アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴や仕組みと買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?特徴や仕組みと買い方・将来性を徹底解説

スポンサーリンク

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)とはなんだろう、日本でも買えるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、イーサリアムの取引の遅れ、高い手数料などの問題を解決するためのLayer 2ソリューションで、仮想通貨ARBはガバナンストークンです。

ARBは日本の3つの取引所に上場しています。バイナンスジャパン、オーケーコインジャパンとビットバンクです。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように仮想通貨アービトラムの特徴と買い方を徹底的に解説します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の買い方

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)とは?

トークン名称Arbitrum
仮想通貨シンボル・単位ARB
総供給量100億ARB
価格(ARBの円価格)@2024/1/4¥271.27
過去最高値Mar 23, 2023¥1,678.09
過去最低値@Sep 12, 2023¥106.02
時価総額@2024/1/43461億円
市場ランキング@2024/1/437位
公式リンクhttps://arbitrum.io/
https://arbitrum.foundation/
           【仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)概要】

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)はイーサリアムのスケーラビリティの問題(取引の遅れ、高い手数料)を解決するために開発されました。

そのトークンである、ARBは時価総額3461億円で37位と重要な位置につけています。価格は271円と2023年9月につけた過去最安値の3倍弱と急速に回復しています。

Arbitrumの目的は、イーサリアムネットワーク上で高速で低コストなトランザクションを実現することです。

Arbitrumは、DAO(分散型自治組織)によって運営されており、ブロックチェーンがOneとNovaの2つの種類を持っています。

今話題のDAOに関しては、以下の記事を参照ください。

Arbitrumでは、ロールアップと呼ばれる技術を使用して高速かつ低コストを実現しています。また、ArbitrumはEVM(イーサリアム仮想マシン)と互換性があります。

ARBはエアドロップされた後、市場に上場されました。

次の2点に関して詳しく解説します;

  • Arbitrumの起源と目的
  • Arbitrumの基本的な仕組み

Arbitrumの起源と目的

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)はスマートコントラクト実行の高速化と手数料低減を目指しています。このプロジェクトは、Offchain Labsという企業によって開発され、イーサリアムのレイヤー2ソリューションとして注目を集めています。

Arbitrumの目的は、イーサリアムのユーザー体験を向上させることです。イーサリアムは現在、トランザクションの処理速度や手数料の高さなどの問題を抱えており、これらの課題を解決するためにArbitrumが開発されました。

Arbitrumは、イーサリアムのスマートコントラクトをオフチェーンで処理し、高速かつ低コストで取引できます。

Arbitrumの起源は、イーサリアムのスケーラビリティ問題に取り組むための研究から始まりました。Offchain Labsのチームは、イーサリアムのレイヤー2ソリューションとしてArbitrumを開発し、イーサリアムのエコシステム全体の改善を目指しています。

Arbitrumは、イーサリアムのユーザーにとって画期的なソリューションであり、将来的にはさらなる発展が期待されています。

Arbitrumの基本的な仕組み

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、イーサリアム(Ethereum)ネットワーク上で動作するレイヤー2スケーリングソリューションです。

Arbitrumは、イーサリアムのスマートコントラクトをオフチェーンで実行し、トランザクションの処理速度を大幅に向上させます。Arbitrumは、Ethereum Virtual Machine(EVM)と互換性があり、既存のイーサリアムのアプリケーションを簡単に移行できます。

Arbitrumの基本的な仕組みは、ロールアップと呼ばれる手法を使用しています。ロールアップは、トランザクションの処理をオフチェーンで行い、結果をオンチェーンに報告する方法です。具体的には、Arbitrumは、トランザクションの詳細をオンチェーンに記録せず、代わりにスマートコントラクトの状態のハッシュを記録します。これにより、トランザクションの処理速度が向上し、手数料も削減されます。

Arbitrumは、DAO(分散型自律組織)によって運営されており、コミュニティの参加者がプロトコルの運営に参加できます。また、Arbitrumは、ブロックチェーンをOneNovaの2つのレイヤーに分けています。Oneは、オンチェーンで動作し、セキュリティを提供します。一方、Novaは、オフチェーンで動作し、高速なトランザクション処理を実現します。

高速で低コストなトランザクション処理を実現するArbitrumは、将来的にはさらなる普及が期待されています。

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の特徴

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の特徴を以下の順で説明します。

  • DAOによる運営: アービトラムは、分散型自律組織(DAO)によって運営されています。このDAOは、コミュニティメンバーによって管理され、プロジェクトの発展に参加できる仕組みです。
  • ブロックチェーンが2種類ある:OneとNova; アービトラムは、OneとNovaという2つのブロックチェーンを使用しています。Oneはセキュリティと分散化を担当し、Novaは高速なトランザクション処理を可能にします。
  • ロールアップによる高速・低コスト利用; アービトラムは、ロールアップと呼ばれるテクノロジーを使用しています。これにより、イーサリアムネットワーク上での高速かつ低コストなトランザクションが可能となります。
  • EVM(イーサリアム仮想マシン)の互換性: アービトラムは、EVM(イーサリアム仮想マシン)と互換性があります。つまり、既存のイーサリアムアプリケーションを簡単に移行できます。
  • ARBのエアドロップ後、市場に上場; アービトラムのトークンであるARBは、エアドロップが行われた後、市場に上場されました。これにより、多くの投資家が注目し、取引が活発化しました。

DAOによる運営

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、DAO(分散型自律組織)によって運営されています。DAOは、中央集権的な組織や管理者に頼らずに、コミュニティのメンバーが協力してプロジェクトを運営する仕組みです。

ArbitrumのDAOは、コミュニティのメンバーが投票を行い、重要な意思決定を行います。例えば、プロトコルのアップデートや新しい機能の追加などの決定は、DAOのメンバーの合意に基づいて行われます。

このDAOによる運営は、アービトラムの透明性と分散性を確保するための重要な要素です。中央集権的な管理者が存在しないため、利益相反や権力集中のリスクを低減できます。

また、DAOに参加することで、コミュニティの一員としてプロジェクトに貢献することも可能です。投票や提案などの参加方法は、公式ウェブサイトやコミュニティの情報を参考にしてください。

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、DAOによる運営が特徴的なプロジェクトであり、コミュニティの力がプロジェクトの発展に大きく寄与しています。

ブロックチェーンが2種類ある:OneとNova

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、ブロックチェーン技術を活用した分散型のプラットフォームです。その中でも、Arbitrumには2つの異なるブロックチェーンが存在します。それが「One」と「Nova」です。

まず、「One」はArbitrumのメインチェーンとなります。このチェーンでは、トランザクションの処理やスマートコントラクトの実行が行われます。一方、「Nova」は、Oneチェーン上で実行されるスマートコントラクトのスナップショットを保存するチェーンです。

このような2つのブロックチェーンの構成により、Arbitrumは高速かつ効率的なトランザクション処理を実現しています。また、Novaチェーンによってスマートコントラクトの履歴や状態を保存することで、セキュリティと信頼性の向上も図っています。

ブロックチェーンが2種類あることにより、Arbitrumはさまざまな用途に対応可能です。例えば、Oneチェーンでは高速な支払いや取引が行える一方で、Novaチェーンではスマートコントラクトの履歴や状態の管理に適しています。

これにより、Arbitrumは多様なニーズに対応しながら、高速かつ安全なトランザクション処理を実現しています。そのため、仮想通貨投資家や開発者から注目を集めています。今後のArbitrumのさらなる発展が期待されるでしょう。

ロールアップによる高速・低コスト利用

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、ロールアップという技術によって高速で低コストな利用が可能です。ロールアップは、トランザクションの処理をブロックチェーン上ではなく、オフチェーンで行うことで、スケーラビリティを向上させる方法です。

具体的には、Arbitrumでは、トランザクションのデータをまとめてブロックチェーン上に記録するのではなく、オフチェーンで処理を行います。そして、一定の期間ごとにまとめたデータをブロックチェーン上に書き込むことで、ブロックチェーンの負荷を軽減し、高速かつ低コストな利用を実現しています。

このロールアップによる高速・低コスト利用は、Arbitrumの魅力の一つです。ユーザーは、高速なトランザクション処理と低い手数料を享受できます。また、ブロックチェーン上のスペースを有効活用することで、より多くのトランザクションを処理できます。

Arbitrumのロールアップ技術は、仮想通貨の普及や実用化において重要な役割を果たしています。今後のArbitrumのさらなる発展が期待されています。

EVM(イーサリアム仮想マシン)の互換性

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、EVM(イーサリアム仮想マシン)との互換性を持っています。EVMは、スマートコントラクトを実行するための仮想マシンであり、イーサリアムのプラットフォーム上で動作します。Arbitrumは、EVMと同じ仕組みを使用しており、既存のイーサリアムのスマートコントラクトをそのまま利用できます。

EVMの互換性により、既存のイーサリアムのデベロッパーやプロジェクトは、Arbitrum上でのスマートコントラクトの開発や展開を容易に行うことができます。また、Arbitrum上で動作するスマートコントラクトは、イーサリアムのユーザーとの相互運用性も確保されています。

このようなEVMの互換性により、Arbitrumは既存のイーサリアムエコシステムに簡単に統合されることができ、より多くの開発者やユーザーの参加が期待されています。Arbitrumの普及により、より多くの人々が安全かつ効率的にスマートコントラクトを利用できるようになるでしょう。

ARBのエアドロップ後、市場に上場

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)のエアドロップが行われた後、ARBは市場に上場されました。エアドロップは、特定の条件を満たしたユーザーに対して一定数量のARBトークンを無料で配布するものであり、多くの人々がARBを手に入れることができました。

エアドロップ後、市場では需要が高まり、ARBの価格は1時的に上昇しました。市場に上場されたARBは、取引所で購入や売却が可能であり、投資家やトレーダーにとって魅力的な資産となっています。ARBの上場は、プロジェクトの注目度を高め、将来性を期待する人々にとっては好材料となりました。

アービトラム(Arbitrum/ARB)をMetaMaskへ追加する方法

アービトラム(Arbitrum/ARB)をMetaMaskへ追加する方法を解説します。まず、MetaMaskをダウンロードしてインストールします。次に、MetaMaskを起動し、右上のアイコンをクリックして「設定」を選択します。設定画面が表示されたら、「ネットワーク」を選択し、「ネットワークを追加」をクリックします。

次に、表示されたフォームに以下の情報を入力します。ネットワーク名には「Arbitrum」と入力し、新しいRPC URLには「https://arb1.arbitrum.io/rpc」と入力します。チェーンIDには「42161」と入力し、通貨シンボルには「ARB」と入力します。最後に、「保存」をクリックして設定を保存します。

これでMetaMaskにアービトラム(Arbitrum/ARB)が追加されました。MetaMaskのアカウント一覧にアービトラム(Arbitrum/ARB)が表示されるので、アービトラム(Arbitrum/ARB)の取引や送金が可能になります。

アービトラム(Arbitrum/ARB)をMetaMaskへ追加する方法は以上です。MetaMaskを使用することで、簡単にアービトラム(Arbitrum/ARB)を管理できます。是非、試してみてください。

ChainListの利用方法

ChainListは、仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)をMetaMaskに追加するためのツールです。まず、MetaMaskをインストールしてアカウントを作成します。次に、ChainListの公式ウェブサイトにアクセスし、MetaMaskにログインします。ChainListのページで、「Add to MetaMask」ボタンをクリックします。すると、MetaMaskにArbitrumが追加されます。これで、MetaMaskからArbitrumを利用できます。ChainListを使用することで、簡単にArbitrumをMetaMaskに追加できます。是非、試してみてください。

Arbitrumブロックチェーン基盤のDAppsへのウォレット接続方法

Arbitrumブロックチェーン基盤のDAppsへのウォレット接続方法を紹介します。

MetaMaskを開きます。次に、MetaMaskの右上にあるネットワークの選択ボタンをクリックし、”Custom RPC”を選択します。

次に、”Network Name”に”Arbitrum”を入力し、”New RPC URL”に”https://arb1.arbitrum.io/rpc”を入力します。

その後、”Chain ID”に”42161″を入力し、”Currency Symbol”に”ARB”を入力します。

最後に、”Save”ボタンをクリックして設定を保存します。

これで、Arbitrumブロックチェーン基盤のDAppsへのウォレット接続が完了しました。これにより、ARBの取引や使用が可能になります。是非、Arbitrumの可能性を探ってみてください。

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の購入方法

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は2024年1月現在、3つの国内取引所に上場しています。

アービトラムを購入するには、これらの国内取引所に口座を開設し、日本円を入金してアービトラムを取得できます。

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすいです。順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたアービットラム(ARB)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の価格推移

仮想通貨アービトラム(Arbitrum_ARB)全期間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨アービトラム(Arbitrum_ARB)全期間価格推移(CoinMarketCap)】

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は2023年3月23日にOKXに上場しました。

上場当日は、1716円をつけ、いまだに更新されていません。エアドロップ後に取引所に上場したことで注目を集め、価格は急騰しました。

しかしその6か月後には106円と過去最低値をつけた後、大きく回復して2023年12月18日には、151円です。

市場の需要と供給のバランスが整い、再び上昇トレンドに入っていました。

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の将来性

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の将来性に影響する要因は以下のものがあります。

  • DAO運営による開発の進展が注目されています。DAOは分散型自律組織のことであり、公平性と透明性があるため、将来的にはますます重要視されるでしょう。
  • アービトラムは主要プログラミング言語での開発が可能なため、開発者にとっても魅力的なプラットフォームです。さまざまなアプリケーションやサービスが生み出される可能性があります。
  • アービトラムの上場先も拡大していく可能性があります。現在はまだ一部の取引所でしか取引ができませんが、需要の高まりに伴い、上場先が増えることが予想されます。より多くの人々がアービトラムにアクセスできるようになるでしょう。

以下、もっと詳細に見ていきます。

DAO運営による開発の進展

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、DAO(分散型自律組織)による運営が進んでいます。DAOは、プロジェクトの意思決定や開発をコミュニティ全体で行うことができる組織の形態です。アービトラムでは、DAOメンバーがプロジェクトの方向性や機能の追加、改善を決定し、開発を進めています。

このDAO運営による開発の進展により、アービトラムはコミュニティの意見を反映した機能や改善が行われ、より使いやすく進化しています。また、DAOメンバーの多様なスキルや知識がプロジェクトに生かされるため、より高品質な開発が期待されています。

アービトラムのDAO運営は、プロジェクトの透明性と分散化を実現するための重要な要素です。コミュニティの参加者は、自分の意見や提案を積極的に発信することで、プロジェクトの発展に貢献できます。

今後もDAO運営による開発の進展が期待されており、アービトラムの機能や使い勝手の向上に注目が集まっています。

主要プログラミング言語での開発可能性

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、主要なプログラミング言語での開発が可能です。ArbitrumはEthereum(イーサリアム)のスケーラビリティ問題を解決するために開発されたレイヤー2ソリューションであり、Ethereumと互換性があります。そのため、Ethereumで使用されている主要なプログラミング言語であるSolidity(ソリディティ)を使用してスマートコントラクトを開発できます。

また、ArbitrumはEthereum Virtual Machine(EVM)と互換性があります。これにより、既存のEVM上で動作するスマートコントラクトをArbitrum上で使用できます。そのため、既存のスマートコントラクトを簡単に移行できるため、開発者にとっては利便性が高いです。

さらに、Arbitrumは開発者向けにドキュメンテーションやツールキットを提供しており、開発の容易さを追求しています。これにより、開発者は短期間でArbitrum上でのアプリケーション開発を行うことができます。

以上のように、仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は主要なプログラミング言語での開発が可能であり、開発者にとって魅力的なプラットフォームとなっています。

上場先の拡大可能性

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の上場先は、現在は主に海外取引所で取引されていますが、将来的には国内取引所でも上場される可能性があります。

国内取引所では、日本の仮想通貨市場の拡大やアービトラムの人気により、上場が期待されています。

また、アービトラムの技術的な優位性や将来性が認められれば、海外取引所でも上場先が増える可能性があります。さらに、他のブロックチェーンプロジェクトとの提携や連携も進められており、これによって上場先の拡大が促進されることも期待されています。仮想通貨投資家にとっては、上場先の拡大はアービトラムの価値向上につながるため、注目すべきポイントです。

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の注意点とリスク

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)にはいくつかの注意点とリスクが存在します。

  • レイヤー2ソリューションの競争状況や海外取引所の認可状況などがあります。アービトラムは他の競合プロジェクトと競合しており、市場での地位を確立するためには競争力を持つ必要があります。
  • 海外取引所の認可状況も注視する必要があります。
  • アービトラムの人気に乗じた詐欺や盗難リスクも存在します。仮想通貨市場では、人気のあるプロジェクトを悪用した詐欺や盗難が発生することがありますので、注意が必要です。

以下詳細です。

レイヤー2ソリューションの競争状況

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、レイヤー2ソリューションの1つとして注目を集めています。しかし、競争状況も激化しており、他のプロジェクトも同様のソリューションを提供しています。

例えば、OptimismやzkSyncなどがあります。これらのプロジェクトも、Ethereumのスケーラビリティ問題を解決するために開発されています。

Optimismは、Ethereum上で動作するオフチェーンプロトコルです。これにより、トランザクションの処理速度を向上させることができます。

一方、zkSyncは、zkRollupsと呼ばれるテクノロジーを使用しています。これは、トランザクションの情報を圧縮し、Ethereum上で処理できるようにします。

これらのプロジェクトは、アービトラムと同様に高速で低コストなトランザクションを実現できます。そのため、競争が激化していると言えます。

しかしながら、アービトラムは既に多くのユーザーを獲得しており、そのネットワークの規模も拡大しています。また、Ethereumとの互換性も高く、既存のDAppsを簡単に移行できます。

これらの要素から、アービトラムは他のプロジェクトとの競争に勝利する可能性が高いと言えます。しかし、今後の動向に注目しておく必要があります。

海外取引所の認可状況

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は以下の海外取引所で取引可能です:

Arbitrum (ARB)は、以下の海外取引所で取引可能です:

  • Binance
  • KuCoin
  • Kraken
  • Bybit
  • OKX
  • MEXC Global
  • Upbit
  • DigiFinex
  • HTX Global
  • Coinbase Pro
  • Gate.io

これらの取引所ではARBを他の暗号通貨や法定通貨と交換することができます。ただし、取引所ごとに利用可能な通貨ペアや取引手数料が異なるため、取引を開始する前に詳細を確認してください。また、取引所の選択は自己責任で行ってください。

ARB人気に乗じた詐欺・盗難リスク

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の人気が高まる中、詐欺や盗難リスクも増加しています。仮想通貨市場では、人気のある通貨には必ず詐欺や盗難のリスクがつきものです。ARBも例外ではありません。

詐欺リスクとしては、インターネット上での偽のARB販売や投資詐欺が挙げられます。特にSNSやメッセージアプリを通じて、高い利益を謳う投資案件に誘導されることがあります。こうした詐欺には十分な注意が必要です。

また、盗難リスクも存在します。仮想通貨はオンライン上で管理されるため、ハッカーによる不正アクセスやウイルスによる情報漏洩のリスクがあります。個人情報やウォレットのアクセス情報を第三者に知られることで、資産が盗まれる可能性があります。

ARBを購入する際には、信頼できる取引所を選ぶことが重要です。国内外の取引所の認可状況やセキュリティ対策を確認し、安全な取引環境を選ぶようにしましょう。また、ウォレットのセキュリティも重要です。二段階認証やハードウェアウォレットの利用など、セキュリティ対策を徹底しましょう。

仮想通貨投資はリスクが伴います。投資前にはリスクを理解し、自己責任で行うことが大切です。十分な情報収集やリスク管理を行い、安全な投資を心掛けましょう。

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)に関するよくある質問

Q1. 国内取引所でARBは買えますか?

次の3つの国内取引所でARBを購入できます。

Q2.仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)はステーキングできるか?

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、ステーキングが可能です。

ステーキングとは、保有している仮想通貨をネットワークの運営に貢献するために預け、報酬を得ることです。アービトラムでは、ユーザーは自身のARBトークンをステーキングすることで、ネットワークのセキュリティを支えることができます。

アービトラムのステーキングに参加するには、まずMetaMaskなどのウォレットにARBトークンを保有している必要があります。その後、アービトラムの公式ウェブサイトやコミュニティの情報を参考に、ステーキングに関する手順や条件を確認しましょう。

Q3. 仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の最大発行量は?

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の最大発行量は、100億ARBです。この供給量は、ユーザーによるエアドロップやDAO(分散型自治組織)の報酬などによって分配されます。また、アービトラムはイーサリアム(Ethereum)のブロックチェーン上で動作するため、イーサリアムの供給量や価格の動向もARBに影響を与える可能性があります。そのため、アービトラムの最大発行量は将来的な需要や市場の変動によって変化する可能性があります。

Q4. 仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は安全か?

Arbitrumは、Ethereumネットワーク上で動作するレイヤー2スケーリングソリューションであり、セキュリティに優れた仕組みを持っています。

Arbitrumの安全性は、以下のような設計と技術的な特徴によって保たれています。

  • ArbitrumはEthereumのスマートコントラクトを使用しており、Ethereumのセキュリティモデルを継承しています。これにより、Arbitrum上で実行されるトランザクションやスマートコントラクトは、Ethereumのセキュリティによって保護されます。
  • Arbitrumはロールアップと呼ばれる技術を使用しています。これは、Arbitrum上で行われるトランザクションをまとめてEthereumネットワークに送信することで、高速かつ低コストな取引を実現しています。ロールアップは、Arbitrumのセキュリティを高める一因となっています。
  • Arbitrumはオンチェーンとオフチェーンのバランスを取ることで、セキュリティを向上させています。Arbitrumのトランザクションは、オフチェーンで処理され、結果はオンチェーンに記録されます。これにより、高速な処理が可能となり、同時にセキュリティも確保されています。

以上のような特徴により、仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は安全性が高いと言えます。

まとめ:仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、高速かつ低コストで利用できるレイヤー2ソリューションです。

Arbitrumは、DAOによって運営されており、ブロックチェーンがOneとNovaの2種類存在します。このプラットフォームでは、ロールアップと呼ばれる技術を使用しており、トランザクションをまとめて処理することでスケーラビリティを向上させています。

また、EVM(イーサリアム仮想マシン)との互換性も持っており、既存のスマートコントラクトを簡単に移行できます。

ARBはエアドロップされ、その後市場に上場しています。

MetaMaskへの追加方法は、ChainListを利用するか、Arbitrumブロックチェーン基盤のDAppsにウォレットを接続する方法があります。

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、次の3つの国内取引所で購入できます。

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)の将来性は高いといえるでしょう。DAO運営による開発の進展や、主要プログラミング言語での開発可能性、上場先の拡大可能性があります。

仮想通貨アービトラム(Arbitrum/ARB)は、高速かつ低コストな取引を可能にするプラットフォームであり、将来の成長が期待されています。

DAOのことをもっと詳しく知りたい方は以下の記事を参照ください:

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須