アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨Akita Inu(AKITA)とは?犬コインの特徴と買い方・将来性を解説

仮想通貨Akita Inu(AKITA)とは?犬コインの特徴と買い方・将来性を解説

スポンサーリンク

仮想通貨Akita Inu(AKITA)とはなんだろう、日本でも買えるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨Akita Inu(AKITA)は犬系ミーム通貨としてとても人気があります。運営元はAKITAネットワークでイーサリアムベースのDAOでをめざしています。

6万人以上の熱烈なホルダーがサポートしており、DAOは様々なプロジェクトを開発中です。将来的に本物のトークンとして価値の向上が期待されます。

日本の取引所では取扱はありません。

でも実はかんたんに買う方法があります。
それは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でイーサリアムを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、AKITAに交換します。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように、この画期的なAKITAの仕組み・特徴と買い方を紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨Akita Inu(AKITA)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨AKITAの買い方

記事を読んで、サクッとAKITAを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨Akita Inu(AKITA)とは

トークン名称Akita Inu
シンボル・単位AKITA
総発行予定数100兆AKITA
価格(1AKITAの円価格)@2023/12/26¥0.000024730
過去最高値@May 11, 2021¥0.004107
過去最低値@Feb 18, 2021データなし
時価総額@2023/12/2616.8億円
市場ランキング@2023/12/26907位
公式サイトhttps://www.akita.network/
           【仮想通貨Akita Inu(AKITA)概要】

仮想通貨 Akita Inu(AKITA)は、人気の犬種「秋田犬」をモチーフとしており、ドージコイン(DOGE)やSHIBA INU(SHIB)と同様のミームコインとして作られました。

ミームコインとは
ミームコインは、インターネットミーム(ネタ)やジョークに基づく仮想通貨です。通常、技術的革新や実用性よりも、社会的現象やコミュニティを通じて人気を獲得します。ドージコインが代表的な例です。

AKITAはERC20トークンとしてイーサリアムをベースに発行され、発行元のAkita Inuは100%分散型のコミュニティ、DAOとして運営されています。

今の価格は¥0.00002473で、約2年前の最高値の1/166まで下落しています。価格も激安ですが、発行量も100兆個と天文学的な値です。

仮想通貨Akita Inu(AKITA)の特徴

  1. AKITAネットワーク財団が発行
  2. ミーム通貨の一つ
  3. ファンが多い
  4. AKITA ネットワーク DAOとして活動
  5. 仮想通貨の犬コインとは?主要銘柄3つと特徴を徹底解説

の順番で説明しますね。

AKITAネットワーク財団が発行

仮想通貨Akita Inu(AKITA)は、分散型コミュニティであるAKITA財団ネットワークが2021年2月1日に発行したコインです。

AKITAトークンの主な目的は、分散型の匿名ソーシャルメディアプラットフォームでのユーザー間の対話中に使用されることです。AKITA財団は、スマートコントラクトの機能を誰もが理解でき、公平な分配の促進、強力なコミュニティの構築、幅広い応用を目指すと宣言しています。

ミーム通貨の一つ

ツイッターロゴ。シバ犬ロゴは元の青い鳥ロゴに戻った。

2023年4月、ツイッターのロゴが、青い鳥からいきなりシバイヌ(ドージコインのシンボル)になり、ドージコインの価格が20%以上急騰しました。そして、ロゴが元の青い鳥に戻るとドージコイン価格も下がってしまいました。

 Akita Inu(AKITA)はドージコインの弟分として認識されるミームコインです。

公式サイトでも、Akita Inuはドージコイン(DOGE)の弟分であると宣言しているくらいですので、ジョークやネタから生まれたコインなのです。

ドージコインと同様に、Akita Inuはネタコインとして市場で注目を集めており、他の犬コインと共に急激に乱高下することがあります。

ドージコインやシバコインもミームコインとして生まれましたが、Akita Inu同様様々なプロジェクトを立ち上げて実用性を獲得し、それに伴い価格も上がっています。

ファンが多い

 AKITAネットワークDAOの目的は、分散型協同組織として確立し、流動性とトークンアーキテクチャを活用してメンバーの貢献意欲を高めることです。

参加者は、staking(ステーキング)とminting(ミンティング)の2つの方法でAKITAネットワークDAOに参加できます。開発チームは、DeFiに情熱を持つAKITA INUトークンコミュニティのメンバーが構成します。

AKITAネットワークDAOは、gAKITAという安定コインを設立することで、市場の変動にもかかわらず、gAKITAが購買力を維持できるよう、価格上昇ではなく供給拡大に焦点を当てるとしています。

仮想通貨の犬コインとは?主要銘柄3つと特徴を徹底解説

仮想通貨の犬コインは、犬をモチーフに作られた仮想通貨のことです。犬コインは、価格が安く、ボラティリティが大きいため、価格が急騰する傾向にあることから注目を集めています。

主要な犬コインとしては、ドージコイン(DOGE)、SHIBA INU(SHIB)、Akita Inu(AKITA)などがあります。

ドージコイン(DOGE)は、2013年に人気となった、「Doge (ドージ) 」というインターネット・ミームをモチーフにした、元祖犬コインです。元々は、遊び半分で作られた仮想通貨ですが、2023年4月現在は、仮想通貨の時価総額ランキング8位にランクインしています。

SHIBA INU(SHIB)は、最近急騰し、時価総額で14位まで上昇するなど大変な注目を集めました。

Akita Inu(AKITA)は、秋田犬をモチーフにした仮想通貨で、時価総額は2863位です。

犬コイン関連の仮想通貨銘柄の購入方法・買い方

残念ながら 仮想通貨Akita Inu(AKITA)は、2023年12月現在日本国内の取引所での扱いはありません。しかし、以下の手順を踏めば海外の取引所で買う事が出来ます。

  1. 国内の仮想通貨取引所Coincheckでイーサリアムを購入
  2. 海外取引所Bybit(バイビット)に口座開設する
  3. 日本の取引所からBybitにイーサリアムを送金後、AKITAに交換

国内の仮想通貨取引所Coincheckでイーサリアムを購入

まず国内の暗号資産取引所でイーサリアム(ETH)を購入します。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順は非常にわかりやすく、順番にやっていくと簡単に口座開設できます。

本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたイーサリアム(ETH)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

②海外取引所に口座を開設する

仮想通貨Akita Inu(AKITA)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

③国内取引所から海外取引所へ送金してAKITAを購入

日本の取引所でイーサリアムを購入した後、日本の取引所からBybitにイーサリアムを送金します。

まずBybitで入金を選んで、ETHを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでETHの入金が確認できたら、仮想通貨Akita Inu(AKITA)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからAKITAを選択し、数量を入力するか、ETHの数量を指定すれば購入は完了です。

記事を読んで、サクッとAKITAを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨Akita Inu(AKITA)の価格推移

仮想通貨Akita Inu(AKITA)全期間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨Akita Inu(AKITA)全期間価格推移(CoinMarketCap)】

仮想通貨Akita Inu(AKITA)は2021年2月にリリース。

史上最安値は、2021年2月27日の¥ 0.000000544400です。現在の価格はその45倍です。

その後、史上最高値、¥0.004107を 2021 年5月11日につけました。現在の価格の166倍です。同じ時期にShiba Inuの価格がバイナンスへの上場期待で上昇したことが原因です。

たくさんのミリオネアが誕生しました。

今は底値圏ですが、徐々に上昇基調にあります。過去1年間の動きを見てみましょう。

仮想通貨Akita Inu(AKITA)の過去1年間の価格動向

仮想通貨Akita Inu(AKITA)過去1年間_価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨Akita Inu(AKITA)過去1年間_価格推移(CoinMarketCap)】

2023年3月にピークを打った後、9月には底値にありましたが、12月に入って、他の仮想通貨と連動する形で上昇基調に入っています。

仮想通貨Akita Inu(AKITA)の今後の見通しや予想

ドージコインやシバイヌコインの価格の上昇に影響をうけて価格が上昇する

ドージコインや柴犬コインなどが価格上昇すれば、Akita Inuも連動して価格が上昇することがあります。これは、犬系コイン同士の連動性によるものです。

コミュニティプラットフォームの人気の高まりで価格が上昇する

Akita Inuは、近い将来減速の兆しのない強力なコミュニティを持っています。DogecoinやShiba Inuのような主要な犬ミームコインと競争できるように成長することに力を入れています。価格はコインの実用性や投資家に提供できる利点とは関係なく、むしろソーシャルメディアでの広がりやShiba Inuなど他の犬関連仮想通貨の成功によって価値が上がっているようです。希少性が価格上昇を促すため、Akita Inuの価値は将来的に上昇すると予測されています。ただし、投資にはリスクが伴うことを忘れず、研究を重ねて判断を下してください。

まとめ:仮想通貨Akita Inu(AKITA)は本物のトークンを目指す

仮想通貨 Akita Inu(AKITA)は、人気の「秋田犬」をモチーフとしており、DOGEコインやSHIBA INUと同様のミーム通貨として作られました。

他の犬系コインの値動きにつられて急騰したこともあります。

Akita InuはイーサリアムをベースとしたDAOとして運営され、6万人の熱心なホルダーが様々なプロジェクトを開発するべく活動中です。

仮想通貨Akita Inu(AKITA)の将来性は本物のトークンとなった時に大きな価値を産むでしょう。

仮想通貨Akita Inu(AKITA)の購入方法は、国内取引所Coincheckでイーサリアムを購入し、海外取引所Bybitに日本語で口座を開設した後、CoincheckからBybitにイーサリアムを送って、AKITAに交換します。

サクッとAKITAを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

Bybitの公式サイトはこちら>>

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須