アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨Holo(HOT/Holochain)とは?特徴や今後の見通しと将来性を解説

仮想通貨HOT(Holochain)とは? 特徴や今後の見通しと将来性を解説

スポンサーリンク

仮想通貨Holo(HOT)ってなんだろう、日本でも買えるのかなと思っておられる方も多いと思います。

仮想通貨Holo(HOT)はHolochainという独自のチェーン上で流通するコインです。Holochainブロックチェーンを超える未来の技術として期待される、DeFiやNFTを超えるアプリ開発プラットフォームです。

 Holochainは、高い処理能力と手数料ゼロを実現しました。アプリ開発プラットフォームとして高い将来性を持ちます。

仮想通貨Holo(HOT)は日本の仮想通貨取引所では買えません。

でも実はかんたんに買う方法があります。
それは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、仮想通貨Holo(HOT)に交換します。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように、この画期的なHOTの仕組み・特徴と買い方を紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨Holo(HOT)とHolochainとは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨HOTの買い方

記事を読んで、サクッとHOTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨HOT(Holochain)とは

トークン名称Holo
仮想通貨シンボル・単位HOT
ブロックチェーン独自Holochain
総供給量(循環供給量)無限大(1728億HOT)
価格(HOTの円価格)@2024/1/30¥0.2911
過去最高値@Apr 06, 2021¥4.66
過去最低値@Mar 13, 2020¥0.03229
時価総額@2024/1/30504億円
市場ランキング@2024/1/30143位
公式リンクhttps://holo.host/
                      【仮想通貨Holo(HOT)概要】

 Holochain(HOT)は、ブロックチェーン技術を使用せずに分散型アプリケーションを構築するためのピアツーピア分散プラットフォームです。

といっても良く分かりませんね。Holochainは、ブロックチェーンベースのDeFiやNFTを超える大規模アプリを自己所有のデータを使って作成できるプラットフォームを目指しています。

Holochainはブロックチェーンではない;分散型ハッシュテーブル(DHT)採用

Holochainは、ブロックチェーン技術のすべての利点を活用する「ポストブロックチェーン」技術である分散型ハッシュテーブル(DHT)を導入することで、分散型および分散型技術に関する新しいコンセプトを提示しようとしています。

Holochainを使ってだれでも分散型アプリケーションを開発できる

Holochainは、人々が自分自身のデータとオンラインIDを管理しながら、自分のニーズに合ったアプリケーションと取引できるようにします。また、Holochainは、分散型Holochainアプリケーション(hApps)を簡単かつ迅速かつ費用対効果高く構築できます。

Holochainは開発者にブロックチェーンに代わる効率的で安価な選択肢を提供し、初期費用とランニングコストを大幅に削減しました。

日本でもHolochainを利用する動きは拡大しており、アプリも誕生しています。

仮想通貨HOTを発行

Holochainとブロックチェーンの接点ともいえるのが、Holoネットワークが発行する仮想通貨HOT(Holochain)です。

Holofuelロゴ

Holoネットワークは、HoloFuelと呼ばれるトークンを使用して運営されます。2018年に、プロジェクトはHoloFuelと1対1の比率で引き換え可能なERC-20トークンであるHOT(HoloToken)を発行しました。 

仮想通貨HOT(Holochain)の特徴

  • 複数のサービスに応用可能なP2Pネットワークを提供している
  • 利用者がコンピューター容量を提供し報酬を得る仕組みを提供
  • 独自のシステムを使うことで低料金で高速な取引を実現
  • 誰でも簡単にhApp(HolochainApplication)を作成できる

の4点で解説していきます。

複数のサービスに応用可能なP2Pネットワークを提供している

 P2Pネットワークは、ピアツーピアネットワークの略で、中央集権的なサーバーの介在が不要で、個々のユーザーが直接相互作用し、データを共有および処理できます。

これにより、中央集権化されたサーバーに依存せずに、分散型アプリケーションを構築できます。Holochainは、そのようなピアツーピア分散プラットフォームの1つです。

Holochainで構築されたアプリケーションの例としては、協働アプリ、プラットフォーム関連アプリ、ソーシャルメディアアプリ、リレーションシップ管理アプリ、サプライチェーン指向アプリ、リソース管理アプリ、評判システムなどがあります。

利用者がコンピューター容量を提供し報酬を得る仕組みを提供

 Holochainでは中央サーバーは存在せず、ユーザーがそれぞれコンピューター容量を提供し、提供者は報酬としてHoloFuelを得ます。

獲得したHoloFuelは、仮想通貨HOT(Holochain)に1対1で交換できるので、獲得したHOTをイーサリアムに交換して国内取引所に送金すれば日本円にできます。

独自のシステムを使うことで低料金で高速な取引を実現

Holochainは、分散型P2Pアプリを構築するためのフレームワークです。Holochainは、サーバーに依存せず、ユーザーのデバイスを安全なネットワークで直接接続するHolochainアプリケーションを作成するためのオープンソースフレームワークです。

Holochainは、独自のシステムを使用して、低料金で高速な取引を実現します。Holochainでは、ブロックチェーン技術を使用せずに、DHT(分散ハッシュテーブル)を用いてP2Pネットワーク上で取引が行われます。これにより、処理手数料が不要となり、ブロック確認の待ち時間もなくなるので高速処理が可能となります。さらに、Holochainは軽量であり、必要な計算能力は極めて少なくなります。

これらにより、Holochainは独自のシステムを使って低料金で高速な取引を実現します。 

誰でも簡単にhApp(HolochainApplication)を作成できる

 Holochainを使用すれば、誰でもhApp(HolochainApplication)を作成できます。

hApp(Holochain Application)とは、Holochainフレームワークを使用して構築された分散型P2Pアプリケーションのことです。これらのアプリケーションは、サーバーに依存せず、ユーザーのデバイスを直接接続します。

Holochainは、高度にモジュール化されており、コードの共有や、より大きなものに小さな部分を組み合わせることが容易になります。さらに、Holochainは、JavaScriptやLispなどの一般的なプログラミング言語でアプリケーションを作成できます。

以上、Holochainを使って誰でも簡単にhApp(HolochainApplication)を作成できるのです。

仮想通貨HOT(Holochain)の価格動向

仮想通貨HOT(Holochain)価格推移全期間(CoinMarketCap)
【仮想通貨HOT(Holochain)価格推移全期間(CoinMarketCap)】

仮想通貨Holo(HOT)は2018年のICO(イニシャルコインオファリング)で上場しました。2023年4月時点での現在価格は¥0.29で、時価総額は504億円です。

時価総額ランクは143位と中堅どころと言えます。

過去最高値は4.66円 (2021年4月6日)で、今はその1/16のレベルです。3桁以上暴落した中堅コインが多い中で良く踏みとどまっています。

過去最低値0.03円(2020年3月13日)から、現在価格は9倍になっています。

仮想通貨HOT(Holochain)の将来性

  • 仮想通貨HOT(Holochain)はweb3のアプリケーション開発の革命
  • 処理能力が高く、手数料がほぼゼロ
  • US TechNewsLeader社の価格予測

の順で説明しますね。

仮想通貨HOT(Holochain)はweb3のアプリケーション開発の革命

 Holochainは、web3の世界のアプリケーション開発のやり方を根本的に変えるようなポテンシャルを持っており、それを証明してきたことから高い将来性が期待されています。

仮想通貨の相場とは関係なく、分散型アプリケーション(dApps)の開発は活発化する一途で、今後もっと多彩なアプリケーションが誕生してくるでしょう。

dAppsとは
dAppsは、ブロックチェーンまたはP2Pネットワークのコンピューター上で実行されるデジタルアプリケーションです。これにより、中央管理者不要で稼働する事が可能となります。

処理能力が高く、手数料がほぼゼロ

 Holochainは、独自のシステムを使用して、低料金で高速な取引を実現します。ブロックチェーン技術を使えば高額のガス代が取引の負担になります。

Holochainはブロックチェーンを使用せずに、DHT(分散ハッシュテーブル)を用いてP2Pネットワーク上で取引が行うため、処理手数料が不要となり、ブロック確認の待ち時間もなくなるので高速処理が可能となります。

これらにより、Holochainは今後さらに利用者を増やしていくでしょう。

US TechNewsLeader社の価格予測

Holo(HOT)価格予想(TechnologyNewsLeader)

 US TechNewsLeader社によると、

X年後倍率
1年後2倍
5年後6.5倍
10年後29倍
仮想通貨HOT(Holochain)価格予想(TechNewsLeader)】

予想はあくまでも予想ですので、投資は自己判断でお願い致します。

仮想通貨HOT(Holochain)の買い方

残念ながら 仮想通貨HOTは、2024年2月現在日本国内の取引所での扱いはありません。しかし、以下の手順を踏めば海外の取引所で買う事が出来ます。

  1. 国内の仮想通貨取引所Coincheckでビットコインなどを購入
  2. 海外取引所Bybit(バイビット)に口座開設する
  3. 日本の取引所からBybitにビットコインを送金後、HOTに交換

国内の仮想通貨取引所Coincheckでビットコインなどを購入

まず国内の暗号資産取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを購入します。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順は非常にわかりやすく、順番にやっていくと簡単に口座開設できます。

本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

②海外取引所に口座を開設する

仮想通貨Holo(HOT)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

③国内取引所から海外取引所へ送金してHOTを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨Holo(HOT)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからHOTを選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

記事を読んで、サクッとHOTを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

まとめ 仮想通貨Holo(HOT/Holochain)は期待大

仮想通貨HOT(Holochain)はDeFiやNFTを超えるアプリ開発プラットフォームです。

 Holochainは、ブロックチェーン技術のすべての利点を活用する「ポストブロックチェーン」技術である分散型ハッシュテーブル(DHT)を導入することで、高い処理能力と手数料ゼロを実現しました。

Holochain内の報酬はHoloFuelで支払われます。HoloFuelと1対1で交換できる仮想通貨HOTを発行して、2018年にICOを果たしました。その後、Holochainを活用した、アプリhApp開発の加速に伴い仮想通貨HOT(Holochain)は急騰しましたが、今は¥0.29と安定しています。

P2Pアプリケーション開発のプラットフォームとしてのポテンシャルは高く、将来性が期待されています。

仮想通貨Holo(HOT)の購入方法は、国内取引所Coincheckでビットコインを購入し、海外取引所Bybitに日本語で口座を開設した後、CoincheckからBybitにビットコインを送って、HOTに交換します。

サクッとHOTを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

Bybitの公式サイトはこちら>>

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須