アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨Nitro Network(NCash)とは?特徴や買い方と価格推移・将来性を徹底解説

仮想通貨Nitro Network(NCash)とは?特徴や買い方と価格推移・将来性を徹底解説

スポンサーリンク

仮想通貨Nitro Network(NCash)は、小売業界特化の仮想通貨です。

IoTとブロックチェーンを組み合わせて、実店舗での顧客の行動と買い物のデータを活用して売上向上を図ります。

2021年10月27日にNucleus VisionからNitro Networkへと名称変更が行われ、その独自トークンであるNCashが中核になっています。

この記事では、Nitro Networkの特徴、買い方、価格推移、そして将来性について徹底的に解説します。

仮想通貨Nitro Network(NCash)とは?

トークン名称Nitro Network
仮想通貨シンボル・単位Ncash
ブロックチェーンAvalanche C-Chain
総供給量18,467,541,792 NCash
価格(1Ncashの円価格)@2024/3/4¥0.0004633
過去最高値@May 01, 2018¥7.77
過去最低値@Feb 23, 2024¥0.0003976
時価総額@2024/3/4339万円
市場ランキング@2024/3/42260位
公式リンクhttps://nitro.network/
https://nft.nitro.network/
【仮想通貨Nitro Network(NCash)概要】

仮想通貨Nitro Network(NCash)とは、小売業界に特化したブロックチェーンプロジェクトです。Ncashは、小売店舗に設置された顧客識別センサーを通じて顧客の行動を把握し、それに基づいて個別の購入履歴や行動などのデータ分析サービスを提供します。このサービスは、手数料なしで利用できます。

このプロジェクトは小売業界に限らず、他の業種への応用も視野に入れています。例えば、ホームセキュリティシステムでの応用が考えられ、ここでは独自のIoTセンサーを使用して潜在的な脅威や侵入者を特定し、ブロックチェーンを通じて関係者にデータを送信する計画があります

Ncashの特徴とメリット

仮想通貨Nitro Network(NCash)使命
【仮想通貨Nitro Network(NCash)使命】

仮想通貨Nitro Network(NCash)はブロックチェーンを使った、IoTのエコシステム構築を目指しています。Ncashの特徴を以下のポイントから解説します;

  • 手数料なしで利用可能
  • Nitro Networkによる顧客行動の把握
  • 小売業界に対する革新的なアプローチ
  • 小売業界以外への展開可能性

手数料なしで利用可能

仮想通貨Nitro Network(NCash)は手数料なしで利用できます。ユーザーが仮想通貨の取引や送金を行う際に手数料を支払う必要がないのです。これにより、ユーザーはより便利に取引を行うことができます。

この手数料無料のメリットは、小額の取引や頻繁な送金を行う場合に特に有利です。例えば、日常的な買い物や友人への送金など、小さな金額を扱う際には手数料が大きな負担になりますがが、Ncashはそのような負担をゼロにします。

手数料を気にせずにNcashを利用できるため、Ncashの普及が期待されます。

Nitro Networkによる顧客行動の把握

次世代のスマートな生活を支援する、仮想通貨Nitro Network(NCash)使命
【次世代のスマートな生活を支援する、仮想通貨Nitro Network(NCash)】

Nitro Networkは、独自のIONセンサーを使って、顧客の行動データをリアルタイムで収集し、分析できます。顧客の行動を把握すると、小売業者は顧客の嗜好や購買パターンを把握し、より顧客のニーズや嗜好に合わせた商品やサービスを提供できます。。

また、Nitro Networkはブロックチェーン技術を活用して顧客のプライバシーとデータのセキュリティを確保しています。顧客は自身のデータを自由に管理し、必要な場合にのみ共有できます。これにより、顧客は自身の情報をコントロールできるだけでなく、小売業者も信頼性の高いデータを利用できます。

小売業界に対する革新的なアプローチ

Ncashの小売業界へのインパクトは革新的です。Ncashは顧客の行動を独自のIONセンサーを使ってリアルタイムで把握できます。従来の、顧客の行動や嗜好の把握にアンケート調査やカードの利用履歴調査に比べて、リアルタイム性があります。

このIONセンサーは顧客が店舗に入店した瞬間から顧客の行動をリアルタイムで追跡し、顧客が商品を手に取ったり、試着したりする様子を把握し、顧客の嗜好や購買パターンをより正確に把握できます。

Ncashは顧客に対して特典や割引を提供できます。顧客がNcashを持っていれば、加盟店で買い物をしたらポイントがもらえます。顧客はポイントを使って割引を受けることができるため、より多くの顧客がNcashを利用する動機付けとなります。

小売業界以外への展開可能性

Nitro Network(NCash)は小売業界以外へも展開が可能です。例えば、観光業やエンターテイメント業界などで、顧客の行動を把握して、より効果的なサービスが提供できるようになります。

医療業界でもNcashの活用が期待されます。病院や診療所などで、患者の待ち時間の短縮や診療の効率化が実現できます。また、患者の健康管理や予防医療にも活用が可能です。

さらに、学校や教育機関でもNcashを活用して、生徒や学生の学習状況の把握や指導の最適化が可能です。また、コンサートやイベントなどのチケット販売や入場管理にも利用ができます。

バイナンスによる上場停止措置:2022年3月

Binanceは定期的にリストに登録されている仮想通貨をレビューし、バイナンスの要求基準を満たしているか確認しています。

2022年3月、Binanceは独自の基準に基づき、Nitro Network(NCash)を含む複数のトークンの全取引ペアの上場廃止を決定しました。この決定は特にNCash/BTC取引ペアに影響を及ぼしました。NCash/BTCペアの廃止により、トークンの将来の実用性に対する懸念が高まったことは否めません。通常、ビットコインで表示されるペアは取引量が多く、その廃止はトークンの視認性と価値に大きく影響する可能性があります。

バイナンス以外の取引所ではそのような動きは無く、NCashトークンはMXC、WazirX、HTX、Bitfinex、BitTrue、Bitbns、Huobi Korea、IDEX、Crex24など他の取引所で引き続き取引可能です。

Binanceでの上場廃止は、Ncashトークンの取引量に影響する可能性がありますが、他のプラットフォームでの取引がこれを緩和すると考えられています。上場廃止の長期的な影響は不確かであり、NCashの価値への全体的な影響は時間をかけて明らかになるでしょう。

Ncashの主要テクノロジー

Ncashは、独自のテクノロジーを活用しています。それらは、

  • 独自のIONセンサーとその普及状況
  • ブロックチェーンネットワークOrbit
  • ディープラーニングによる情報分析NEURON
  • ネットワーク加入店でのポイント利用

などです。順番に見ていきましょう。

独自のIONセンサーとその普及状況

Nitro Network(NCash)は、独自のIONセンサーを活用して、小売店において顧客の行動を把握します。このセンサーは、Wi-FiとBluetoothの信号を利用して顧客のスマートフォンを検知し、その情報を分析します。

IONセンサーは、小売業界での利用が進んでおり、多くの店舗で導入されています。センサーにより、顧客の来店頻度や滞在時間、購買履歴などの情報をリアルタイムで把握できます。また、センサーを通じて顧客に対して個別のプロモーションや特典を提供できます。

IONセンサーが普及すると、小売業界は個々の顧客のニーズをより正確にリアルタイムで把握して、個別対応して、顧客満足度の向上や売上の増加が期待できます。

ブロックチェーンネットワークOrbit

Nitro Network(NCash)は、ブロックチェーンネットワークOrbitを利用しています。

Orbitは、小売業界における顧客行動の把握、分析取引の透明性とセキュリティを確保するために使用されます。また、NEURONと呼ばれるディープラーニング技術も活用されており、顧客の情報を分析し、より効果的なマーケティング戦略を立てることができます。

Orbitは、センサーとブロックチェーン技術を組み合わせたシステムで、小売店舗内で顧客の行動を追跡します。センサーは、顧客が店舗に入店したり、商品を手に取ったりする様子を検知し、その情報をブロックチェーンに記録します。

このようにして得られたデータは、後述するNEURONと呼ばれるディープラーニング技術によって分析され、膨大なデータから顧客の嗜好や行動パターンを把握し、マーケティングを最適化します。

Orbitにより、顧客の行動データを基にしたターゲティング広告や個別のプロモーションの提供で、顧客の満足度を高められます。

また、Orbitは小売業界に限定されるものではなく、将来的には他の産業領域、公共施設や交通機関などでの利用も考えられています。

ディープラーニングによる情報分析NEURON

Nitro Network(NCash)は、ブロックチェーンネットワークOrbitと組み合わせて、ディープラーニングによる情報分析NEURONを活用しています。

NEURONは、独自のアルゴリズムを使用して個々の顧客の行動データを収集・分析して、行動パターンや嗜好を把握して小売業界におけるマーケティングや顧客サービスを改善します。

さらに、NEURONはディープラーニングによって学習し、分析の精度をより高めています。

NEURONは、小売業界だけでなく、他の業界でも顧客の行動データを分析してより効果的なマーケティングやサービスの提供が可能となります。

ネットワーク加入店でのポイント利用

Nitro Network(NCash)は、ネットワーク加入店でポイントが利用できる仮想通貨です。Ncashを保有していると、加入店での買い物時にポイントを受け取ったり、割引や特典を受けられます。

ネットワーク加入店は、小売業界を中心に展開しており、様々な商品やサービスを提供しています。Ncashを利用すると、ユーザーはポイントを使って商品を購入できます。また、ポイントは加入店での買い物以外にも、提携企業との交換やキャンペーンへの応募などにも利用できます。

Ncashの価格推移と現在の価格

仮想通貨Nitro Network(NCash)全期間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨Nitro Network(NCash)全期間価格推移(CoinMarketCap)】

上図が、2018年から2024年3月までの、Ncashの価格推移です。

2018年5月1日に1Ncash=7.77円という過去最高値をつけましたが、その後は下落し、2021年には一時反発高となったものの、2022年3月のバイナンスの取り扱い停止後は長期低迷しています。

最低価格は2024年2月23日の0.0004円です。2024年3月4日現在の価格は0.0004633円と、最低価格の約1.2倍、最高価格の1/16770です。1日(24時間)の取引量は、¥14,333と極めて低調であることが分かります。実質Ncash市場は動いていない状況と言えるでしょう。

少しでも取引が膨らむと価格は急騰する可能性もあります。

Ncashの将来性と投資への期待

Ncashの将来性と投資への期待について考えてみましょう。

Ncashは、小売業界に革新的なアプローチをもたらす仮想通貨です。手数料なしで利用できる特性や、Nitro Networkによる顧客行動の把握など、他の通貨にはない魅力があります。

Ncashは、小売業界以外にも展開の可能性があります。そのため、将来的にはさらなる成長が期待されています。また、独自のIONセンサーやブロックチェーンネットワークOrbit、ディープラーニングによる情報分析NEURONなど、主要なテクノロジーも持っています。

ただし、Ncashには課題とデメリットもあります。特にバイナンスによる取引停止処分です。その結果、Ncashは長期低迷期にあります。

Ncashの特徴と他通貨との比較

Ncashは、仮想通貨の中でも特徴的な要素を持っています。まず、手数料なしで利用できるという点が大きなメリットです。これにより、ユーザーは取引や送金時に手数料を気にせず利用できます。

また、Nitro Networkは顧客の行動を把握できるという特性も持っています。これにより、小売業界では顧客の行動パターンを分析し、効果的なマーケティング戦略を立てることができます。

さらに、Nitro Networkは小売業界に対して革新的なアプローチを提供しています。これにより、小売業界の業績向上や顧客満足度の向上に貢献しています。

また、Ncashは小売業界以外にも展開可能性があります。例えば、医療や物流などの分野での活用も期待されています。

以上のように、Ncashは手数料なしで利用できる特性や顧客行動の把握などの特徴を持っており、他の通貨と比較しても優れたポイントが多いので、これからの展開にも期待が高まります。

Ncashの購入方法とおすすめ取引所

仮想通貨Nitro Network(NCash)は国内仮想通貨取引所では扱いがありません。ので国内取引所に登録し、ビットコインかイーサリアムを買って、海外取引所に送金して、NCashに交換する手順を取ります。

NCashの購入方法は比較的簡単です。

  • 国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入
  • 海外取引所Bybitに口座を開設する
  • 国内取引所から海外取引所へ送金し、NCashを購入

国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してビットコインなどの仮想通貨を購入

仮想通貨Nitro Network(NCash)の購入は、まずビットコインなどの仮想通貨を国内の仮想通貨取引所での購入から始めます。仮想通貨取引所選びは、取引手数料や使いやすさなどを考慮に入れ、自分に合ったものを選びましょう。ビットコイン取引は、その流動性と普及度から、多くの取引所で対応しています。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすいです。順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

海外取引所に口座を開設する

仮想通貨Nitro Network(NCash)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

国内取引所から海外取引所へ送金してNCashを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨Nitro Network(NCash)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからNitro Network(NCash)を選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

NCashは将来性が高く、需要が増加が予測されています。今が底値圏ですので上昇すると速いことが予想されます。この機会にNCashを購入してはいかがでしょうか?

仮想通貨Nitro Network(NCash)の将来性は明るい:まとめ

Nitro Network(NCash)は、小売業界に革新的なアプローチをもたらす仮想通貨です。特徴として、手数料なしで利用可能なことや、Nitro Networkによる顧客行動の把握が挙げられます。また、小売業界以外への展開可能性もあります。

Ncashの主要テクノロジーとしては、独自のIONセンサーやブロックチェーンネットワークOrbit、ディープラーニングによる情報分析NEURONなどが挙げられます。さらに、ネットワーク加入店でのポイント利用も可能です。

現在のNcashの価格は過去最低値の2倍程度で推移しており、底値と言えます。

仮想通貨Nitro Network(NCash)の将来性は明るいと言えます。小売業界における革新的なアプローチや、独自のテクノロジーが注目されています。

Ncashの購入方法は、日本のCoincheckでビットコインを買って、海外大手のBybitでNcashに交換するのが最も効率的です。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須