アフィリエイト広告を利用しています

2023年12月取引ゼロ】仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)とは?特徴・買い方と今後の将来性を解説

仮想通貨Genesis Vision (ジェネシスビジョンGVT)とは? 特徴・買い方と今後の将来性を解説。仮想通貨投資信託のインパクト

スポンサーリンク

アップデート2023年12月15日】現在、CoinMarketCapによるとGVTはアクティブに取引されていないようです。

以下の情報は2023年5月14日時点での情報ですので、ご注意ください。

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)は、既存の投資信託の問題を解決するために、ブロックチェーンを利用して作られた、仮想通貨・投資信託プラットフォームです。

プラットフォーム内で流通する、GVTというトークンを発行しています。

ブロックチェーンを利用するプライベート信託管理プラットフォームは、まだ暗号資産投資に対しては普及していない、注目のサービスです。

早速見ていきましょう。

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)とは?

トークン名称Genesis Vision
シンボル・単位GVT
総発行予定数440万GVT
価格(GVTの円価格)@2023/5/14¥13.10
過去最高値@2018/1/7¥6,975.04
時価総額@2023/5/14¥58,004,912
市場ランキング@2023/5/141711位
公式サイトhttps://genesis.vision/
仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)概要

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)は、既存の投資信託の問題を解決するために、ブロックチェーンを利用して作られた、仮想通貨・投資信託プラットフォームです。

ベースにはイーサリアムのスマートコントラクト機能を活用して、取引が自動で中央管理者の介在なしで実行できるようになっています。

2017年10月15日に行われたICOで、GVTというトークンを発行し、2億円の資金調達を行いました。

Genesis Visionでは、資産を運用するトレーダーの運用成績はブロックチェーン上で記録され、だれでも閲覧できます。

投資家はその中から信頼できるトレーダーを選び、暗号資産の運用を委託します。

投資家個人の資産の運用情報は保護され、公開されません。自分の資産がどのように運用されているかを確認することはできます。

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)の特徴

Genesis Visionはホームページの入口で「ソーシャルトレードの世界」をうたっています。

  • どんな市場でも取引し
  • 最もパフォーマンスの高い運用会社に投資する
  • 最も成功しているトレーダーの投資戦略にならう
  • その上に、あなた独自のファンドや資産運用プログラムを作成する

それを実現するための仕組みを以下の5つの観点から見ていきましょう。

  1. プライベート信託管理プラットフォーム
  2. GVTトークンの利用
  3. 証券取引規制の影響
  4. 透明性の確保
  5. 日本の取引所では扱っていない

プライベート信託管理プラットフォーム

Genesis Visionは、ブロックチェーン技術を活用するプライベート信託管理プラットフォームです。

このシステムでは、投資家、ブローカー(販売会社)、トレーダー(運用会社)が直接つながり、透明性の高い投資環境を提供します。

これは、金融市場での投資をより公平で安全なものにするための新しい試みです。

このプラットフォームの基盤には、イーサリアムのスマートコントラクト機能が活用されています。

これにより、中央管理者が一切介在せず、取引が一定の条件を満たせばシステムが自動的にかつ分散的に高速に処理してくれるのです。

GVTトークンの利用

Genesis Visionでは、ERC-20トークンであるGVT(Genesis Vision Token)という仮想通貨が使われます。

投資家はこのGVTをファンドマネージャーに預け、その資産を投資に用いるのです。

このトークンはプラットフォーム上で流通し、その価値は市場の取引価格によって決まります。

証券取引規制の影響

仮想通貨GVTは法定通貨ではなく、トークンでの資産運用が主であるため、現在は証券取引にかかわる特定の規制を受けていません。

しかし、将来的には仮想通貨取引が証券取引とみなされる可能性があり、その影響を受けることが考えられます。

透明性の確保

Genesis Visionのプラットフォームは、ブロックチェーン技術を用いています。これにより、取引記録は全て公開され、投資の透明性が確保されます。

これは、従来の投資信託とは大きく異なる点で、投資家にとっては信頼性の高いシステムと言えます。

日本の取引所では扱っていない

2023年5月現時点では、日本の仮想通貨取引所にはGVTが上場されていないため、購入するためには海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

海外取引所では、Binance、 Hotbit、CoinBene、Pancakeswap、Hotbitなどが扱っています。

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)の価格推移

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)の全期間の価格推移(TechNewsLeader)

上に、仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)の全期間の価格推移を示します。

過去最高価格は、2018年1月7日の6,975円です。

その後低迷していましたが、仮想通貨市場全体の上昇に伴い、2021年4月に1,651円まで上昇。

乱高下を繰り返し、2021年11月に53円に急落した後は、2022年5月のテラショック、さらに2022年11月のFTXショックで12円台まで下落。

現在の13.14円は、最高価格の532分の1ですので暴落といえるでしょう。後は上がるしかないという状況です。

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)の将来性

仮想通貨GenesisVision(ジェネシスビジョン_GVT)価格予想(TechNewsLeader)

上記がUSの仮想通貨価格予想サイト(TechNewsLeader)による、仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)の10年後までの価格予想です。

分かりやすいように、現在価格に対する倍率の表にしたものが下です。

X年後倍率
1.9倍
6.2倍
1030.5倍
仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)の今後の価格予想(TechNewsLeader)

現在が底であるとの見立てです。

上昇の根拠としては、

  • 優秀な開発チームを擁する
    • IT立国を目指す、エストニアをベースにするGenesis Visionは多くの優秀な開発エンジニアを擁しています。
  • 新しい投資信託のプラットフォームになる可能性 
    • 従来の投資信託は運用方法などがブラックボックスで、暴落しても多くの投資家は結果しか知らされずに泣き寝入りという状況がありました。
    • Genesis Visionでは全てのプロセスが明確になり、投資家は成績の良いファンドマネージャーを選べるようになります。

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)の買い方・購入方法

残念ながら 仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)は、2023年5月現在日本国内の暗号資産取引所では買えません。日本円では直接買えないのです。

なので、以下の手順で海外の取引所で買って下さい。

  1. 国内の暗号資産貨取引所で日本円でビットコインやイーサリアムなどを購入
  2. 海外取引所で口座開設する
  3. 日本の取引所から海外取引所にビットコインかイーサリアムを送金後、GVTに交換

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)に関するQ&A

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)は日本で買えるか?

2023年5月現時点では、日本の仮想通貨取引所にはGVTが上場されていないため、購入するためには海外の仮想通貨取引所を利用する必要があります。

GVTが購入できる海外の取引所一覧

海外取引所では、Binance、 Hotbit、CoinBene、Pancakeswap、Hotbitなどが扱っています。

まとめ:仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)は今後の成長が見込まれる

仮想通貨Genesis Vision(ジェネシスビジョン/GVT)は、既存の投資信託の問題を解決するために、ブロックチェーンを利用して作られた、仮想通貨・投資信託プラットフォームです。

プラットフォーム内で流通する、GVTというトークンを発行しています。

ブロックチェーンを利用するプライベート信託管理プラットフォームは、まだ暗号資産投資に対しては普及していない、注目のサービスです。

エストニアベースで優秀なエンジニアを多く抱え、サービスの新規性と相まって今後の成長が大いに期待されます。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須