アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨GYEN(ジーエン)とは?特徴・仕組みと買い方・将来性を解説

仮想通貨GYEN(ジーエン)とは?特徴・仕組みと買い方・将来性を解説

スポンサーリンク

ステーブルコイン仮想通貨GYEN(ジーエン)ってなにだろう、日本で買ったり使ったりできるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨GYEN(ジーエン)日本初の円に連動したステーブルコインであり、価格の安定性とGMOインターネットによる信頼性が特徴です。

残念ながら、GYENは日本の取引所では扱っていません。買うためには、日本の取引所でビットコインを購入し、海外取引所に送金してGYENに交換するという手順を踏みます。

この記事では、GYENの特徴やメリット・デメリット、購入方法を紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨GYEN(ジーエン)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨GYENの買い方

ビットコインを入手するおすすめの日本の取引所はCoincheckです。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

もくじ

仮想通貨GYEN(ジーエン)とは

トークン名称GYEN(ジーエン)
シンボル・単位GYEN
総発行予定数データなし
価格(GYENの円価格)@2024/2/13¥0.9986
過去最高値@May 12, 2021¥48.85
過去最底値@Feb 05, 2024¥0.913
時価総額@2024/2/1327億2千万円
市場ランキング@2024/2/13796位
公式サイトhttps://stablecoin.z.com/
【仮想通貨GYEN(ジーエン)概要】

仮想通貨GYEN(ジーエン)は、日本初のステーブルコインとして注目を集めています。このセクションでは、

  • 仮想通貨GYEN(ジーエン)概要
  • ステーブルコインとは、例:仮想通貨テザー(USDT)
  • ついに日本円ステーブルコインが誕生!

の順に、日本円と連動するステーブルコインであるGYENが誕生した背景と意義について詳しく見ていきます。

仮想通貨GYEN(ジーエン)概要

仮想通貨GYEN(ジーエン)は、日本初のステーブルコインとして注目を集めています。

その価値は日本円と1:1で連動しており、価格の変動が少ないという特性があります。

GYENはGMOインターネットが海外の「GMO-Z.com Trust Company, Inc.」を通じて発行しており、高い信頼性を持ちます。

さらに、GYENはイーサリアムブロックチェーン上で発行されているため、高い流動性もメリットです。

デメリットは、現状では日本の取引所での利用が許可されていないことです。

GYENは、間違いなく仮想通貨市場に新たな可能性をもたらす存在となるでしょう。

ステーブルコインとは、例:仮想通貨テザー(USDT)

Tether(USDT)ロゴ

ステーブルコインとは、その価値が特定の資産や通貨(例えば米ドルや日本円など)と連動している仮想通貨のことを指します。

価格の大きな変動が少ないため、価格の安定性が求められる取引において利用されます。

その代表例としてテザー(USDT)があります。USDTは米ドルと1:1でペッグされており、仮想通貨市場における価格変動のリスクを軽減する役割を果たしています。

代表的なステーブルコインとして、以下のようなものがあります。

Tether (USDT):米ドルに連動したステーブルコイン
USD Coin (USDC):米ドルに連動したステーブルコイン
Dai (DAI):米ドルに連動したステーブルコイン
Binance USD (BUSD):米ドルに連動したステーブルコイン
GYEN (GYEN):日本円に連動したステーブルコイン
これらは、法定通貨(主に米ドル)に連動して価格が決定されるため、価格変動が少なく、安定しています。

ペッグとは、ある通貨の価値を別の通貨や商品(金や銀など)に固定するです。ペッグ制度は、通貨の価値を安定させて、通貨の価値が変動するリスクを軽減できます。例えば、ステーブルコインは、法定通貨や商品にペッグされているため、価格が安定しています。

ついに日本円ステーブルコインが誕生!

GYENサイト入口GMO-Z.com

そして、そのステーブルコインの世界に、日本円と連動する新たな仮想通貨「GYEN(ジーエン)」が誕生しました。

これは日本初のステーブルコインであり、その価値は日本円と1:1で連動しています。これにより、仮想通貨市場における価格変動のリスクを日本円ベースで管理でき、新たな可能性を仮想通貨市場にもたらしています。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

仮想通貨GYEN(ジーエン)の特徴とメリット

仮想通貨GYEN(ジーエン)は、その特性とメリットから多くの注目を集めています。このセクションでは、

  • GYENがGMOインターネットによって発行されていることによる価格の安定性、
  • 高い流動性、
  • イーサリアムブロックチェーン上での発行

という特性について詳しく見ていきます。

GMOインターネットが発行しており価格が安定

仮想通貨GYEN(ジーエン)はGMOインターネットが発行しており、発行数量と同じ日本円を保有して、価値を日本円と1:1で連動させています。

これにより、仮想通貨でありながら需給が変動しても価格の変動が少ないという特性があります。

GMOインターネットは日本の大手IT企業であり、非常に高い信頼性を持っています。

これらの要素が組み合わさることで、GYENは価格の安定性と信頼性を兼ね備えたステーブル通貨となっています。

高い流動性

GYENはイーサリアムブロックチェーン上で発行されているため、高い流動性を持つというメリットがあります。

これにより、GYENは取引の自由度が高く、市場の健全性を保つ役割を果たしています。

また、イーサリアムブロックチェーン上での発行により、世界中のイーサリアム対応のウォレットや取引所で取り扱うことが可能となっています。

イーサリアムブロックチェーン上で発行

GYENはイーサリアムブロックチェーン上でERC-20トークンとして発行されています。

GYENはイーサリアムのスマートコントラクト機能を活用でき、さまざまなデジタルアセットとの相互運用性を持ちます。

GYENを用いて新たな金融サービスやアプリケーションが開発できる大きなメリットです。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

仮想通貨GYENのデメリット

仮想通貨GYEN(ジーエン)は多くのメリットを持つ一方で、いくつかのデメリットもあります。

このセクションでは、

  • 日本の取引所での利用制限
  • 価格上昇の限定性
  • イーサリアムブロックチェーンの混雑による送金手数料の問題

について詳しく見ていきます。

日本の取引所での利用制限

現状では、GYENは日本の取引所での利用が許可されていないという制約があります。

日本の規制当局はユーザーの資産保護に極めて厳格なため、ステーブルコインそのものの流通を認めてこなかったためです。

このため、日本の仮想通貨取引所でGYENを直接取引できない問題があります。日本のユーザーは海外の取引所を通じてGYENを取得しなければならないのです。

しかし、金融庁はついに2022年12月26日に、2023年から国内で海外発行のステーブルコインの流通許可を発表しました。

それまで、日本ではステーブルコインは許可されていませんでしたが、2023年6月1日に改正された資金決済法の下で、法定通貨に裏付けられたステーブルコインが電子決済手段として認可され、発行できるようになりました。

仮想通貨GYEN(ジーエン)が日本でも流通する日は近いかもしれません。

価格上昇の限定性

ステーブルコインとしての性質上、GYENの価格上昇余地は限られています。GYENの価値は日本円と1:1で連動しているため、他の非ステーブルコインのような大きな価格上昇は期待できません。

イーサリアムブロックチェーンの混雑による送金手数料の問題

GYENはイーサリアムブロックチェーン上で発行されているため、イーサリアムのネットワークが混雑すると送金手数料が高騰する可能性があります。特に大量の取引を行う場合にはコスト面でのデメリットとなり得ます。

仮想通貨GYEN(ジーエン)の買い方

現時点では、仮想通貨GYEN(ジーエン)は日本の取引所では直接の扱いがありません。

まず日本の取引所でビットコインやイーサリアムなどを買って、GYENを扱っている海外取引所に送金して、そこでGYENに交換するという手順を踏みます。

購入方法については、以下のステップに分けて説明します。

  1.  日本の取引所での仮想通貨購入と送金
  2. 海外取引所でのGYEN購入方法
  3. 必要な準備:ウォレットとKYC認証
  4. 購入手順
  5. 購入後の管理とセキュリティ

1. 日本の取引所での仮想通貨購入と送金

まず国内の暗号資産取引所でビットコイン(BTC)を購入します。

代表的な取引所は以下の4社です:

コインチェック:アプリダウンロード数NO.1 23銘柄

DMM Bitcoin :手数料が安い 26銘柄

GMOコイン : 高機能アプリ 24銘柄

BitTrade : 取引銘柄数No.1 28銘柄

申込手順は極めてわかりやすく、指示通りやっていくと簡単に口座開設できます。日本は本人確認は厳格なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出します。

口座開設が終わると日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料が発生しますのでその分も見込んで買ってくださいね。

最初は少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

おすすめはCoincheckです。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

2. 海外取引所でのGYEN購入方法

GYEN取引所一覧

仮想通貨GYEN(ジーエン)を購入できる海外取引所の一覧です。

1inch:分散型取引所(DEX)アグリゲーター

Uniswap:代表的なイーサリアムベースの分散型取引所(DEX)

Sushiswap:Uniswapからフォークした分散型取引所(DEX)

アグリゲーターとは、複数の情報源をまとめて表示し、ユーザーが最も効率的な選択をするのを助けるツールのことを指します。

次に、海外の取引所でGYENを購入します。

まず、日本の取引所から送金したビットコインやイーサリアムを海外の取引所にデポジットします。その後、デポジットした仮想通貨を使ってGYENを購入します。このプロセスは、取引所のウェブサイトやアプリを通じて行われます。

3. 必要な準備:ウォレットとKYC認証

GYENの購入には、ウォレットの準備とKYC認証が必要です。ウォレットは、仮想通貨を保管するための電子財布のようなもので、KYC認証は、不正行為を防ぐための手続きです。これらの準備が整ったら、いよいよGYENの購入に移ります。

4. 購入手順

GYENの購入手順は、取引所のウェブサイトやアプリを開き、購入したいGYENの量を入力するところから始まります。

その後、購入ボタンをクリックし、指示に従って支払いを行います。

購入が完了したら、購入したGYENはあなたのウォレットに送られます。

5. 購入後の管理とセキュリティ

GYENの購入後は、適切な管理とセキュリティが重要となります。

仮想通貨はデジタル資産であるため、ハッキングのリスクがあります。

そのため、ウォレットのパスワード管理や二段階認証の設定など、セキュリティ対策をしっかりと行うことが必要です。

仮想通貨GYEN(ジーエン)の過去の価格推移

仮想通貨GYEN(ジーエン)価格推移・全期間(CoinMarketCap)
【仮想通貨GYEN(ジーエン)価格推移・全期間(CoinMarketCap)】

仮想通貨GYEN(ジーエン)の今までの全期間の価格推移です。

過去最高価格は、2021年5月12日Liquid Global上場直後の、49円です。これは異常値といってよいでしょう。決してキャピタルゲインをねらうコインではありません。

過去最低値は、2024年2月5日の、0.913円です。2024年2月13日には0.9986円と限りなく1円に近づいています。ステーブルコインらしい振る舞いですね。

ステーブルコインとはいえ、仮想通貨には変わりはありませんので、ある程度は上下しますが、極めて1円近辺にコントロールされていることが分かります。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

仮想通貨GYEN(ジーエン)の将来性

仮想通貨GYENの将来性を探るために、以下の5つの観点から詳しく見ていきましょう。

  1. GYENの基本的な特性
  2. GYENの発行体と信頼性
  3. GYENの利用シーンと可能性
  4. GYENのデメリットと課題
  5. GYENに対する市場の反応と評価

GYENの基本的な特性

GYENは、日本の大手IT企業GMOインターネットが海外のGMO-Z.com Trust Company, Inc.を通じて発行する日本円連動型のステーブルコインです。

送金手数料は1回あたり数十円から数百円と格安で、送金時間は数十分程度とされています。

これにより、仮想通貨の取引における価格変動リスクを極限までなくすことが可能となります。

GYENの発行体と信頼性

GYENの発行体であるGMOインターネットは、IT業界での長年の実績と信頼性を持つ企業です。

また、GYENはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)に認可を受けたステーブルコインであり、米連邦法を満たした日本円連動型ステーブルコインとしては世界初のものです。

これらの要素から、GYENの信頼性は高いと評価されています。

GYENの利用シーンと可能性

GYENの普及により、利益確定を正真正銘「日本円」で行うことが可能となります。

これにより、仮想通貨取引における価格変動リスクを大幅に軽減できます。

また、GYENが今後日本で爆発的に普及すれば、日常決済にも使われる可能性があります。

GYENのデメリットと課題

現時点でのGYENの最大のデメリットは、日本円ステーブルコインでありながら日本の取引所での利用が許可されていないことです。

日本は法整備の遅れから、「ステーブルコイン=仮想通貨」とは認められていません。

そのため、GMOインターネットはまず米国などの海外からの普及を目指しています。

日本における普及の課題の解決がGYENの将来性を左右する重要なポイントとなりますが、昨年の法整備により将来は明るいと思われます。

GYENに対する市場の反応と評価

2021年5月には、GMO Trustが発行するGYENが世界最大の暗号資産取引所であるBinanceに上場しました。

これは、GYENが国際的な信頼性と認知度を獲得した証とも言えます。

また、市場の反応も概ね好意的で、GYENの将来性に対する期待感が高まっています。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

仮想通貨GYEN(ジーエン)に関するQ&A

このセクションでは、仮想通貨GYENに関する一般的な質問とその回答を提供します。以下の質問をカバーします:

  1. GYENの価格はどの程度安定していますか?
  2. GYENはどのような法規制に直面していますか?訴訟問題はありますか?
  3. GYENはどの取引所で取り扱われていますか?
  4. GYENの将来的な価格予測はどのようなものですか?
  5. GYENはどのような投資家に適していますか?
  6. GYENのトークン供給量はどの程度で、誰が発行していますか?
  7. GYENが他の仮想通貨と異なる点は何ですか?
  8. GYENを購入した後の管理とセキュリティはどのように行うべきですか?
  9. GYENのステーキングやパッシブインカムの可能性はありますか?
  10. GYENは他のステーブルコインと比べてどのような特性を持っていますか?

1. GYENの価格はどの程度安定していますか?

GYENはステーブルコインであり、その価格は日本円と1:1で連動しています。そのため、価格の安定性は非常に高いです。価格変動のリスクが低いため、投資家は価格の大幅な変動による損失のリスクを気にする必要がありません。

2. GYENはどのような法規制に直面していますか?訴訟問題はありますか?

GYENはGMOインターネットが発行しており、米国銀行法規制を遵守した日本円と連動したステーブルコインです。そのため、法規制に関しては適切に対応しています。訴訟問題については、現時点では公に報告されているものはありません。

3. GYENはどの取引所で取り扱われていますか?

GYENはすべて海外の取引所で取り扱われています。2021年5月時点では、BinanceでBTC/GYEN、USDT/GYENペアでの取引が可能です。日本国内の仮想通貨取引所での取り扱いはありません。

その他の取引所としては、1inch, Coinbase, Uniswap、Sushiswapなどがあります。

4. GYENの将来的な価格予測はどのようなものですか?

GYENはステーブルコインであり、価格は日本円と1:1で連動しているため、将来的な価格予測は基本的に日本円の価値と同じです。そのため、価格予測は他の変動性の高い仮想通貨とは異なります。

5. GYENはどのような投資家に適していますか?

GYENはその価格の安定性から、価格変動のリスクを避けたい投資家や、仮想通貨市場での取引の基軸通貨として使用したい投資家に適しています。また、日本円と直接連動しているため、日本の投資家にとっては理解しやすい仮想通貨と言えます。

6. GYENのトークン供給量はどの程度で、誰が発行していますか?

GYENは日本のIT大手、GMOインターネットが海外の子会社を通じて発行しています。トークンの供給量は、日本円の預金量と1:1で連動しており、GMOインターネットが管理しています。

循環供給量は2,733,961,999 GYENとなっています。

ステーブルコインである以上、最大供給量は定められていません。

7. GYENが他の仮想通貨と異なる点は何ですか?

GYENの最大の特徴は、日本円と1:1で価格が連動しているステーブルコインであることです。これにより、価格の安定性が保たれ、価格変動のリスクから保護されます。また、GMOインターネットが発行しているため、信頼性も高いです。

8. GYENを購入した後の管理とセキュリティはどのように行うべきですか?

GYENを購入した後は、他の仮想通貨と同様に、適切なセキュリティ対策を講じて管理する必要があります。具体的には、自分だけがアクセスできるセキュアなウォレットに保管し、パスワードや秘密鍵の管理に注意を払うことが重要です。

9. GYENのステーキングやパッシブインカムの可能性はありますか?

現時点では、GYENのステーキングやパッシブインカムの可能性は報告されていません。しかし、仮想通貨市場は日々変化しており、将来的にはそのような機能が追加される可能性もあります。

10. GYENは他のステーブルコインと比べてどのような特性を持っていますか?

GYENは日本円と1:1で連動するステーブルコインであり、その点で他のステーブルコインとは異なります。また、発行元が日本の大手IT企業であるGMOインターネットであるため、信頼性が高いと言えます。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

まとめ:仮想通貨GYEN(ジーエン)の需要は増加の予想

仮想通貨GYENは、価格の安定性、高い流動性、そして信頼性の高さから、投資家や取引の基軸通貨としての利用者にとって魅力的な選択肢となっています。

また、日本円と1:1で価格が連動しているため、日本の投資家にとっては理解しやすい仮想通貨と言えます。

一方で、日本での流通が認められていないという法規制上の制約が今後どのように解消されていくか注目されます。

2022年の政府決定でステーブルコインの流通が認められましたので早晩仮想通貨GYEN(ジーエン)も日本に逆上陸するものと思われます。

今後GYENは仮想通貨市場での重要な役割を果たすことが期待されています。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須