アフィリエイト広告を利用しています

緊急速報!Worldcoinの認証予約機能公開:虹彩スキャンでトークン引き換え可能に、ベーシックインカムへの新たな一歩

緊急速報!Worldcoinの認証予約機能公開:虹彩スキャンでトークン引き換え可能に、ベーシックインカムへの新たな一歩

スポンサーリンク

ワールドコインが、2023年8月11日に革新的な虹彩スキャン技術を用いたWorld IDの認証予約機能を公開しました。

この機能により、認証予約を行った後、12ヶ月以内に虹彩スキャンをすることでトークンに引き換えられる仕組みが実現されました。全世界の人々に対して仮想通貨の形でベーシックインカムを提供することを目指すWorldcoinの新たな一歩を、この記事で詳細に解説します。

日本においても認証予約機能はアプリ経由で近くのOrbの設置場所を検索して予約することで使えます。

関連記事:Worldcoin(WLD)をもらいました;

関連記事:Worldcoinについて知りたい方は;

関連記事:WorldcoinのトークンWLDは上場したばかりです;

関連記事:2023年8月WLDは下落しました。

Worldcoinの認証予約機能とは?

Worldcoinの認証予約機能は、仮想通貨取引の新たな一歩として注目されています。このセクションでは、以下の項目について詳しく解説します。
・認証予約機能の登場背景と目的
・仕組みの概要:認証予約から虹彩スキャンまでのプロセス
・12カ月以内の虹彩スキャン:手順と注意点
・トークン引き換えの方法とタイミング
・Worldcoinにおける認証予約機能の位置づけ
・利用者へのメリットと影響
・今後の展開と期待される効果

認証予約機能の登場背景と目的

Worldcoinは、世界最大の身元認証と金融公共ネットワークを目指しており、国籍や経済状況に関係なく誰でも利用できるように設計されています。このネットワークは、個人のユニークな存在を証明するためのデジタルID(World ID)と、ユーザーにWorldcoinプロトコルの方向性に対する発言権を与えるトークン(WLD)から構成されています。

虹彩スキャン技術を用いたWorldcoinの装置、Orb

Worldcoinの認証予約機能は、ユーザーによるトークンの事前予約と、Orb(オーブ)という装置による虹彩スキャンによる認証を可能にするものです。この機能の目的は、仮想通貨の普及を促進し、ユーザーに安全かつ迅速にトークンを提供することです。

仕組みの概要:認証予約から虹彩スキャンまでのプロセス

認証予約機能を利用するプロセスは、まず認証予約を行い、その後12カ月以内に指定された場所で虹彩スキャンを行うというものです。このプロセスにより、ユーザーは自身のWorldcoinトークンを確保できます。

12カ月以内の虹彩スキャン:手順と注意点

虹彩スキャンは、認証予約後12カ月以内に行う必要があります。手順はシンプルで、指定された場所で虹彩をスキャンするだけですが、期限を逃すとトークンの引き換えができなくなるため、注意が必要です。

トークン引き換えの方法とタイミング

トークンの引き換えは、虹彩スキャン後に行うことができます。タイミングはユーザーの自由で、特定の期限は設けられていません。

Worldcoinにおける認証予約機能の位置づけ

Worldcoinにおける認証予約機能は、ユーザーにとって新しいトークン取得の道となっており、プラットフォームの信頼性と利便性を高める重要な要素です。

利用者へのメリットと影響

認証予約機能の利用者には、トークン取得の手間が減り、より迅速に取引を開始できるメリットがあります。また、この機能によってWorldcoinの利用が一層広がることが期待されています。

今後の展開と期待される効果

Worldcoinの認証予約機能は、今後も進化し、更なる利便性の向上が期待されています。この機能の普及により、仮想通貨市場全体の活性化が期待されるとともに、Worldcoin自体の価値も高まるとされています。

虹彩スキャンでのトークン引き換えの仕組み

このセクションでは、Worldcoinの虹彩スキャン技術とトークン引き換えプロセスについて詳しく解説します。以下の項目について説明します。

  • 虹彩スキャン技術の概要
  • World IDとトークン引き換えプロセス
  • 虹彩スキャンのセキュリティとプライバシー

虹彩スキャン技術の概要

Worldcoinは、人々の目をスキャンしてデジタル通貨で支払うための球形のデバイスを使用しています。この技術は、ユーザーがアカウントを確認するために虹彩スキャンを取ることで、無料の暗号通貨を提供するという約束を果たしています。虹彩の画像は暗号化され、ユニークなコードになり、オリジナルのデータはプライバシー保護のために削除されます。

World IDとトークン引き換えプロセス

Worldcoinの球形デバイスは、12カ国で既に出荷されており、テスターはユーザーの虹彩をスキャンしてサインアップさせます。その後、ユーザーにはWorldcoinの暗号通貨の無料シェアが提供されます。このプロセスは、暗号通貨と金融サービスを一般の人々に広げるためのもので、虹彩コード自体がオーブから出る唯一のものであるとしています。

虹彩スキャンのセキュリティとプライバシー

Worldcoinのシステムは、基本的にプライバシーを保護するように設計されています。虹彩スキャンのデータベースは存在せず、セキュリティとプライバシーを保護するために最も効果的な方法とされています。この技術は、人々がシステムをだますことができないようにするための解決策として開発されました。CEOのBlania氏は、この技術を「世界中のすべての人がユニークであることを証明する最も安全でプライバシーを保護する方法」と称しています。

ベーシックインカムへの新たな一歩:Worldcoinのビジョン

Worldcoinのビジョンは、より統一され、公正なグローバル経済を推進することです。以下の項目で詳しく解説します。

  • Worldcoinのミッションとビジョン
  • ベーシックインカムとは?
  • Worldcoinによるベーシックインカムの展開

Worldcoinのミッションとビジョン

Worldcoinは、サンフランシスコとベルリンに拠点を置くアイリスバイオメトリック暗号通貨プロジェクトで、2019年にOpenAIのCEOであるSam Altman、Max Novendstern、Alex Blaniaによって設立されました。Worldcoinの目標は、インターネット経済によって推進される、より統一された公正な世界経済を創出することです。このプロジェクトは、Ethereumブロックチェーンのセキュリティを活用しながら、独自の経済を持つLayer 2 Ethereumベースの暗号通貨であるWLDトークンを提供しています。

ベーシックインカムとは?

ベーシックインカムは、すべての人々に無条件で一定額のお金を提供する社会保障制度の一つです。Worldcoinは、人々をネットワークに参加させるインセンティブとして、UBI(Universal Basic Income)に似た暗号通貨の分配メカニズムを使用しています。このプロジェクトは、人々がWorldcoinのオーブ型アイリススキャナーを使用して虹彩をスキャンすることで、ネットワークに参加することを奨励しています。

Worldcoinによるベーシックインカムの展開

Worldcoinは、人々がオンラインで信頼性のある方法で人間であることを認証する「World ID」と呼ばれるシステムを提供することを目指しています。このシステムは、人工知能によって容易に作成される偽の仮想アイデンティティを排除するためのものです。Worldcoinは、2023年7月24日にベータ版から正式にローンチし、米国内に11のオーブロケーションを設置し、20カ国35都市で展開しています。このプロジェクトの進展により、ベーシックインカムの新しい形態が世界中で展開されています。

Worldcoinの展開と現状

Worldcoinの展開と現状について解説します。以下の項目で詳しく説明します。

  • 主要都市での虹彩スキャンステーション設置
  • 参加者数と認証件数の増加
  • 規制と批判に対するWorldcoinの対応

主要都市での虹彩スキャンステーション設置

Worldcoinは、2023年7月24日にベータ版から正式にローンチされました。この際、アメリカ合衆国内に11のオーブロケーションが設置され、20カ国35都市での展開が計画されています。これにより、より多くの人々がWorldcoinの虹彩スキャンを利用できるようになりました。

日本でも8カ所にOrbが設置され、予約者を受け入れています。

関連記事:日本のOrb設置個所も紹介しています;

参加者数と認証件数の増加

Worldcoinのベータ版段階で約200万人のユーザーがオンボードされました。この成功は、Worldcoinプロジェクトとアプリケーションの拡大に向けた追加の資金調達につながりました。今後の展開により、参加者数と認証件数のさらなる増加が見込まれています。

規制と批判に対するWorldcoinの対応

Worldcoinは、低所得国での論争の的となる慣行についてMIT Technology Reviewから批判を受けました。また、2023年5月には、Worldcoinのオペレーターの個人デバイスからログイン情報が盗まれる事件が発生しましたが、個人ユーザーデータの漏洩は確認されていません。これらの問題に対して、Worldcoinは適切に対応し、プロジェクトの信頼性を高める努力を続けています。

まとめ

2023年8月11日に公開された、Worldcoinの認証予約機能は、仮想通貨業界における革新的な一歩となりました。この記事では、Worldcoinの認証予約機能の概要から、虹彩スキャン技術、ベーシックインカムへのビジョン、現状の展開に至るまで詳細に解説しました。

Worldcoinの認証予約機能は、ユーザーが12カ月以内に虹彩スキャンを行い、トークンに引き換えることが可能なシステムを提供しています。

日本でもアプリ経由で予約できます。

認証予約から虹彩スキャン、トークン引き換えのプロセスは、ユーザーにとって新しい体験を提供します。セキュリティとプライバシーの保護も重視されており、信頼性の高いシステムが構築されています。

ベーシックインカムへの取り組みは、Worldcoinのミッションとビジョンの核心であり、今後の展開が期待されています。主要都市での虹彩スキャンステーションの設置や参加者数の増加など、プロジェクトの拡大が進んでいます。

一方で、規制や批判に対する対応も求められており、今後の動向が注目される部分です。

Worldcoinは、仮想通貨とテクノロジーの融合によって、新しい価値と可能性を創出しようとしています。その取り組みは、今後の仮想通貨業界の発展において、重要な指針となるでしょう。

関連記事:Worldcoin(WLD)をもらいました;

関連記事:Worldcoinについて知りたい方は;

関連記事:WorldcoinのトークンWLDは上場したばかりです;

関連記事:Worldcoinについて知りたい方は;

関連記事:WorldcoinのトークンWLDは上場したばかりです;

関連記事:2023年8月WLDは下落しました。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須