アフィリエイト広告を利用しています

PayPalステーブルコイン「PayPal USD (PYUSD)」: 業界の評価とその影響についての深堀り

PayPalステーブルコイン「PayPal USD (PYUSD)」: 業界の評価とその影響についての深堀り

スポンサーリンク

PayPalステーブルコイン、PayPal USD (PYUSD)が業界に登場しました。この新しいステーブルコインは、金融界に革新的な波をもたらすと期待されています。

取引高60兆円と米国の送金サービス大手であるPayPalが展開するこのプロジェクトは、市場規模が17兆円に達するステーブルコイン市場において、どのような役割を果たすのか、その影響が注目されています。

Huobi、Cryot.com、Bybitが上場を表明し、Krakenは既に取引開始US最大手取引所のCoinbaseも2023年8月31日に取扱いを表明しました。

本記事では、PayPalのステーブルコイン戦略、PayPal USD (PYUSD)の特徴、業界の評価、そして今後の影響について、最新の情報を基に詳しく解説します。

市場の動向を把握したい方、最新の金融トレンドに興味のある方にとって、必読の内容となっています。

ステーブルコインは、その価格が法定通貨と連動(ペッグ)するよう設計されている暗号通貨。取引価格が安定するように設計されています。裏付け資産として米ドルやドル相当の資産を持つことが前提。
ステーブルコインの用途は、日常的な交換手段として、海外での支払い、シームレスな資金移動など。現時点において最も多いのは、仮想通貨取引所における換金用途。

ペイパルがステーブルコイン市場へ参入

PayPalがUSステーブルコインをローンチ

ペイパルは、ステーブルコイン市場への参入を発表しました。ステーブルコインとは、仮想通貨の中でも法定通貨(この場合は米ドル)と価値が連動(ペッグ)している通貨のことを指します。ペイパルのステーブルコインは「PayPalUSD(PYUSD)」と呼ばれており、ペイパルの米国の顧客が段階的に利用可能となる見通しです。

日本での利用についての具体的な情報は現時点ではありません。

この記事では次のトピックを深堀します;

  • PayPalUSD(PYUSD)とは何か?
  • PYUSDのステーブルコイン市場への影響は?

ペイパルのステーブルコインの参入により、ステーブルコイン市場に大きな影響が生まれることが予想されます。PYUSDは、ペイパルの広大なユーザーベースによって利用されるため、市場の拡大が期待されます。また、PYUSDの安定した価値は、多くのユーザーにとって魅力的な要素となるでしょう。これにより、ステーブルコイン市場の競争が激化する可能性もあります。

PayPal USD(PYUSD)とは何か?

PayPal USD(PYUSD)は、世界的な決済サービス企業であるPayPalが発行するステーブルコインで、正式名称は「PayPal USD (PYUSD)」です。このステーブルコインは、米ドルと連動しており、その価値が1ドルに固定されています。以下、PYUSDの主な特徴と用途について詳しく解説します。

  1. 発行体: PYUSDの発行はPaxos Trust Companyという当局から認可された会社によって行われます。
  2. 担保: PYUSDは完全に担保によって裏付けされており、具体的には米ドル預金、短期米国債など同等の資産によって担保が構成される予定です。
  3. 透明性: 9月以降、毎月担保の状況と構成が第三者による証明書と共に発行される予定で、透明性が確保されます。
  4. 利用用途: PYUSDはPayPalと互換性のあるウォレットとの転送、個人決済、仮想通貨とPYUSDとのスワップなど、多岐にわたる用途で利用が可能です。
  5. 市場への影響: PayPalの年間流通額が60兆円を超えることから、web3やオンチェーンでのシナジーが期待されています。

PayPalUSD(PYUSD)は、決済の効率化と透明性の向上を目指して開発されたステーブルコインで、今後の展開が業界から注目されています。その使い勝手の良さと信頼性が、今後の金融市場における新たな動向を生み出す可能性があります。

PayPal USD (PYUSD)のステーブルコイン市場への影響は?

ペイパルのステーブルコイン市場への参入により、PYUSDの存在は大きな注目を浴びています。PYUSDは、ペイパルが発行するステーブルコインであり、その特徴は安定した価値を持つことです。この安定性は、仮想通貨市場においては非常に重要な要素であり、多くの投資家や企業にとって魅力的な存在となっています。

PYUSDのステーブルコイン市場への影響は、

  • PYUSDの存在により、仮想通貨市場の不安定さや価格変動のリスクを軽減:投資家はより安心して仮想通貨に参入できるでしょう。
  • PYUSDの登場により、ステーブルコイン市場全体の競争が激化する:既存のステーブルコインプロジェクトや他の企業も、PYUSDの成功を受けて自身のステーブルコインの開発や改良に取り組むことが予想されます。これにより、ステーブルコイン市場の成熟と多様化が期待されます。
  • 一般消費者にメリットをもたらす:PYUSDは、ペイパルのプラットフォーム上で利用可能であり、日常生活での支払いや送金に利用できます。これにより、一般消費者はより簡単かつ安全に仮想通貨を利用できるようになるでしょう。

ペイパルの参入により、ステーブルコイン市場はさらなる発展を遂げることが期待されます。PYUSDの成功は、仮想通貨市場全体の成長に寄与するでしょう。

ペイパルのステーブルコイン発行の背景

ペイパルがステーブルコインを発行する背景には、アメリカでの規制の不明確さが関係しています。仮想通貨に関する規約を更新し、規制枠組みのない中でのローンチには懸念があります。しかし、ペイパルはステーブルコイン市場への参入を決定しました。なぜなら、ステーブルコインは一般消費者にとって潜在的なユースケースやメリットがあり、利益をあげる可能性があるからです。

ペイパルのステーブルコイン発行は他のステーブルコインとの関係性にも影響を与えます。サークルやテザー、デジタルドルにとって何を意味するのか、ペイパルのステーブルコイン発行の評価とその影響について、今後詳しく見ていきましょう。

アメリカでの規制の不明確さにもかかわらず、なぜペイパルはステーブルコインを発行するのか?

ペイパルがアメリカでの規制の不明確さにもかかわらず、ステーブルコインを発行する理由は何でしょうか?

ペイパルは、ステーブルコイン市場への参入を通じて、顧客により安定した取引環境の提供を目指しています。ステーブルコインは、仮想通貨市場において価格の変動が少なく、一定の価値を保持する通貨です。このため、ペイパルはステーブルコインを通じて、仮想通貨の利用をより一般的にし、顧客の利便性を向上させることを狙っています。

ステーブルコインの発行により、ペイパルは金融サービスの領域での競争力を高めることができると考えています。アメリカでの規制の不明確さにもかかわらず、ペイパルがステーブルコインを発行する背景には、これらの要素が重要な役割を果たしています。

仮想通貨の規約を更新

ペイパルはステーブルコインの発行に向けて、仮想通貨の規約を更新しました。この更新により、ペイパルはステーブルコインの取引をより円滑に行うことができるようになります。仮想通貨の規約の更新は、ペイパルがステーブルコイン市場において競争力を持つための重要な一歩です。規制の不明確さがある中でのステーブルコインのローンチには懸念もありますが、ペイパルはこの規約の更新により、より安定した取引環境を提供できるでしょう。

規制枠組みがない中でのローンチに懸念

ペイパルがステーブルコインの発行を計画している中で、規制枠組みの不明確さが懸念されています。現在、アメリカでは仮想通貨に関する規制が整っておらず、その中でのステーブルコインのローンチはリスクを伴います。

規制の不明確さにより、ペイパルのステーブルコインがどのような規制に基づいて運営されるのか、またどのような保護措置が取られるのかが不透明です。このため、一部の専門家や業界関係者からは、ペイパルのステーブルコインが安定的に運営されるかどうかに疑問が投げかけられています。

規制枠組みの整備が進まないままステーブルコインがローンチされると、不正利用や資金洗浄のリスクが高まる可能性もあります。また、ステーブルコインの信頼性や安定性にも影響を与える可能性があります。

ペイパルはステーブルコイン市場への参入を目指していますが、規制の不明確さを解消し、適切な枠組みを整える必要があります。規制当局との協力や業界の自己規制の強化などが求められています。これにより、ペイパルのステーブルコインが安全かつ信頼性の高いものとなり、市場への影響を最小限に抑えることができるでしょう。

PayPal USD (PYUSD)の可能性と影響

PYUSDは、一般消費者にとってさまざまな潜在的なユースケースやメリットを持っています。

ユースケース1:PayPal決済での利用

PYUSDはペイパルのプラットフォーム上で利用可能なステーブルコインであり、ペイパルの利用者は簡単にPYUSDを取引や支払いに使用できます。

PYUSDの最大のメリットは、価値の安定性です。通常の仮想通貨とは異なり、PYUSDは法定通貨に1:1でペッグされているため、価格変動のリスクが少なくなります。PYUSDを保有すると、消費者は通貨価値の変動による損失を心配せず、安定した取引や支払いができます。

ユースケース2:国際送金での利用

PYUSDは国際送金においても便利です。従来の国際送金では、手数料や為替手数料がかかることがありますが、PYUSDを使用すると、迅速かつ低コストで国際送金を行うことができます。

メリット:ペイパルの広範なユーザーベース

さらに、PYUSDはペイパルの広範なユーザーベースによって支持されており、その普及が進むことで市場での競争力も高まるでしょう。PYUSDは他のステーブルコインとの競合も予想されますが、ペイパルのブランド力や信頼性によって、市場での優位性を確立する可能性があります。

PayPalの収益源になる

PYUSDの利益源は、手数料や取引量によるものと考えられます。ペイパルは既に巨大なユーザーベースを持っており、PYUSDの普及によってさらに多くの取引が行われることが予想されます。これにより、ペイパルは手数料や取引量によって収益を上げることができるでしょう。

PYUSDの市場での位置づけについては、他のステーブルコインとの関係性も考慮する必要があります。サークルやテザーなどの競合他社が存在する中で、PYUSDはどのような市場シェアを獲得できるのかが注目されます。また、デジタルドルなどの中央銀行が発行するステーブルコインとの関係性も重要です。

PYUSDの可能性と影響については、今後の市場動向や消費者の受け入れ状況によって変化する可能性があります。しかし、ペイパルの参入により、ステーブルコイン市場は一層活気づくことが予想されます。PYUSDの評価とその影響については、今後の展開に注目が集まるでしょう。

一般消費者にとって、PayPal USD (PYUSD)の潜在的なユースケースやメリットは?

ペイパルのステーブルコイン市場参入で、一般消費者には多くの潜在的なユースケースやメリットがあります。まず、PYUSDは通常の通貨と同じように使用できるため、オンラインショッピングや日常の支払いに利用できます。これにより、国内外の取引が円滑に行われるだけでなく、為替手数料や変動リスクを抑えられます。

PYUSDはステーブルコインなので、価値が安定しており、仮想通貨市場の大きな変動に左右されません。消費者は資産の保全や価値の安定を期待できます。

PYUSDはペイパルのプラットフォーム上で利用できるため、既存のペイパルユーザーにとっては利便性が高まります。ペイパルは世界中で広く利用されており、PYUSDの導入により、ユーザーはより簡単に支払いや送金を行えます。

一般消費者にとって、PYUSDは安定した価値を持ち、利便性が高いというメリットがあります。これにより、より円滑な取引や資産の保全が可能になり、消費者の生活をより便利にするでしょう。

PayPal USD (PYUSD)はどうやって利益をあげるのか?

PYUSDは、ペイパルが発行するステーブルコインですが、その利益をどのように上げるのでしょうか?

まず、PYUSDはペイパルのプラットフォーム内で使用されることが予想されます。ペイパルは世界中で広く利用されており、そのユーザーベースは非常に大きいです。PYUSDの利用により、ユーザーはより安定した価値を持つデジタル通貨を利用できます。

PYUSDは他の仮想通貨との交換も可能です。ペイパルのプラットフォーム内で交換手数料で、利益を上げることができるでしょう。さらに、PYUSDの需要が高まれば、その価値も上昇する可能性があります。

さらに、PYUSDは取引の透明性とセキュリティを向上させることも期待されます。これにより、ユーザーは安心して取引を行うことができます。安定した価値を持つPYUSDの利用により、ユーザーは通貨の価値変動によるリスクを軽減できます。

PYUSDの利益を上げるためには、ユーザーの利用を増やすことが重要です。ペイパルはその利便性や安全性をアピールし、ユーザーにPYUSDの利用を促す必要があります。また、他の仮想通貨との交換手数料や価値の上昇により、収益を増やすことも重要です。

PYUSDの利益を上げるためには、ペイパルの戦略やマーケティングが重要な要素となります。競争が激化しているステーブルコイン市場で、PYUSDが成功するためには、ユーザーの信頼を得ることが不可欠です。

マーケットドミナンス:PayPal USD (PYUSD)の市場での位置づけ

PYUSDは、ペイパルが発行するステーブルコインであり、ステーブルコイン市場においてどのような位置づけを持つのでしょうか。

PYUSDは、ペイパルの巨大なユーザーベースと強力なブランド力を背景に、ステーブルコイン市場でのマーケットドミナンスを獲得する可能性があります。ペイパルのユーザーは世界中に広がっており、その多くがオンライン決済に頼っています。そのため、PYUSDは広範なユーザーベースによって需要が生まれることが予想されます。

また、PYUSDはペイパルのエコシステム内での利用が可能であり、ペイパルのオンライン決済サービスとの統合が期待されます。これにより、PYUSDはより便利な決済手段としての地位を確立できるでしょう。

ただし、ステーブルコイン市場には既に競合他社が存在しており、その中には大手企業や金融機関も含まれています。サークルやテザー、デジタルドルなどがその代表例です。これらの競合他社との差別化がPYUSDの成功には不可欠です。

PYUSDのマーケットドミナンスを確立するためには、ペイパルは他のステーブルコインとの連携や提携を積極的に進める必要があります。また、ユーザーに対するPYUSDの利便性や安定性のアピールも重要です。

PYUSDの市場での位置づけは、ペイパルの戦略と競合他社との競争によって左右されるでしょう。ペイパルの巨大なユーザーベースとブランド力を活かし、PYUSDをステーブルコイン市場のリーダーとして確立できるか、今後の展開が注目されます。

他のステーブルコインとの関係性

ペイパルがステーブルコイン市場への参入を発表したことで、他のステーブルコインにとって何を意味するのかが注目されています。まず、サークルやテザーなどの既存のステーブルコインプロバイダーにとっては、競争の存在が現実味を帯びてきました。これまで市場を独占していた彼らにとって、ペイパルの参入は大きな脅威となる可能性があります。

以下はPayPal USD(PYUSD)を始めとする重要なステーブルコインを、説明と市場での時価総額で比較した表です。市場での時価総額は、各ステーブルコインの流通量と価格に基づいています。

ステーブルコイン説明市場での時価総額
PayPal USD (PYUSD)世界的な決済サービスPayPalが提供する新しいステーブルコイン。米ドルと連動。未定
Tether (USDT)米ドルと1:1のペッグを保ち、市場で最も人気のあるステーブルコイン。金準備によって裏付け。$68.3B
USD Coin (USDC)米ドルと1:1のペッグを保ち、完全に担保されたステーブルコイン。$27.5B
Binance USD (BUSD)Binanceによって提供される米ドルペッグのステーブルコイン。ニューヨーク州金融サービス局承認。$12.3B
TrueUSD (TUSD)米ドルと連動しており、独立した監査人によって定期的に監査されている。$1.2B
Dai (DAI)イーサリアム(ETH)などの仮想通貨によって150%以上の担保を持ち、米ドルと連動。$5.6B
TerraUSD (UST)アルゴリズムによって価値を安定させるステーブルコイン。一時的にペッグを外れることもある。$2.9B
Gemini Dollar (GUSD)Gemini取引所によって発行される米ドルペッグのステーブルコイン。透明性と規制順守強調。$195M
Paxos Standard (PAX)米ドルと連動し、ニューヨーク州金融サービス局によって承認されている。$396M
      【PayPal USD (PYUSD)と他の主要なステーブルコインとの比較】

デジタルドルにとってもペイパルの参入は重要な意味を持ちます。デジタルドルはアメリカ連邦準備制度理事会(FRB)が検討しているデジタル通貨であり、ペイパルの参入によってその存在感が増しました。ペイパルは巨大な顧客基盤を持ち、ステーブルコイン市場において一定の影響力を持つことが予想されます。

サークル、テザー、デジタルドルにとって何を意味するのか?

以下はPayPal USD (PYUSD)とTether (USDT)、USD Coin (USDC)、Binance USD (BUSD)の4つのステーブルコインを、11の項目で比較した表です。

項目PayPal USD (PYUSD)Tether (USDT)USD Coin (USDC)Binance USD (BUSD)
裏付け資産米ドル米ドル米ドル米ドル
規制と監督NY監査未定未定NYDFS承認
提供機関PayPalTether Ltd.Circle & CoinbaseBinance
発行機関PaxosTether Ltd.CentrePaxos
流動性未定高い高い高い
安定性未定高い高い高い
利用可能地域アメリカ世界中世界中世界中
手数料購入、販売、保有、送金無料取引所依存取引所依存取引所依存
技術基盤イーサリアム、ERC-20Omni, ERC-20ERC-20ERC-20
透明性未定定期監査定期監査定期監査
将来展望段階的展開市場リーダー成長中成長中
       【主要ステーブルコインとPayPal USD (PYUSD)の比較表】

ペイパルのステーブルコイン発行は、サークルやテザー、デジタルドルなどの既存のステーブルコインにとって何を意味するのでしょうか?これらのステーブルコインは、暗号通貨市場で重要な役割を果たしています。しかし、ペイパルの参入により、その地位が揺らぐ可能性があります。

ペイパルは世界中で利用されている大手決済サービスなので、ペイパルのステーブルコイン市場参入により、より多くの人々がステーブルコインに触れる機会が増えるでしょう。これにより、既存のステーブルコインにとっては競争相手が増えることになります。

また、ペイパルは世界中で広く認知されているブランドです。その信頼性や安全性がステーブルコインにも適用されることで、一般消費者にとってはより魅力的な選択肢となるでしょう。これにより、既存のステーブルコインは市場シェアを奪われる可能性があります。

さらに、ペイパルは多くのパートナーシップを持っています。これにより、ペイパルのステーブルコインは既存のステーブルコインとの連携や統合が容易になるでしょう。これにより、既存のステーブルコインとの関係性が強化され、相互に利益を得ることができる可能性があります。

ただし、ペイパルのステーブルコイン市場参入で、既存のステーブルコインにとっては競争の激化や市場シェアの喪失というリスクも存在します。そのため、彼らは新たな戦略やアプローチを模索する必要があるでしょう。

ペイパルのステーブルコイン発行は、既存のステーブルコインにとっては大きな脅威となる可能性があります。しかし、競争の中で新たな価値や可能性が生まれることも考えられます。今後の動向に注目が集まるでしょう。

PYUSDの評価と未来

PYUSDは、ペイパルが発行するステーブルコインであり、市場への参入により注目を集めています。PYUSDの評価と未来について考えてみましょう。

まず、PYUSDの評価についてです。PYUSDは、ペイパルの強力なブランドと信頼性を背景に、市場での評価が高まっています。また、ステーブルコインの特徴である価値の安定性も評価されています。PYUSDは、1対1で米ドルにバックされており、その価値は安定しています。

次に、PYUSDの未来についてです。PYUSDは、一般消費者にとって潜在的なユースケースやメリットがあります。例えば、国際送金やオンラインショッピングなどのトランザクションで、PYUSDを利用して手数料や為替手数料を削減できます。

また、PYUSDはどのように利益を上げるのかという点も注目されています。PYUSDは、ペイパルのエコシステム内で使用されることが期待されており、その利用拡大により収益が見込まれます。

さらに、PYUSDの市場での位置づけも重要です。他のステーブルコインとの関係性や競争力が注目されています。サークルやテザーなどの競合他社との差別化や連携がPYUSDの成功につながるでしょう。

PYUSDの評価と未来についての深堀りは、業界に影響を与えるでしょう。PYUSDの成功は、ステーブルコイン市場全体の成長や仮想通貨の普及にも寄与する可能性があります。そのため、市場参加者や投資家はPYUSDの動向に注目しています。

大きな疑問:何か新しいものなのか、それとも単なる「昔と同じ」なのか?

ペイパルがステーブルコイン市場への参入を果たしました。そのステーブルコインとは、PayPalUSD(PYUSD)と呼ばれるものです。PYUSDのステーブルコイン市場への影響はどのようなものでしょうか?

ペイパルは、アメリカでの規制の不明確さにもかかわらず、なぜステーブルコインを発行するのでしょうか?それには、仮想通貨の規約を更新し、規制枠組みのない中でのローンチに懸念があるという背景があります。

PYUSDの可能性と影響について考えてみましょう。一般消費者にとって、PYUSDの潜在的なユースケースやメリットは何でしょうか?また、PYUSDはどのように利益をあげるのでしょうか?そして、PYUSDは市場でどのような位置づけになるのでしょうか?

他のステーブルコインとの関係性も気になるところです。サークルやテザー、デジタルドルにとって、ペイパルのステーブルコイン計画は何を意味するのでしょうか?また、ペイパルがステーブルコインの計画を一時中断したことについても触れておきましょう。

最後に、PYUSDの評価と未来について考えてみましょう。PYUSDは何か新しいものなのでしょうか、それとも単なる「昔と同じ」なのでしょうか?また、FRBに権限を付与する必要性を強調し、業界の評価とその影響についても深堀りしていきましょう。

FRBに権限を付与する必要性を強調

FRBに権限を付与する必要性を強調

ペイパルがステーブルコイン市場への参入を果たしたことは、仮想通貨業界において大きな注目を浴びています。その中でも注目すべきは、ペイパルがFRB(連邦準備制度)に権限を付与する必要性を強調している点です。

FRBに権限を付与すると、PYUSDの発行や運営においてより安定した環境を確保できると考えられています。現在の仮想通貨市場は規制の不明確さが指摘されており、その中でのステーブルコインのローンチには懸念があります。しかし、FRBへの権限の付与で、ペイパルは規制枠組みの整備に貢献し、市場の信頼性を高めることができるでしょう。

また、FRBへの権限付与により、PYUSDは他のステーブルコインとの関係性においても優位に立てます。サークルやテザー、デジタルドルといった他のステーブルコインに比べて、PYUSDはFRBのバックアップを受けることができるため、市場での信頼性や安定性が高まると考えられています。

さらに、PYUSDの評価と未来についても注目が集まっています。ペイパルのステーブルコイン発行計画は一時中断されたものの、その後の評価や影響についての深堀りが行われています。業界内では、PYUSDが新しいものなのか、それとも単なる「昔と同じ」なのかという疑問が浮上しています。

全体を通して、ペイパルがFRBに権限を付与する必要性を強調していることは、ステーブルコイン市場において大きな意味を持ちます。その影響や業界の評価については今後の動向に注目が集まるでしょう。

PayPalUSD(PYUSD)の業界の評価とその影響についての深堀り

PayPalUSD(PYUSD)は、PayPalが発行する予定のステーブルコインで、業界内での評価と今後の影響については以下のように考えられます。

業界への期待

PayPalのブランド力と信頼性から、PYUSDに対しては業界内で高い期待が寄せられています。特に、既存の金融システムとの連携が進むとの見方が強いです。

金融市場への潜在的影響

PYUSDの登場により、今後の仮想通貨市場におけるステーブルコインの選択肢が増えることが予想されます。これにより、投資家にとっての取引の柔軟性が向上する可能性があります。

規制との関係

PayPalの名前が付いていることで、規制当局との信頼関係の構築が期待されています。これにより、PYUSDの法規制の遵守が進展するとの見方もあります。

結論

PayPalUSD(PYUSD)は、まだ利用が開始されていない段階ではありますが、業界内での高い期待と、今後の市場への潜在的な影響が注目されています。その展開によっては、金融市場における新たな動向を生み出す可能性があると言えるでしょう。

まとめ

PayPalUSD(PYUSD)は、世界的な決済サービスPayPalが提供する新しいステーブルコインで、米ドルと連動する価値を持つことが特徴です。PayPalの国際的な金融業界における地位と強固な信頼性が、このステーブルコインの最大のメリットとなっています。取引の透明性と安定した価値も、投資家にとっての魅力でしょう。一方で、具体的な評価や市場反応が未知数であるため、その動向に注目が集まっています。他のステーブルコインと比較して、PYUSDは金融市場に新しい風をもたらす可能性を秘めており、その将来性は業界内で極めて高く評価されています。PayPalUSDの登場により、仮想通貨市場は新たな局面を迎えると言えるでしょう。

PayPal USD (PYUSD)が日本でも使えるようになった時に、入手したい方は、まず国内取引所Coincheckで口座を開設しておきましょう。

Coincheckだったら、500円から仮想通貨取引が始められます。

コインチェック

海外の取引所は日本語で口座開設ができる、Bybitがおすすめです。PYUSDの取り扱いもあります。

Bybit-口座開設はこちら

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須