アフィリエイト広告を利用しています

Ecoterraとは? 特徴や買い方と将来性を徹底解説

Ecoterraとは? 特徴や買い方と将来性を徹底解説

スポンサーリンク

Ecoterra(エコテラ)とは何か、2023年12月に上昇しているけど日本で買えるのかな、などと思っておられるかたも多いのではないでしょうか?

Ecoterra(エコテラ)は、web3のRecycle-2-Earn(リサイクルして稼ぐ)アプリです。自然と調和した生活を追求するエコロジーテラ(地球)を組み合わせた新しいコンセプトの仮想通貨です。

仮想通貨Ecoterra(エコテラ)はかんたんに買えます。

日本のCoincheckでイーサリアムを買ってMetamaskというウォレットに入れて、プレセール中のEcoterraの公式サイトで購入します。

この記事では、仮想通貨初心者のかたにもわかるようにEcoterra(エコテラ)の特徴、買い方と将来性について紹介します。

この記事でわかること↓

  • 仮想通貨Ecoterra(エコテラ)とは、価格の動き、将来性
  • 仮想通貨Ecoterra(エコテラ)の買い方

記事を読んで、サクッとEcoterra(エコテラ)を手に入れてください。

そのためにはイーサリアムを買うことが必要ですので、Coincheckで無料で口座を開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Ecoterraとは?

トークン名称Ecoterra
仮想通貨シンボル・単位ECOTERRA
総供給量20億ECOTERRA
価格(ECOTERRAの円価格)@2023/12/17¥0.3737
過去最高値@Jul 27, 2023¥0.523
過去最低値@Aug 07, 2023¥0.2705
時価総額@2023/12/174億円
市場ランキング@2023/12/172810位
公式リンクhttps://www.ecoterra.io/en
          【仮想通貨Ecoterra(エコテラ)概要】

Ecoterraは、ユーザーのエコフレンドリーな行動に対して報酬を提供し、企業の気候変動に対する行動を促進するためのブロックチェーンエコシステムを提供しています。

2023年4月11日にプレセールが開始されたばかりですが、公式サイトだけでなく複数の取引所でも買えます。

このセクションでは以下の項目について詳しく解説します。

  • Ecoterraの働きについて
  • Ecoterraは何に使われるの?

Ecoterraの働きについて

Ecoterra(エコテラ)公式サイト

Ecoterraは、個人と企業が環境に対するポジティブな影響を与えるためのブロックチェーンエコシステムを提供しています。その主な働きは、リサイクル行動を奨励し、その行動に対して報酬を提供することです。具体的には、リバースベンディングマシン(RVM)を通じてリサイクルを行うと、Ecoterraのトークンが報酬として付与されます。

これらのトークンは、売却、保有、ステーキング、または環境保護活動への寄付などに使用することができます。このシステムにより、個々のエコフレンドリーな行動が直接的な報酬と結びつけられ、環境保護行動の促進が期待されます。

また、Ecoterraは企業に対しても同様の働きを提供します。企業が気候変動に対する行動を取るためのプラットフォームを提供し、企業の環境負荷軽減の取り組みを支援します。これにより、企業もまた環境に対するポジティブな影響を与えることが可能となります。

Ecoterraの働きは、個人と企業が環境に対する責任を果たす手段を提供し、持続可能な未来への一歩を踏み出すための重要な役割を果たしています。

Ecoterraは何に使われるの?

Ecoterraは、主に環境保護とリサイクル行動の奨励に使われます。具体的には、以下のような用途で活用されています。

  1. リサイクル報酬: Ecoterraの最も一般的な使用例は、リサイクル行動の報酬としてです。個人がリバースベンディングマシン(RVM)を通じてリサイクルを行うと、その行動に対してEcoterraのトークンが報酬として付与されます。これにより、エコフレンドリーな行動が直接的な報酬と結びつけられ、リサイクル行動の促進が期待されます。
  2. 環境保護活動への寄付: Ecoterraのトークンは、環境保護活動への寄付にも使用することができます。これにより、個々のエコフレンドリーな行動がさらに大きな環境保護の取り組みに貢献することが可能となります。
  3. 企業の環境負荷軽減の取り組み: Ecoterraは、企業が気候変動に対する行動を取るためのプラットフォームを提供します。企業はEcoterraを活用して、自社の環境負荷軽減の取り組みを行うことができます。

以上のように、Ecoterraは個人と企業が環境に対するポジティブな影響を与えるための手段を提供し、持続可能な未来への一歩を踏み出すための重要な役割を果たしています。

Ecoterraの特徴

Ecoterraは、その革新的な取り組みで注目を浴びています。一つの特徴は、環境保護とビジネスを結びつけること。彼らは、リサイクル活動を通じてECOTERRAトークンという報酬を提供しています。これは、一般的なビジネスモデルとは異なる新たなアプローチで、環境保護への意識を高めるとともに、ユーザーに対するインセンティブを提供します。また、Ecoterraは、その透明性とトレーサビリティにも定評があります。彼らはブロックチェーン技術を活用し、全ての取引や活動が公開され、誰もが参照できるようにしています。これにより、ユーザーは自分がどのように貢献しているのかを具体的に把握できます。これらの特徴が、Ecoterraが提供する独自性と信頼性を象徴しています。

Ecoterraはいつからあるのですか?

Ecoterraの設立は2023年となっています。このプロジェクトは、個人と企業が環境に対するポジティブな影響を与えるための手段を提供し、持続可能な未来への一歩を踏み出すための重要な役割を果たしています。

Ecoterraの何が物議を醸しているのか?

Ecoterraが物議を醸しているのは、その革新的なビジネスモデルと独自のトークンエコシステムにあります。リサイクル活動を通じてトークンを獲得し、それをさまざまなサービスや商品に交換できるという新しい形の環境貢献活動は、一部からは賛同の声を得ています。

半面、トークンの価値が不安定であること、またリサイクル活動の報酬化が本当の環境問題解決につながるのかという疑問の声もあるのが現状です。このような新しい試みがもたらす影響と結果には、まだ多くの未知数が存在しています。

リサイクル活動で報酬を獲得できるR2Eアプリ|Ecoterra

Ecoterra(エコテラ)R2E応用

EcoterraのR2Eアプリは、上図に示すように、リサイクル行動を通じて報酬を獲得することができる革新的なアプリケーションです。

ユーザーは、リバースベンディングマシン(RVM)を通じてリサイクルを行うと、その行動に対してEcoterraのECOTERRAトークンが報酬として付与されます。

ECOTERRAトークンは、売却、保有、ステーキング、または環境保護活動への寄付などに使用することができます。このシステムにより、個々のエコフレンドリーな行動が直接的な報酬と結びつけられ、リサイクル行動の促進が期待されます。

Ecoterraの購入方法

Ecoterraのトークン購入について解説します。以下の項目について詳しく説明します。

  • Ecoterraはどこで購入できますか?
  • Ecoterraトークンは何個ありますか?

Ecoterraはどこで購入できますか?

Ecoterraのトークンは、公式ウェブサイトを通じて購入することができます。具体的な手順は以下の通りです。

  1. Ecoterraの公式ウェブサイト(https://www.ecoterra.io)にアクセスします。
  2. 「Connect Wallet」をクリックして、購入に使用するウォレットを接続します。
  3. 接続したら、購入方法(ETH、USDT、またはカード)を選択し、支払いたい通貨の量または受け取りたいトークンの量を入力します。
  4. 支払い方法に応じて指示に従います。ETHやUSDTでの購入の場合は、「Buy Now」ボタンを押し、Metamaskでトランザクションを承認します。クレジットカードでの購入の場合は、KYCプロセスを完了し、カード情報を入力して支払いを承認します。
  5. トランザクションが完了し、確認されたら、「Connect Wallet」をクリックしてトークンの現在の残高を確認します。

公式サイト以外では、

  • UNISWAP
  • LBANK
  • BitMart

でも取り扱っています。

Ecoterraトークンは何個ありますか?

ECOTERRAトークンの総供給量は20億ECOTERRAです。

Ecoterraは、環境に配慮した持続可能なプロジェクトを目指しており、その一環としてトークンの発行量を制限しています。トークンの発行量を制限することで、価値の膨張を防ぎ、長期的な価値の維持を図っています。この戦略は、Ecoterraの持続可能なビジョンを反映したもので、投資家に対しても安心感を提供します。それゆえ、Ecoterraは一部の利益を犠牲にしてでも、地球環境の保全という大きな目標に貢献しようとしているのです。

Ecoterraは採掘できるのか?

ECOTERRAの採掘について、直接的な「採掘」は存在しません。

ECOTERRAはETC-20 トークンでEthereumブロックチェーン上に構築されます。ETC-20 トークンは他の暗号通貨のように採掘可能ではありません。

一般的な暗号通貨とは異なり、ECOTERRAはリサイクル活動を通じて獲得することが可能なのです。R2Eアプリを使用してリサイクル活動を行うことで、その活動が報酬としてECOTERRAトークンに変換されます。これは、一般的な「採掘」よりもエコロジーに優れ、サステナビリティを重視した新しい形の暗号通貨獲得方法と言えるでしょう。つまり、ECOTERRAの採掘は、自身のエコ活動を通じて行うことができるのです。

Ecoterraの価格と時価総額推移

Ecoterra全期間価格推移(CoinMarketCap)
【Ecoterra全期間価格推移(CoinMarketCap)】

Ecoterraの2023年12月17日の価格は、0.3737円で、2023年7月27日の過去最高値0.523円の71%です。

最低価格は、2023年8月7日の0.2705円です。

2023年8月8日には、0.3356円と1日で24%上昇しています。

時価総額は現在出回っている全てのECOTERRAトークンの価格を合計したもので、Ecoterraの規模やその影響力を示しています。現在の時価総額は、4億円と数多くある仮想通貨中、2810位です。現時点では弱小と言ってよい規模です。今がねらい目かもしれません。

投資家やユーザーは、これらの情報を用いてEcoterraの価値や将来性を評価します。市場の動向を理解することは、Ecoterraの購入や売却のタイミングを見極める上で重要です。これらのデータは、各種仮想通貨情報サイト、CoinMarketCapなどで確認可能です。

Ecoterraの最大の競合他社

Ecoterraは、環境保全とブロックチェーン技術を組み合わせたプロジェクトであり、その競合他社は同様の目標を持つ他のブロックチェーンプロジェクトとなります。以下に、Ecoterraと同様に環境保全に焦点を当てたいくつかのブロックチェーンプロジェクトを紹介します。

  1. Regen Network:このプロジェクトは、ブロックチェーンを使用して環境データを追跡し、環境保全に対する報酬を提供します。
  2. Nori:Noriは、炭素排出量を削減するためのマーケットプレイスを提供しています。
  3. Klima DAO:Klima DAOは、ブロックチェーンを使用して気候変動に対抗するためのデジタル通貨を提供しています。
  4. ClimateTrade:ClimateTradeは、ブロックチェーンを使用して炭素クレジットを取引するプラットフォームを提供しています。
  5. Earth Fund:Earth Fundは、ブロックチェーンを使用して環境保全プロジェクトを資金提供するためのプラットフォームを提供しています。

これらのプロジェクトは、Ecoterraと同様に、ブロックチェーン技術を使用して環境問題に取り組むことを目指しています。それぞれが異なるアプローチや特徴を持っており、Ecoterraとの競争関係にあると言えます。

Ecoterraのロードマップ

Ecoterraは、その開発ロードマップにおいて大きなマイルストーンを達成しています。そのプロダクト開発の進行状況は、プロジェクトのプレセールと同時に進行しています。

Ecoterraの開発進行状況

Ecoterraは、その製品開発ロードマップの一環として、Recycle-to-Earn (R2E)プラットフォームを開発しました。このプラットフォームは、ユーザーがリサイクル活動を通じて報酬を得ることを可能にします。これにより、リサイクル活動が増え、環境へのポジティブな影響が期待できます。

Ecoterraの今後の計画

Ecoterraの公式ウェブサイトには具体的なロードマップが掲載されていませんが、プロジェクトの進行状況とそのプレセールの成功から、Ecoterraはその製品開発とエコシステムの拡大に向けて着実に進んでいると言えます。具体的なロードマップや今後の計画については、公式ウェブサイトや公式SNSを通じて随時更新されるでしょう。

Ecoterraのビジョン

Ecoterraのビジョンは、ブロックチェーン技術を活用してリサイクル活動を促進し、環境に対するポジティブな影響を最大化することです。そのための具体的な手段として、リサイクル活動に対する報酬システムの開発と、リサイクル素材のマーケットプレイスの提供があります。これらの取り組みを通じて、Ecoterraは持続可能な未来を実現するための新たな道筋を示しています。

Ecoterraの長所と短所

Ecoterraとブロックチェーンの組み合わせは、持続可能な開発に向けた大きな可能性を秘めています。それぞれの特性を活かすことで、環境保全や再生可能エネルギーの普及、持続可能な実践を強化することができます。

Ecoterraの長所

  1. 透明性と追跡可能性: ブロックチェーンは供給チェーンに透明性と追跡可能性をもたらすことができます。これにより、製品の起源の確認、公正な取引の実施、不適切な材料や有害な生産方法の排除が可能になります。
  2. 分散型エネルギー管理: ブロックチェーン技術は分散型エネルギー管理を可能にし、効率的なピアツーピアのエネルギー取引を実現します。これにより、個人やコミュニティは再生可能エネルギーを生成、貯蔵、取引することができ、中央集権的な電力網や化石燃料に基づくエネルギー源への依存を減らすことができます。
  3. スマートコントラクト: スマートコントラクトは、環境保全の取り組みを自動化することができます。これにより、ステークホルダーは透明性と説明責任を保ちながら、環境保全活動に貢献することができます。

Ecoterraの短所

  1. 規制と法律の問題: ブロックチェーン技術はまだ新しいため、規制や法律の問題が生じる可能性があります。これは、Ecoterraの活動や取引に影響を与える可能性があります。
  2. 技術的な課題: ブロックチェーン技術は高度な技術的知識を必要とします。これは、Ecoterraの普及や採用を妨げる可能性があります。
  3. 市場の変動性: 仮想通貨市場は非常に変動性が高く、価格の急激な変動が起こる可能性があります。これは、Ecoterraトークンの価値に影響を与え、投資家にリスクをもたらす可能性があります。

Ecoterraとブロックチェーンの組み合わせは、持続可能な未来を実現するための新たな道筋を示しています。しかし、その成功は規制、技術的な課題、市場の変動性などの課題を克服することによってのみ達成されるでしょう。

Ecoterraの将来性

Ecoterraは、個人やビジネスがトークン化された報酬を通じてリサイクルを奨励する革新的なエコフレンドリーな暗号通貨プロジェクトです。

このイーサリアムベースのプラットフォームは、カーボンクレジットマーケット、リサイクル素材マーケット、そして組み込まれたソーシャルメディアスタイルの機能を誇り、今年最も注目すべき暗号通貨のローンチの一つとなっています。

Ecoterraの長期的な成長は、環境影響を改善しようとする大企業とのパートナーシップによって推進されるでしょう。

これにより、ECOTERRAトークンは2030年までに0.60ドルのレベルに達する可能性があります。

Ecoterraは300万ドルの資金調達が可能で買い時か?

Ecoterraは、プレセールを通じて既に130万ドル以上を調達しています。

プレセールは9段階に分かれており、各段階でトークンの価格が上昇します。そのため、早期にECOTERRAトークンを購入する投資家は、将来的にプラスのリターンを得る可能性が高くなります。

また、Ecoterraの開発チームは、ECOTERRAトークンを主要な取引所に上場する計画を持っており、これが公開取引の可能性を生む初めてのイベントとなります。

これらの要素を考慮に入れると、Ecoterraは現在、投資の適切なタイミングであると言えるでしょう。

現在のEcoterraのプレセールの段階については、公式ウェブサイトに明確な情報が掲載されていません。最新の情報を得るためには、公式ウェブサイトを定期的にチェックするか、公式のソーシャルメディアチャンネルに参加することをお勧めします。

まとめ:リサイクル活動が報酬につながる

Ecoterraは、リサイクル活動を通じて報酬を得ることができるRecycle-to-Earn (R2E)プラットフォームです。

EcoterraのR2Eプラットフォームでは、ユーザーがリサイクルできるアイテムをリサイクルするたびにECOTERRAトークンが得られます。リサイクル活動が直接報酬につながるので、環境保全行動が促進されます。

ECOTERRAトークンは取引所で他の暗号通貨や法定通貨に交換することが可能です。これにより、リサイクル活動が具体的な金銭的報酬につながります。

2023年12月現在の価格は、0.3737円と2023年7月の最高値の71%ですが、明らかに上昇基調にあります。

ECOTERRAを今の段階で少しでも買って将来の値上がりを待ちたいという方は、まず国内取引所Coincheckで口座を開設しておきましょう。

海外の取引所は日本語で口座開設ができる、Bybitがおすすめです。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須