アフィリエイト広告を利用しています

【暴落】DRIVEZ(ドライブゼット/仮想通貨DRIV)とは?始め方と稼ぎ方や将来性を徹底解説

DriveZ(ドライブゼット/仮想通貨DRIV)とは?始め方と稼ぎ方や将来性を徹底解説

スポンサーリンク

【お詫び】2023年12月15日現在、DRIVEZプロジェクトのトークンDRIVは価値が非常に低下して、取引は行われていないようです。CoinMarketCapでも、「本プロジェクトは現在追跡が行われていません」と表示されます。これらの状況は、プロジェクトの活動の減少または停止を示唆している可能性があります。本記事の情報はあくまでも、2023年7月時点のものであり、2023年12月段階の現状を正確に反映していないおそれがありますことをお伝えいたします。状況が判明次第、アップデートさせて頂きます。

DriveZ(ドライブゼット)は、運転しながら仮想通貨を稼げる革新的なブロックチェーンゲームで、新たな投資のチャンスとして注目を集めています。

この記事では、DriveZの始め方から稼ぎ方、その将来性までを詳細に解説します。

さらに、DriveZがどのようにして環境問題に取り組み、NFT DAOを構築することを目指しているかも紹介します。

あなたのドライブタイムを資産に変える、新たな投資の世界を解説します。 

ただ、残念ながらDRIVEZアプリは2023年7月15日時点で日本からはダウンロードできなくなっています。

ので、投資の観点からは仮想通貨DRIVの将来性期待となります。

もくじ

DriveZ(ドライブゼット)とは?

トークン名称DRIVEZ
シンボル・単位(ユーティリティ&ガバナンス)DRIV
シンボル・単位(アプリ内トークン)INCO
総発行予定数10億DRIV
価格(DRIVの円価格)@2023/7/14¥0.04265
過去最高値@2022/8/1¥24.13
時価総額@2023/7/144265万円
市場ランキング@2023/7/148641位
公式サイトhttps://drivez.app/
               仮想通貨DRIV概要

DriveZ(ドライブゼット)の仮想通貨DRIVの現在価格は、0.04265円と2022年8月のサービスローンチ前につけた最高価格の500分の1以下に下落しています。

しかも連日最低価格を更新しています。現在がどん底状態といえるでしょう。

DriveZ(ドライブゼット)は、運転することで仮想通貨を稼ぐことができる、新しい形のブロックチェーンゲームです。このゲームは、ブロックチェーン技術とゲームを組み合わせた、新しい形のエンターテイメントです。

DriveZは、ユーザーが自分の車を運転することで「INCO」トークンを獲得します。獲得数は、運転中の移動距離に基づいて計算され、獲得トークンはゲーム内でさまざまな目的に使用できます。

また、DriveZは車のNFT(非代替性トークン)を発行しており、ユーザーは自分だけのユニークな車を所有し、それを他のプレイヤーに販売できます。自分のNFT車が資産となるのです。

DriveZ(ドライブゼット)の特徴

DriveZ(ドライブゼット)サイト入口

DriveZ(ドライブゼット)は、その独自の特徴により、他のブロックチェーンゲームとは一線を画しています。以下に、その主な特徴をいくつか紹介します。

  • ブロックチェーンにBSCを採用
  • 車を運転して仮想通貨を稼ぐ、Move to earn
  • 2種類のトークンが発行されている(DRIVとINCO)
  • 車のNFTを発行し、独自のマーケットプレイス(計画)を運営
  • NFT車は6つの種類を準備
  • アプリは一部日本語に対応

ブロックチェーンにBSCを採用

DriveZは、ブロックチェーンプラットフォームとしてBinance Smart Chain(BSC)を採用しています。

BSCは、高速で低コストのトランザクションで知られており、DriveZはスムーズで効率的なゲームプレイを提供しています。

BSCは、Ethereumと互換性のあるスマートコントラクト機能を持ち、豊富なDAppエコシステムを持っているのでDriveZ(ドライブゼット)の拡張性に貢献することが期待されます。

自分の車を運転して仮想通貨を稼ぐ、Move to earn

DriveZ(ドライブゼット)コンセプト

DriveZの最大の特徴は、実際に自分の車を運転してINCOトークンを稼ぐ「Move to Earn」システムです。

10キロメートル運転するたびに、1INCOが獲得できます。稼いだトークンはゲーム内でさまざまな目的に使用したり、仮想通貨DRIVに交換して換金できます。

2種類のトークンが発行されている

DriveZ(ドライブゼット)上場取引所

DriveZでは、2種類のトークン、

  • DRIV
  • INCO

が発行されています。

DRIV

DRIVはDriveZのネイティブトークンであり主要な通貨です。ゲーム内のさまざまなサービスやアイテムの購入に使用されます。

また、DRIVは外部の暗号通貨取引所に上場しており、取引できます。

ユーザーはゲーム内で稼いだINCOをDRIVに交換し、取引所で他の暗号通貨や法定通貨に交換できるのです。

 INCO

INCOは、ユーザーが運転を通じて獲得できるトークンです。

INCOは、ゲーム内で特定のサービスやアイテムを購入するために使用されます。

INCOはDRIVに交換することができ、そのDRIVはさらに他の暗号通貨や法定通貨に交換することが可能です。

これにより、ユーザーは実際の車を運転することで直接的に収益を得ることができます。

車のNFTを発行し、独自のマーケットプレイス(計画)を運営

車のNFT発行とマーケットプレイス

DriveZでは、ユーザーは自分だけのユニークな車(NFT)を所有し、それを他のプレイヤーに販売できます。

これらの車のNFTは、それぞれが独自の属性と特性を持ち、市場価値が異なります。

ユーザーは自分の車(NFT)を資産として扱うことができます。

さらに独自のNFTの取引所である、マーケットプレイスの開設も計画されています。

NFT車は6つの種類を準備

DriveZでは、6種類の車が用意されており、ユーザーは自分の好みに合わせて車を選べます。

各車種は独自の特性と能力を持っており、例えば、一部の車は高速性能を持ち、一部の車は燃費性能に優れています。

アプリは一部日本語に対応 

DriveZのアプリは日本語に対応しており、日本のユーザーもスムーズにゲームを楽しめます。

アプリ内の全ての機能と情報が日本語で提供され、ユーザーはゲームのルールやシステムを理解するのに苦労することなく、ゲームをプレイできます。

ただ、アルファ版では日本居住者にも提供されていましたが、現時点では日本からはアプリのダウンロードは出来なくなっています。

DriveZ(ドライブゼット)のゲーム内容

DriveZ(ドライブゼット)のゲーム内容は、その革新的な特徴とシステムにより、他のブロックチェーンゲームとは一線を画しています。

以下に、その主なゲーム内容をいくつか紹介します。

  1. NFT DAOにだれでも参加
  2. NFTの価格暴落を防ぐMirroring
  3. 車NFT
  4. コミュニティ-Fi
  5. Auto-Balance & Anti-Inflation Control System
  6. マーケットプレイス
  7. チャリティ

NFT DAOにだれでも参加

DriveZでは、NFT(非代替性トークン)の管理と運用を行うためのDAO(分散型自律組織)が設けられています。

DAOの投票権は、ガバナンストークンであるDRIVを所有しているユーザーに与えられます。

DRIVを所有しているユーザーはNFT DAOの運営に参加し、投票できます。

これは、NFTの所有者が自分のNFTの価値を最大化するための戦略を共有し、議論する場を提供します。

DAOについて知りたい方は是非この記事を参照ください。

NFTの価格暴落を防ぐMirroring

DriveZでは、NFTの価格暴落を防ぐための独自のシステム「Mirroring」が導入されています。

NFTの価格が一定の範囲を超えて下落した場合に、その価格を一定の範囲内に保つためのシステムです。

これにより、NFTの市場価値が急激に下落することを防ぎ、ユーザーの資産価値を保護します。

車NFT

DriveZのゲームプレイは、ユーザーが自分の車を運転することに中心を置いています。

ユーザーは、自分の車を運転してINCOトークンを獲得し、ゲーム内でさまざまな目的に使用することができます。

車はNFTとして表現され、それぞれが独自の性能と特性を持っています。

コミュニティ-Fi

DriveZの長期ビジョンは、NFT DAOのコミュニティに統治権を与えることです。

それ以上に、将来的には誰もが手を取り合い、世界をより良くすることができるコミュニティ・ソーシャル・ネットワークを構築したいと考えています。

コミュニティ-Fiは2023年末までにリリースされる予定です。

Auto-Balance & Anti-Inflation Control System

DriveZは、ユーザーの利益を最大化し、トークンとNFTのインフレを抑制するための革新的なシステム、Auto-Balance & Anti-Inflation Control System(ACCS)を導入しています。

このシステムは、DriveZの専門家チームによって開発され、ArbDRIVEトークンとNFT DAOを通じたNFTのインフレを抑制する役割を果たします。

ACCSは、毎日、道路上で稼働しているNFT、ユーザーの収益と支出、トークンの焼却数、そしてROIの期待値に基づいて、その日に配布される報酬を再計算します。

その結果、インフレを最小限に抑えられます。さらに、必要に応じて、ACCSはトークンのデフレを促進し、その価格を上昇させることさえ可能です。

ACCSは、ユーザーが安定した価値を享受できるように、トークンとNFTの価値を維持するための重要な役割を果たしています。

マーケットプレイス

アプリに組み込まれたマーケットプレイスは、ユーザーにシームレスな体験を提供します。

ここでは、ユーザーは、車両、ミステリーカーボックス、パーツ、ブースター、ミラーなどを複数の価格設定方法で売買することができます。

車両レンタル機能(近日公開予定)は、ユーザーがDriveZを体験するための特別で安価な方法です。車両をお持ちの方はもちろん、普段からドライブに出かける機会の多い方や、新規にDriveZを体験してみたいという方にも、ほぼ投資ゼロでDriveZを体験していただけます。

レンタル機能は、車の持ち主と借り手の間の契約を提供する。また、収益は車の持ち主(32%)と借り手(68%)の間で分配されます。

チャリティ

DriveZは、一部の利益を慈善事業に寄付するという社会貢献活動も行っています。これにより、ユーザーはゲームを楽しみながら、同時に社会貢献にも参加することができます。

ホワイトペーパーには次のように書かれています;「DRIVEZは利益の一部を慈善団体に寄付し、世界中で植林を行うことで大気汚染の排出を削減します。

地球を守り、より良い場所にするために、私たちとともに手を携えてくれる地域社会を望んでいます。」

DriveZは、ゲームを通じて社会的な価値を創出し、世界をより良い場所にすることを目指しているのです。

DriveZ(ドライブゼット)の稼ぎ方

DriveZ(ドライブゼット)の稼ぎ方は主に3つあります。

  • 運転してINCOトークンを稼ぐ
  • NFTのMirroring(ミラーリング)で稼ぐ
  • 車NFTのレンタル機能で稼ぐ

という方法です。

運転してINCOトークンを稼ぐ

DriveZの一番の特徴は、運転することでINCOトークンを稼げるという点です。

DriveZは、毎日の通勤や移動を利用して、仮想通貨を稼ぐことができるプラットフォームを提供しています。

具体的には、DriveZのアプリをダウンロードし、NFTカーを所有またはレンタルすることで、運転するたびにINCOトークンを獲得できます。

これにより、日常の移動が収益活動に変わります。

NFTのMirroring(ミラーリング)で稼ぐ

DriveZでは、NFTのMirroring(ミラーリング)という独自のメカニズムを通じて、新しいNFTカーを生成することができます。

このメカニズムを利用すると、ユーザーは既存のNFTカーとミラーを使用して、新しいNFTカーを生成することができます。

生成されたNFTカーは、ゲーム内で使用したり、マーケットプレイスで販売して利益を得ることができます。

車NFTのレンタル機能で稼ぐ

DriveZでは、所有しているNFTカーを他のユーザーにレンタルすることができます。

これにより、NFTカーの所有者はレンタル料としてINCOトークンを得ることができます。

また、レンタルを利用するユーザーは、自分が所有していないNFTカーを使用して運転し、INCOトークンを獲得することができます。

このレンタル機能は、NFTカーの所有者とレンタルを希望するユーザー双方にとって利益をもたらします。

DriveZ(ドライブゼット)の始め方

DriveZ(ドライブゼット)を始めるための手順は以下の5つのステップで構成されています。

  1. 国内の暗号資産取引所でビットコインを購入
  2. 海外取引所BybitでDRIVを購入
  3. ドライブゼットのアプリをインストール:一時的に日本からはできません
  4. 仮想通貨DRIVをDriveZ(ドライブゼット)に送金
  5. 車NFTを購入

して、DriveZの世界へと足を踏み入れることができます。

ただ、残念ながら、2023年7月時点では、日本からはDriveZ(ドライブゼット)のアプリがダウンロードできなくなっています。しばし待つしかなさそうです。

国内の暗号資産取引所で日本円でビットコインを購入

まず国内の暗号資産取引所でビットコイン(BTC)を購入します。

取引所は以下の4社が代表的です:

コインチェック:アプリダウンロード数NO.1 23銘柄

DMM Bitcoin :手数料が安い 26銘柄

GMOコイン : 高機能アプリ 24銘柄

BitTrade : 取引銘柄数No.1 28銘柄

申込手順は非常にわかりやすいので、順番にやっていくと簡単に口座開設できます。日本は本人確認は厳格なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わるといよいよ日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

おすすめはCoincheckです。

Coincheck口座開設リンク

海外取引所BybitでDRIVを購入

仮想通貨DRIVを取り扱っていて、かつ日本語対応も万全な海外仮想通貨取引所は、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上図がBybitの口座開設画面です。

Eメールとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるのがうれしいですね。

次は、日本の取引所からのBTCの送金です。まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所で暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨DRIVへ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからDriveZ DRIXを選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

ドライブゼットのアプリをインストール:一時的に日本からはできません

DRIVの購入が完了したら、次にドライブゼットのアプリをインストールします。

本来ですと、アプリはiOSとAndroidの両方で利用可能で、App StoreやGoogle Playからダウンロードできます。

ただ、残念ながら、2023年7月時点では、日本からはDriveZ(ドライブゼット)のアプリがダウンロードできなくなっています。しばし待つしかなさそうです。

アプリをインストールしたら、アカウントを作成し、ウォレットを設定します。

仮想通貨DRIVをDriveZ(ドライブゼット)に送金

アプリのインストールとアカウント作成が完了したら、次にBybitからDriveZ(ドライブゼット)のウォレットにDRIVを送金します。送金するためには、DriveZ(ドライブゼット)のウォレットアドレスが必要です。ウォレットアドレスは、アプリ内で確認することができます。

車NFTを購入する

最後に、仮想通貨DRIVを使用して車のNFTを購入します。NFTは、DriveZ(ドライブゼット)のマーケットプレイスで購入することができます。車のNFTを購入することで、運転を始めてINCOトークンを稼ぐことができます。

DriveZ(ドライブゼット)の将来性

 DriveZ(ドライブゼット)の将来性は、そのビジョンと具体的な戦略によって非常に明るいと言えます。ただ、アプリが日本からダウンロードできないのは懸念点として残ります。

今後も密にウォッチしていきます。

以下のながれで将来性を読み解きます。

  • 仮想通貨Metal(MTL)の価格予想
  • 多くの企業が支援者やパートナーとしてサポート
  • ロードマップが明確
  • トークノミクスが理想的

仮想通貨Metal(MTL)の価格予想

DriveZ(DRIV)価格予測(TechNewsLeader)

USの著名な仮想通貨の価格予想サイトの、TechNewsLeaderの予想を紹介します。

分かりやすいように、現在価格に対する倍率にした表が以下になります。

X年後倍率
1.7倍
5.2倍
1020.9倍
仮想通貨DRIVの価格予想(TechNewsLeader)

かなり強気な予想をしています。その理由を見ていきましょう。

多くの企業が支援者やパートナーとしてサポート

DriveZ(ドライブゼット)の支援者とパートナー

DriveZは、そのビジョンを実現するために、多数の企業(上図参照)と提携しています。

その事実はDriveZが業界内で広範な関連性と影響力を持っていることを示しています。これらの提携は、DriveZが新しい機能を追加したり、ユーザーエクスペリエンスを向上させたりするための重要なリソースを提供します。

また、提携企業との関係は、DriveZが持続可能なビジネスモデルを維持し、長期的に成功するための信頼性と安定性を提供します。

ロードマップが明確

DriveZは、その成長と進化のための明確なロードマップを持っています。これには、新しい機能の追加、提携企業との新たなパートナーシップの形成、そしてユーザーエクスペリエンスの向上が含まれています。このロードマップは、DriveZがそのビジョンを実現するための具体的なステップを明確に示しており、その進行状況をユーザーが追跡できるようにしています。

トークノミクスが理想的

DriveZのトークノミクスは、その成功のための重要な要素です。

DRIVとINCOの2つのトークンは、それぞれ異なる目的と機能を持っており、DriveZのエコシステム内で互いに補完し合っています。DRIVはガバナンストークンとして機能し、ユーザーにプラットフォームの方向性に影響を与える機会を提供します。

一方、INCOはゲーム内の報酬として機能し、ユーザーがゲームをプレイすることで得られます。

これらのトークンは、ユーザーがDriveZのエコシステム内で価値を生み出し、その価値を享受するための手段を提供します。

DriveZ(ドライブゼット)に関するQ&A

DriveZ(ドライブゼット)は怪しいの?

最近になって日本でアプリがダウンロードできなくなったことや、仮想通貨DRIVの価格が暴落し続けていることから、DriveZ(ドライブゼット)が怪しいのではないかとの見方が出ています。

英語圏の情報もチェックしましたが、取引所のBybitがDriveZ(ドライブゼット)に警告を出した(2022年12月)とのことです。改善されないと上場廃止になる可能性もありますので今は手を出さない方が良いでしょう。

その懸念が無くなれば、仮想通貨DRIVはいまが底値圏なのでもう少し様子をみて反転の兆しがみえたら仕込みどきです。

ドライブゼットの初期費用はいくら?

DriveZを始めるための初期費用は、DRIVトークンを購入するための費用と、車のNFTを購入するための費用が主なものです。

DRIVの価格は毎日変動しますが、2023年7月15日は0.04265円です。ピークの500分の1以下ですのでとても買いやすくなっています。

車のNFTの価格は種類や性能によって異なりますが、最低価格が307,000DRIVとの情報がありますので、日本円にして13,094円かかります。

ドライブゼットの攻略方法は?

DriveZを攻略するための最良の方法は、まず自分の車を選んで、可能な限り多く運転することです。これにより、INCOトークンを獲得できます。また、NFTのミラーリングや車のNFTのレンタルなど、他の稼ぎ方もあります。

ドライブゼットの換金方法は?

獲得したINCOトークンは、DriveZのマーケットプレイスで他のユーザーに売却することができます。売却したINCOはDRIVに交換され、その後、DRIVをビットコインなどの他の暗号通貨に交換し、最終的には法定通貨に換金することができます。

ドライブゼットの注意点は?

不具合があることです。
走行距離が反映されない・報酬が得られない等のエラー報告があるとのことです。改善を期待したいですね。

NFT DAOとは何ですか。

NFT DAOは、DriveZのエコシステム内でNFTの所有者が集まり、プラットフォームの方向性について投票するための組織です。NFT DAOは、ユーザーがDriveZの将来に直接影響を与える機会を提供します。

土地について

DriveZでは、ユーザーは自分の車を運転するための「土地」を所有することができます。これらの土地はNFTとして表現され、ユーザーはこれを購入、売却、またはレンタルすることができます。土地はDriveZのエコシステム内で重要な役割を果たし、ユーザーがゲームをプレイし、報酬を獲得するための基盤を提供します。

DriveZ(ドライブZ)の注意点・始め方・将来性

DriveZ(ドライブZ)は、BSCブロックチェーン技術を活用した革新的なMove to Earnゲームです。

運転を楽しみながらINCOトークンを稼げます。ガバナンストークンDRIVは上場しており、INCOと交換できます。

注意点は、2022年末にBybitから警告を受けたこと、アプリにエラー報告があることです。また最近の仮想通貨DRIVの暴落も注意が必要です。

DriveZの始め方は、まずCoincheckでビットコインを購入し、それをBybitでDRIVに交換します。その後、DriveZのアプリをインストールし、DRIVで車のNFTを購入します。ただし、2023年7月時点では日本からはアプリのダウンロードはできなくなっています。

DriveZの将来性は、多数の企業との提携、明確なロードマップ、理想的なトークノミクスなど、明るいでしょう。

投資するにはかなり注意するべきといえるでしょう。

いつでも投資できるように、国内で一番アプリDL数の多いCoincheckに口座開設しておくのがおすすめです。開設方法は以下に詳細に記載してあります。

コインチェック

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須