アフィリエイト広告を利用しています

PENTA(ペンタ)とは?聴いて仮想通貨を稼げる「web3アプリ」の始め方と将来性を解説

PENTA(ペンタ)とは?聴いて仮想通貨を稼げる「web3アプリ」の始め方と将来性を解説

スポンサーリンク

 PENTA(ペンタ)は、音楽を聴くことで仮想通貨やNFTを稼げるWeb3ミュージックプレイヤーです。Listen to Earnアプリの先駆けと言えるでしょう。

日本発のパブリックブロックチェーンのアスターネットワークの上に作られ、将来はメタバースDAO化を目指しています。

今はベータテスト中ですが、大きな注目を集めているPENTAプロジェクトの始め方と将来性を見ていきましょう。

PENTA(ペンタ)とは?

トークン名称PENTA Project
シンボル・単位$SWT:ガバナンストークン
総発行予定数100億$SWT
価格未上場
公式サイトhttps://whitepaper.penta.fan/
Twitterhttps://twitter.com/penta_web3?lang=en
PENTA(ペンタ)概要

PENTA(ペンタ)は、音楽を聴くことでゲーム内トークンやNFTを獲得できるWeb3ミュージックプレイヤーです。Listen to Earnアプリです。

2022年5月に開催されたアスターネットワークハッカソンで、60を超えるプロジェクトの中から本賞のアスターネットワーク賞を受賞しました。

日本発のパブリックブロックチェーンであるAstar Networkを活用し、独自のガバナンストークン$SWTが配付されます。

PENTAを始めるためにはまずヘッドホンNFTを購入し、携帯音楽サイトとウォレットを連動させると、音楽の視聴時間に応じて$SWTトークンが獲得できます。

ヘッドホンの購入にはASTRトークンが必要です。

音楽を聴くだけで報酬を得られることにより、ユーザーは日常的な音楽の楽しみを維持しながら、新たな収益源を手に入れることができます。

PENTA(ペンタ)の5つの特徴

  1. 音楽を聴いて仮想通貨を稼げる「ListentoEarn」
  2. NFTヘッドホンを購入して育てる
  3. 日本発のアスターネットワーク上に作られ、独自トークン$SWTが実装される
  4. 音楽アプリと連携が必要
  5. 他のMove to EarnやXtoEarnアプリと併用できる

の5点を見ていきましょう!

音楽を聴いて仮想通貨を稼げる「Listen to Earn」

PENTA はListen to Earnアプリ

PENTAは音楽を聴いて仮想通貨をもらえる「Listen to Earn」の分散型アプリです。

ヘッドホンNFTを購入し、音楽配信サービス(Apple MusicやGoogle play musicなど)と仮想通貨ウォレットを接続して音楽を聴けば、再生時間に応じた$SWTトークンが得られます。

NFTヘッドホンを購入して育てる

PENTAはHeadphone(ヘッドホン)の購入から始まります。

 ユーザーは、ラッキークエストの達成で得られるMintチケットを消費し、コストを支払うことで、新しいヘッドホンをミントすることができます。

ヘッドホンには5つのパラメータがありレア具合(Rarity)、音楽のジャンルや再生時間長などによってもトークンの獲得量が変化します。

日本発のアスターネットワーク上に作られ、独自トークン$SWTが実装される

 PENTAはアスターネットワーク上に作られています。

渡辺創太氏が創った日本発のパブリックブロックチェーンであるアスターネットワークは、異なるブロックチェーン間を接続して相互運用を可能にします。ポルカドットをベースにしています。

PENTA Token($SWT)発行割当プラン。Sound and Earnに30億枚。

PENTAは、ガバナンストークンとして$SWT(Sound World Token)という独自トークンを発行することを謳っています。総発行枚数は100億SWTです。

(注:他の記事では、PENTAというユーティリティトークンも発行されるとされていますが、筆者が調べた限りでは、PENTA側からのそのような記述は見当たりませんでした)

発行の時期や数量は厳密に規定されており、Sound and Earnにはトータル30億枚が割り当てられています。

Teamメンバーには17.5億枚と控えめに設定されており、トークノミクスも万全です。

音楽アプリと連携が必要

 PENTAのプレイモードには2種類あります。

1.アンビエントモード(開発中)

アンビエントモードでは、ヘッドホンNFTを設定することで、ユーザーのデバイスのマイクを使って周囲の音を認識することができます。ゲームアイテムを採掘するには、1秒間に1HPを消費します。また、1日に1回HPを回復することができます。

HPの回復にはPENTA STONEと$SWTが必要とのことです。

このモードでの採掘量/報酬は、ヘッドホンNFTのパラメータ、再生時間、その他いくつかのパラメータに依存します。

2.内部モード

このモードでは、携帯音楽アプリ(Apple MusicやGoogle play musicなど)を聴いている状態で、いくつかのアイテムを採掘することができます。

そして、利用可能な採掘時間は、開始当初は1日15曲に制限されています。聴ける曲の量は、ヘッドホンを何個セットするかで決まります。

他のMove to EarnやXtoEarnアプリと併用できる

PENTAはSTEPNやSweatcoinなどのMove to Earn系のアプリと併用してアプリ内のトークンを稼げます。他にも、RunBloxやcalo runなどもOKです。

PENTA(ペンタ)のやり方・始め方

  1. 国内取引所で仮想通貨ASTRを購入
  2. 仮想通貨ウォレットMetaMaskにASTRを送金
  3. PENTAアプリを公式Discordからインストール
  4. PENTAのヘッドホンNFTを購入
  5. 音楽ストリーミングサービスを準備

の順で説明します。

国内取引所で仮想通貨ASTRを購入

 PENTAを利用するには、ベースネットワークのアスターネットワークの仮想通貨アスター(ASTR)が必要です。

ASTRは2023年3月22日に日本でも上場し、bitbankとGMOコインで取引できるようになりました。

bitbank :残念ながらMetaMaskに送金できないのでお奨めできません。

GMOコイン:MetaMaskに送金可能です。

申込手順は非常にわかりやすいので、順番にやっていくと簡単に口座開設できます。日本は本人確認は厳格なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わるといよいよ日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたASTRを購入して完了です。

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

仮想通貨ウォレットMetaMaskにASTRを送金

PENTAのようなブロックチェーンを利用したゲームに参加するには、仮想通貨ウォレットに接続できることが必要となります。なので、購入したASTRをMetaMaskという仮想通貨ウォレットに送金します。 

Metamaskはスマホ上でもPCのブラウザー上でもどちらで開設しても結構です。

秘密のリカバリーフレーズ(英単語12個)は、ウォレットを復元するときに必要となるので、厳重に管理・保管しておきましょう。またウォレットアドレスは「0xd」から始まる42文字になります。

口座が開設できたら、国内の取引所から自分のMetamaskにASTRを移しておきましょう。

その際にはMetaMaskにAstar Networkを追加する必要があります。MetaMaskはAstarEVMのみに対応していますので、GMOコインから出金する際にそれを指定してください。

GMOコインですと、入出金>暗号資産>送付を選ぶとMetamaskのアドレス入力を要求されますので入力して、送金数量と送金目的を入れて申請するだけで手続き完了です。

Metamaskを起動して通貨が送金されていることを確認して完了です。

PENTAアプリを公式Discordからインストール

 PENTAアプリはまだ正式版がリリースされていません。

β版のアプリのダウンロードリンクは、PENTA公式のDiscordからβテスト参加者向けに配付されています。

アプリをインストールできたら、PENTA版のウォレットをしっかり作って、秘密のリカバリーフレーズを確実に記録して誰にも見せないようにしましょう。

PENTAのヘッドホンNFTを購入

 PENTAにはNFTマーケットプレイスがアプリの中に設置されています。そこからヘッドホンNFTを購入します。

メニューに沿って自分の好みのヘッドホンを選んで下さい。

音楽ストリーミングサービスを準備

 最新のホワイトペーパーによると、内部モードでは、携帯音楽アプリ(Apple MusicやGoogle play musicなど)が使えますので連携できるようにします。

PENTA(ペンタ)の使い方・稼ぎ方

報酬の仮想通貨$SWT獲得のメカニズム

PENTAのホワイトペーパーには上記のようなトークン$SWTの獲得手順が(英語で)記載されています。が、少しわかりにくいですよね?

もう少し噛み砕いて説明しますね。

音楽を聴いて稼ぐ

 基本の稼ぎ方は、音楽を聴くことです。

前述した二つのモードでプレイして稼げます。

  • アンビエントモード
  • 内部モード

ヘッドホンNFTで稼ぐ

PENTAのヘッドホンはマーケットプレイスで購入することができ、条件によって売価は違います。

 ヘッドホンNFTにはミント(鋳造)機能があり、条件を満たすことによって新しいヘッドホンNFTを得られます。

ヘッドホンのレベルを上げたり、新しいものをミントして売ることでさらにトークンを獲得することが可能です。

独自トークン「$SWT」の売買で稼ぐ

音楽を聴くことで、Sound and Earnで$SWTが溜まります。$SWTはPENTAが運営する独自のPENTA SWAP(DEX)で入手・交換が可能です。

$SWTの売買で稼ぐこともお勧めです。

PENTA(ペンタ)の今後の将来性

 PENTAは以下の2点から大きな将来性を持つと考えられています。

  • 長期的なビジネスモデル(ロードマップ)が明確
  • 独自の仮想通貨$SWTが上場される見込み

長期的なビジネスモデル(ロードマップ)が明確

PENTAのロードマップはSoundverseを目指す

PENTAは2030年までの事業を明確に設計しています。

1.2022年~2026年

  • Listen toEarnベータ
  • Sound to Earn:任意のサウンドを聴く/創ることで、暗号資産を得る
  • Sound NFTマーケットプレイス

2.2026年~2030年

  • メタバース

3.2030年

  • Sound DAOとなる

単に聴くだけでなく、オリジナル楽曲ののアップロードやメタバース対応などのわくわくするような展開を計画しています。

最終的にはDAO化を目指します。

大いなる成長に期待しましょう。

独自の仮想通貨$SWTが上場される見込み

 独自トークンである仮想通貨$SWTは将来上場を目指していますので、価格の上昇が期待されます。

PENTA(ペンタ)に関するQ&A

PENTAは無料で開始できるか?

 PENTAを利用するにはヘッドホンNFTを有料(仮想通貨ASTR経由)で購入する必要がありますので、無料では開始できません。

PENTAを始めたいけど初期費用はどれくらい?

ヘッドホンNFTはベータ版では130ASTRでした。ASTR=¥8.40なので、約1,092円です。

Apple Musicの月額料金は1,080円などの費用がかかります。

一方で、Google Play Musicは現在利用できないようです。 

PENTA(ペンタ)ホワイトリストは今からでも獲得できるか?

残念ながら、PENTA(ペンタ)ホワイトリストの締め切りは、2022年5月7日でした。

ホワイトリストはベータ版をテストできる人のリストです。また抽選が実施される可能性もありますのでTwitterのフォロー(が最低条件でした)をお願い致します。

まとめ: PENTA(ペンタ)は画期的なミュージックアプリになる

 PENTAは音楽を聴いたり創ったりしながら稼げる画期的なweb3NFTゲームです。

Listen to Earnをさらに進めて、Sound to Earnでミュージシャンも稼げることを目指します。

しかも、音楽を聴きながら他のこともできるため、時間を有効活用できます。

将来はメタバースに参入し、最終的にはDAO化を目指している志の高い集団です。

音楽好きな方や、他のことをやりながら効率的に稼ぎたいと言う方は、GMOコインを開設してPENTAを始めてみましょう。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須