アフィリエイト広告を利用しています

ApeBond(ABOND)とは?BANANAとの関係・買い方とその将来性

ApeBOND(ABOND)とは?BANANAとの関係・買い方とその将来性

スポンサーリンク

ApeSwapが発行する仮想通貨BANANAは消えてしまったのかな?もう買えないのかなと思っておられる方も多いのではないでしょうか?

ApeSwapは、DEXの枠を超えてボンド(債権)を扱うDeFi展開のために、ApeBondにリブランドし、ガバナンストークンとして仮想通貨ABONDを発行しました。そして、ApeSwapのガバナンストークンBANANAはABONDに1:1で移行します。

ABONDは日本の取引所Coincheckでイーサリアムを買って、ウォレットに送り、ApeBond DEXでABONDに交換して買えます。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるように、この画期的なApeBond(ABOND)の仕組み・特徴と買い方を紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨ApeBond(ABOND)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨ABONDの買い方

記事を読んで、サクッとABONDを手に入れるには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座を開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

仮想通貨BANANAに関して知りたい方は以下の記事を参照ください。

ApeBond(ABOND)とは?

トークン名称ApeBOND
仮想通貨シンボル・単位ABOND
ブロックチェーンBNBがメイン、他に8チェーンに対応
最大供給量
価格(1ABONDの円価格)@2023/12/30¥4.52
過去最高値@2023/12/28¥7.65
過去最低値@2023/12/29¥4.41
時価総額@2023/12/30情報無し
市場ランキング@2023/12/30情報無し
公式リンクhttps://ape.bond/
【仮想通貨ApeBond(ABOND)概要】

ApeBond(ABOND)は、ApeSwapから進化した革新的なDeFiプロトコルです。

このプロトコルは、暗号通貨を預けて新しいトークンを得るシステム(ボンディングメカニズム)を採用し、デジタル金融(DeFi)の世界が長期的に安定し成長する未来を目指しています。

ApeBondのトークンABONDは、2023年12月13日から取引されています。

ApeBondの組織もDAOを全面的に取り入れ民主化を図ります。

以下にその具体的な内容とメリットを説明します。

ABONDの基本情報とその起源

ApeBOND(ABOND)公式サイトABONDへの移行完了
【ApeBOND(ABOND)公式サイト:BANANAからABONDへの移行完了】

ApeBond(ABOND)は、ApeSwapの進化と共に生まれた新しいデジタルアセットです。元々ApeSwapとして知られるDeFiプロジェクトは、ApeBondとしてのリブランドを遂げ、新しいトークンABONDを市場に導入しました。このリブランドは、製品の改良と新しい戦略的方向性の示唆を意味し、DeFiエコシステム内での新しい役割を担います。

  • 分散型金融市場でのイノベーションとユーザーエンゲージメントの強化を目指す。
  • 新しいトークンと機能を導入し、市場内での役割を再定義する。
  • リブランドとABONDの導入:
  • ApeSwapからApeBondへのリブランドを実施。
  • 新しいデジタルアセットABONDを市場に導入。
  • DAOのガバナンスで運営

ABONDのユニークな特徴と市場での位置づけ

ABONDは、BANANAとGNANAトークンからの移行を通じて、特有の地位を築きました。このプロセスは、トークンノミクスの刷新、循環供給量の削減、評価額の増加を目指し、DeFi市場におけるその競争力と影響力を高めることに貢献します。ABONDは、DeFi分野における新しい時代の扉を開き、持続可能な未来への道を示唆しています。

  • 進化の具体的な内容:
  • BANANAとGNANAトークンからABONDへの移行。
  • DeFiプロトコル内でのボンディングメカニズムへの焦点転換。
  • ユーザーにとってのメリット:
  • 新しいトークンノミクスによる市場競争力の向上。
  • ABONDの導入による持続可能なDeFiエコシステムへの貢献。

サクッとABONDを手に入れるには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座を開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

ApeBondの特徴と機能

ApeBondの主要な特徴と利点

ApeBOND(ABOND)公式サイトマルチチェーン
【ApeBOND(ABOND)公式サイト:マルチチェーン対応】

ApeBondは、ApeSwapの進化の一環として登場した新しいトークンです。その主要な特徴と利点を以下に詳述します。

  • 進化のマイルストーン: ApeBondは、ApeSwapの完全なリブランド、製品の改良、および新しいトークンの発売を伴う大きな進化の一環です。
  • DEXからボンディングメカニズムへ: 最初はPancakeSwapにインスパイアされたDEXとして始まったApeSwapは、ボンディングメカニズムに焦点をシフトしました。この変更は、持続可能な未来へのビジョンをよりよく反映しています。
  • トークンノミクスの刷新: ABONDへの移行は、トークンノミクスを刷新し、循環供給量を削減し、完全希薄化後の評価額を増加させることで、爆発的な成長を期待しています。

ApeBondにおける機能とユーザー体験

ApeBOND(ABOND)公式サイト:SWAP画面
ApeBOND(ABOND)公式サイト:SWAP画面】

ApeBondの機能とユーザー体験は以下のように特徴づけられます。

  • ABONDトークンのユーティリティ: ABONDトークンは、ApeBondプラットフォーム上での独占的なユーティリティの鍵となります。これにより、トークンホルダーはプラットフォームと前例のないほど密接に結びつくことになります。
  • ユーザーへの新たな機会: ABONDの導入により、ユーザーはプロトコル内での新しい関与、投資、成長の方法を提供されます。これにより、ApeBondエコシステム内でのユーザー体験が向上します。
  • トークンノミクスの詳細: ABONDのトークンノミクスには、移行、エコシステム基金、マルチプライヤーバッファ、募金、財務省、チーム、ボーナスバケット、初期流動性などが含まれています。

DAOのガバナンスで運営

ApeBondは、分散型金融(DeFi)プロジェクトで、DAO(Decentralized Autonomous Organization)のガバナンスの下で運営されています。

ApeBondがDAOにしたメリットは以下の通りです:

  • 透明性と公平性:ApeBondの運営はブロックチェーン上で行われ、全ての取引や契約が記録されるため、透明性が高いです。また、全ての参加者が投票により意思決定に参加できるため、公平性も保たれています。
  • グローバルアクセス:ApeBondはグローバルにアクセス可能なプラットフォームであり、世界中の人々が参加できます。
  • 金融イノベーション:ApeBondは次世代の金融イノベーションを提供することを目指しており、その運営体制としてDAOが選ばれました。

これらのメリットにより、ApeBondは安全で透明性が高く、グローバルにアクセス可能な方法で金融イノベーションを提供することが可能となっています。

サクッとABONDを手に入れるには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座を開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

DAOに関して詳しく知りたい方は以下の記事を参照ください。

BANANAコインからApeBondへのリブランド

リブランドの背景と目的

ApeBondのリブランドは、ApeSwapからの重要な進化を象徴します。このリブランドの主な目的は、プロジェクトの成熟と市場での新しい役割を反映することでした。当初DEXに焦点を当てていたApeSwapは、持続可能な未来に向けたビジョンをよりよく反映するモデル、すなわちボンディングメカニズムに方向転換しました。

BANANAからABONDへの移行プロセス

ユーザーは特別な移行ボンドを通じてBANANAトークンを新しいABONDトークンに移行できます。この移行はトークンノミクスの刷新、循環供給量の削減、完全希薄化後の評価額の増加を目的とし、爆発的な成長の準備を整えます。移行には2ヶ月の猶予期間があり、より長期にわたってトークンを権利確定するユーザーには、乗数ブーストとロックボーナスが提供されます。

このリブランドと移行プロセスにより、ApeBondはDeFi分野における新しい地平を開き、ユーザーに新たな機会を提供しています。

ApeBondの購入方法

ABONDは日本では取扱がありません。が、次の方法で購入できます。

  1. 国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してイーサリアムなどの仮想通貨を購入
  2. ウォレットMetaMask(メタマスク)をインストールしてアカウントを作成する
  3. 自分のMetaMask(メタマスク)にCoincheckからイーサリアムを送付する
  4. ApeBond DEXにMetaMaskを接続して、ABONDに交換する

①国内仮想通貨取引所Coincheckに口座開設してイーサリアムなどの仮想通貨を購入

仮想通貨ApeBond(ABOND)の購入には、まずイーサリアムなどの仮想通貨を国内の仮想通貨取引所で購入することから始めます。仮想通貨取引所選びは、取引手数料や使いやすさなどを考慮に入れ、自分に合ったものを選びましょう。ビットコイン取引は、その流動性と普及度から、多くの取引所で対応しています。

おすすめの取引所はCoincheckです。ドコモグループのマネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすいです。順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたイーサリアム(ETH)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

②ウォレットMetaMask(メタマスク)をインストールしてアカウントを作成する

MetaMask(メタマスク)のインストールは、簡単かつ迅速です。ここではGoogle Chromeを例にとります。

1.Chromeウェブストアで「メタマスク」を検索します。

ChromeウェブストアMetamask追加画面
【ChromeウェブストアMetamask追加画面】

2.「Chromeに追加」をクリックします。これで、ブラウザにMetaMaskの拡張機能が追加されます。
追加後にMetaMaskのアイコンをクリックすると、セットアップの画面が表示されます。

3.「ウォレットの作成」を選択し、パスワードを設定します。このパスワードは、MetaMaskを使用するたびに必要となるので、忘れないようにしましょう。


以上が、MetaMaskのインストール方法です。

スマホの場合は、アプリストアで「MetaMask」と検索すると下のような画面が出てきますので、ダウンロードして下さい。

スマホ、MetaMaskアプリダウンロード画面
【スマホ、MetaMaskアプリダウンロード画面】

アカウント作成の手順

メタマスクのアカウント作成は簡単な手順で完了します。

1.メタマスクのインストールが完了したら、アイコンをクリックし「Create a Wallet」を選択。新規ウォレット作成に進みます。


2.セキュリティのため、強固なパスワードを設定しましょう。


3.次に、秘密のバックアップフレーズが表示されます。12語の英語単語です。これは紛失した場合の復元に必要なため、安全な場所に保存しておくことが大切です。

4.ウォレットアドレスは「0xd」から始まる42文字になります。


これでアカウント作成は完了です。次はイーサリアムを入金しましょう。

③自分のMetaMask(メタマスク)にCoincheckからイーサリアムを送付する

既に国内の仮想通貨取引所Coincheckでイーサリアムは購入済みです。MetaMaskはイーサリアム系仮想通貨に特化しています。

MetaMaskのアカウントも無料で開設済です。

あなたのMetaMask(メタマスク)のウォレットアドレス(「0xd」から始まる42文字)をコピーします。

MetaMask口座が開設出来たら、国内の取引所からイーサリアムをMetaMaskアドレスに送付しておきます。

日本の取引所Coincheckで暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

MetaMaskにイーサリアムが届いたら以下のような画面になります。

MetaMaskイーサリアムメインネット画面
MetaMaskイーサリアムメインネット画面

④ApeBond DEXにMetaMaskを接続して、ABONDに交換する

ApeBondの公式サイトにアクセスして、左上の「Swap」をクリックすると、下のようなSwap画面になります。

ApeBOND Swap ETH to ABOND

「From」の通貨にETCを選び、個数を入れると、ABONDコインの個数が表示されます。

「CONNECT」をクリックすると、接続できるウォレットの選択肢が現れます。「MetaMask」を選択すると、下のようなMetaMaskの画面が開きます。

ApeBOND Swap からMetaMaskが開きます

パスワードを入力すると、

ApeBOND Swap MetaMaskに接続

「接続」を押すと、以下のブリッジ画面が現れます。

ApeBOND Swap MetaMaskに接続後ブリッジ画面

一番下の「BRIDGE」を押すと、ブリッジに要する時間(5分と言っています)の「CONFIRM」(確認)後、ガス代(手数料)確認画面になります。

ApeBOND Swap MetaMaskに接続後ブリッジ時間確認画面ガス代も提示

イーサリアムのガス代はやはり高いですね。「確認」をクリックすると、トランザクションが処理されます。

これでApeBondに戻ると、BNB上に購入したABONDが存在することが確認できます。

サクッとABONDを手に入れるには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座を開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

仮想通貨ApeBond(ABOND)の価格推移

ApeBOND(ABOND)価格推移(coingecko)2023年12月21日-2023年12月30日
ApeBOND(ABOND)価格推移(coingecko)2023年12月21日-2023年12月30日

仮想通貨ABONDの2023年12月30日の価格は、4.52円です。12月28日には、ピークの7.65円をつけましたが、少し下落傾向です。

仮想通貨BANANAの取引は、2023年12月12日で終了しました。最終価格は、4.39円でしたので大体BANANAの価格を引きついでいます。

今後、ApeBondのボンディングメカニズムへの移行が計画通りにいけば、かなりの上昇を期待する向きもあります。

サクッとABONDを手に入れるには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座を開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

ApeBondの将来性

市場分析と成長ポテンシャル

ApeBond(ABOND)の将来性を評価する上で、市場分析と成長ポテンシャルの両方が重要です。ABONDの導入により、循環供給量の削減とトークンノミクスの刷新が進み、これが爆発的な成長の基盤を形成しています。また、ABONDはユーザーに独占的なユーティリティを提供することで、DeFiエコシステム内での役割を強化しています。

投資家視点から見たABOND

投資家から見れば、ABONDはDeFi市場における新たな成長の機会を提供しています。ABONDのユニークな特徴と将来のユーティリティの開示により、市場での注目が高まっており、投資家にとって魅力的な投資先となっています。そのため、ABONDは投資家に新しい機会として注目され、DeFiエコシステムにおける長期的な影響力を持つと見られています。

この情報に基づくと、ApeBondはDeFi分野において革新的な役割を果たすと同時に、投資家にとって新しい成長の機会を提供していることが分かります。

サクッとABONDを手に入れるには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座を開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

まとめ

ApeBond(ABOND)は、ApeSwap(BANANA)がDeFi史上No.1のボンディング プロトコルを目指してリブランドしたものです。

このリブランドは、分散型取引所(DEX)からボンディングメカニズムへの戦略的な移行を象徴し、ABONDは、多チェーンボンディングプロトコルとして持続可能なDeFiプロジェクトとコミュニティの発展を目指しています。

ABONDトークンは、ユーザーに新しいユーティリティと投資機会を提供し、プラットフォームの革新を支える重要な役割を果たしています。この革新は、DeFiエコシステムにおける新たな成長とイノベーションの促進に寄与することが期待されます。

ABONDの購入は、日本の取引所Coincheckでイーサリアムを買って、ウォレットに送り、ApeBond DEXでABONDに交換して入手できます。

サクッとABONDを手に入れるには、日本の仮想通貨取引所Coincheckで無料で口座を開設しておきましょう。

ドコモグループのマネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

仮想通貨BANANAに関して知りたい方は以下の記事を参照ください。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須