アフィリエイト広告を利用しています

OpenAIサム・アルトマン氏のWorldcoinプロジェクト:仮想通貨WLD価格下落の背後にある真実

OpenAIサム・アルトマン氏のWorldcoinプロジェクト:仮想通貨WLD価格下落の背後にある真実

スポンサーリンク

OpenAIの共同創設者であるSam Altman氏が推進するWorldcoin(WLD)は、一時的に注目を集めましたが、その価格は急速に下落しています。特に、8月初めには約$2.50だった価格が、8月25日時点で約$1.31にまで下がっています。

この記事では、WLDの価格下落の背後にある要因、Sam Altman氏のプロジェクトが直面する課題、そしてこれからの見通しについて、詳しく解説します。

WLD(Worldcoin)とは?

Worldcoin(WLD)は、OpenAIの共同創設者であるSam Altman氏が推進する仮想通貨プロジェクトです。このプロジェクトは、ブロックチェーン技術を活用して、より透明で安全な金融取引を提供することを目的としています。Altcoinbuzzによると、WLDは特に高いセキュリティを誇り、その技術的な側面が評価されています。

Worldcoinの基本概要

Worldcoinは、分散型の金融システムを構築することを目的としています。このシステムは、ユーザーが自分自身の資産を管理できるように設計されています。特に、Worldcoinは高速な取引処理能力と低い手数料が特徴で、これにより多くの人々が金融サービスにアクセスできるようになるとされています。FXStreetの調査によると、Worldcoinは「次に来る大きなもの」とも評されています。

Sam Altman氏とWorldcoin

Sam Altman氏は、OpenAIの共同創設者であり、テクノロジーと金融の融合に深い関心を持っています。彼のビジョンは、Worldcoinが金融の未来を変える可能性があるというものです。

同時に世界中の人々にベーシックインカムを提供するという理想も掲げています。

しかし、Altman氏のプロジェクトは現在、価格の急落とともに多くの課題に直面しています。特に、価格が8月初めの約$2.50から8月25日時点で約$1.31にまで下がっている点が注目されています。DropsTabのデータによると、WLDの時価総額は大幅に減少しており、これが投資家の不安を高めています。

WLDの価格動向

WLD(Worldcoin)は、2023年7月に上場して以来、7月24日に¥466.27を付けた後、価格が大きく下落し8月26日には過去最低価格の¥184.28になりました。

特に、上場直後の注目を受けたものの、8月に入ってからも価格が下落しています。このセクションでは、WLDの上場以降の価格動向と、最近の価格下落の詳細について解説します。

2023年の価格変動

WLDは2023年7月に上場し、初めての月で一定の注目を集めました。Altcoinbuzzによると、上場直後は多くの投資家が参入し、価格も一時的に上昇しました。しかし、8月初めには約$2.50だった価格が、8月25日時点で約$1.31にまで下がっています。この急激な価格変動は、市場の不安定性とも関連しているとされています。

最近の価格下落のデータ

DropsTabのリアルタイムデータによると、WLDの価格は過去24時間で約5%下落しています。さらに、過去7日間での下落率は約15%にも達しています。この急激な価格下落は、市場全体の不安定性や投資家の信頼喪失が影響している可能性が高いです。特に、FXStreetの調査によると、多くの投資家がWLDの将来性に疑問を持っていると報じられています。

Gizmodoの報告によるWLDの状況

Gizmodoの記事によれば、Worldcoin(WLD)は2023年7月24日にローンチされ、その後の1ヶ月で価格が44%も下落しました。特に8月初めに約$2.50だったWLDの価格は、8月25日時点で約$1.31にまで落ち込んでいます。この急速な価格の下落は、多くの投資家と短期売り手に影響を与えています。

価格の急落とその影響

Worldcoinの価格は、ローンチからわずか1ヶ月で44%も下落しました。この急落は、特に初期の投資家と短期売り手に大きな影響を与えています。初期の投資家は、投資額が半減する可能性があります。一方で、短期売り手や価格下落を予測していた人々は、この状況から利益を上げています。

Gizmodoの評価と見解

Gizmodoは、Worldcoinの急速な価格下落について、いくつかの要因を指摘しています。その一つは、Worldcoinのバイオメトリックデータ収集の疑問点です。特に、ケニアの当局がこのプロジェクトのデータ活用に疑問を呈しています。また、Worldcoinの目標は、世界中の「無銭」の人々にお金を提供することであり、これが仮想通貨市場での現在の下落に一役買っている可能性があります。

このGizmodoの記事に基づいて、Worldcoin(WLD)の状況は非常に厳しいと言えます。特に、価格の急落とその背後にある要因について、多くの疑問が投げかけられています。

AltcoinbuzzによるWorldcoin(WLD)の価格下落の分析

Altcoinbuzzの記事によれば、Worldcoin(WLD)の価格は過去1か月で約40%下落しています。この下落は主に、プロジェクトの疑わしいトークノミクス、プライバシーに対する懸念、およびコミュニティ内の否定的な反応に起因しています。

トークノミクスとプライバシーの問題

Worldcoinは、アイリススキャン技術を使用して身元を確認し、その報酬としてネイティブトークンを提供します。しかし、このプロジェクトはプライバシーに対する重大な懸念と「オーウェル的」な身元確認手法によって厳しく批判されています。さらに、10億WLDトークンの大部分が次の15年間で解除されるというトークノミクスモデルにも疑問が呈されています。

コミュニティと早期投資家へのトークン配分

Worldcoinのトークノミクスモデルでは、供給量の約75%がコミュニティに割り当てられる予定です。これは、ほとんどのトークンをVC投資家とインサイダーに割り当てる一部のDeFiプロトコルよりも優れています。しかし、「コミュニティ」とは具体的に何を意味するのか非常に曖昧であり、ガバナンスにも含まれています。

価格の急落と市場の反応

WLDは、ローンチ後数時間で$3.30まで急騰しましたが、その後41.3%急落して$1.97になりました。この価格の急落は、プロジェクトに対する市場の否定的な反応と、その疑わしいトークノミクスによるものとされています。

この情報はAltcoinbuzzの記事「Why WorldCoin’s (WLD) Price Dropped 40% In the Last Month?」に基づいています。

FXStreetによるWorldcoin(WLD)の価格下落と調査

FXStreetの記事によると、Worldcoin(WLD)の価格は、そのローンチから1か月以内に46.37%下落しました。さらに、このプロジェクトは現在、ドイツ、フランス、およびイギリスで調査を受けています。

調査と価格下落の関連性

Worldcoinは、その目のスキャンによるユーザー登録の方法が、国のデータ保護法に違反する可能性があるとして、いくつかの国で調査を受けています。このような状況は、WLDの価格にも影響を与えています。特に、WLDの価格は、Binanceでの上場翌日に$2.456だったものが、30日後には$1.317にまで下落しました。

内部告発者の主張

Nadir Hajarabiと名乗る内部告発者がYouTubeで声明を発表しました。彼は、WLDのトークンローンチ以前からWorldcoinプロジェクトに関与していたと主張しています。Hajarabiは、プロジェクトが「ひどく」実行されていると評価し、そのビデオでプロジェクトに関連するいくつかの赤い旗を共有しています。

この情報はFXStreetの記事「Worldcoin price dips 46% in a month as Sam Altman’s project faces investigation worldwide」に基づいています。

H2: DropsTabによるWorldcoin(WLD)の現状

DropsTabのデータによれば、Worldcoin(WLD)は現在、約$1.25で取引されており、過去24時間で5.52%の価格下落が見られました。また、過去7日間で13.75%の価格下落があります。

WLDの価格と市場動向

DropsTabによると、Worldcoin(WLD)の現在の市場価値は約1,435.9百万ドルです。このデジタル資産は、全体の暗号資産市場の総額の0.01%未満を占めています。また、WLDの1年間での最高価格は$2.50で、最低価格は$1.25です。

取引量と流通供給

Worldcoin(WLD)の過去24時間の取引量は約3,364百万ドルであり、そのうち48.66%がBinance FuturesのWLD/USDTペアによって寄与されています。現在の流通供給量は約11,396百万WLDです。

この情報はDropsTabの記事「$1.41 | WLD USD Live Chart & Worldcoin Market Cap」に基づいています。

まとめと今後の見通し

Gizmodoの記事によれば、Worldcoinの価格は急速に下落しています。特に、ケニア当局がプロジェクトのデータ収集に疑問を呈した後、価格は44%も下がりました。この記事では、Worldcoinのビジョンと現実のギャップ、ケニアでの問題、そしてWorldcoinの今後について詳しく解説しています。

WLDの価格下落の主な要因

Gizmodoの記事によれば、WLDの価格は8月初めに約$2.50から8月25日時点で約$1.31に大幅に下がっています。この急激な価格下落は、投資家にとって大きな懸念材料となっています。Altcoinbuzzの分析によれば、この価格の40%の下落は市場の変動性、利益確定、および技術的な要素に起因しています。特に、仮想通貨市場の不安定性がこのような価格変動を引き起こしている可能性が高いです。

Worldcoinのビジョンと現実のギャップ

Worldcoinは、人々の網膜をスキャンして「World ID」を作成し、それを通じてWLDトークンを配布するという野心的なプロジェクトです。しかし、その価格は8月初めの約250ドルから8月25日時点で約131ドルにまで下がっています。これは過去30日間で44%の価格下落を意味します。特に、ケニアの当局がWorldcoinのデータ収集方法に疑問を呈し、活動を一時停止した後、価格はさらに下落しました。

ケニアでのWorldcoinの問題

Worldcoinはケニアで大きな問題に直面しています。ケニアの当局は、Worldcoinが網膜スキャンによるデータ収集に関して「セキュリティリスク」があるとして、同社の活動を一時停止しました。さらに、ケニアの警察はWorldcoinのオフィスを数日で急襲しました。これにより、Worldcoinの信頼性が大きく損なわれ、価格がさらに下落する可能性が高まっています。

Worldcoinの今後の見通し

Worldcoinの今後は非常に不透明です。価格の急速な下落とケニアでの問題が解決されない限り、プロジェクトの将来は厳しいものとなるでしょう。特に、Worldcoinの主なビジョンである「お金のない人々にお金を与え、銀行口座のない人々を銀行化する」という目標は、現状では達成が難しいと言えます。

この情報はGizmodoの記事「Just a Month After Launch, Sam Altman’s Worldcoin Is Already Dying」に基づいています。

「わずか1か月の間に、サム・アルトマンのワールドコインは早くも衰退しています」記事の画像

Just a Month After Launch, Sam Altman’s Worldcoin Is Already Dying

gizmodo.com

投資家にとっての意味とリスク

DropsTabのデータによれば、WLDは過去24時間で-5.60%、過去7日間で-12.20%の価格下落を示しています。これは短期間でのリスクが非常に高いことを意味しています。さらに、FXStreetの報告によれば、WLDのプロジェクトは世界中で調査を受けているとのこと。これは、法的なリスクも伴う可能性があり、投資家は十分なリサーチと慎重な判断が必要です。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須