アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)とは? 特徴や価格推移そして買い方と将来性を徹底解説

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)とは? 特徴や価格推移そして買い方と将来性を徹底解説

スポンサーリンク

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)とはなんだろう、日本でも買えるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)は、従来の常識を覆すクラウドストレージです。分散型テクノロジーに基づいています。2014年に提案されました。

この革新的なプラットフォームでは、個々のユーザーが余ったストレージスペースを貸し出すことで、安全かつ効率的なデータ保存環境を提供します。

日本の取引所では取扱はありません。

でも実はかんたんに買う方法があります。
それは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、STORJに交換します。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように、この画期的なStorjの仕組み・特徴と買い方を紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨STORJの買い方

記事を読んで、サクッとSTORJを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)とは?

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)は、分散型クラウドストレージサービスを提供するプロジェクトです。Storjは、分散型のストレージネットワークを通じて、ユーザーがデータを安全かつ効率的に保存できます。

以下の順で解説します;

  • クラウドストレージ、Storjの基本情報と概要
    分散型のネットワークにより、データのセキュリティと可用性が向上し、ユーザーは高い信頼性を持つストレージサービスを利用できます。
  • Storjと他のクラウドストレージとの比較
  • 分散型のメリットと透明性
  • セキュリティとプライバシー
  • サービスの継続性

クラウドストレージ、Storjの基本情報と概要

トークン名称Storj
仮想通貨シンボル・単位STORJ
総供給量4億2500万 STORJ
価格(STORJの円価格)@2023/12/25¥118.34
過去最高値@Mar 28, 2021¥571.73
過去最低値@Mar 13, 2020¥7.07
時価総額@2023/12/25471.7億円
市場ランキング@2023/12/25153位
公式リンクhttps://www.storj.io/
【仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)概要】

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)は、分散型クラウドストレージプラットフォームです。従来のクラウドストレージとは異なり、データは複数のノードに分散して保存されます。これにより、高い透明性とセキュリティが実現されています。

Storjは、ユーザーが自身のデータをセキュアに保存し、必要に応じて共有できるプラットフォームです。ユーザーは自身のデータを暗号化してアップロードし、必要なときにダウンロードできます。

また、Storjはサーバー停止や不具合に対する耐性も備えています。データは分散して保存されるため、一部のノードが停止しても他のノードからデータを取得できます。

Storjの獲得方法は、ドライブファーミングと呼ばれる仕組みを利用します。ユーザーは自身のハードドライブの一部を提供し、ネットワークに接続することで報酬を得ることができます。

Storjと他のクラウドストレージとの比較

Storjと一般的なクラウドストレージサービス(例:Google Drive、Dropbox)との比較表です。

項目Storj一般的なクラウドストレージ(Google Drive, Dropbox等)
ストレージ形態分散型中央集権型
セキュリティ高度な暗号化、分散保存中央サーバーに依存
コスト低コスト多機能であれば高額
データアクセス速度ネットワークに依存サーバーの性能に依存
スケーラビリティ高い(ユーザーが増えれば増えるほど)限定された容量
プライバシー高い(データが分散)サーバー管理者に依存
用途データ保存、シェアリングデータ保存、オフィス機能、シェアリング
     【分散型クラウドストレージSTORJと他の中央集権型クラウドストレージ比較】

分散型のメリットと透明性

Storjの最大の特徴は、分散型ストレージであることと、その透明性です。

データは複数のノードに分散され、一つのサーバーがダウンしてもデータの安全性が保たれます。

ユーザーは自分のデータがどこに保存されているかを確認でき、データの管理や監視が容易になります。

分散型なのでユーザー自身もストレージとして参加でき、報酬を得られます。

セキュリティとプライバシー

Storjは高度な暗号化技術を用いており、データの安全性が非常に高いです。データは暗号化されたまま保存され、ユーザーによってのみ復号化されます。一方で、一般的なクラウドストレージは中央のサーバーにデータが集まるため、セキュリティリスクが高くなります。

サービスの継続性

Storjはノードがオフラインになった場合でも、他のノードがデータを提供することでサービスの継続性を保ちます。これに対して、一般的なクラウドストレージはサーバーの不具合があるとサービスが停止する可能性があります。

このように、Storjは従来のクラウドストレージとは一線を画する多くの特徴とメリットを持っています。特に、高い透明性、データの暗号化と保護、そしてサーバー停止や不具合に対する耐性は、多くのユーザーにとって非常に魅力的な点でしょう。

記事を読んで、サクッとSTORJを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の特徴

仮想通貨Storj(STORJ_ストレージ)公式サイト入口

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の特徴を以下の順に説明します。

  1. 高い透明性と不正防止機能
    Storjはブロックチェーン技術により、データの保存と取引が透明かつ信頼性の高い方法で行われます。ブロックチェーンによる分散型のデータ保存により、データの改ざんや不正アクセスを防げます。
  2. データの暗号化と保護
    Storjはデータの暗号化と保護に重点を置いています。データはエンドツーエンドで暗号化され、セキュリティの高い環境で保存されます。また、データは分散保存されるため、一つのサーバーが停止してもデータの保護が継続されます。
  3. サーバー停止や不具合に対する耐性
    Storjは分散型のデータ保存を採用しているため、一つのサーバーの停止や不具合が発生してもデータの可用性が保たれます。これにより、データの損失やアクセスの遮断を防ぐことができます。
  4. ドライブファーミングでの報酬獲得方法
    Storjのドライブファーミングの仕組みで、ユーザーは自身のハードディスク容量を提供して報酬が得られます。ユーザーは余ったハードディスク容量を活用して収益を得られます。

高い透明性と不正防止機能

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)は、高い透明性と不正防止機能を持つ分散型クラウドストレージサービスです。

Storjの特徴を簡潔にまとめます:

  • 複数ノードにデータを分散保存することで、透明性が向上します。
  • ブロックチェーン技術を使用し、データの改ざんや削除を防止。
  • データの履歴や変更履歴は公開され、信頼性とセキュリティが強化されます。
  • プロトコルを使った報酬システムで、ノードオペレーターに対して正当な方法によるデータ提供を奨励。不正な行為を行うことを抑制。

データの暗号化と保護

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の特徴の一つは、データの暗号化と保護です。

  • Storjは、データを分散して保存するため、セキュリティ面で優れています。データは暗号化され、複数のノードに分散保存されるため、第三者がデータを盗み見ることはほぼ不可能です。
  • Storjはエンドツーエンドの暗号化を採用しており、データの送受信時にも安全性が確保されています。データは暗号化されたまま送信され、受信者が復号化することでのみアクセスできます。
  • Storjはデータの保護を重視しており、冗長性を持たせています。データは複数のノードに分散保存されるため、一部のノードが故障してもデータの損失はほぼないと言われています。

データの暗号化と保護は、Storjの安全性と信頼性を高め、ユーザーは自分のデータが安全に保管されているという安心感を持てます。

サーバー停止や不具合に対する耐性

仮想通貨Storjは、分散型ストレージサービスを提供するため、サーバー停止や不具合に対する耐性が高い特徴があります。

  • サーバーが停止してもOK:
    従来のクラウドストレージでは、中央集権型のサーバーが使用されており、一部のサーバーが停止するとデータのアクセスができなくなる可能性がありました。しかし、Storjでは、ユーザーのデータは分散して保存されるため、一部のサーバーが停止しても他のサーバーからデータにアクセスできます。
  • Storjのエラー検出と修復機能:
    データが破損した場合やサーバーが停止した場合でも、システムは自動的にエラーを検出し、他のサーバーからデータを復元できます。これにより、ユーザーは安心してデータを保存し、アクセスできます。
  • Storjはセキュリティにも配慮:
    データは暗号化され、ユーザーの秘密鍵によってのみアクセスが可能です。また、データは分散して保存されるため、ハッカーが一つのサーバーにアクセスしても、全体のデータを取得することはできません。

これらの特徴により、Storjはサーバー停止や不具合に対する耐性が高く、安全かつ信頼性の高いデータ保存サービスを提供しています。

ドライブファーミングでの獲得方法

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の獲得方法の一つに、ドライブファーミングがあります。ドライブファーミングとは、自分のハードディスクの一部をStorjのネットワークに提供することで、報酬を得る方法です。

ドライブファーミングを行う方法です:

  • Storjの公式ウェブサイトからStorjのクライアントソフトウェアをダウンロードし、インストールっします
  • インストールが完了したら、アカウントを作成し、自分のハードディスクの容量を指定します。
  • 指定した容量がStorjのネットワークに提供され、他のユーザーがその容量を使用できます。
  • 提供した容量に対しては報酬が支払われますが、報酬の金額は提供した容量や使用された容量に応じて変動します。

ドライブファーミングには、ユーザーが自分のハードディスクの一部を提供して、Storjのネットワークを支える役割を果たしながら、仮想通貨STORJを得られるというメリットがあります。

注意点:自分のハードディスクの一部を提供するため、データのセキュリティに関するリスクも存在します。そのため、STORJのセキュリティ対策や注意事項をしっかりと理解し、適切に対策することが重要です。

記事を読んで、サクッとSTORJを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの式サイトはこちら>>

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の購入方法

残念ながら 仮想通貨STORJは、2023年12月現在日本国内の取引所での扱いはありません。しかし、以下の手順を踏めば海外の取引所で買う事が出来ます。

  1. 国内の仮想通貨取引所Coincheckでビットコインなどを購入
  2. 海外取引所Bybit(バイビット)に口座開設する
  3. 日本の取引所からBybitにビットコインを送金後、STORJに交換

国内の仮想通貨取引所Coincheckでビットコインなどを購入

まず国内の暗号資産取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを購入します。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順は非常にわかりやすく、順番にやっていくと簡単に口座開設できます。

本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

②海外取引所に口座を開設する

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

③国内取引所から海外取引所へ送金してSTORJを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからSTORJを選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

記事を読んで、サクッとSTORJを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の仕組みと使い方

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の具体的な仕組みと使い方です;

  • ユーザーはStorjのウォレットを作成し、そこにSTORJトークンを保管します。
  • Storjのクライアントソフトウェアをダウンロードしてインストールします。このソフトウェアを使用することで、ユーザーは自身のストレージ容量をネットワークに提供できます。
  • ユーザーがストレージ容量を提供すると、その容量は暗号化され、分散型のネットワークに保存されます。他のユーザーがストレージ容量を必要とする場合、その容量は必要な分だけ借りられます。借りられた容量は、暗号化された状態でユーザーに提供されます。
  • ユーザーは自身のファイルをStorjのネットワークにアップロードすることもできます。アップロードされたファイルは、暗号化されて分散型のネットワークに保存されます。ユーザーは必要なときにファイルをダウンロードできます。

このような仕組みにより、Storjは高いセキュリティと耐久性を実現しています。また、ユーザーは自身のストレージ容量を有効活用できるため、経済的なメリットも得られます。

ファイルの送受信

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)を利用すると、簡単にファイルの送受信ができます。Storjは分散型のストレージサービスであり、ユーザーは自分のデータを安全に保存できます。

ファイルの送受信は、Storjのウェブアプリケーションや専用のクライアントソフトウェアを使用して以下の順序で行います。

  • 送信したいファイルを選択し、送信先の相手のアドレスを入力します。
  • ファイルは暗号化され、分散されたネットワーク上に保存されます。
  • 受信側では、送られてきたファイルをダウンロードするために、自分のアドレスを共有します。
  • 送信されたファイルは、暗号化されたまま受け取られ、復号化されてから利用できます。

Storjを利用することで、ファイルの送受信が簡単かつ安全に行えます。また、分散型のストレージサービスを利用することで、データの冗長性が高まり、データの損失や改ざんのリスクを減らすことができます。これにより、ビジネスや個人のデータの保護が向上し、安心してファイルを送受信できます。

ストレージ提供者としての利用方法

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)は、ストレージ提供者としても活用できます。Storjの仕組みは、分散型のストレージネットワークを通じてデータを保管することで、高いセキュリティと耐障害性を実現しています。

ストレージ提供者として参加する方法です:

  • Storjの公式ウェブサイトにアクセスし、提供者としての登録を行います。
  • 登録後、自分のストレージ容量をネットワークに提供することで、報酬を得ることができます。
  • 報酬は、提供したストレージ容量に応じて支払われます。
  • 提供者の信頼性やパフォーマンスに基づいて評価が行われ、評価が高いほど報酬も増える仕組みです。
  • ストレージ提供者としての利用方法は、ユーザーがデータをアップロードする際に、そのデータを自分のストレージ容量に保存することです。保存されたデータは暗号化され、セキュアな環境で保管されます。

ストレージ提供者としての利用方法は、Storjのホワイトペーパーや公式ウェブサイトで詳細を確認できます。ストレージ提供者として参加することで、Storjのネットワークに貢献し、報酬を得ることができます。是非、活用してみてください。

記事を読んで、サクッとSTORJを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の価格推移と現在の価格動向

仮想通貨Storj(STORJ_ストレージ)全期間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨Storj(STORJ_ストレージ)全期間価格推移(CoinMarketCap)】

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の価格は、2017年のローンチ以来大きく変動しています。

過去最低価格は、2020年3月13日の7.07円です。その後急速に上昇し、2021年3月13日には1STORJが約571円の最高価格まで上昇しました。この上昇は、Storjが分散型ストレージサービスの需要の高まりに応えたことや、他の仮想通貨市場の上昇に連動したものと考えられます。

その後の価格は一時的に下落、上昇後、2022年5月のテラルナショック、2022年11月のFTX破綻後、2023年12月25日現在は1STORJが約118円で取引されています。この価格の変動は、仮想通貨市場全体の影響を受けていると言われています。

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の現在の価格動向

仮想通貨Storj(STORJ_ストレージ)過去1年間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨Storj(STORJ_ストレージ)過去1年間価格推移(CoinMarketCap)】

仮想通貨Storj(STORJ_ストレージ)の過去1年間の価格の動きを見ると、2023年11月に入って一気に騰勢を強めていることが分かります。

時価総額も471億円、153位と勢いがあります。

今後の価格動向を予測するのは難しいですが、分散型ストレージサービスの需要の高まりや新たな取引所への上場の可能性など、STORJの将来性は期待されています。

記事を読んで、サクッとSTORJを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の将来性と見通し

仮想通貨Storj(STORJ_ストレージ)10年後価格予測(TechNewsLeader)

上は、USの著名な暗号通貨価格予測サイト、TechNewsLeaderの10年後までの価格予測です。

このままではわかりにくいので、現在価格に対する倍率で表したのが下表です;

X年後倍率
1.7
5.6
1026.3
     【仮想通貨Storj(STORJ_ストレージ)10年後価格予測(TechNewsLeader)】

現在価格は、2021年3月の最高価格の約1/5なので、最高を超えるとの高い評価です。

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の将来性は、以下のポイントに注目です。

  • 分散型ストレージサービスのニーズの高まり:
    現在、クラウドストレージの需要は急速に増加しており、その中でも分散型ストレージサービスは注目されています。Storjの分散型ストレージネットワークは、ユーザーのデータをより安全に保管できます。安全ニーズの高まりにより、Storjの需要は今後も増加していくと予想されます。
  • Storjと競合する分散型ストレージサービス(Sia, MaidSafe)との比較:
    Storjの分散型ストレージサービスと競合するプロジェクト、SiaやMaudSafeなども存在します。競合プロジェクトとの比較を通じて、Storjの優位性や差別化ポイントを明確にすることで将来的な成長が期待されます。

以上の点を考えると、仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)は将来的な成長が期待される仮想通貨と言えます。

詳細に見ていきましょう。

分散型ストレージサービスのニーズの高まり

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の将来性にとって、分散型ストレージサービスのニーズの高まりは重要です。

  • 近年、クラウドストレージの需要が急速に増加しており、従来の中央集権型のストレージサービスに対する不満が高まっています。
  • 中央集権型のストレージサービスでは、データの管理やセキュリティに関する懸念があります。
  • 一方、分散型ストレージサービスは、複数のノードにデータを分散して保存することで、セキュリティや可用性の向上を図っています。
  • 分散型ストレージサービスは、データの所有者がコントロールを保持できるという利点もあります。従来の中央集権型のストレージサービスでは、データの所有者はサービス提供者に依存していましたが、分散型ストレージサービスでは、データの所有者が直接管理できます。

このような背景から、分散型ストレージサービスのニーズはますます高まっており、仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の将来性も期待されています。

Storjと競合する分散型ストレージサービス(Sia, MaidSafe)との比較

分散型ストレージサービスは近年注目されていますが、Storj以外にもSiaやMaidSafeなど、競合するプロジェクトが存在します。以下の表で、これらのサービスの特徴と違いを比較します。

項目StorjSiaMaidSafe
ストレージ形態分散型分散型分散型
セキュリティ高度な暗号化、分散保存、不正防止高度な暗号化、分散保存セルフ暗号化、分敲保存
コスト低コスト低コストまだ不明
データアクセス速度ネットワークに依存ネットワークに依存ネットワークに依存
スケーラビリティ高い高い高い
プライバシー高い高い非常に高い
透明性高い(ブロックチェーン活用)中程度中程度
用途データ保存、シェアリングデータ保存データ保存、通信、アプリケーション
特別な特徴ユーザーがストレージとして参加可能経済的インセンティブ完全なプライバシーと匿名性
耐障害性高い(一部のサーバー停止でも安全)一般的一般的
         【Storjと他の分散型クラウドストレージとの比較】

Storjは、透明性、ユーザー参加型、耐障害性において抜きん出ています。

セキュリティと不正防止

Storjは高度な暗号化と不正防止機能を備えています。ブロックチェーン技術を活用してデータの管理や取引を行うため、データの改ざんや不正アクセスを防ぐことができます。

耐障害性

StorjとMaidSafeは、分散型のネットワークを構築し、複数のノードでデータを保管することで、一部のサーバーが停止してもデータの損失を防ぐことができます。特にStorjはこの点で高い耐障害性を持っています。

記事を読んで、サクッとSTORJを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)に関するよくある質問

  • 国内取引所での取り扱い状況
  • ステーキングの可能性
  • 発行上限と現在の流通量
  • 安全性について

以上が、仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)に関するよくある質問です。

国内取引所での取り扱い状況

2023年12月時点では、国内取引所ではSTORJは扱っていません。

ステーキングの可能性

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)は、ステーキングできます。

ステーキングとは、暗号通貨を保有してネットワークのセキュリティを支えることで報酬を得る仕組みです。Storjでは、ユーザーは自身のSTORJトークンを保有してネットワークに参加することで、ストレージの提供やデータの管理に貢献できます。

発行上限と現在の流通量

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の発行上限は4億2500万STORJです。現在の流通量は公式ウェブサイトによれば、約2億STORJとなっています。

発行上限の4億2500万STORJに対して、現在の流通量が2億STORJであることから、まだ多くのSTORJが流通していないことがわかります。これは、将来的に需要が増えることで価格が上昇する可能性を示唆しています。

また、STORJの発行量は通貨の安定性を保つために制限されており、新たなSTORJの発行は行われません。このため、需要と供給のバランスが取れることが期待されています。

安全性について

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)は、以下のように高いセキュリティレベルを備えています。

  • データは暗号化されて保存されるため、第三者による不正アクセスや情報漏洩のリスクを軽減します。
  • Storjは分散型ストレージサービスであり、データは複数のノードに分散して保存されるため、一つのサーバーの停止や不具合によってデータが失われるリスクが低くなります。
  • Storjはプロトコル自体がセキュアであり、改ざんやデータの改変が困難です。これにより、データの完全性が保たれ、信頼性の高いストレージサービスを提供しています。

安全性が求められるビジネスや個人の方にとって、Storjは信頼できる選択肢となります。

記事を読んで、サクッとSTORJを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式イトはこちら>>

まとめ:仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の今後の展望と可能性

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)は、分散型クラウドストレージプラットフォームです。Storjは、他のクラウドストレージと比較して、高い透明性と不正防止機能を持っています。また、データの暗号化と保護、サーバー停止や不具合に対する耐性も特徴です。

トークンSTORJの獲得方法としては、自分の余ったストレージを貸し出して稼げるドライブファーミングがあります。

仮想通貨Storjの現在の価格118円は最高価格の5分の1ですが、最低価格の17倍と上昇基調です。

将来性は、分散型ストレージサービスのニーズの高まりにより26倍になるとのUSの予測があり、明るいと言えます。

仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)の購入方法は、国内取引所Coincheckでビットコインを購入し、海外取引所Bybitに日本語で口座を開設した後、CoincheckからBybitにビットコインを送って、STORJに交換します。

Storjの仕組みと使い方については、ファイルの送受信や、ストレージ提供者としての利用方法があります。

非常にユニークな仮想通貨Storj(STORJ/ストレージ)は成長が期待されます。

サクッとSTORJを手に入れるには↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

Bybitの公式サイトはこちら>>

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須