アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨Ravencoin(RVN)とは?特徴・買い方や今後の将来性を解説

仮想通貨Ravencoin(RVN) とは?特徴・買い方や 今後の将来性を解説

スポンサーリンク

 仮想通貨Ravencoin(RVN)はブロックチェーン上での資産作成・移転や取引の問題を解決するために設計された、ブロックチェーンと仮想通貨です。

それまではBitcoinのブロックチェーン上に資産を作成しても、取引の際に誤って破壊されることがありました。それを無くす仕組みを導入しています。

熟練のビジネスマンと開発者によって、Bitcoinのフォークとして2017年に発表され着実に成長してきました。

今では何万というデジタル資産の作成・転送にRavencoinが使われています。

その魅力をひも解いていきましょう。

仮想通貨Ravencoin(RVN)とは?

トークン名称Ravencoin
シンボル・単位RVN
総発行予定数210億RVN
価格(RVNの円価格)@2023/5/7¥2.98
過去最高値@2021/2/20¥38
時価総額@2023/5/7¥37,277,567,396
市場ランキング121位
仮想通貨Ravencoin(RVN)概要

仮想通貨Ravencoin(RVN)とは、デジタル資産の効率的な移動を実現するために開発されたピアツーピア(P2P)ネットワーク上のブロックチェーン技術です。

Ravencoinプロジェクトは、Bitcoinコードをフォークして作成され、2017年10月31日に発表されました。

Ravencoinの創始者は、Bruce Fenton氏、Tron Black氏、Joel Weight氏で、成功したビジネスマンと開発者です。Fenton氏はBitcoin財団の役員。Black氏は30年以上のソフトウェア開発経験。Weight氏は、オンライン小売業界のCTOとして活躍、などです。

Ravencoinは、ユーザーが直接所有権やアクセス権を持つデジタル資産を簡単に作成し、効率的に取引できるようにします。これにより、仲介業者を介さずに資産の移転が可能となり、分散型の金融システムが実現できるのです。

仮想通貨Ravencoin(RVN)の特徴

仮想通貨Ravencoin(RVN)はピアツーピアのブロックチェーンで資産の作成と転送を扱う。

仮想通貨Ravencoin(RVN)はピアツーピアのブロックチェーンで、デジタル資産の効率的な作成と移転を扱います。

仮想通貨Ravencoin(RVN)の特徴は以下の通りです。

  1. コンセンサスアルゴリズムにPoWのKAWPOWを採用
  2. 資産作成・転送に特化したブロックチェーン
  3. 誰でも資産に対して独自トークン(仮想通貨)を発行できる
  4. NFTマーケットプレイスをリリース
  5. 大手取引所に上場済み

コンセンサスアルゴリズムにPoWのKAWPOWを採用

Ravencoin(RVN)のアルゴリズムはBitcoinから派生していますが、独自ネットワーク、資産生成とプロトコルを採用しBitcoinの問題点を克服しています。

その一つが、コンセンサスアルゴリズムにPoW(Proof of Work)関連のKAWPOWを採用したことです。

KawPoWは、Ravencoin(RVN)の新しいマイニングアルゴリズムです。マイニングとは、コンピューターが複雑な計算を行い、その報酬として仮想通貨を獲得することを指します。

KawPoWは、特殊なコンピューター(ASIC)によるマイニングの独占を防ぐために設計されており、一般的なコンピューターのグラフィックカード(GPU)でも効率的にマイニングすることができるようになっています。

資産作成・転送に特化したブロックチェーン

 Ravencoin(RVN)は資産の作成・転送に特化したブロックチェーンです。

既に何万件もの資産ミントされたとのことです。

人気のあるユースケースとしては以下のようなものがあります;

  • NFT:アート、コレクターズアイテム、デジタルオブジェクトなどを表す 非可換トークン
  • セキュリティトークンオファリング(STO):Security Token Offeringは、株式、社債、ファンド持分、不動産投資信託(REIT)などの各種の証券(セキュリティ)をブロックチェーン上でトークンとして発行することです。当該セキュリティトークンを発行することによって、資金調達を行います。
  • 不動産
  • サプライチェーンアイテム:サプライチェーンの中で取り扱われるアイテムを指します。これには、原材料、部品、製品などが含まれます。

誰でも資産に対して独自トークン(仮想通貨)を発行できる

 Ravencoin(RVN)は完全にオープンなアルゴリズムなので、誰でも独自トークンをブロックチェーン上で発行できます。

これらのトークンは、トークンの発行者が決定するプロパティを持つことができます。つまり、数量が限定され、名前が付けられ、証券または収集品として発行できます。

Ravencoinのウォレットをダウンロードし、ウォレット内で「アセットの作成」を選択することで、独自のトークンを作成できます。トークン名、数量、単位などの詳細を入力し、500 RVNの手数料を支払うと、トークンの発行が完了します。

これによりコミュニティ内のインセンティブとしてトークンを簡単に発行できるのです。

NFTマーケットプレイスをリリース

Ravencoinには、いくつかのNFTマーケットプレイスがあります。

例えば、Ravenist 、The Asset Marketplace、RVNsea、RVNFTなどです。これらのマーケットプレイスでは、Ravencoinブロックチェーン上で作成されたNFTを購入することができます。

大手取引所に上場済み

仮想通貨Ravencoin(RVN)は大手の暗号資産取引所に上場しています。主なものは以下の通りです。

  • 分散型取引所(Non-Custodial exchanges/DEX):16取引所
    • ChangellyやNowPaymentsなど
  • 中央集権型取引所(Custodial exchanges/CEX):18取引所
    • Bybit、OKEX、Upbit、Binanceなど

これだけの取引所に上場されているということは仮想通貨Ravencoin(RVN)の実用性と将来性が広く認知されていることを示しています。

仮想通貨Ravencoin(RVN)の価格推移

仮想通貨Ravencoin(RVN)の価格推移全期間(CoinMarketCap)

仮想通貨Ravencoin(RVN)は2018年4月には3円で取引されています。老舗といえるでしょう。2019年の半ばには7円を超えています。

その後2020年5月13日に1.19円の最低価格をつけた後長く低迷しています。

2021年2月20日に38.84円の最高価格をつけました。

2022年5月のテラショック後の6月には5円台まで落ちた後9がつには10円を超えました。

2022年11月のFTXショックは耐えきれず2.4円まで下げ、現在は2.98円と低空飛行です。

現在価格は、最高価格の13分の1となっています。

仮想通貨Ravencoin(RVN)の将来性

仮想通貨Ravencoin(RVN)の将来の価格予想(TechNewsLeader)

上の図がUSの価格予想サイト(TechNewsLeader)による仮想通貨Ravencoin(RVN)の将来の価格予想です。

ドル表記でわかりにくいですが、ドル建ての最高価格は2021年2月の$0.2854ですので、それを超えるポテンシャルを持っていると予測しています。

分かりやすいように、現在価格からの倍率で表現したのが下表です。

X年後倍率
2.0倍
5.9倍
1025.9倍
仮想通貨Ravencoin(RVN)の今後の価格予想(TechNewsLeader)

この強気の予想の背景としては以下のような理由があります;

1.資産のデジタル化(トークン化)の需要は今後も増え続ける

仮想通貨Ravencoin(RVN)の、自由にトークンを発行できる機能を使って、何万もの資産がブロックチェーン上の安全な資産になり転送されているユースケースを見てきました。

今後カーボンニュートラルなどの分野にもこの流れは拡大していきます。需要は増え続けると予想します。

2.NFT分野への進出

NFTもデジタル資産の代表です。仮想通貨Ravencoin(RVN)は4つものNFTマーケットプレイスを持っています。

RVNFTもその一つです。

仮想通貨Ravencoin(RVN)のNFTイノベーションとNFTマーケットプレイスRVNFT

NFT市場は2023年5月現在、冬の時代と言われていますが、いずれ大きく成長することは間違いありません。仮想通貨Ravencoin(RVN)はその流れに乗って成長が期待されます。

仮想通貨Ravencoin(RVN)の購入方法

 残念ながら仮想通貨Ravencoin(RVN)は、2023年5月現在日本国内の取引所での扱いはありません。しかし、以下の手順を踏めば海外の取引所で買う事が出来ます。

  1. 国内の暗号資産貨取引所でビットコインなどを購入
  2. 海外取引所Bybit(バイビット)に口座開設する
  3. 日本の取引所からBybitにビットコインを送金後、RVNに交換

国内の暗号資産貨取引所でビットコインを購入

まず国内の暗号資産取引所でビットコインを購入します。

取引所としては以下のところがおすすめです。

国内取引所のリスト

DMM Bitcoin:手数料が安い 

BitTrade:取引銘柄数No.1

bitFlyer: ビットコイン取引量No.1(※), 強固なセキュリティ、全19銘柄

コインチェック アプリダウンロードNo.1

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすく、指示に従って順番にやっていくだけで簡単に口座開設できます。特に日本は本人確認(KYC)は厳格ですので、運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出します。

KYCとは?
KYC(Know Your Customer)は 顧客確認の略

口座開設が完了すると、日本円の入金です。方法としては銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類から選べます。手数料が無料のものがおすすめです。

次に、入金した金額に応じたビットコインを購入して完了です。

最初はあんまり大きな金額ではなく、1万円などの少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

海外取引所Bybit(バイビット)に口座開設する

仮想通貨Ravencoin(RVN)を取り扱っている海外の大手取引所で、安心かつ日本語対応済みなところはBybitです。バイナンスは日本国内からだと口座開設が出来なくなっています。(2023年6月にバイナンスジャパンがオープンすると状況は変わるかもしれませんが・・)

Bybitアカウント作成画面

あなたのEメールアドレスと任意のパスワードを入力して下さい。

指示に従ってKYC(本人確認書類)をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるのがうれしいですね。

日本の取引所からBybitにビットコインを送金後、RVNに交換

 日本の取引所からビットコイン(BTC)を送金します。まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所で暗号資産の送金をクリックすると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかをチェック)を経て、送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨Ravencoin(RVN)へ交換します。仮想通貨の一覧ボードからRVNを選択し、購入したい数量を入力するか、交換するBTCの数量を指定すれば購入は完了です。

まとめ 仮想通貨Ravencoin(RVN)は今後需要が増える見込み

 仮想通貨Ravencoin(RVN)はブロックチェーン上での資産作成・移転や取引の問題を解決するために設計された、ブロックチェーンと仮想通貨です。

それまではBitcoinのブロックチェーン上に資産を作成しても、取引の際に誤って破壊されることがありました。それを無くす仕組みを導入しています。

熟練のビジネスマンと開発者によって、Bitcoinのフォークとして2017年に発表され着実に成長してきました。

今では何万というデジタル資産の作成・転送にRavencoinが使われています。特にNFTは4つものマーケットプレイスを運営するほど力を入れています。

今後も資産のデジタル化のニーズは増え続けるので大きな成長が期待されます。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須