アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨アスター(Astar、ASTR)とは?特徴と買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨アスター(Astar、ASTR)とは?特徴と買い方・将来性を徹底解説

スポンサーリンク

仮想通貨アスター(Astar、ASTR)とはなんだろう、どうしたらかえるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨アスター(Astar、ASTR)はAstar Networkが発行している基軸通貨です。

Astar Networkは、渡辺創太氏によって2019年に設立され、日本発のパブリックブロックチェーンを目指して開発されました。Polkadotのパラチェーンですが、イーサリアムなど他のブロックチェーンとの相互運用性を重視しています。

仮想通貨ASTRは日本の取引所5社に上場しています。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように仮想通貨アスター(Astar、ASTR)の特徴と買い方、さらに将来性について詳しく見ていきます。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨アスター(Astar、ASTR)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨アスター(Astar、ASTR)の買い方

記事を読んで、サクッとASTRを手に入れてください。

元手無しで仮想通貨投資を始めたい人は、口座開設で2,000円のボーナスがもらえるDMM Bitcoinがおすすめです。

DMMBitcoinの公式サイトはこちら>>

大手海外取引所、HTXの日本子会社がBitTradeです。今後本格的に仮想通貨取引をやりたい方は無料で口座開設してはいかがでしょうか?

BitTradeの公式サイトはこちら>>

仮想通貨アスター(Astar、ASTR)とは?

トークン名称Astar
仮想通貨シンボル・単位ASTR
総供給量83.2億ASTR
ベースネットワークPolkadotパラチェーン
価格(ASTRの円価格)@2024/2/29¥23.65
過去最高値@Apr 10, 2022¥48.14
過去最低値@Jun 10, 2023¥4.62
時価総額@2024/2/291,317億円
市場ランキング@2024/2/2998位
公式リンクhttps://astar.network/
【仮想通貨アスター(Astar、ASTR)概要】

仮想通貨アスター(Astar、ASTR)の現在の価格(2024年2月現在)は約24円で、時価総額(2024年2月現在)は約1,317億円で,時価総額ランキングは98位につけています。日本発仮想通貨としてはトップの時価総額を誇り、日本だけでなく多くの海外取引所に上場しています。

仮想通貨Astarは、シンガポールに本社を置き、日本から運営されているStake Technologiesによって開発されました。Astar創業者である渡辺氏は、Stake TechnologiesのCEOでもあります。

日本発のパブリックブロックチェーンとして、国内外で高い注目を集めています。その証拠として、コインチェックが運営を行なっている「Coincheck Labs」や、「Crypto.com Capital」など国内外から多額の資金援助を受けています。

ソニー、ドコモ、トヨタ、博報堂などと提携し、渡辺氏は政府のアドバイザーも務めており、大きな期待を集めています。

アスター(ASTR)は日本でも上場

仮想通貨アスター(Astar, ASTR)は日本での上場も順調で、5つの国内取引所で取引できます。

それらは;

  • bitbank
  • GMOコイン
  • BitTrade
  • オーケーコインジャパン
  • バイナンスジャパン

です。

海外取引所はBinance、KuCoin、クラーケン、Gate.io、OKX、Huobi、Crypto.com Exchange、BKEX、CoinEx、MEXC、Bitbank、WhiteBIT、XT.COM、BigONE、BingX、CoinW、Hotbit、ZTに上場しており、世界的な存在感は抜群です。

アスター(ASTR)の開発背景と目指すビジョン

Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)は、2022年1月17日に日本で誕生したパブリックブロックチェーンで、「ASTR」はその仮想通貨です。

Astar Networkは、相互運用可能なWeb 3.0インフラストラクチャ、金銭的インセンティブ、インキュベーションプログラム、技術サポートを提供して、開発者が分散型アプリケーション(dApps)とレイヤー2ソリューションを構築するのを支援します。

Astar Networkは、異なるチェーンを相互接続できる Polkadot (ポルカドット)のハブとして活動し、 WEB 3.0を実現させることを目標としたプロジェクトです。2021年12月には、世界で3番目にPolkadotのパラチェーンと接続を完了させ、本格的に稼働を開始しました。

元手無しで仮想通貨投資を始めたい人は、口座開設で2,000円のボーナスがもらえるDMM Bitcoinがおすすめです。

DMMBitcoinの公式サイトはこちら>>

大手海外取引所、HTXの日本子会社がBitTradeです。今後本格的に仮想通貨取引をやりたい方は無料で口座開設してはいかがでしょうか?

BitTradeの公式サイトはこちら>>

アスター(ASTR)の特徴とメリット

仮想通貨アスター(Aster、ASTR)公式サイト入口

アスター(ASTR)の特徴とメリットを以下の順で解説します;

  • ポルカドットのパラチェーンの一つであること
    • ASTRはポルカドットのセキュリティとスケーラビリティを享受し、他のパラチェーンとの相互運用性も確保しています。
  • 2つの仮想マシンの機能を持つこと
    • 開発者はより多機能なDAppsを作成でき、様々なビジネスニーズに対応可能です。
  • 「DAppsステーキング」による報酬システム
    • ユーザーがアプリケーションの利用によりASTRを獲得するインセンティブを提供し、エコシステム全体の活性化を促進します。

ポルカドットのパラチェーンの一つであること

仮想通貨ASTR(アスター)は、ポルカドットのパラチェーンの一つです。

ポルカドットのパラチェーンは、リレーチェーン(ポルカドットの中心に位置するメインチェーン)に接続され、独立したブロックチェーンです。これにより、異なるブロックチェーン間で情報を相互に運用できます。

ポルカドットとは、複数のブロックチェーンを連携させることで、それぞれのブロックチェーンの性能を最大限に引き出すことを可能にするプラットフォームです。

ポルカドットの一部として機能するASTRは、ポルカドットの持つ信頼性と拡張性を受け継ぎつつ、独自の機能を追加して、より高度なサービスを提供します。この構造により、ASTRは他の仮想通貨と比較しても優れたパフォーマンスを発揮できます。

2つの仮想マシンの機能を持つこと

アスター(ASTR)は、2つの仮想マシンの機能を持ち、開発者に対して柔軟性と選択肢を提供して、より多くの開発者がプラットフォームを利用できるようにしています

具体的には、

  • Ethereum Virtual Machine(EVM)
    • イーサリアムのスマートコントラクトを実行するための仮想マシン
    • イーサリアム上で開発されたDApps(分散型アプリ)をAstar Networkに簡単に移植できます
  • WebAssembly(WASM)
    • 高速な実行速度を誇る新しい仮想マシン
    • さまざまなプログラミング言語に対応したアセンブリ言語
    • WASMにより、Astar Networkでは、さまざまなプログラミング言語を用いたDAppsの開発が可能に

「DAppsステーキング」による報酬システム

アスター(ASTR)は、DAppsステーキングという独特な報酬システムを採用しています。

ASTRの保有者がDApps(分散型アプリケーション)に投資(ステーキング)すると報酬を得られるというシステムです。DAppsに資金を提供して、ユーザーはその運用結果に応じた報酬を獲得できるのです。

これにより、投資家は仮想通貨ASTRを保有するだけでなく、DAppsの成長に直接貢献し、その成果を共有できます。

DAppsステーキング

システムは、ASTRの持つポテンシャルを最大限に引き出すための重要な要素となっています。

元手無しで仮想通貨投資を始めたい人は、口座開設で2,000円のボーナスがもらえるDMM Bitcoinがおすすめです。

DMMBitcoinの公式サイトはこちら>>

大手海外取引所、HTXの日本子会社がBitTradeです。今後本格的に仮想通貨取引をやりたい方は無料で口座開設してはいかがでしょうか?

BitTradeの公式サイトはこちら>>

アスター(ASTR)を購入するための手順と取引所

ASTRの購入の第一歩は、取引所での口座開設です。

日本国内でASTRを取り扱っている主要な取引所は以下の通りです。

  • GMOコイン:手数料が安い
  • BitTrade:さまざまな仮想通貨取引をしたい人向け。取扱銘柄数、No.1。海外取引所の日本版
  • bitbank:ASTRを国内で初上場。板取引に強い、取引所で取引したい人
  • オーケーコインジャパン:大手海外取引所OKCoinの日本法人
  • バイナンスジャパン:世界最大の取引所Binanceが満を持して日本上陸

取引所を選んだら、次は身分証明書を用いた本人確認です。

本人確認が完了したら、購入したい金額を入力しASTRを購入します。

取引所により手数料や取引の流れは異なるため、各取引所の公式サイトで詳細を確認しましょう。仮想通貨の取引は24時間365日可能ですが、価格変動に注意しながら取引を行うことが重要です。

元手無しで仮想通貨投資を始めたい人は、口座開設で2,000円のボーナスがもらえるDMM Bitcoinがおすすめです。

DMMBitcoinの公式サイトはこちら>>

大手海外取引所、HTXの日本子会社がBitTradeです。今後本格的に仮想通貨取引をやりたい方は無料で口座開設してはいかがでしょうか?

BitTradeの公式サイトはこちら>>

アスター(ASTR)の価格動向と分析

仮想通貨アスター(Astar、ASTR)全期間価格推移(CoinMarketCap)
【仮想通貨アスター(Astar、ASTR)全期間価格推移(CoinMarketCap)】

ASTR(アスター)のメインネットは2022年1月17日にローンチされました。その3か月後の2022年4月10日に過去最高値の48円をつけています。この理由は、多くの新規DAppsがAstar Network上でリリースされたからです。

その後は、2022年5月のテラ・ルナショック、2022年11月のFTXの破綻による仮想通貨市場全体の冷え込みにつられる形で、上場前の低値も下回るまで売られています。

2022年10月31日には、ドコモとアスターネットワークがWeb3の普及に向け協力するとのドコモからの発表がなされましたが、具体的な内容はこれから両社で協議、ということで価格の上昇には至りませんでした。そして、2023年6月10日には過去最低値の4.62円をつけました。

2024年2月29日現在は、24円と上昇しています。その一因は、韓国大手仮想通貨取引所アップビット(Upbit)にて、韓国ウォンとの取扱開始を2023年12月18日に発表したからです。

最近の価格トレンドとその要因

アスター(ASTR)の最近の価格トレンドは、上昇傾向にあります。この要因としては、

  • 2023年2月に、韓国最大の仮想通貨取引所、bithumbへの上場を発表すると16円台まで急騰しました。韓国は日本と並んで、上場基準が厳しいことで知られています。
  • 日本で、2023年6月28日にソニー子会社との資本業務提携が発表されるなど日本のweb3業界の話題の中心に居続けているのは立派です。

元手無しで仮想通貨投資を始めたい人は、口座開設で2,000円のボーナスがもらえるDMM Bitcoinがおすすめです。

DMMBitcoinの公式サイトはこちら>>

大手海外取引所、HTXの日本子会社がBitTradeです。今後本格的に仮想通貨取引をやりたい方は無料で口座開設してはいかがでしょうか?

BitTradeの公式サイトはこちら>>

アスター(ASTR)の将来性と見通し

アスター(ASTR)の将来性は明るいと考えられています。

仮想通貨アスター(Aster、ASTR)10年間価格予測(TechNewsLeader)

上図はUSの著名な仮想通貨価格予想サイト、TechNewsLeaderのAstar/ASTEの10年後までの価格予想です。

このままではわかりにくいので、現在価格に対する倍率で表したものが下表です。

X年後倍率
1年後1.7倍
5年後5.0倍
10年後21.0倍
    【仮想通貨アスター(Astar、ASTR)10年間価格予測(TechNewsLeader)】

現在価格は最高値の約1/7ですから、優に最高値は超えていくとの予想です。

ASTRはポルカドットのパラチェーンの一つで、2つの仮想マシン機能とDAppsステーキングによる報酬システムを持つなど、他の仮想通貨と比較しても強力な特徴を有しています。

他の要因としては;

  • 提携企業との関係とその影響
  • 国内外での上場状況とその見込み
  • ブロックチェーンプラットフォームとの競争状況

があります。詳細に見ていきましょう。

提携企業との関係とその影響

アスター(ASTR)の将来性を考える上で欠かせないのが、提携企業との関係です。

Astar Networkは、以下の企業と提携しています:

  1. NTTドコモ:Astar Networkは、NTTドコモと提携して、ブロックチェーン技術の普及を促進しています。また、NTTドコモの子会社である株式会社NTT Digitalとも提携しています。
  2. 博報堂:Astar Networkは、広告大手の博報堂とジョイントベンチャーを設立しました。新会社では、企業のWeb3参入と普及を目指すための取り組みが実施される予定です。
  3. メモリア:国内NFT電子市場を運営するメモリアとも提携しています。
  4. Ginco株式会社:Ginco株式会社との提携を通じて、企業向けカストディソリューション「Ginco Enterprise Wallet」の提供と開発支援を行い、エコシステムの拡大を支援しています。
  5. 福岡市:福岡市が自治体として初めてAstar Japan Labに加入しました。Astar Japan Labは、Astar Networkを利用したビジネス創出に関心がある事業者の交流・協業を目的としたコンソーシアム組織です。
  6. ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社:Astar Networkの創設者である渡辺創太氏が設立した新会社「Startale Labs」は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社と提携し、Web3インキュベーションプログラムを推進しています。

これらの提携により、Astar Networkはブロックチェーン技術の普及とエコシステムの拡大を推進しています。

国内外での上場状況とその見込み

ASTRは、まだ新しい仮想通貨であるにもかかわらず、国外の主要な取引所での上場を果たしています。

しかし、国内では5社にとどまり、今後も多くの取引所への上場が期待されています。

ブロックチェーンプラットフォームとの競争状況

Astar Networkは、ブロックチェーンプラットフォームとしての競争環境に直面しています。その主な競争相手は以下の通りです:

  1. イーサリアム:イーサリアムは、スマートコントラクトと分散型アプリケーション(dApps)の開発を可能にする、最初でかつ最も人気のあるブロックチェーンプラットフォームで、アスターとも競合しています。Astar Networkの強みは、イーサリアムと相互運用性を持つため、イーサリアム上で開発されたdAppsを容易に移植できることです。
  2. ポルカドット:ポルカドットは、異なるブロックチェーン間での情報の相互運用を可能にするブロックチェーンプラットフォームです。Astar Networkはポルカドットのパラチェーン(独立したブロックチェーン)として機能し、ポルカドットのエコシステム内で競争しています。
  3. その他のEVM互換ブロックチェーン:Astar NetworkはEVM(イーサリアム仮想マシン)互換であるため、他のEVM互換ブロックチェーン(例えばBinance Smart ChainやPolygonなど)とも競争関係にあります。

これらの競争相手と差別化を図るために、Astar Networkは以下のような特徴を持っています:

  • 2つの仮想マシン:Astar NetworkはEVMとWASM(WebAssembly)の2つの仮想マシンを持っており、さまざまなプログラミング言語でdAppsを開発できます。
  • DAppステーキング:Astar Networkでは、dAppsの開発者に対して継続的なインセンティブが発生する「DAppステーキング」というユニークな仕組みがあります。

これらの特徴により、Astar Networkは強い競争力を持っているのです。

元手無しで仮想通貨投資を始めたい人は、口座開設で2,000円のボーナスがもらえるDMM Bitcoinがおすすめです。

DMMBitcoinの公式サイトはこちら>>

大手海外取引所、HTXの日本子会社がBitTradeです。今後本格的に仮想通貨取引をやりたい方は無料で口座開設してはいかがでしょうか?

BitTradeの公式サイトはこちら>>

アスター(ASTR)に関するよくある質問

仮想通貨アスター(ASTR)について、読者の皆様から多く寄せられる質問を以下のように取り上げます。

  • アスター(ASTR)とは何か?
  • アスター(ASTR)の特徴は何か?
  • アスター(ASTR)の過去最高値はいくらか?
  • アスター(ASTR)の将来性について?

アスター(ASTR)とは何か?

仮想通貨アスター、通称ASTRは、ポルカドットのパラチェーンの一つとして開発され、2つの仮想マシンの機能を持つなど、他の仮想通貨とは一線を画す特徴を有しています。

また、ユーザーがDApps(分散型アプリケーション)を利用すると報酬を得られる「DAppsステーキング」による報酬システムを導入しています。これらの特徴により、ASTRは仮想通貨市場で注目を集めています。将来性も非常に高く評価されています。

アスター(ASTR)の特徴は何か?

仮想通貨アスター(ASTR)の特徴は、そのユニークな技術構造と報酬システムにあります。

  • ASTRはポルカドットのパラチェーンの一つであり、そのネットワークを利用して高速かつセキュアな取引を実現しています。
  • 2つの仮想マシンの機能を持つことで、幅広いDAppsの開発と運用が可能となっています。
  • ASTRは「DAppsステーキング」という独自の報酬システムを導入。ユーザーがDAppsを利用すると、ASTRのトークンを報酬として得られる仕組みを作り出しています。

これにより、ユーザーはプラットフォームを利用すればするだけ報酬を得られ、ASTRのエコシステムはますます活性化されるでしょう。

アスター(ASTR)の過去最高値はいくらか?

ASTR(アスター)のメインネットは2022年1月17日にローンチされました。その3か月後の2022年4月10日に過去最高値の50.69円をつけています。この理由は、多くの新規DAppsがAstar Network上でリリースされたからです。

2024年2月現在価格は、約24円ですので約半分に下がっています。他のアルトコインに比較した場合には、下げ幅はかなり小さいので、期待値は高いです。

アスター(ASTR)の将来性について

仮想通貨ASTRは日本発のパブリックブロックチェーンであり、日本では政府と民間企業の双方から期待されています。また既に国内5つの取引所に上場しています。海外ではもっと多くの大手取引所に上場しています。

Astar Networkの影響力が日本を超えて広がっていくか否かが成功のカギです。

現時点ではかなり強気の上昇予想をしているUSの仮想通貨価格予想サイトもあります。

元手無しで仮想通貨投資を始めたい人は、口座開設で2,000円のボーナスがもらえるDMM Bitcoinがおすすめです。

DMMBitcoinの公式サイトはこちら>>

大手海外取引所、HTXの日本子会社がBitTradeです。今後本格的に仮想通貨取引をやりたい方は無料で口座開設してはいかがでしょうか?

BitTradeの公式サイトはこちら>>

まとめ:アスター(ASTR)の将来性は高い

Astar Network(アスターネットワーク/ASTR)は、2022年1月に日本で誕生したパブリックブロックチェーンで、「ASTR」はその仮想通貨です。

web3の有名人である渡辺創太氏が創業しました。

ソニー、トヨタ、ドコモ、博報堂、SMBC日興証券など国内外の著名な企業と提携しています。

日本のパブリックブロックチェーンとしては、最大の時価総額(1,317億円)を誇ります。2022年4月のピーク時にはその2倍の2,800億円に達していました。

USの仮想通貨価格予想サイトでは今の10倍の1兆円を予想しているところもあります。

相互運用性を重視したポルカドットのパラチェーンですが、イーサリアムなど他のブロックチェーンとの相互運用性を重視しています。多くのDApps開発のプラットフォームとして活用されています

日本政府はweb3を重視する姿勢を打ち出しており、仮想通貨アスター(Astar、ASTR)の将来性は高いと言えるでしょう。

日本の取引所にも上場しており、日本円で購入できます。

今のうちに取引所に口座を開設して、少額から投資を開始してはいかがでしょうか?

手数料の安い、DMM Bitcoinがおすすめです。口座開設するだけで2,000円もらえます。元手なしでも投資が始められます!

DMMBitcoinの公式サイトはこちら>>

大手海外取引所、HTXの日本子会社がBitTradeです。今後本格的に仮想通貨取引をやりたい方は無料で口座開設してはいかがでしょうか?

BitTradeの公式サイトはこちら>>

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須