アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨メタヒーロー(HERO)とは?特徴や価格推移、買い方と将来性を徹底解説

仮想通貨メタヒーロー(HERO)とは?特徴や価格推移、買い方と将来性を徹底解説

スポンサーリンク

仮想通貨メタヒーロー(HERO)ってなんだろう、日本でも買えるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

メタヒーロー(HERO)はただの仮想通貨ではありません。

発行元のMetahero(メタヒーロー)プロジェクトは、3Dスキャン技術を駆使して、人や物をメタバースに持ち込みます

これらをNFT(非代替性トークン)として所有できます。

この技術は、ゲームから医療まで多岐にわたる用途があり、2021年に11億円のシードファンドでスタートしました。

日本の取引所では取扱はありません。

でも実はかんたんに買う方法があります。
それは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、仮想通貨メタヒーロー(HERO)に交換します。

この記事では、まだあまり知られていないメタヒーロー(HERO)の特徴や価格推移、そして購入方法について詳しく解説します。さらに、その将来性についても考察していきます。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨メタヒーロー(HERO)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨HEROの買い方

記事を読んで、サクッとHEROを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

もくじ

メタヒーロー(HERO)とは?

トークン名称Metahero
仮想通貨シンボル・単位HERO
ブロックチェーンBNB Smart Chain(BEP20)
総供給量100億HERO
価格(HEROの円価格)@2024/1/10¥0.4372
過去最高値@Dec 03, 2021¥37.62
過去最低値@Sep 22, 2022¥0.3121
時価総額@2024/1/1022.3億円
市場ランキング@2023/9/30820位
公式リンクhttps://www.metahero.io/
【仮想通貨メタヒーロー(HERO)概要】

HEROはMetahero(メタヒーロー)が発行する仮想通貨であり、このプロジェクトの中核をなすユーティリティトークンです。

HEROを用いて、メタバース内での取引や所有権の証明が行えます。

特に注目すべきは、Metaheroが提供する3Dスキャン技術です。この技術によって、人や物をメタバースに持ち込むことができ、それらはNFTとしてブロックチェーン上で管理されます。

HEROの時価総額は、22億円でランキングは820位とまだまだこれからです。

独自トークン「HERO」の発行とその意義

Metaheroプロジェクトが発行する独自の仮想通貨「HERO」は、ただの通貨以上の価値と機能を持っています。このトークンは、Metaheroが提供する各種サービスや機能において、中心的な役割を果たします。以下に、HEROトークンの主な用途とその意義について詳しく説明します。

所有権の明確化

HEROトークンは、Metaheroの3Dスキャン技術を用いてメタバースに持ち込まれた物や人をNFTとして所有する際の「証明書」のような役割を果たします。これにより、所有権が明確になり、不正な取引やコピーを防ぐことができます。

ビジネスケースの拡大

HEROは、ソーシャルメディアやアート、ゲームなど、多岐にわたるビジネスケースで活用できます

例えば、アーティストはHEROを用いて独自の作品を販売したり、ゲーマーはゲーム内アイテムの取引に使用することができます。

コミュニティの活性化

HEROトークンは、Metaheroプロジェクトのコミュニティメンバー間での取引やコミュニケーションを促進します。これにより、プロジェクトの健全な成長と、参加者間の信頼関係が築かれます。

革新的な技術の推進

HEROトークンの存在は、Metaheroが提供する革新的な3Dスキャン技術やメタスキャニング技術の開発と普及を促進します。トークンを持つことで、ユーザーは最先端の技術をいち早く体験するインセンティブを得られます。

総じて、HEROトークンはMetaheroプロジェクトの多様な機能と密接に結びついており、その価値と役割は今後さらに拡大していくでしょう。

記事を読んで、サクッとHEROを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨メタヒーロー(HERO)の主な特徴

仮想通貨メタヒーロー(HERO)公式サイト入口

仮想通貨メタヒーロー(HERO)の特徴を以下の内容で解説します;

  • 創設者のエンジェル投資家「Robert Gryn」氏とその影響
  • 主要企業との連携の詳細
  • 利用可能なスマートステーキング機能とその効果
  • トークン価格下落を防ぐバーンを実施
  • メタヒーロー(HERO)がデフレトークンである理由

創設者のエンジェル投資家「Robert Gryn」氏とその影響

Metaheroプロジェクトは、エンジェル投資家であり創設者でもあるポーランドの富豪Robert Gryn氏によって立ち上げられました。彼はこのプロジェクトにおいて、多大な影響を与えています。以下に、Robert Gryn氏の役割とその影響について詳しく見ていきましょう。

プロジェクトの立ち上げと資金調達

Robert Gryn氏は、Metaheroプロジェクトを2021年に1000万ドルの初期シードファンドで立ち上げました。彼のビジョンと資金力があったからこそ、この革新的なプロジェクトは現実のものとなりました。

ビジョンと戦略の提供

Gryn氏は、Metaheroが目指すべき方向性と戦略を明確にしています。彼のビジョンにより、Metaheroは3Dスキャン技術を用いたメタバースの開発に力を入れ、多くのパートナーシップを築いています。

コミュニティとのコミュニケーション

Robert Gryn氏は、コミュニティと積極的にコミュニケーションを取ることで、プロジェクトの透明性と信頼性を高めています。これにより、MetaheroとHEROトークンは多くの支持を受けています。

マーケティングとブランディング

Gryn氏のマーケティングセンスとブランディング力は、Metaheroプロジェクトの知名度を高める大きな要素となっています。特に、ソーシャルメディアを駆使したプロモーションにより、多くの人々がMetaheroに注目しています。

Robert Gryn氏の存在は、Metaheroプロジェクトにおいて欠かせないものであり、彼のビジョンと行動力がプロジェクトを牽引しています。

主要企業との連携の詳細

仮想通貨メタヒーロー(HERO)は、その突出した3Dスキャン技術を活用して主要な企業との連携を積極的に進めています。

ソニーとの提携

2021年9月10日にMetaheroは、「独占的なパートナーであるWolf Digital Worldが、SONYとの公式な提携を結んだことをお知らせすることに興奮しています。方向性は定まりました!」と発表しました。

ゲーム産業との連携

Metaheroは、その3Dスキャン技術を活用して、ゲーム産業と連携を進めています。この技術により、リアルな3Dアバターをゲーム内で使用することが可能になり、ゲーム体験が一層リッチになります。

医療分野との協力

Metaheroの技術は、医療分野でも注目を集めています。3Dスキャン技術を用いて、より正確な診断や治療が可能になるとされています。

アートとエンターテイメント

Metaheroは、アートとエンターテイメント分野での連携も積極的に行っています。特に、NFTとしてのアート作品の販売や、エンターテイメントイベントでの3Dスキャン技術の活用が進んでいます。

ブロックチェーン企業とのパートナーシップ

Metaheroは、ブロックチェーン技術を基盤としているため、多くのブロックチェーン企業とパートナーシップを結んでいます。これにより、より安全で効率的な取引が可能になっています。

ファッション業界との連携

3Dスキャン技術は、ファッション業界においても新たな可能性を開いています。例えば、オンラインでの試着がよりリアルに行えるようになることが期待されています。

利用可能なスマートステーキング機能とその効果

Metaheroにはスマートステーキング機能が実装されています。この機能は、HEROトークンの取引が行われるたびに発生する手数料の一部が、HEROトークンの所有者全員に分配される仕組みです。

具体的には、取引ごとに発生する手数料の5%が以下のように分配されます:

  • 3%は自動流動性プールへ
  • 1%はバーン(焼却)
  • 1%はHEROトークンの所有者全員へ

このスマートステーキング機能により、HEROトークンを保有しているだけで報酬が入ります。HEROトークンを保有することで、取引が行われるたびに自動的にトークンが増えていく(パッシブインカム)のです。ユーザーはアクティブな取引を行わなくても、HEROトークンを保有することで収益を得られるのです。

トークン価格下落を防ぐバーンを実施

Metaheroは「トークン価格下落を防ぐ」仕組みを持っています。

HEROトークンが取引される際に発生する手数料の1%をトークンの焼却(バーン)に当てるのです。

具体的には、取引ごとに発生する手数料の一部が以下のように分配されます:

  • 3%は自動流動性プールへ
  • 1%はバーン(焼却)
  • 1%はHEROトークンの所有者全員へ

このバーン機能により、HEROトークンの総供給量が時間とともに減少し、その結果、トークンの希少性が高まり、価格が安定する可能性があります。

その理由は、供給量が減少すれば、需要が一定であれば価格が上昇するという経済学の原則に基づいています。このバーン機能により、HEROトークンの価格下落を防ぐことが期待されています。

メタヒーロー(HERO)がデフレトークンである理由

メタヒーロー(HERO)がデフレトークンと呼ばれる理由は、その特性にあります。デフレトークンとは、トークンの総量が時間とともに減少する仮想通貨のことを指します。

メタヒーロー(HERO)の場合、トランザクションが行われるたびに一定の割合がバーン(焼却)され、徐々に供給量が減少します。これにより、供給量の減少と需要の増加が相まって価格が上昇する可能性があります。その結果、メタヒーロー(HERO)は上位表示されやすくなり、より多くの投資家の目に留まる機会を増やします。このような特性から、メタヒーロー(HERO)はデフレトークンとして認識されています。

記事を読んで、サクッとHEROを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

メタヒーロー(HERO)の買い方

メタヒーロー(HERO)の購入方法は比較的簡単です。

  • 国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入
  • 海外取引所Bybitに口座を開設する
  • 国内取引所から海外取引所へ送金し、HEROを購入

国内仮想通貨取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入

メタヒーロー(HERO)の購入には、まずビットコインなどの仮想通貨を国内の仮想通貨取引所で購入することから始めます。仮想通貨取引所選びは、取引手数料や使いやすさなどを考慮に入れ、自分に合ったものを選びましょう。ビットコイン取引は、その流動性と普及度から、多くの取引所で対応しています。

おすすめの取引所はCoincheckです。マネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすいです。順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

海外取引所に口座を開設する

仮想通貨メタヒーロー(HERO)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

国内取引所から海外取引所へ送金してHEROを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨メタヒーロー(HERO)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからMetahero(HERO)を選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

HEROは将来性が高く、需要が増加すると予想されています。この機会にHEROを購入してはいかがでしょうか。

記事を読んで、サクッとHEROを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

メタヒーロー(HERO)の価格チャート推移

仮想通貨メタヒーロー(HERO)全期間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨メタヒーロー(HERO)全期間価格推移(CoinMarketCap)】

上に、メタヒーロー(HERO)の上場以来の価格チャート推移を示します。

HEROは2021年6月に初期シードファンドとして1000万ドルを調達してプロジェクトが立ち上がりました。

2021年7月17日にGate.ioでの取引が開始されました。初期の価格は0.8円程度でした。

上場後の価格変動はゆるやか(2021年6月~8月)

仮想通貨メタヒーロー(HERO)の上場後の価格は3円から4円程度に、2021年8月にかけて上昇しています。8月には一時4円台を突破したものの、すぐに3-3.5円台に戻っています。

Facebookがメタと社名変更してメタヒーローも急騰(2021年9月から12月)

2021年9月に旧FacebookがMetaと社名変更を発表し、メタバース事業に注力していくことを発表した後、メタヒーローもメタバースであることから、HEROの価格が急騰しました。

年末の201年12月3日に過去最高値である、37.62円をつけています。

この時期は世界中の大手企業がこぞってメタバース参入を発表したことも大きな追い風になりました。

2022年の価格推移とその背後の要因

2022年に入って下落傾向になりましたが、2022年2月には、メタヒーローの3D技術を応用した「Everdome」がIEOを果たし、関連しているHEROも値上がりしました。

しかしそれも長続きせず下降傾向の時に、2022年のテラショック、2022年11月のFTX破綻の影響を受けた仮想通貨市場全体の冷え込みのため、HETOの価格も下がり続けています。

過去最低値は、2022年9月22日の0.3121円です。

2023年初めに上昇後下降2024年に向けて反発中

仮想通貨メタヒーロー(HERO)過去1年間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨メタヒーロー(HERO)過去1年間価格推移(CoinMarketCap)

その後、2023年3月に0.8円を越えた後、底値圏で推移していました。

2024年初頭に向けては、ゆるやかな上昇基調にあります。2024年1月10日の価格は底値から少し戻して0.44円となっています。最高値の約1/86と上昇余力は十分です。

記事を読んで、サクッとHEROを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

メタヒーロー(HERO)の将来性

仮想通貨メタヒーロー(HERO)15年後価格予測(TechNewsLeader)

上図はUSの著名な仮想通貨価格予想サイト、TechNewsLeaderのメタヒーロー(HERO)の2040年までの価格予想です。

このままではわかりにくいので、現在価格に対する倍率で表したものが下表です:

倍率
20251.5
203011.0
2040611.3
      【仮想通貨メタヒーロー(HERO)2040年価格予測(TechNewsLeader)】

HEROは堅実に値上がりした後、過去最高値を越えてくるという強気の予想です。

上昇すると予想する理由は、HEROが提供する3Dスキャニング技術は、エンターテイメント業界から医療業界まで、多岐にわたる分野での応用が期待されているからです。

次の要素を見ていきましょう;

  • 明確なロードマップとその意義
  • NFT・メタバースの普及による価格上昇の可能性
  • 上場の影響と価格上昇の期待
  • 3Dスキャナの設置と価格上昇の関係

明確なロードマップとその意義

仮想通貨メタヒーロー(HERO)はロードマップを公開しており、将来性を予測する材料となっています。ロードマップには、具体的な目標やスケジュールが明記されており、高い透明性のあるプロジェクト運営がされています。この透明性はHEROの信頼性を高め、投資家からの信頼を勝ち取る要素となっている。

NFT・メタバースの普及による価格上昇の可能性

NFT市場とメタバースの普及は、仮想通貨HEROの価格上昇に大きなインパクトを与える可能性があります。NFT市場は、デジタルアートや音楽、ゲームアイテムなど、ユニークなデジタル資産の取引が行われる場です。一方、メタバースは、仮想世界での体験や交流を可能にする新たなテクノロジーです。

HEROは優れた3D技術により、自分自身をスキャンしてメタバース空間のアバターとしたり、いろんなリアルワールドの資産をNFT化できます。

HEROにより新たなビジネス創出の可能性があるため、HEROの価値はさらに高まり、価格上昇が期待できるでしょう。

上場の影響と価格上昇の期待

メタヒーロー(HERO)の上場は、その価格上昇に大きな影響を与えました。今後も大手の仮想通貨取引所に上場することで価格が高まる可能性があります。

3Dスキャナの設置と価格上昇の関係

3Dスキャン装置が設置されている場所

メタヒーロー(HERO)の将来性は、3Dスキャナの設置と密接に関連しています。公式サイトによると、現在設置場所は候補も含めて以下の通りです;

  • ワルシャワ:設置済み
  • チューリッヒ:設置済み
  • ドバイ:今後投票
  • ニューヨーク:今後投票
  • ロンドン:今後投票
  • 東京:今後投票

東京が入っているのはうれしいですね!しかも一番人気のようです。

仮想通貨メタヒーロー(HERO)スキャン予約サイト

上図がワルシャワにあるスキャン装置の予約画面です。360度撮影の様子がうかがえます!

このスキャナは、現実世界のオブジェクトをデジタル化する技術で、HEROのプロジェクトにおける主要な要素となっています。スキャナの設置が進むことで、HEROのユーティリティーが増すとともに、その需要も高まるでしょう。それに伴い、価格も上昇する可能性があります。

記事を読んで、サクッとHEROを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

メタヒーロー(HERO)に関するよくある質問とその回答

メタヒーロー(HERO)に対するよくある質問とその回答を提供します。

HEROはどの仮想通貨取引所で取引できるのか?

HEROは、日本の取引所では取扱いはありません。

海外の取引所としては、Bybit、HitBTC、Pancakeswap、Gate.io、KuCoinなどが主なところです。

HEROはブロックチェーン技術を活用しているのか?

答えはYES、HEROはブロックチェーンを活用したデジタル通貨で、その技術が仮想通貨市場におけるHEROの地位を確立しています。

HEROへの投資は安全なのか?

仮想通貨投資はリスクを伴います。そのため、投資する前に十分な調査と理解が必要です。

仮想通貨メタヒーロー(HERO)についてのまとめ

仮想通貨HEROは、Metaheroプロジェクトのユーティリティトークンです。メタヒーローは、超リアルな3D技術を使用して3Dアバター、仮想オブジェクトやNFTを生成し、メタバース内で使用するプロジェクト。

ソーシャルメディア、ゲーム、ファッション、アート、医療などにも活用可能。

2021年6月に1000万ドルの初期シードファンドでスタートし、現実とデジタルをつなぐmetscanning技術を推進しています。

HEROトークンは、取引ごとに所有者に分配スマートステーキング機能で報酬を提供し、手数料の一部をバーン(焼却)して供給量を減らし価格の安定を図るデフレトークンです。主要な取引所にも上場しており、広く取引されています。

現在価格はピークの86分の1と底値圏にあります。

今後のNFTやメタバース市場の拡大と共に成長が期待される仮想通貨です。

仮想通貨メタヒーロー(HERO)の購入方法は、国内取引所Coincheckでビットコインを購入し、海外取引所Bybitに日本語で口座を開設した後、CoincheckからBybitにビットコインを送って、HEROに交換してください。

記事を読んで、サクッとHEROを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須