbによる認証を受ける必要があります​。

Worldcoinの取り組みと進捗

多岐にわたるWorldcoin(ワールドコイン)の活動を以下の4点から解説します。

  • WorldcoinがOptimism Collectiveを支援
  • Worldcoinを支える組織
  • Worldcoinの具体的な活動
  • Worldcoinの会社の実態

WorldcoinがOptimism Collectiveを支援

WorldcoinがOptimism Collectiveを支援

2023年6月現在、Worldcoinは160万人以上のユーザー登録を達成しました。これは、限られた数のOrbとWorldcoin Operatorを使用して達成され、その多くはアルゼンチン、チリ、インド、ケニア、ポルトガル、スペイン、ウガンダなどの国からの登録でした。

さらに、Optimism Collectiveと協力して、Superchainビジョンを実現するために、World IDとWorld AppをOP Mainnetに移行する計画が発表されました。

これにより、Worldcoinはさらに多くの開発者とユーザーとの接点を持つことになるでしょう​。​

Worldcoinを支える組織

Worldcoinは、以下の2つの主要な組織によってサポートされています。

  1. Worldcoin Foundation:Worldcoin Foundationは、Worldcoinコミュニティが自立するまでを支援する非営利組織です。
  2. Tools for Humanity:Tools for Humanityは、Worldcoinプロトコルの初期開発を主導し、World Appを運営するなど、Worldcoinをサポートするツールの開発を続けています​。

Worldcoinの具体的な活動

Worldcoinは2023年初めに主要ネットワークを立ち上げる予定で、その過程で多くの進展が見られています。

例えば、Orbの配布が拡大され、公開透明性を高めるためにOrbのハードウェアがさらにオープンソース化される予定です。

さらに、World IDのソフトウェア開発キット(SDK)がリリースされ、Worldcoinプロトコルの全機能が解放される予定です。

Worldcoinの会社の実態

Worldcoinは現在、「Worldcoin Foundation」と「Tools for Humanity」という2つの重要な組織によって支えられています。

Worldcoin Foundationは、Worldcoinコミュニティが自立するまでの間、コミュニティを支援し、成長させるための非営利組織です。

Tools for Humanity (TFH)は、より公正な経済システムへの移行を加速するために設立されたグローバルテクノロジー企業です。TFHは、Worldcoinプロトコルの初期開発を主導し、Worldcoinプロトコルのツールを開発し続け、World Appを運営しています。

Worldcoinのプロトコル貢献者 – Tools for Humanity(TFH)

Tools for Humanity(TFH)は、Worldcoinプロジェクトの主要な貢献者であり、Worldcoinプロトコルの初期開発を主導したグローバルな技術企業です。TFHの目標は、より公正な経済システムへの移行を加速することで、これはWorldcoinのビジョンと深く結びついています​​。

TFHは、Worldcoinプロトコルをサポートし、その成長を推進するための重要なツールを開発しています。

その一つが、World Appの運用です。これは、Worldcoinトークン、デジタルアセット、ステーブルコインを使用したグローバルな取引を可能にする自己保管型のアプリです。

Tools for Humanityの役割とその人物

Tools for Humanityは、Alex BlaniaとSam Altmanによって共同設立されました。Blaniaは共同設立者兼CEOであり、Altmanは共同設立者兼会長です。

特にSam Altmanは、OpenAIのCEOでもあり、AIとブロックチェーン技術の交差点でのインパクトを追求しています​​。

二人のリーダーは、Worldcoinのビジョンを実現するための戦略的方向性を設定し、それを実現するためのツールを開発します。

TFHはWorldcoinプロジェクトの主要な技術パートナーとして機能し、より公正な経済システムを形成するためのプロダクトとサービスを開発しています​。

両者とも、Worldcoinが提供するデジタル経済への普遍的なアクセスというビジョンを追求しています。彼らは、ブロックチェーン技術と人間中心の設計原則を組み合わせることで、全人類がデジタル経済に参加する機会を創出することを目指しています​

Worldcoinの進展と今後の目標

Worldcoinプロジェクトは、OpenAIのCEOであるSam Altman氏が共同創設者として参画しており、彼の名声と専門知識がプロジェクトへの注目を集めています。

Worldcoinは独自のトークンを「ユニークな個人」に無料で配布することを目指しており、その目的は世界中の人々がグローバルな経済にアクセスすることを可能にすることです​。

その手段の一つが「World ID」で、ユニークな個人性を証明するためのプライバシーを保護するデジタルアイデンティティです。

そして、もう一つが「Worldcoin Token」で、これは単にユニークな個体であることを理由に、世界中の人々に無料で配布される最初のトークンです。

プロジェクトは最近$115M(161億円)の資金を調達しました​。

目的は;

  1. .Orbの分布を拡大し、そのハードウェアを公開して透明性を高め、World IDのソフトウェア開発キットをリリースする。Worldcoinプロトコルの全機能が解放されます。
  2. Worldcoinトークンのメインネットのローンチ(2023年の上半期に予定)の実行です。

Worldcoinのサインアップ状況とその影響

Worldcoinは、既に160万人以上のユーザーがサインアップし、その数は増加し続けています。これは、Worldcoinが提供する経済的利益に世界中の人々が関心を持っていることを示しています。

特に、ケニアやポルトガルなどの都市では、Worldcoinはメインネットのローンチ前にもかかわらず、最もダウンロードされた金融アプリの一つとなっています​。

これらのサインアップの増加は、Worldcoinが広範囲のユーザーベースを構築し、全世界の個々のユーザーがデジタル経済にアクセスする機会を得る未来を暗示しています。

Worldcoin(ワールドコイン)の今後の展望

Worldcoinは大規模な拡張と進化を目指しています。

Worldcoinのメインネットのローンチは2023年上半期を予定しています。

メインネット立上げ前に、さらに多くのOrbを各地のWorldcoin Operatorに配布し、World IDソフトウェア開発キットをリリースすることで、Worldcoinプロトコルの全機能を解放しようとしています。

これらの取り組みにより、Worldcoinはその規模を拡大し、さらなるユーザーの獲得を目指しています​。

Worldcoin(ワールドコイン)はいつから日本でサービス開始するのか?

Worldcoinは、現在ベータ版で、2023年の前半にローンチを予定しています​​。ただし、この情報は具体的な地域や日本について明示的に言及していません。

そのため、日本におけるサービス開始の具体的な時期はまだ不明です。今後のアップデートにご期待ください。

緊急速報:WorldcoinトークンのWLDは2023年7月24日に主な仮想通貨取引所で上場し、一時は60%値上がりしました。日本でも既に8カ所でOrbが設置され、Worldcoinの登録を受け付けているようです。最新情報は次の記事を参照ください。

Worldcoinとブロックチェーンテクノロジー

Worldcoinは、ブロックチェーンテクノロジーを使用して、デジタル経済への普遍的なアクセスを可能にするというビジョンを実現しています。

ブロックチェーンはデータの透明性と不変性を保証し、分散型のネットワークを通じて個々のユーザーが経済活動に参加する機会を提供します。

Worldcoinはこのテクノロジーを利用して、ユーザーが自身のデジタルアイデンティティを管理し、世界中の他のユーザーと安全に取引することを可能にします。

WorldcoinとOptimism’s Superchainの関係

Worldcoinは最近、Optimism CollectiveのSuperchainビジョンを実現するための支援を発表しました。これは、スケーラブルなブロックチェーンエコシステムを構築するための共同作業です。

Worldcoinはこの一環として、World IDをOP Mainnetで利用可能にする予定です。これにより、Worldcoin、デジタルアセット、ステーブルコインを使用した取引を可能にする最初のウォレットであるWorld AppもOP Mainnetに移行されます。

これらの動きは、Worldcoinが更なるアクセス拡大と値を共有する開発者とユーザーのエコシステムへのリーチを図る助けとなるでしょう。

Worldcoinのプライバシーとセキュリティ

Worldcoinのプライバシーとセキュリティは、その核となる価値観の一部です。Worldcoinは、個々のユーザーのアイリスバイオメトリクスを使用して、その独自性を確認するWorld IDという特性を持っています。

World IDはユーザーの身元を明らかにすることなく、日常的なアプリケーションで広範に使えるように設計されています。

このアプローチは、プライバシーを尊重しながら、ユーザーの一意性と独自性を証明するのに役立ちます。

Worldcoinのプライバシー対策とその重要性

Worldcoinのプライバシー対策は、ユーザーが自分自身を安全に識別できるようにすることに重点を置いています。

アイリススキャンを通じて独自性を証明することで、Worldcoinは個々のユーザーが自分自身のデジタルアイデンティティを管理する能力を強化しています。

このような手段により、ユーザーは自身のアイデンティティを保護しながら、デジタル経済に参加することが可能になります。このアプローチは、プライバシーとセキュリティを確保しつつ、個々のユーザーがデジタル世界で活動する能力を強化します。

Worldcoinへの批判と問題点

Worldcoinはプライバシーに関する懸念からも批判を受けています。特に、アイデンティティを確認するための虹彩スキャンは、プライバシー侵害の可能性を持つと指摘されています。さらに、Worldcoinのトークンは、米国を含む一部の国の人々には利用できないとされています​。

また、仮想通貨業界は、2022年にいくつかのプロジェクトが破綻した後、人気を取り戻そうとしています。この状況の中で、Worldcoinはa16z crypto、Bain Capital Crypto、Distributed Globalなどの投資家から最新の資金調達を行いました。

まとめ

Worldcoinは、ブロックチェーンテクノロジーを活用して全世界の人々にデジタル経済へのアクセスを提供するという大きなビジョンを掲げています。

そのビジョンを達成するために、Worldcoinは、全ての人々に暗号通貨を配布するという大胆な試みを行っています。そのために、Worldcoinは一意のアイデンティティを証明する「World ID」というシステムを構築しています。

しかし、その手法はプライバシーの問題を引き起こす可能性があると指摘されました。

対策として、Worldcoinはユーザーのプライバシーとセキュリティを尊重し、同時にユニークなデジタルアイデンティティを確立することで、個々のユーザーが自分自身を安全に識別できるようにする方法を提供しています。

Worldcoinのようなプロジェクトは、暗号通貨の将来に大きな影響を与える可能性があります。それが福音となるか、それとも問題を引き起こすかは、これからの開発と利用の仕方にかかっています。

追記:日本でも既に8カ所でWorldcoinに登録できるようです。下記記事を参照ください。

緊急速報:WorldcoinトークンのWLDは2023年7月24日に主な仮想通貨取引所で上場し、一時は60%値上がりしました。日本でも既に8カ所でOrbが設置され、Worldcoinの登録を受け付けているようです。最新情報は次の記事を参照ください。

関連記事;日本でWorldcoin(WLD)をもらいました

WLDの価格は2023年8月は下げています

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須