アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)とは?特徴・買い方や今後の将来性について解説

スポンサーリンク

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)ってなんだろう、日本でも買えるのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)は電力を食わないPoSを採用し、イーサリアムの性能向上や手数料低減の効果があります。Bitcoinの1/1360のエネルギー効率を達成しました。

日本の取引所では取扱はありません。

でも実はかんたんに買う方法があります。
それは、国内仮想通貨取引所「Coincheck」と海外仮想通貨取引所「Bybit」を使うこと。

Coincheck(コインチェック)でビットコインを買って、それをBybit(バイビット)に送金して、CSPRに交換します。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように、この画期的なCSPRの仕組み・特徴と買い方を紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨CSPRの買い方

記事を読んで、サクッとCSPRを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)とは?

トークン名称Casper
シンボル・単位CSPR
総発行予定数100億CSPR
価格(CSPRの円価格)@2024/2/1¥5.04
過去最高値@May 12, 2021¥200.17
過去最底値@Jun 19, 2022¥3
時価総額@2024/2/1590億円
市場ランキング@2024/2/1124位
公式サイトhttps://casper.network/en-us/
        【仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)概要】

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)は、Casper Labsが提供するさまざまなアプリケーション開発に参加した際の報酬として提供されるトークンです。

Casper Labsはイーサリアムのブロックチェーンシステム全体のパフォーマンスや機能の向上に欠かせない技術を提供することを目的としてCasperネットワークというブロックチェーンを作りました。

Casperは企業および開発者の両方のニーズに合わせて最適化されたプラットフォームを提供することを目的としています。

 Casperは、ブロックチェーン技術とPoS(プルーフ・オブ・ステーク)コンセンサス・メカニズムを独自に活用しています。

完全な非中央集権型であるため、ユースケースの汎用性が非常に高いネットワークです。

さらに、Casperは、アップグレード可能なスマートコントラクトや取引にかかるガス代を予測できるなど、将来を見据えた設計を誇っています。Casperはブロックチェーンのエネルギー消費の新しい基準を導入しており、Bitcoinよりも136,000%エネルギー効率が高い(消費エネルギーが約1/1360)としています。

記事を読んで、サクッとCSPRを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)がわかる5つの特徴

  1. 開発者フレンドリーな環境が整っている
  2. PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を独自に利用
  3. イーサリアムのアップデートに不可欠
  4. ステーキング報酬が得られる
  5. 複数の取引所へ新規上場が増えている

の5点から解説しますね。

開発者フレンドリーな環境が整っている

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)の開発者向けサイト

Casperは、企業だけでなく開発者の利用しやすさを追求しています。開発言語には「WebAssembly」という世界で3,000万人以上に使用されている言語を採用しており、利便性を高めています。

さらに、今後導入が予定されている「トランスコンパイラ」を使うと、従来不可能だったコードの書き換えが可能になり、イーサリアム向けコードを簡単に移植できます。

Casperは、分散型アプリケーションの開発者向けに、スマートコントラクトや分散型ストレージ、分散型IDなどの開発者向けツールキットを提供して、簡単に分散型アプリケーションを開発できる環境の整備に腐心しているところも注目です。

PoS(プルーフ・オブ・ステーク)を独自に利用

 Casperは、PoS (プルーフ・オブ・ステーク)コンセンサス・メカニズムを独自に活用したものです。

PoSは消費電力を抑えた承認アルゴリズムであり、ビットコインなどに使用されているPoW (プルーフ・オブ・ワーク)の改良版として開発されました。PoSはPoWが抱えている膨大な電力や計算能力を必要としません。

他にも、手数料を予測できる仕組みを導入している点も特筆に値します。

イーサリアムのアップデートに不可欠

 仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)プロジェクトは、イーサリアムのアップグレードに関連するプロジェクトであり、イーサリアムのコンセンサスアルゴリズムをProof of Work(PoW)からProof of Stake(PoS)に移行するための重要なステップとされています。

イーサリアムのアップグレードの一環としてCasperプロジェクトが開発されており、イーサリアムのエコシステム全体に影響を与えています。

PoSへ移行すると処理スピードが上がり、手数料がさがるので、イーサリアムがさらに広く使われるようになります。

イーサリアムの利便性が上がると需要が増加するため、おのずとキャスパー(Casper/CSPR)の価値の上昇が期待されます。

ステーキング報酬が得られる

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)はステーキングすることができます。これはCasperがPoSを採用したことによってもたらされた恩恵です。

CSPR.liveのウォレットメニューから「Delegate Stake」を選択し、リストからバリデーターを選択してステーキングすることができます。

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)を長期保有することで報酬が得られます。

仮想通貨のステーキングとは
仮想通貨のステーキングとは、仮想通貨を保持し、ブロックチェーンのネットワークに参加することで、報酬を得る方法です。ただ保有するだけではなく、ブロックチェーンのネットワーク上に預け入れておかなければなりません。

複数の取引所へ新規上場が増えている

 仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)はBybit、OKX、Bitrue、Bitget、BingX、およびBitMartといった取引所への上場を果たしており、取引量が増える傾向にあります。

残念ながら日本では扱いがありません。が以下の手順でかんたんに購入できます。

記事を読んで、サクッとCSPRを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)の買い方・購入方法3ステップ

残念ながら 仮想通貨CSPRは、2024年2月現在日本国内の取引所での扱いはありません。しかし、以下の手順を踏めば海外の取引所で買う事が出来ます。

  1. 国内の仮想通貨取引所Coincheckでビットコインなどを購入
  2. 海外取引所Bybit(バイビット)に口座開設する
  3. 日本の取引所からBybitにビットコインを送金後、CSPRに交換

国内の仮想通貨取引所Coincheckでビットコインなどを購入

まず国内の暗号資産取引所でビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などを購入します。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順は非常にわかりやすく、順番にやっていくと簡単に口座開設できます。

本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

②海外取引所に口座を開設する

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

③国内取引所から海外取引所へ送金してCSPRを購入

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからCSPRを選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

記事を読んで、サクッとCSPRを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨Casper(キャスパー/CSPR)のチャート・価格推移

仮想通貨キャスパー(Casper CSPR)価格推移 全期間(CoinMarketCap)
【仮想通貨キャスパー(Casper CSPR)価格推移 全期間(CoinMarketCap)】

 CSPRの価格は、2021年3月のメインネット立ち上げ以来、あまり上昇が続いていません。ICO価格4.5円で上場に成功した後、CSPRは2021年5月12日にこれまでの最高値である200円と443倍まで上昇しました。

その後、Casperの価格は急激に下落し、2022年6月19日に3円の最安値を記録しました。それ以降、CSPRは5円~9円の間で横ばいの取引を続けています。

22024年2月1日現在はのCSPRの価格は5円、時価総額は590億円で124位と中堅どころにつけています。

記事を読んで、サクッとCSPRを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)の今後の見通しと将来性

仮想通貨キャスパー(Casper CSPR)の価格予想(TechNewsLeader)

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)の現在の価格対予想価格が以下の表です。

X年後予想価格上昇倍率
1年後1.35倍
5年後4倍
10年後18.5倍
仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)価格予想(TechNewsLeader)

これらの根拠としては、以下の2つがあります

  1. イーサリアムの今後のアップデートにCasperネットワークが大きく貢献するであろうこと。それがイーサリアムの成長につながる貢献であれば仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)への評価も高まるでしょう。
  2. バイナンスへの上場が実現すれば大きく値を上げることが期待される。

ただし、投資する際には自己判断で行ってください。  

記事を読んで、サクッとCSPRを手に入れてください。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Bybitの公式サイトはこちら>>

まとめ:仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)は今後の需要増加期待

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)はCasper Labsが発行するブロックチェーンプラットフォームです。PoSモデルを採用し、イーサリアムの性能向上や手数料の低減に効果を発揮します。企業や開発者のニーズに最適化されています。

Bitcoinの1/1360のエネルギー効率を達成しました。

仮想通貨キャスパー(Casper/CSPR)の購入方法は、国内取引所Coincheckでビットコインを購入し、海外取引所Bybitに日本語で口座を開設した後、CoincheckからBybitにビットコインを送って、CSPRに交換します。

現在価格は5円で、10年後には18.5倍になるとの予想もあります。

サクッとCSPRを手に入れるには、まずCoincheckに無料で口座開設してください↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

海外の取引所Bybitにも無料で口座開設できます↓

Bybitの公式サイトはこちら>>

Bybitでの口座開設手順の詳細は以下の記事を参照ください;

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須