アフィリエイト広告を利用しています

仮想通貨StreamCoin(STRM/ストリームコイン)とは?特徴・価格推移や買い方・将来性を徹底解説

仮想通貨StreamCoin(STRM/ストリームコイン)とは?特徴・価格推移や買い方・将来性を徹底解説

スポンサーリンク

仮想通貨StreamCoin(STRM/ストリームコイン)は、ブロックチェーン技術を活用したストリーミング配信プロジェクトの中心となる通貨です。

配信者と視聴者がSTRMを取得できる仕組みや、オフチェーンステーキング、NFT発行など多岐にわたる用途があります。

この記事では、StreamCoinの特徴、価格推移、購入方法、そして将来性について詳しく解説します。最新の情報を手に入れ、賢い投資判断を下しましょう。

仮想通貨StreamCoin(STRM/ストリームコイン)とは?

以下は、StreamCoin(STRM)に関する情報を表形式でまとめたものです。

トークン名称StreamCoin
シンボル・単位STRM
価格(1STRMの円価格)@2024年4月12日¥0.5861
時価総額@2024年4月12日8億7488万円
時価総額ランキング@2024年4月12日1301位
過去最高価格@May 06, 2022¥43.63
過去最低価格@Oct 19, 2023¥0.32
総供給量30.4 億STRM
公式サイトURLhttps://stream-coin.com/
【仮想通貨StreamCoin(STRM)概要】

StreamCoin(STRM)は、NFTとストリーミングに特化したアプリケーションのエコシステムを支えるユーティリティ・トークンです。

StreamCoinは、Web2とWeb3のギャップを埋めることを目的とし、世界中のすべてのユーザーに合わせた多目的ユーティリティを提供します。

仮想通貨StreamCoin(STRM/ストリームコイン)は、NFT向けのSTRM・NFTマーケットプレイスとMeiTalkマルチストリーミングサービスと連携して利用される通貨です。

StreamCoinは、MeiTalk内での支払いや報酬に使用されるだけでなく、ストリームNFTマーケットプレイスでも利用されます。

NFTはデジタルアイテムの所有権を証明するトークンであり、ストリームNFTマーケットプレイスでは音声や映像などのNFTが取引されます。

StreamCoinはストリームコインブロックチェーン上で運用され、高速かつ安全なトランザクション処理を可能にする技術が採用されています。

さらに、ストリームブリッジという機能により、異なるブロックチェーン間での相互転送が可能となり、StreamCoinの柔軟な利用が実現されます。

仮想通貨StreamCoin(STRM/ストリームコイン)は、MeiTalkプラットフォームの拡大やストリームNFTマーケットプレイスの発展などにより、将来性の高い通貨として期待されています。

StreamCoin(STRM)の基本情報

StreamCoin(STRM)は、MeiTalkマルチストリーミングサービスやストリームNFTマーケットプレイスと関連しており、BNBチェーン(旧Binance Smart Chain)上のBEP-20トークンです。

Stream Chain 2.0のリリース後、STRMはメインネットに移行する予定です。これにより、エコシステム内のユーティリティが増え、ガス料金が安くなり、全体的なパフォーマンスが向上します。

また、ストリームブリッジという機能も備えています。将来的には、ストリームチェーンへの移行やビジョンの実現が期待されています。

STRMの購入方法としては、国内の取引所でビットコインを購入し、海外取引所BybitでSTRMに交換する方法がおすすめです。

StreamCoin(STRM)の使われ方と市場規模

StreamCoin(STRM)は、115以上の仮想通貨取引所に上場して広く使われています。

STRMは、MeiTalkマルチストリーミングサービスとの関連性があり、ユーザーはSTRMを使用してサービス内でコンテンツを購入できます。

また、ストリームNFTマーケットプレイスでは、ユーザーはSTRMを使用してNFT(非代替可能トークン)を購入できます。さらに、ストリームコインブロックチェーンを介して、STRMは高速かつ安全なトランザクションを可能にします。これにより、STRMはさまざまな業界での使用が期待されています。

StreamCoin(STRM)の特徴

仮想通貨StreamCoin(STRM)公式サイト入口

StreamCoin(STRM)は、MeiTalkマルチストリーミングサービスとの関連性やストリームNFTマーケットプレイスの存在など、独自の特徴を持っています。

MeiTalkマルチストリーミングサービスは、コンテンツクリエイターやファンをつなぐためのソーシャルメディアプラットフォームであり、StreamCoin(STRM)はこのプラットフォーム内で利用されます。

また、ストリームNFTマーケットプレイスでは、コンテンツの販売や購入が行われ、StreamCoin(STRM)を使用して取引が行われます。

さらに、StreamCoin(STRM)は独自のブロックチェーンを持ち、高速かつ安全なトランザクションを実現しています。

さらに、ストリームブリッジと呼ばれる機能を持ち、異なるチェーン間での相互転換も可能です。これらの特徴により、StreamCoin(STRM)は多様な用途に活用され、将来性が期待されています。

MeiTalkプラットフォームとの関連性

仮想通貨StreamCoin(STRM/ストリームコイン)は、MeiTalkプラットフォームと密接に関連しています。

MeiTalkは、マルチストリーミングプラットフォームです。MeiTalk上でストリーム配信を行うことで、様々な動画サービスでも同時配信を行うことができます。また、MeiTalkは、グローバルマルチストリーミングプラットフォームで、従来のライブストリーミングの限界を超える様々な機能を提供します。

StreamCoin(STRM)は、MeiTalkプラットフォーム内でのトークンとして使用されます。ユーザーは、MeiTalk内での活動や貢献度に応じてSTRMを獲得できます。また、MeiTalk内での特定のアクションやコンテンツへの貢献によって報酬としてSTRMが与えられることもあります。

このような仕組みにより、MeiTalkプラットフォームは仮想通貨コミュニティの活性化を図っています。ユーザーは自身の意見や情報を通じてSTRMを獲得し、さらにそのSTRMを使って他のユーザーとのコミュニケーションを深めることができます。MeiTalkプラットフォームとStreamCoin(STRM)の関連性は、仮想通貨の普及とコミュニティの発展に大きく寄与しています。

ストリームNFTマーケットプレイスの存在

ストリームコイン(STRM)には、ストリームNFTマーケットプレイスという特徴的な存在があります。NFT(Non-Fungible Token)とは、独自の価値を持つデジタルアセットのことであり、ストリームNFTマーケットプレイスでは、このNFTを取引できます。

ストリームNFTマーケットプレイスとは、ストリームチェーン上で動作するNFTマーケットプレイスのことです。ストリームチェーンは、独自の標準であるNSTA-602 (NFT Standard Token Agreement-602)を活用してNFTを発行できます。このようなマーケットプレイスでは、速いスピードと安い取引手数料で簡単にNFTに切り替えることができます。

STRAYMは、オーナー権NFTマーケットプレイスです。STRAYMでは、アートなどのオーナー権がNFTによって取引できます。また、オーナー権NFTの2次流通にはロイヤリティを分配できる技術です。

STRAYMのアピールポイントは次の通りです。

  1. 厳選したアート・NFTの中からお気に入りを見つける
  2. 日本円またはETHでも取引ができる
  3. コレクションのポートフォリオを自由に構築・管理する
  4. オーナー権の累計購入回数または購入額に応じたステイタスによってVIPプログラムに参加する

ストリームNFTマーケットプレイスは、ストリームコイン(STRM)の持つコミュニティの一部として機能しており、ストリームコインの生態系をより豊かにする役割を果たしています。また、NFT市場の成長が予想されている現在、ストリームNFTマーケットプレイスは将来性のある存在と言えるでしょう。

ストリームコインブロックチェーンの概要

ストリームコイン(STRM)は、独自のブロックチェーン技術を使用しています。このブロックチェーンは、高速かつ安全なトランザクション処理を可能にし、ユーザーに優れた利便性を提供しています。

ストリームコインブロックチェーンは、分散型のデジタル台帳であり、仮想通貨の取引情報を記録しています。この台帳は、ネットワーク上の複数のコンピューターによって管理され、改ざんやデータの不正操作を防ぐことができます。

また、ストリームコインブロックチェーンは、スマートコントラクトと呼ばれるプログラムの実行も可能です。これにより、自動的に契約を履行でき、信頼性や透明性を高めることができます。

さらに、ストリームコインブロックチェーンは、他のブロックチェーンとの相互運用性も持っています。つまり、異なるブロックチェーン間でのデータや資産の移動が可能です。これにより、より広範な利用が期待されています。

ストリームコインブロックチェーンの概要を理解すると、ストリームコインの特徴や将来性についてより深く考えることができます。今後の発展に期待が高まります。

ストリームブリッジとは?

ストリームブリッジは、StreamCoin(STRM)の特徴的な要素の1つです。これは、ストリームコインブロックチェーンと他の異なるブロックチェーンとを接続するための技術です。ストリームブリッジは、異なるブロックチェーン間での資産の移動や相互転送を可能にし、ユーザーにとっての利便性を高めます。

ストリームブリッジの導入により、仮想通貨の取引や送金がより簡単かつ迅速に行われるようになります。また、ストリームブリッジはセキュリティにも配慮されており、安全なトランザクションを保証します。

ストリームブリッジの導入により、StreamCoin(STRM)の利用範囲が広がり、他の仮想通貨やトークンとの相互運用性が向上します。これにより、ユーザーはさまざまなブロックチェーン上の資産を簡単に管理し、効率的な取引を行うことができます。

ストリームブリッジは、StreamCoin(STRM)の将来性をさらに高める要素の1つと言えるでしょう。今後、さらなるブロックチェーンとの接続が進められ、ますます多くのユーザーがStreamCoin(STRM)の活用が期待されています。

StreamCoin(STRM)の価格推移

仮想通貨StreamCoin(STRM)全期間価格推移(CoinMarketCap)

仮想通貨StreamCoin(STRM)は2021年5月に発売され、その後急速に注目を集めました。

2022年5月6日には過去最高値である、44円をつけました。

その後はテラショック(2022年5月)や大手取引所FTXの破綻などの影響で価格を下げています。

2023年10月19日に過去最低値である、0.32円をつけた後、少し回復して今は0.59円です。

時価総額は、1,031位とかなり低迷しています。

価格影響要因の紹介

StreamCoin(STRM)が関連するニュースや発表も価格に影響を与える要因です。プロジェクトの進捗状況や新しいパートナーシップの発表など、ポジティブな情報は価格を押し上げる傾向があります。逆に、ネガティブな情報や不確実性が高い状況は価格を下げる要因となることもあります。

さらに、仮想通貨市場全体のトレンドやビットコインの価格動向もStreamCoin(STRM)の価格に影響を与えます。仮想通貨市場は相互に関連しており、ビットコインの価格が上昇すると、一般的に他の仮想通貨の価格も上昇する傾向があります。

最後に、市場参加者の感情も価格に影響を与える要因です。市場の心理状況や投資家の期待感は価格に反映されることがあります。投資家がStreamCoin(STRM)に対してポジティブな見方を持ち、期待感が高まると価格が上昇する可能性があります。

StreamCoin(STRM)の将来性

仮想通貨StreamCoin(STRM)10年後価格予測(TechNewsLeader)

上図が、USの著名な仮想通貨価格予想サイト「TechNewsLeader」の仮想通貨StreamCoin(STRM)10年後価格予測です。

このままではわかりにくいので、現在価格に対する倍率にしたものが下表です。

X年後倍率
1.9
5.8
1026.0
      【仮想通貨StreamCoin(STRM)10年後価格予測(TechNewsLeader)】

ストリームチェーン(メインネット1.0)への移行予定

仮想通貨StreamCoin(STRM/ストリームコイン)は、将来的にストリームチェーン(メインネット1.0)への移行を予定しています。現在、StreamCoinはイーサリアムのERC-20トークンとして発行されていますが、メインネット1.0への移行により、独自のブロックチェーンを持つことができます。

ストリームチェーンは、高速なトランザクション処理やスケーラビリティの向上を目指しています。また、ストリームチェーンでは、MeiTalkプラットフォームやストリームNFTマーケットプレイスとの連携が可能となります。

ストリームチェーンへの移行は、StreamCoinの将来性を高める重要なステップとなります。移行により、より多くのユーザーがStreamCoinを利用しやすくなり、さらなる成長が期待されます。

ストリームチェーン(メインネット1.0)への移行予定は、開発陣によって公表されており、着実に進行しています。今後の動向に注目です。

StreamCoin(STRM)のビジョン

StreamCoin(STRM)のビジョンは、仮想通貨の世界に革新をもたらすことです。ストリームコインは、MeiTalkプラットフォームとの関連性やストリームNFTマーケットプレイスの存在など、独自の特徴を持っています。また、ストリームコインブロックチェーンの概要やストリームブリッジによる相互転換の仕組みも注目されています。さらに、ストリームチェーンへの移行予定や開発陣の評価、企業出資の有無なども将来性を高めています。これらの要素から、StreamCoin(STRM)は大きな期待が寄せられており、仮想通貨市場での成功が期待されています。

開発陣の評価と企業出資の有無

仮想通貨StreamCoin(STRM/ストリームコイン)の開発陣は、業界で高い評価を受けています。彼らは豊富な経験と専門知識を持ち、ブロックチェーン技術の開発において優れた実績を持っています。さらに、StreamCoin(STRM)の開発には、一部の企業からの出資も行われています。

開発陣は、ブロックチェーン技術を最大限に活用し、StreamCoin(STRM)の機能やセキュリティを向上させるために努力しています。彼らの熱意と専門知識によって、StreamCoin(STRM)は将来的にさらなる成長を遂げることが期待されています。

また、StreamCoin(STRM)の開発には、一部の企業からの出資も行われています。これにより、開発陣はより多くのリソースとサポートを得ることができ、StreamCoin(STRM)の開発を加速させることができます。

開発陣の評価と企業出資の有無は、StreamCoin(STRM)の将来性を示す重要な要素です。彼らの経験とサポートによって、StreamCoin(STRM)は他の競合通貨との差別化を図り、市場での競争力を維持しています。将来的には、さらなる成長が期待される仮想通貨と言えるでしょう。

StreamCoin(STRM)の買い方・購入方法

StreamCoin(STRM)日本の取引所では扱いがありませんので、購入する方法について解説します。

  1. 国内の暗号資産取引所で日本円でビットコインを購入します。
    • 取引所に登録し、本人確認手続きを行い口座を開設します。その後、指定の日本円を入金し、ビットコインを購入します。
  2. 海外取引所Bybit(バイビット)に日本語で口座を開設します。
    • Bybitは日本語に対応しており、使いやすい取引所です。口座開設後、ビットコインをBybitに送金します。
  3. 日本の取引所からBybitに送金したビットコインを使用して、STRMに交換します。
    • BybitではSTRMの取引が行われているので、ビットコインをSTRMに交換できます。

以上がStreamCoin(STRM)の買い方・購入方法です。国内の取引所でビットコインを購入し、海外取引所Bybitに送金してSTRMに交換すると、StreamCoin(STRM)を手に入れることができます。

国内の暗号資産貨取引所で日本円でビットコインを購入

仮想通貨StreamCoin(STRM/ストリームコイン)を購入するためには、まず国内の暗号資産取引所でビットコインを購入する必要があります。その為には取引所に口座を開設する必要があります。

取引所は以下の4社が代表的です:

コインチェック:アプリダウンロード数NO.1 23銘柄

【DMM Bitcoin】:手数料が安い 26銘柄 

GMOインターネットグループ(東証一部上場)の【GMOコイン】:高機能アプリ 24銘柄

BitTrade :取引銘柄数No.1 28銘柄

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすいです。順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

次いで、入金した金額に応じたビットコイン(BTC)を購入して完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

おすすめはCoincheckです。

Coincheck(コインチェック)口座開設リンク

海外取引所Bybit(バイビット)に日本語で口座開設する

仮想通貨StreamCoin(STRM)を取り扱っている海外の主な仮想通貨取引所で日本語対応もしているところは、Bybitです。

Bybitでの口座開設方法を説明します。

Bybitアカウント作成画面

上にBybitの口座開設画面を示します。

Eメールアドレスとパスワードを入力して、手順通りに本人確認書類をアップロードすると口座開設完了です。全部日本語でできるので簡単ですね。

Bybit口座開設リンク

日本の取引所からBybitにビットコインを送金後、STRMに交換

日本の取引所でビットコインを購入した後、日本の取引所からBybitにビットコインを送金します。

まずBybitで入金を選んで、BTCを選ぶと入金用のアドレスが表示されますのでそれをコピーします。

日本の取引所で暗号資産の送金を押下すると、送金先アドレスを登録、2段階認証後に審査(マネーロンダリングではないかと見ています)を経て、晴れて送金可能になります。

必要な送金金額を選んで申し込むと送金完了です。

BybitでBTCの入金が確認できたら、仮想通貨StreamCoin(STRM)へ交換していきます。仮想通貨の一覧ボードからStreamCoin(STRM)を選択し、数量を入力するか、BTCの数量を指定すれば購入は完了です。

StreamCoin(STRM)に関するQ&A

  • ストリームコインの投資家やパートナーについて
  • 異なるチェーンにも相互転換可能か?

以上、StreamCoin(STRM)に関するQ&Aを紹介します。

ストリームコインの投資家やパートナーについて

ストリームコイン(STRM)は、多くの投資家やパートナーから注目を浴びています。その理由は、この仮想通貨が革新的なプラットフォームとしてのポテンシャルを秘めているためです。

まず、国内外の投資家からの支持が高いです。ストリームコインは、MeiTalkプラットフォームとの関連性を持っており、これによって多くのユーザーの利用が期待されています。また、ストリームNFTマーケットプレイスの存在も注目されており、これによってストリームコインの需要が高まることが予想されています。

さらに、ストリームコインのブロックチェーンの概要も魅力的です。高速かつ安全な取引が可能であり、これによって多くの投資家やパートナーがストリームコインに興味を持っています。

また、ストリームブリッジという技術も注目されています。これは、異なるチェーン間での相互転換を可能にするものであり、これによってストリームコインの利便性の向上が期待されています。

異なるチェーンにも相互転換可能か?

仮想通貨StreamCoin(STRM)は、異なるチェーン間での相互転換が可能です。これは、StreamCoinのブロックチェーン技術が他の仮想通貨との連携や交換を容易にするために設計されているからです。

StreamCoinは、異なるチェーン間でのトークンの移動を可能にするストリームブリッジと呼ばれるシステムを使用しています。このシステムにより、StreamCoinを保有しているユーザーは、他の仮想通貨に簡単に変換できます。

また、ストリームブリッジはセキュリティにも配慮しており、安全なトランザクションを保証しています。ユーザーは安心して異なるチェーン間での相互転換を行うことができます。

異なるチェーンにも相互転換可能なStreamCoinは、ユーザーにとって便利な機能です。ユーザーは、自分の好みやニーズに合わせて、異なるチェーン上での取引や利用を行うことができます。

これにより、StreamCoinの利用範囲が広がり、さらなる需要が生まれることが期待されます。将来的には、さまざまな仮想通貨との相互転換がスムーズに行われることで、StreamCoinの価値がさらに高まる可能性もあります。

まとめ:StreamCoin(STRM)の将来性に期待大

仮想通貨StreamCoin(STRM)は、ブロックチェーン技術を活用したストリーミング配信プロジェクトの中心通貨で、MeiTalkプラットフォームとも関連しています。

StreamCoin(STRM)は、配信者と視聴者が共にSTRMを取得できる仕組みを持ち、オフチェーンステーキングやNFT発行など多岐にわたる用途が展開されています。

特に、メインネットのガバナンスコインとしての機能や、複数のブロックチェーンとのクロスチェーン互換性があり、動画を観たり配信するとSTRMが獲得できるなど、ユーザーにとって魅力的な特徴が多く存在します。

さらに、ストリームチェーンへの移行予定やビジョン、開発陣の評価なども注目されており、これらの要素が将来性への期待を高めています。

価格は¥1.92、時価総額は2,8.7億円で、時価総額ランキングは#589で今後の成長に期待です。

仮想通貨StreamCoin(STRM)は今後の仮想通貨市場における動向が楽しみな通貨と言えるでしょう。

今のうちに仕込んでおくためにも、Coincheckで無料で口座開設しておきましょう。

コインチェック

海外取引所はBybitがおすすめです。口座開設ボーナスなども豊富ですので、まずは無料で口座開設しておきましょう。

Bybit口座開設リンク

最初のコメントをしよう

必須