アフィリエイト広告を利用しています

NFT(非代替性トークン)とは?購入から利用まで、仮想通貨との関係もわかりやすく徹底解説

NFT(非代替性トークン)とは?購入から利用まで、仮想通貨との関係もわかりやすく徹底解説

スポンサーリンク

悩む人
悩む人
NFT無料配布とかあるけど、ウォレットって何?仮想通貨が必要みたいだけど、むずかしいなぁー

「NFTってなに?どんなものがNFTになるの?どうやって買うの?」そんなあなたのために、NFTのこと、買い方、使い方をわかりやすく説明します。

NFTはブロックチェーンという技術を使った特別なデジタル資産です。絵(アート作品)、音楽作品やイラストなど、いろいろなデジタルデータがNFTとして売られています。

この記事を読めば、NFTがどんなものか、どうやって買えるかがしっかり理解できます。

この記事を読んで得られること:

  • NFTが何かしっかり理解できる
  • NFTがどんな風に使われているかがわかる
  • NFTをどうやって買うかがわかる

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでもCoincheck NFTに口座を開設することができます。まずは無料でCoincheckに口座開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

もくじ

NFT(非代替性トークン)とは?その特性を簡単に解説

NFT(非代替性トークン)は、アート、音楽やイラストのデジタルデータに鑑定書をつけて、一点ものであることを証明します。この鑑定書はブロックチェーン技術により改ざんが一切できません。

このセクションでは、トークンの基本概念、NFTの定義、そしてNFTと仮想通貨の違いについて簡単に解説します。

トークンって何?仮想通貨もトークン?

トークンは、デジタル世界での「証明」や「代用貨幣」という意味です。トークンはブロックチェーン技術を使って、取引の情報を記録しますので、改ざんが出来ません。

気をつけなければいけないのは、ブロックチェーンにはたくさんの種類があって、そのうえで発行されるNFTは同じブロックチェーン上でしか取引できないことです。

ブロックチェーンの種類は数百ありますが、NFT発行につかわれるのは、イーサリアム、ポリゴン、バイナンススマートチェーンやフローそしてビットコインなどです。

仮想通貨もトークンの一種で、それぞれのブロックチェーン上で発行および管理されます。

イーサリアムネットワーク上で作られたNFTはイーサリアムという仮想通貨でしか売買できないという制約をもっていると覚えておいてくださいね。

NFTとは「代替不可能なデジタル資産」のこと

NFT(非代替性トークン、 Non-Fungible Token)は、「代替不可能(非交換可能)」なデジタル資産を指します。

通常のデジタルデータは無限に複製可能で、それぞれのコピーにはほとんど価値はありません。しかし、NFTはブロックチェーン技術を利用し、各トークンに固有の情報と所有権を記録します。

このため、各NFTはそれぞれが唯一性をもつようになり、他のNFTやデジタルデータとは交換できないため独自の価値を付与されたのです。この「代替不可能」な特性が、デジタルアートやゲームアセットといった独自のデジタルコンテンツの所有権を保護し、新しいデジタル資産の形を作り出します。

暗号資産(仮想通貨)との違い

NFTと仮想通貨の主な違いは、交換可能性にあります。

仮想通貨は、代替性トークン(FT:Fungible Token)と呼ばれ「代替可能」であり、1単位の仮想通貨は他の同じ単位の仮想通貨と等価です。

しかし、NFTは「非代替性」であり、各トークンが独自のデータと価値を持っているため、他のトークンとは交換できません。これにより、NFTはデジタルコンテンツの独自性と所有権を保護し、新しいデジタルアセットの形を提供します。

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでもCoincheck NFTに口座を開設することができます。まずは無料でCoincheckに口座開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

NFTの主な4つの特徴

NFT(非代替性トークン)は、デジタルアート、ゲームアセット、そしてコレクタブルアイテムの世界を変革しています。特に、Beepleのデジタルアート作品やCryptoPunks、NBA Top Shotといったプロジェクトが話題を呼びました。ここでは、具体的な例を交えて、NFTの4つの主な特徴について詳しく解説します。

  • 代替不可能(唯一無二)なデジタルデータを作成できる
  • ブロックチェーンにより所有者記録の改ざんが困難
  • NFTには資産価値があり、投機性が高い
  • プログラマビリティがある

代替不可能(唯一無二)なデジタルデータを作成できる

NFTは各トークンが独自の情報と価値を持つことを保証します。例えば、デジタルアーティストBeepleの作品「Everydays: The First 5000 Days」は、一点もののデジタルアートとしてNFTで販売され、6900万ドル(103.5億円)で落札されました。このように、NFTはデジタルデータに唯一無二の価値を付与し、独自のデジタルコンテンツの所有権を保護します

ブロックチェーンにより所有者記録の改ざんが困難

NFTはブロックチェーン技術を利用し、そのトークンの所有者情報や取引履歴が永続的に記録されています。これにより、NFTの所有権と由来が明確になり、例えば、CryptoPunksの特定のパンク(Punk)が現在誰の所有であるか、そして過去誰が所有していたかという取引履歴を確認できます。

この透明性と信頼性がNFTの取引を支えています

NFTには資産価値があり、投機性が高い

NFTはコレクターのアイテムやデジタルアートなど、資産価値を持つものとして人気があります。特定のアーティストの作品や限定版のアイテムは高い価値を持ち、NFT市場ではこれらのアイテムが高額で取引されることもあります。

例えば、NBA Top Shotでは、レブロン・ジェームスのダンクショットのクリップが数十万ドルで売買されています。この資産価値と投機性が多くの投資家やコレクターの関心を引いています。

プログラマビリティがある

NFTはプログラム可能であり、スマートコントラクトを利用して様々な機能を組み込めます。これにより、アーティストは作品の再販時に一定のロイヤリティを受け取る設定をすることができます。

また、ゲーム内アイテムの取引ルールも設定でき、このプログラマビリティがNFTの利用範囲を広げています。

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでもCoincheck NFTに口座を開設することができます。まずは無料でCoincheckに口座開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

NFTが人々から注目される理由

NFTは近年、デジタルコンテンツの所有と取引の新しい方法として注目されています。多くの人々がNFTに魅了される理由はいくつかあり、ここではそれらの理由を具体的な事例を交えて以下の順で紹介します。

  1. デジタルアートの価値を保護
  2. 独自のコレクタブルアイテムの創造と取引
  3. スポーツとエンターテイメントの新しい展開
  4. スマートコントラクトによる自動化とプログラマビリティ

1. デジタルアートの価値を保護

デジタルアートは簡単に複製できるため、その価値を保護するのは難しい問題でした。しかし、NFT技術の登場により、アーティストは自分の作品の所有権を証明できるようになりました。例えば、デジタルアーティストのBeepleは、作品「Everydays: The First 5000 Days」をNFTとして販売し、6900万ドルで落札されました。これにより、デジタルアートの価値を保護し、アーティストにとって新しい収益の道を開くことができました。

2. 独自のコレクタブルアイテムの創造と取引

NFTは、独自のコレクタブルアイテムを作成し、それらを安全に取引するプラットフォームを提供します。CryptoPunksやLoot for Adventurersなどのプロジェクトは、限定された数のコレクタブルアイテムを提供し、それらが高額で取引されることもあります。これにより、コレクターとクリエイターの間で新しいマーケットが形成されています。

3. スポーツとエンターテイメントの新しい展開

NFT技術はスポーツとエンターテイメントの世界でも新しい展開を促進しています。例えば、NBA Top Shotは、プレイヤーのハイライトをデジタルコレクタブルとして販売し、ファンは自分のお気に入りのプレイの「所有権」を持つことができます。これにより、スポーツとエンターテイメントの業界が新しい収益源とファンエンゲージメントの機会を探ることができます。

4. スマートコントラクトによる自動化とプログラマビリティ

NFTはスマートコントラクトを利用して様々な機能を自動化できます。例えば、アーティストは作品が再販されるたびに自動的にロイヤリティを受け取る設定ができます。また、ゲームデザイナーはゲーム内アイテムの所有権と取引ルールをプログラムすることができ、これによりゲームのエコノミーを拡張することができます。

これらの理由により、NFTはデジタルコンテンツの所有と取引の新しい方法として、多くの人々から注目されています。

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでもCoincheck NFTに口座を開設することができます。まずは無料でCoincheckに口座開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

NFTの歴史とトレンド:どのように進化してきたか

NFTの歴史は、ブロックチェーン技術が発展し始めた時期に遡ります。しかし、NFTが広く認知されるようになったのは2021年で、この年は「NFTの年」とまで呼ばれました​​。2021年、NFTの取引は大幅に増加し、その取引額は約170億ドル(1.87兆円)に達しました。

2017年: NFTの黎明期

  • クリプトキティの登場: 2017年はNFT(非代替性トークン)への認知が高まった年で、特に注目すべきはクリプトキティ(Cryptokitties)の登場です。クリプトキティは、ユーザーが仮想の猫を購入、交換、および繁殖させることができるブロックチェーンベースのゲームであり、NFTとして所有権が証明されました​。
  • Ethereumブロックチェーン上の最初のNFTコレクション: この年には、Ethereumブロックチェーン上で最初のNFTコレクションが立ち上げられました​。

2018年: マーケットプレースの誕生と成長

主要なマーケットプレースの誕生: 2017年と2018年の間に、SuperRare, OpenSea, Foundationなどの主要なNFTマーケットプレースが誕生しました。これにより、コレクターや投機家がNFTを購入しやすくなり、業界が大きく前進しました​。

2019年:スポーツからNFT市場に参入相次ぐ

2019年には、NBA Top Shotが登場し、スポーツの世界でもNFTが注目を集めるようになりました。NBA Top Shotは、バスケットボールのプレイのハイライトをコレクタブルとして販売するプラットフォームで、非常に人気がありました。

2020年: NFT市場の急成長

2020年は、COVID-19パンデミックの影響でオンライン活動が増加し、NFT市場はさらに拡大しました。この年は、デジタルアート、音楽、ビデオ、ゲームアセットなど多くの種類のNFTが登場しました。

  • 市場規模の拡大: 2018年から2020年の間に、NFT市場の時価総額はほぼ10倍に増加しました​。
  • 新しいウォレットとブランドの参入: 2020年には、多くの新しいウォレットがNFTに関与するようになり、ブランドやライセンスがNFT産業に参入しました。

2021年:NFT市場の爆発的な拡大とTweet初投稿のNFT化

2021年は、NFT市場が爆発的に成長し、Beepleアーティストの作品「Everydays: The First 5000 Days」が69.3ミリオンドルで販売されるなど、多くの話題を提供しました。

中でも特筆すべきは、Twitterの創業者であるジャック・ドーシーが自身の初投稿をNFT化したことです。彼の初投稿は2006年に行われ、そのNFTは「Just setting up my twttr」というメッセージを含んでいます。

このNFT化により、ジャック・ドーシーの初投稿はデジタルアートとして所有されることが可能になりました。

2022年から2023年

2021~2022年にかけて、投機的な思惑でNFT市場が高騰し続けましたが、2022年後半からは大きく失速し、ピーク時に比べて市場規模は大幅に縮小しました​。

2022年にはMaroon 5が音楽チケットのNFTを利用し、NFT所有者のみにレストランサービスを提供する取り組みなど、実用的な用途が増えています。

しかし、2023年からはNFTに実用的な機能が実装される見込みであり、社会・経済の様々なシーンでNFT利用が拡大し、市場も回復・安定化しつつあります。

また、2023年にはSoulboundトークン(SBT)が登場し、バークリー音大提携校で音楽制作ソフトや3Dソフトを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作し、英語圏の視聴者向けに配信するなど、実用化が進んでいます。

日本では、伊藤穣一氏が学長を務める、千葉工大で卒業証書をSBTにする試みが始まり、注目されています。

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでもCoincheck NFTに口座を開設することができます。まずは無料でCoincheckに口座開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

NFTの主要カテゴリとその例

NFTは多様な分野で利用される革新的な技術であり、ここではその主要なカテゴリと代表的な例を詳しく紹介します。

NFTをデジタルアートと結びつける傾向がありますが、このセクションを通じて、このテクノロジーには単なるデジタルアート以上の可能性と広がりがあることが分かります。

1.コレクティブブルNFT:CryptoPunksなど

CryptoPunks_OpenSea
CryptoPunksのOpenSeaにおける展示のイメージ図、時価総額は1000億円以上

コレクティブル(Collectibles)とは、収集可能なデジタルアイテムを指します。希少性があり、投機的な目的や、プロフィール用の写真(PFP:Pictures for Profile)として使われることもあります。

このカテゴリの代表例がCryptoPunksです。CryptoPunksは、2017年にLarva Labs社からイーサリアム上で発行されました。総発行数10,000体で、8ビットPCで描かれたようなドット絵デザインの1つ1つが異なる「キャラクター」と「属性」の組み合わせを持つ唯一無二のものです。

リリース当初は無料で配られましたが、2020年から2021年にかけて起きたNFTブームの火付け役として価値は爆発的に上昇し、中には数億円~数十億円で取引されるPunksもあります。

CoinGeckoによると、2023年10月段階で最も時価総額が高いNFTコレクションは以下の通りです。

  1. CryptoPunks: 1,197 億円
  2. Bored Ape Yacht Club:768億円
  3. Mutant Ape Yacht Club:294億円
  4. Chromie Squiggle by Snowfro:231億円
  5. Azuki:141億円

2.デジタルアートNFT:Beepleなど

Beeple Everydays: The First 5000 Days NFTは103億円で落札
【Beeple Everydays: The First 5000 Daysのイメージ図、NFTは103億円で落札】

NFTの登場により、多くのアーティストが活躍の場を、アナログのキャンバスからデジタルに広げました。その一人が、Beeple(Mike Winkelmann氏)です。彼が5,000日描き続けた絵を集積したNFTはなんと103億円で落札されました。

NFTアートワークは、イーサリアムネットワーク上で作成され、OpenSeaRaribleなどのNFTマーケットプレイスで暗号通貨と取引されます。

彼らのNFT作品は所有権が保証された証拠を持ち、偽造や盗難から守られます。またスマートコントラクトにより、再販時にもアーティストに手数料が入るようにできます。

デジタルアート作品には、作品のタイトル、説明、作成者の情報、さらには作品の種類や形式などが記載されています。

最も高価なNFTアート作品は次のようなものです;

  1. The Merge by Pak: 約137億円
  2. Beeple Collection – Every day: The First Five Thousand Days by Beeple: 約103億円
  3. Clock by Assange and Pak: 約78億円
  4. Human One by Beeple: 約43億円
  5. CryptoPunk #5822 by LarvaLabs: 約35億円

3.ブロックチェーンゲーム(BCG):Axie Infinityなど

NFT テクノロジーにより、ブロックチェーンゲームの中で使われているキャラクターや武器などをNFT化して取引するようになりました。

その結果、ブロックチェーンゲーム業界はプレイして得た暗号通貨の売買だけでなく、NFTゲームをマスターし、獲得したゲームアイテムを販売して利益を得られるようになりました。

NFT ゲームは、ポケモンからインスピレーションを得たAxie Infinity(アクスィー インフィニティ) ゲームを通じて主流になり始めました。このゲームは、プレイヤーがゲーム内暗号通貨をめぐって NFT クリーチャーと戦い、その後販売できます。

Axie Infinity がトレンドに火をつけ、何百万人ものプレイヤーが現在 Play-to-Earn として知られる従来のゲーム市場から離れる中、新しい NFT ゲーム プロジェクトが常に開発されています

Axie Infinity は依然として NFT ゲーム界の最大の名前ですが、以下を含む他の数十のプロジェクトがこの分野に参入しています。

  • DeFi王国
  • 鎖に繋がれざる神々
  • サンドボックス
  • スプリンターランド
  • イリビウム

4.メタバースランド:The Sandboxなど

Facebook(現メタ)CEOのマーク・ザッカーバーグが2021年、ソーシャルメディア巨人がメタバースとして知られる仮想世界の構築に注力すると発表したとき、NFTがメタバースに必須であることが明らかになりました。

メタバースでは、私たちはアバターを使用して仮想世界を探索し、仮想不動産、デジタルアート、衣服、その他ほぼすべてのものをNFTとして購入します。

NFT を使用すると、「The Sandbox」では土地を購入できます。土地の所有者は博物館やゲームセンターを構築し、訪問者から入館料やゲーム代を徴収します。

ナイキは限定版の仮想ナイキ トレーナーを作成して 100 人のアバターにのみ販売したりできます。

NFTとメタバースを組み合わせることで、仮想空間は現実世界と融合していくのです。

メタバースの構築に重点を置いた上位の NFT プロジェクトは次のとおりです。

  • サンドボックス (SAND) の時価総額: 17 億ドル
  • Decentraland (MANA)時価総額: 15 億ドル
  • Enjin (ENJ)時価総額: 6 億 2,200 万ドル
  • Gala Games (GALA)時価総額: 5 億 3,200 万ドル
  • ハイストリート (HIGH)時価総額: 2,500 万ドル

その他のNFTの種類と応用例:11種類を紹介

NFTの活用例は以上の4つに限られず、大きな広がりを見せています。追加の11種類を一気に紹介します。

  1. NFTミーム:人気のミームがNFTにミントされ、人々は競ってSNS上に展示しようとしています。サクセス・キッド、Dogeミーム、Coffin Dance、Nyan Catなど
  2. NFTスポーツ記念品:スポーツ記念品や有名なスポーツの瞬間のビデオクリップさえも NFT としてブロックチェーン上にミントされています。これにより所有権の検証が簡素化され、世界市場で取引されるようになりました。NBA Top Shots、Sorare、NFL Moments &Heros、F1Delta Timeなど
  3. イーサリアム・ネーム・サービスドメイン:3 桁と 4 桁の ENS ドメインは、2022 年の 4 月から 5 月初めまでは無料でミントできました。現在では、イーサリアムで数千ドルで取引されています。ETH.comには3億円の価値がついています。
  4. NFTファッション:グッチやナイキなどの大手ファッションブランドは、人々が自分のアバターに高価な衣服を着せ、NFT販売から利益が得られように、NFTプロジェクトを開発しています。将来は1,500億円市場になると目されています。
  5. Trash Art:文字通り、ゴミでもアートになる、という表現の自由を守るために始まったムーブメントです。人々が通常はアートとは考えない何かの写真を撮り、それを何かしらの方法でアニメーション化したりします。アートの質や自己表現の自由について激しい議論が交わされました。
  6. ジェネレーティブアート:アルゴリズムの力とアーティストの創造性を組み合わせて、NFT コレクションを生成。AIはアーティストのビルディング・ブロックを学習し、すべてのトークンが異なるブロックの組み合わせとなる巨大な NFT コレクションを構築します。
  7. 音楽:音楽家はSpotifyやApple Musicなどのサービスが不当な手数料を取っていると感じ、暴利を得ているサードパーティを排除したいアーティストが音楽NFTを採用しつつあります。音楽NFTの主な展開方法は、アーティストがNFTマーケットプレイスでプレリリースアルバムを販売し、ファンに早期アクセスを提供し、将来の販売につなげることです。
  8. チケットの発券:チケットをNFTとしてミントすることで、転売者が偽造チケットを作成できなくし、主催者は第三者を介さずにチケットをオンラインでオークションできるため、ファンと主催者の両方の費用を節約できます。
  9. 現実世界の資産(Real World Assett:RWA):NFT は不変の所有権を証明し、現実世界とデジタル世界で誰が何を所有しているかを示す優れた方法です。NFT による資産の所有権は、より安全で改ざんが難しいため、標準的な書類手続きよりも優れた方法になりえます。政府の厳格な規制が必要ですが、次のような領域が影響を受けるとされています。
    • 不動産
    • 美術品
    • 高級品
    • 土地
    • 商業
  10. IDの証明:NFT の非代替性と透明性により、NFT は公式の身分証明書を作成および保存する理想的な方法となります。将来的には、ID カード、パスポート、運転免許証や卒業証書などがブロックチェーン上で保管されるようになる可能性があります。これにより、ドキュメントをより詳細に管理できるようになり、なりすまし詐欺の可能性が減ります。
  11. NFTツイートとデジタルヒストリー:元Twitter CEOのジャック・ドーシーは、最初の「ツイート」をNFTとして290万ドルで販売しました。今後NFTで歴史的瞬間をオンラインでキャプチャする事例が増えていくでしょう。

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでもCoincheck NFTに口座を開設することができます。まずは無料でCoincheckに口座開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

NFTの取引所(マーケットプレイス)とその特徴

NFTの取引所(マーケットプレイス)は、さまざまなNFTを売買するためのオンラインプラットフォームです。国内外の主要なマーケットプレイスを4つ紹介します。

  • Coincheck NFT:日本国内で利用できる取引所です。日本語に対応しており、日本のユーザーにとって使いやすい環境が整っています。
  • OpenSea:世界最初のNFT取引所です。多くのNFTが取引されており、幅広いカテゴリのアイテムが揃っています。
  • Blur:NFTを匿名で取引することができる取引所です。プライバシーを重視したいユーザーにとっては魅力的な選択肢となっています。
  • Rarible

これらの取引所は、それぞれ異なる特徴を持っています。ユーザーは自分のニーズに合った取引所を選ぶことが重要です。NFTの取引所を利用することで、自分のお気に入りのNFTを見つけたり、自分の作品を販売したりすることができます。NFT市場は今後も成長が期待されており、ますます多くの取引所が登場することが予想されます。

Coincheck NFT

Coincheck NFTは、2021年3月24日にローンチされた、暗号資産とNFTを用いたゲーム内アイテムを売買することができるマーケットプレイスです。これは国内初となる、暗号資産交換業者が運営するユーザー同士でNFTと暗号資産の交換取引ができるマーケットプレイスです。ブロックチェーンゲームのキャラクターやアイテムなどのNFTを仮想通貨(暗号資産)で簡単に売買できます。

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでも口座を開設することができます。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

OpenSea

OpenSeaは、NFT(非代替可能トークン)と暗号資産のコレクタブルのための世界初で最大のWeb3マーケットプレイスです。OpenSeaでは、ユーザーはNFTの生成や管理、購入やオークション出品ができます。

OpenSeaは2017年に設立され、ブロックチェーンベースのアセット(コレクタブル、ゲームアイテム、デジタルアート、ドメイン名、イベントチケットなど)の最初のピアツーピアマーケットプレイスとなりました。同社の主な収入源は、NFT取引が成立した際に差し引く2.5%の手数料です。

さらに、OpenSeaは日本国内でも利用することができます。日本語に対応しており、日本のユーザーにとっても使いやすい環境が整っています。

OpenSeaの取引高は、2022年初頭の時点で3000億円を超え、ユーザー数は2023年に100万人を超えました。

Blur

Blurは2022年に設立され、その後すぐにNFTマーケットプレイスの中でも最速かつ最も多機能なプラットフォームとなり、2023年にはOpenSeaを追い越しました。この成功は、Blurが提供する高速な取引体験と多機能性によるものです。

Rarible

Raribleは、コンテンツクリエーターと非代替可能トークン(NFT)の購入者をつなぐNFTマーケットプレイスで、ユーザーがコーディングスキルを持っていなくても利用できます。

Raribleは、インターネット上で最大かつ最も広く利用されているマーケットプレイスの一つで、数千のNFTプロジェクトが利用できます。Raribleでは、個人のコレクションを作成し、素晴らしいコミュニティの一部となることが可能です。

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでもCoincheck NFTに口座を開設することができます。まずは無料でCoincheckに口座開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

NFTの購入方法:初めてでも安心のステップ

NFTを購入するための一連のステップを解説します。

  • 仮想通貨取引所で無料講座開設:取引所はCoincheckがおすすめです
  • 仮想通貨イーサリアム(ETH)を購入する
  • 仮想通貨のウォレット、Metamaskを無料作成
  • Metamaskにイーサリアムを入金する
  • NFTマーケットプレイスに無料登録
  • NFTマーケットプレイスでNFTを購入する:有名なマーケットプレイスとしてはOpenSeaやBlurがあります。

仮想通貨取引所で無料講座開設

NFTを購入するためには、イーサリアムという仮想通貨が必要です。イーサリアムは国内の仮想通貨取引所で買えます。

おすすめの取引所はCoincheckです。マネックス証券傘下でもっとも信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順はどの取引所も非常にわかりやすいです。順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートなどをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類が選べるのが普通です。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

仮想通貨イーサリアム(ETH)を購入する

口座への着金を確認しましょう。スマホの場合は、ウォレットをタップすることにより確認できます。次いで、入金した金額に応じたイーサリアム(ETH)を購入します。「販売所」をタップし、ETHを選ぶと入金額でどれだけのETHが買えるか表示されます。

購入をタップすれば完了です。

仮想通貨の送金には送金手数料(ガス代)が発生しますのでその分も見込んで買っておきましょう!

Coincheckの公式サイトはこちら>>

仮想通貨のウォレット、Metamaskを無料作成

まずMetamaskとは何か?という疑問に答えます。NFTの取引には買ったNFTを保管するウォレット(財布)が必要です。

結論:MetaMaskは一つあるだけで、PC・スマホのどちらでも使え、複数のNFT仮想通貨を保管・管理できる世界No.1のスグレモノウォレットです。

Metamask アプリ ダウンロード画面
Metamask アプリ iPhone の場合

Metamaskはスマホ上でもPCのブラウザー上でもどちらで開設しても結構です。

秘密のリカバリーフレーズ(英単語12個)は、ウォレットを復元するときに必要となるので、厳重に管理・保管しておきましょう。これを知られるとウォレットの資産は全部抜き取られてしまいます。

ウォレットアドレスは「0xd」から始まる42文字になります。このアドレスに対して、別の取引所から仮想通貨を送金しますので重要です。

Metamaskにイーサリアムを入金する

口座が開設できたら、国内の取引所から自分のMetamaskにイーサリアムを移しておきましょう。

入出金>暗号資産>送付を選ぶとMetamaskのアドレス入力を要求されますので入力して、送金数量と送金目的を入れて申請するだけで手続き完了です。

Metamaskを起動して通貨が送金されていることを確認して完了です。

NFTマーケットプレイスに無料登録

ここでは、OpenSeaを例にとって説明します。

OpenSea公式サイト、口座開設画面
OpenSea公式サイト、口座開設画面

OpenSeaにアクセスして、右上の人型のアイコンをクリックすると、ウォレット(Wallet)接続画面が現れます。

OpenSea口座開設ウォレット接続画面

Metamaskをクリックすると、PCの場合は自動的にMetamaskが立ち上がります。

「次へ」をクリックして、次の画面でOpenSeaへの「接続」を押すと、「署名」を要求されますのでclickします。

OpenSea側で、ウォレット接続を許可して署名

すると、OpenSea側であなたのウォレット接続を「Accept and sign」するよう要求してきますので、それをクリックします。

OpenSeaでETHの残高が反映された。

最後にOpenSea側の上の欄で、MetaMaskのイーサリアム(ETH)の残高が反映されているのがわかります。

NFTマーケットプレイスでNFTを購入する

ここではOpenSeaを例にとります。

まず、OpenSeaの右上のプロフィールを設定しておきましょう。作者も、購入者に関心がありますので是非あなたのストーリーを伝えましょう。同時に、言語設定を日本語にしましょう

次に自分の興味や好みに合ったNFTを見つけましょう。

NFTが見つかったら、まずNFTの詳細情報を確認します。NFTの作者や作品の説明、価格などです。OKだったら、購入ボタンをクリックします。

支払いにはイーサリアム(ETH)を使います。購入手続きが完了すると、NFTはあなたのウォレットに送られます。

NFTを購入の際の注意点;

  • NFTの詳細情報をよく確認し、信頼できる出品者から購入することが重要
  • にせものを見抜く:売れたNFTには必ずと言ってよいほど、よく似た名前のにせものが出品されています。よく見たら微妙に名前のスペルが違ったり、出品点数が少ないなどの特徴がありますので注意してください。

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでもCoincheck NFTに口座を開設することができます。まずは無料でCoincheckに口座開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

NFTアートの作り方と販売の方法

デザインやイラストに自信のある方は、NFTアートを作って販売したい方も居られるでしょう。とても簡単です。

ここでは、NFTアートを作成し、それをオンラインで販売する手順を説明します。

NFTアートを作る

デジタルアセットの選択: まず最初に、NFTとして登録(ミント)したいデジタルの作品を選びます。デジタルの作品とは、コンピュータを使って作られた画像や動画のことを指します。多くの場合、画像がNFTとして登録されますが、動画や音楽、3Dモデルなど、他の種類のデジタル作品もNFTとして登録することができます。

選んだデジタル作品をNFTとして登録する:登録する(ミント)ことで、その作品の所有権を証明し、他の人に販売することが可能になります。

NFTのミント(Minting)とは、デジタルアイテムをブロックチェーン上で一意のトークンとして登録し、所有権を証明するプロセスを指します。ミントすることにより、デジタルアイテムはNFTとして認識され、取引可能になります。

NFT販売サイトで売る

NFTアートを販売するための主な手順は以下の通りです。

1. デジタルウォレットの作成:

  • まず、デジタルウォレットを作成する必要があります。このウォレットは、NFTを購入および販売するマーケットプレイスでトランザクションを行うために使用されます。Metamaskを選んでおけば間違いありません。

2. NFTマーケットプレイスの選択:

  • ウォレットを設定したら、NFTアートをリストアップ、ミント、販売するマーケットプレイスを見つける必要があります。Rarible, Opensea, または Nifty Gatewayなどの主要なマーケットプレイスがあります。

3. 暗号通貨の購入:

  • NFTアート市場で最も人気のある暗号通貨はイーサリアム(ETH)です。ETHを購入することで、NFTをリストアップし販売する準備が整います。

4. ウォレットをNFTマーケットプレイスに接続:

  • デジタルウォレットをマーケットプレイスに接続します。たとえば、Openseaでは、ウォレットアイコンをクリックすることで、Metamaskウォレットを簡単にリンクできます。

5. NFTにしたいファイルをアップロード:

  • ウォレットを設定し、暗号通貨を格納し、マーケットプレイスに接続したら、NFTアートのアップロードと販売を開始できます。

6. オークションまたは固定価格の設定:

  • ほとんどのNFTマーケットプレイスでは、リスティングタイプをオークションまたは固定価格として設定できます。これらはNFTを購入および販売する2つの一般的な方法です。

マーケティング(宣伝など)をする

NFTアートは作って、マーケットプレイスに陳列すれば即売れるというものではなくなりつつあります。X、instagramやTikTokなどを活用して積極的にマーケティングするケースも多くなっています。

NFTの課題と解決策

NFT(非代替可能トークン)は一時爆発的に普及し、その後沈静化しました。しかし特に日本では地方創生、ウィスキーの販売、イベントの記念、卒業証書などに広く活用する動きが静かに広がっています。一層の普及には課題があります。ここでは、NFTに関連する主な課題とそれらの解決策について解説します。

NFTの課題

  1. スマートコントラクトのリスクとNFTの保守
    • スマートコントラクトのセキュリティが不十分であるため、ハッカーによる攻撃が行われる可能性があります。最近では、Poly NetworkというDeFiプロトコルが攻撃され、600万ドルが盗まれる事例がありました。
  2. 評価(価格の妥当性の判断)の難しさ
    • NFTの価格は、クリエイティビティ、ユニークさ、所有者と購入者の希少性など多くの要因によって変動するため、価格を定めるのが困難です。
  3. 法律の課題
    • NFTに関する法律の定義が国際的にまだ確立されておらず、国によって異なる取り扱いがされています。
  4. サイバー脅威とオンライン詐欺
    • NFTの人気が高まるにつれて、偽のNFTストアや詐欺が増加しています。
  5. スケーラビリティの問題
    • 取引の増加に伴い、ブロックチェーンネットワークの混雑が生じ、取引の処理速度が遅くなる可能性があります。

解決策

  1. 教育
    • NFTに関する理解を深めるために、明確でだれでもアクセスできる教育リソースを提供することが重要です。
  2. エントリーバリア(参入障壁)の低減
    • NFTの作成と販売をより簡単かつ手頃な価格で行えるようにすることで、クリエイターやコレクターのエントリーバリアを低減できます。
  3. スケーラビリティ問題の解決策
    • NFTをサポートする基盤技術をアップグレードし、取引の速度と効率を向上させることでスケーラビリティの問題を解決できます。
  4. 持続可能な解決策(消費電力の低減)
    • 再生可能エネルギー源を利用するなどして、NFTに関連するエネルギー消費を削減することが求められます。
  5. 明確なガイドライン
    • NFTの所有と転送に関する明確なガイドラインと規制を確立することで、知的財産問題や規制の欠如を解決できます。

以上の課題と解決策は日本では徐々に対策がすすみつつあります。

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでもCoincheck NFTに口座を開設することができます。まずは無料でCoincheckに口座開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

NFTの今後の展望:可能性と期待

NFT(非代替可能トークン)は、様々な産業での利用が進みつつあります。以下に、NFTの今後の展望について具体的な事例を交えながら解説します。

web3とNFT

web3のトークン技術により、アーティストは中間業者なしでオリジナルのデジタルアート作品を販売できるようになりました。さらに、作品が再販された際にはロイヤルティを受け取ることも可能です。

これらは、web3世界でNFTができることの始まりに過ぎず、コミュニティの形成、ユニークで取引可能なゲームアセットの作成、メタバースでの所有権とアイデンティティの確立など、NFTはさらに有用になっていくでしょう。

デジタルアートの未来

デジタル空間が拡大する中で、NFTはデジタルアバターやデジタルアートの所有権を明確にすることで、これらのデジタルアセットに実在感をもたらし、取引の可能性を広げています。

たとえば、2021年にNFTアートが6900万ドルで販売されるなど、NFTアートの市場は大きく拡大しています。デジタルアーティストのBeepleは、作品をNFTとして販売し、クリプトワールドで大きな注目を集めました。その影響で、多くのNFTアーティストが個性的な作品を作成し、高額で販売するケースが増えています。

産業への影響

2023年以降、web3技術とNFTは、支払い、消費財、ゲームなどの世界最大の産業に大きな影響を与えると予想されています。さらに、ブロックチェーン技術と市場インフラの重要な進歩が予想されており、これにより技術はその完全な潜在能力を達成し、増加する需要に対応する規模に達することができます。

NFT市場の成長と成熟

NFT市場は成長と成熟を続けており、個人や組織がさまざまな産業での潜在的な応用を探求する人数が増えています。NFTは所有権、アイデンティティの概念を革新し、多くの可能性を開くことができます。

今後のトレンド

PwCのジョン・オリバー氏によれば、デジタルアセット産業は急速に進化しており、2023年のクリプトとNFTのトレンドに対する期待が高まっています。

以上の展望から、NFTはアート、ゲーム、その他多くの産業で革新的な影響を与え、市場は成長し続けることが期待されています

Coincheckに口座をもっている人ならばだれでもCoincheck NFTに口座を開設することができます。まずは無料でCoincheckに口座開設しておきましょう。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

まとめ:NFTがもたらす新たなビジネスの形

NFT(非代替性トークン)はデジタルデータに、一意性・所有権と所有者の証明・取引可能性などの特徴を付与した「代替不可能なデジタル資産」です。

特定のブロックチェーンネットワーク上に構築され、他のブロックチェーン上では取引できません。

NFTは2017年のクリプトキティや2021年のツイートのNFT化などのトレンドを経て注目を集めており、主要カテゴリとしてはコレクティブルとアートがあります。本記事ではNFT活用が進む15の分野を紹介しました。

取引所(マーケットプレイス)としてはCoincheckNFT、OpenSea、Blur、Raribleなどがあります。

購入方法は

  • 仮想通貨取引所のアカウントを作成して、イーサリアムを購入する
  • Metamaskなどのウォレットにイーサリアムを送金する
  • NFTマーケットプレイスに口座を開設して、Metamaskに接続する
  • 気に入ったNFTを購入する

の手順で買えます。

NFTアートの作り方と販売方法は、自分のデジタルアートを使って簡単におこなえます。自分の作品をNFT販売サイトで売ることで新たな収益源を作ることができます。

NFTは今後もさまざまな業界で活用されていくでしょう。

Coincheckに無料で口座開設して、イーサリアムを購入してNFTの世界に足を踏み入れませんか?

Coincheckの公式サイトはこちら>>

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須