アフィリエイト広告を利用しています

NFT のGiveawayまるわかり!もらいやすくなる方法と受け取り方を徹底解説

NFT のGiveawayまるわかり!もらいやすくなる方法と受け取り方を徹底解説

スポンサーリンク

「NFTのGiveaway(ギブアウェイ)ってタダでもらえるのは魅力だけど、自分にもできるかな?」そんな不安を抱えていませんか?

気持ちはすごく分かります。NFTのプロジェクトは玉石混交、詐欺まがいのものもあります。

かくいう私も1年半前は同じ状態で手さぐりでGiveawayに応募しては落選をくりかえしていました。しかし、勉強しまくったおかげで、詐欺にはあわずに得難い経験と何よりも気に入ったNFTを手に入れました。

この記事では、NFTのGiveawayに関して、

  • NFTのGiveawayとは
  • NFTのGiveawayをもらいやすくなる方法
  • NFTのGiveawayを受取る具体的な方法
  • NFTのGiveawayに関する注意点

を紹介しています。

ぜひ最後まで読んで、無料のNFTをゲットしてください。

NFTのGiveawayとは?

NFTのGiveawayとは、NFTが無料でプレゼントされるイベントやキャンペーンを指します。Giveawayは英語で「無料配布」の意味です。

NFTアートのコレクションやNFTゲームのアイテムなどを宣伝のために無料で配付します。
目的としては、

  • コレクションやクリエイターが自身のブランドや作品の認知度を上げるため
  • 仲間集め・コミュニティの強化
  • SNSでの影響力の拡大:Xアカウントのフォロワー数の増加

などが主なものです。

NFTのGiveawayは主にX(旧ツイッター)を介して配布されます。
Giveawayの応募には以下の条件が課されることが多く、企画者は効率的にフォロワーを獲得し、コレクションの認知度を上げることができます。

  • 企画者をフォロー
  • いいね
  • RT

Giveawayに当選したら、無料でNFTアートを入手でき、価値が上がった際には転売して利益を得ても全然構いません!

NFTに興味があってもあまりお金をかけたくない場合や初心者のかたは、Giveawayへの応募からNFTの世界に入るのがおすすめです。

NFTのGiveawayをなぜ無料で配るのか?

将来値上がりするかもしれないNFTが無料でもらえるからには、なにか裏があるのではないかと疑ってしまいますよね。詐欺ではないかと応募をためらう方もいるのではないでしょうか。

ほとんどのNFTのGiveawayは発行者のマーケティング戦略の一環として行なわれます。

NFTがGiveawayによって無料でもらえる理由を以下の順で解説します。

  • 発行するNFTの認知が拡がる
  • NFTのフォロワーが増える
  • 認知度・フォロワー数を上げた結果として、NFTの価格が上がる

発行するNFTの認知が拡がる

NFTのGiveawayをやる人の最大の目的は、発行するNFTの認知を拡げることです。

認知拡大のマーケティング手法としては以下の3つがあります;

  1. AMA(コラボAMA):運営者が「Ask Me Anything(何でも聞いてください)」というスタンスでオンライン開催します。プロジェクトの信頼度が分かります。
  2. NFTのGiveaway:SNSアカウントのフォローやDiscordの参加、アンケート回答などを条件に無料でNFTや(仮想通貨)をプレゼントします。
  3. コンテンツマーケティング:有益な情報やエンターテイメントを提供して顧客との関係を深め、最終的に商品やサービスの購入につなげます。

この中で一番コスパが良いのが、Giveawayで次がAMAなのです。元手が無料のNFTを使って、SNS上で、「いいね」や「リポスト(リツイート)」による拡散が期待できるので、かなり費用対効果の良い手法です。

コスパの良さが、Giveawayをやる大きな理由なので堂々と応募しましょう。

NFTのフォロワーが増える

NFTプロジェクトのファウンダーや公式SNSアカウントのフォロワー数は、そのプロジェクトの信頼度の指標としてみられることが多いので、運営者はかなり意識します。

他のインフルエンサーにコラボ依頼するときも、相互に紹介しあうことが多いので、当方のフォロワー数が多いと、交渉力が爆上がりです。

このような理由で、プロジェクトの運営者はフォロワー数を増やすことに躍起になっているのです。

認知度・フォロワー数を上げた結果として、NFTの価格が上がる

フォロワー数が上がると、NFTの価格が上がります。フォロワー数はNFTコレクションの人気を反映しているので、高値でも買ってもらえるのです。

Crypt Ninjaという、日本発のNFTイラストは、無料で配付したNFTが一週間で0円から200万円に価値が上がりました。

他の業界ではあり得ないほどの値上がりをするのがNFTの魅力です。

NFTプロジェクトが将来の価格を上げるために、ある数まではNFTを無料でGiveawayしてマスに認知してもらい、ブランディングをするのが、Giveawayの実態です。

NFTのGiveawayをもらいやすくなる方法

NFTのGiveawayはもしもらえたら、なかなかおいしいということはお分かりいただけたと思います。

ではNFTのGiveawayを手に入れるコツを知りたくなりますね。いろいろな配付イベントに参加した経験や仲間との会話から次の2点をお伝えしたいと思います。

  • アクティブなコミュニティに参加する
  • 運営者側の考え方を理解し、良きメンバーとして活発に活動する

アクティブなコミュニティに参加する

まずアクティブなコミュニティに参加しましょう。プロジェクトが活発で熱気があるとフォロワーも多くなり、NFTの取引も活発で将来の値上がりも期待できます。

TwitterやDiscordなどのプラットフォームでNFT関連のハッシュタグを追い、プロジェクトの更新情報を常にチェックして盛り上がっているかチェックしましょう。

運営者側の考え方を理解し、良きメンバーとして活発に活動する

NFTのGiveawayを手に入れるためには、運営者側の考え方を理解して良きサポーターとして行動しましょう。

プロジェクトの運営者は何を求めているのか?それは、新作品のプロモーションやコミュニティの活性化です。

運営者は、自分たちのプロジェクトに興味を持つ、アクティブで熱心なフォロワーを探しています。あなたがそのような存在だと認めさせましょう。

プロジェクトに対する興味や熱意を示し、積極的にかかわれば、運営者から良い評価を得られます。NFTのGiveawayをゲットするためには、ただ応募するだけでなく、運営者との関係性を築くことも大切なのです。

ただし、やり過ぎると迷惑行為になるので良い距離感を保つ配慮が必要です。

NFTのGiveawayを受け取るための事前準備5ステップ

NFTのGiveawayを無料でもらうための事前準備の手順として、以下の5つが必須ですので速やかに完了しておきましょう。

  1. 仮想通貨取引所Coincheckで口座開設してイーサリアムを購入する
  2. ウォレット(MetaMaskがおすすめ)への利用登録
  3. MetaMaskにイーサリアムを入金する
  4. NFTマーケットプレイス(OpenSeaがおすすめ)に利用登録してMetaMaskと連携
  5. X(Twitter)で「#NFT Giveaway」の情報を検索して申し込む

①仮想通貨取引所Coincheckで口座開設してイーサリアムを購入する

無料のNFTのGeveawayをもらっても、自分のウォレットに移す際に、ガス代という仮想通貨の手数料がかかる場合があります。少額ですが仮想通貨をもつチャンスと考えて行動してみましょう。

ガス代は運営側が負担する場合も多いのですが、今後NFT取引を楽しむのであれば、取引所の口座を開設しておかれるとよいでしょう。

ガス代はイーサリアムという仮想通貨で支払います。1回あたり数百円から1,500円相当です。イーサリアムは国内の仮想通貨取引所で買えます。

おすすめの取引所はCoincheckです。マネックス証券傘下で信頼性が高く、かつ初心者にもやさしいのが特徴です:

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

申込手順は非常にわかりやすく、指示どおり順番にやっていくと簡単に口座開設できます。本人確認は必須なので運転免許証、マイナカードやパスポートのどれか1つをスマホ経由で提出してください。

口座開設が終わると、次は日本円の入金です。銀行振込、コンビニ入金、クイック入金の3種類から選べます。手数料が無料のものを選ぶようにしましょう。

最初はあんまり大きな金額ではなく、少額から始めて慣れたら徐々に増やしていくのがおすすめです。

Coincheckの口座への日本円の着金を確認したら、いよいよイーサリアムの購入です。

日本円の着金はスマホの場合は、アプリのウォレットをタップして確認できます。次いで、入金した金額に応じたイーサリアム(ETH)を購入します。「販売所」をタップし、ETHを選ぶと入金額でどれだけのETHが買えるか表示されます。

購入をタップすれば完了です。

②ウォレット(MetaMaskがおすすめ)への利用登録

まずMetamaskとは何か?という疑問を持たれたと思います。NFTの取引には買ったNFTを保管するウォレット(財布)が必要です。

結論:MetaMaskは世界No.1のスグレモノウォレットで、しかも無料です。一つあるだけで、PC・スマホのどちらでも使え、複数のNFTや仮想通貨を保管・管理できるので必ず作っておきましょう。

Metamask アプリ ダウンロード画面
Metamask アプリ iPhone の場合

Metamaskはスマホのアプリか、PCのブラウザーのアドオン、のどちらで開設してもOKです。

注意:秘密のリカバリーフレーズ(英単語12個)は、絶対に漏らしてはいけません。ウォレットを復元するときに必要となるので、厳重に管理・保管しておきましょう。これを知られるとウォレットの資産は全部抜き取られてしまいます。

ウォレットアドレスは「0xd」から始まる42文字で、Giveawayに当選したときに運営から要求されます。このアドレスに対して、NFTが送られますので重要です。

③MetaMaskにイーサリアムを入金する

MetaMaskの口座が開設できたら、国内の取引所から自分のMetamaskにイーサリアムを移しておきましょう。

Coincheckで、
入出金>暗号資産>送付
を選ぶとMetamaskのアドレス入力を要求されますのでインプット、次いで送金数量と送金目的を入れて申請すれば送金完了です。

Metamaskを起動してイーサリアムが送金されていることを確認して完了です。

④NFTマーケットプレイス(OpenSeaがおすすめ)に利用登録してMetaMaskと連携

NFTを取引(購入、出品など)する場が、マーケットプレイスです。初心者にはOpenSea一択です。

OpenSeaは歴史もあり、日本語対応もしているのでまずは利用登録しましょう。

OpenSea公式サイト、口座開設画面
OpenSea公式サイト、口座開設画面

OpenSeaにアクセスして、右上の人型のアイコンをクリックすると、ウォレット(Wallet)接続画面が現れます。

OpenSea口座開設ウォレット接続画面

Metamaskをクリックすると、PCの場合は自動的にMetamaskが立ち上がります。

「次へ」をクリックして、次の画面でOpenSeaへの「接続」を押すと、「署名」を要求されますのでクリックします。

OpenSea側で、ウォレット接続を許可して署名

すると、OpenSea側であなたのウォレット接続を「Accept and sign」するよう要求してきますので、それをクリックします。

OpenSeaでETHの残高が反映された。

最後にOpenSea側の上の欄で、MetaMaskのイーサリアム(ETH)の残高が反映されているのがわかります。

⑤X(Twitter)で「#NFT Giveaway」の情報を検索して申し込む

X(Twitter)はNFTのGiveawayプロジェクトを探して参加するためのもっとも有効な手段です。

ハッシュタグ「#NFTGiveaway」「#Giveaway」を使ってプロジェクトを検索し、開催中のプロジェクトをみつけます。あなたが興味のあるプロジェクトを選びます。プロジェクトの詳細を読み、そのコンセプトやビジョンに共感できるものを選びましょう。

そのポストには応募条件が書かれています。

最近では以下の4点が提示されていることが多いです。

  1. プロジェクトの投稿を「いいね」して「リポスト」
  2. プロジェクトをフォローする
  3. プロジェクトのDiccordサーバーへの参加
  4. あなたのウォレットのアドレスの送付

条件を満たせば、応募者の中から抽選でNFTを配付(Giveaway)してくれます。

ただ応募するだけではなく、プロジェクトや作品に対する理解や興味を示すことも大切です。

NFTのGiveawayを受け取る方法

NFTのGiveawayのプロジェクトに応募後、めでたく当選したときのNFTの受け取り方法は以下の通りです。

  1. Xアカウントに当選通知が届くので、MetaMaskアドレスを運営側に伝える
  2. OpenseaでのGiveaway受け取りの確認

①Xアカウントに当選通知が届くので、MetaMaskアドレスを運営側に伝える

NFT Giveawayの配付決定が抽選の場合は、申し込んだX(Twitter)のポストのリプライの形で当選通知が届きます。

次いで、受取手続きの詳細はX(Twitter)のDMで通知されるのが一般的です。運営側から、「MetaMaskなどのウォレットのアドレスをX(Twitter)のDMで送ってください」といった連絡が入りますので、送ります。

MetaMaskアドレスの位置

アドレスの確認方法:
MetaMaskを立ち上げて、赤枠内のアドレスの右端のコピーボタンをクリックして、運営側から指定された方法で、ペーストして送付してください。アドレスミスを避けるために、必ずコピー&ペーストで送るようにしてくださいね。

②OpenSeaでのGiveaway受け取りの確認

NFTのGiveawayの運営側にあなたのウォレットのアドレスを通知したら、あなたのウォレットにNFTが送付されます。

その確認は以下の手順でおこないます。

  1. OpenSeaにアクセス
  2. 画面右上の「Connect wallet」を選んで、使用するウォレットを接続します。
  3. ウォレットの右側のアイコンにカーソルを合わせ、プロフィールを選びます。
  4. プロフィール画面のアドレスの下の「収集済み」のタブを開いて、応募プロジェクトのNFTが届いていることを確認します
  5. 非表示になっていないか確認:プロジェクトによっては、届いているが非表示になっていることがあります。
    • 念のために「収集済み」タブの並びの一番右の「その他」にカーソルを当てて、プルダウンメニューの一番下の「非表示」欄に数字が入っているか確認します。
    • もし数字が入っていれば、それをクリックして届いているか確認してください。

NFTのGiveawayに関する注意点

NFTのGiveawayに参加する際は、以下の注意点があります。

  1. ガス代という取引手数料の発生の可能性
  2. スキャム(詐欺)を警戒

ガス代という取引手数料の発生の可能性

ガス代とは、ブロックチェーン上で取引を行うための手数料のことで、NFTを受け取る際にも発生する可能性があります。イーサリアムの場合は、数百円から1,500円くらいになりますのでバカになりません。

Geveawayはそもそも無料の配付なので、運営側で負担する場合がほとんどですが、確認されることをおすすめします。

スキャム(詐欺)を警戒

NFTのGiveawayに参加するときには、詐欺を警戒してください。

応募したプロジェクトではないのに、DMが届いてウォレットのシードフレーズを聞き出そうとするのは詐欺です。完全に無視して、絶対にリンクは踏まないようにしましょう。

また、スパムNFTを勝手に送ってくる場合もあります。触ってしまうとウォレット中のNFTが盗まれる可能性もあります。自分が受取った覚えがないNFTがウォレットに入っていた時は絶対に触らないようにしてください。

有望なNFT Giveawayの事例

ここでは2024年に注目されているNFTのGiveawayを3つ紹介します。

  1. Gods Unchained : 毎日無料の NFT と 100 $GODS トークンを獲得
  2. Tamadoge: Tamadoge NFT ペットを育てて繁殖させる
  3. Faces of Delcy : 無料の NFT アイテムを 3 個受け取る

Gods Unchained : 毎日無料の NFT と 100 $GODS トークンを獲得 

Gods Unchained_毎日無料の NFT と 100 $GODS トークンを獲得

Gods Unchained は、ブロックチェーン技術に基づいたトレーディング カード ゲームです。「Play-to-Earn:遊んで稼ぐ」というコンセプトで構築されています。 

この Play-to-Earn モデルにより、ユーザーは NFT や $GODS トークンなどの報酬を獲得できます。以前は、毎日 10 人のプレイヤーに $GODS トークン 100 個を無料でプレゼントしていました。 

Avacado DAOとの提携により、ラップトップ、電話、ギフトカードを含む合計3,500ドル(約50万円)相当のNFTエアドロップがありました。

ゲームに参加してプレイを開始すると、無料の NFT 特典にアクセスできます!

Tamadoge: Tamadoge NFT ペットを育てて繁殖させる

Tamadogeゲーム用NFTを買う

Tamadoge は、ブロックチェーンベースのアーケード ゲームを通じて暗号通貨を稼ぎ、NFT を得られます。

おもしろい機能の 1 つは、Tamadoge ペットです。このNFTペットは、賞品付きのさまざまなコンテストでプレイするために育てたり、繁殖させたりできます。 

運営側は定期的にリーダーボードのトッププレイヤーにNFTを提供します。以前は、総額1,500万円のNFTのGiveawayを提供していました。 

現在、Tamadoge Arcade には、ユーザーが参加して賞品として NFT を毎週獲得できるゲームが搭載されています。

Faces of Delcy : 無料の NFT アイテムを 3 個受け取る

Faces of Delcy_無料の NFT アイテムを 3 個受け取る

Faces of Delcyは、アーティストのエルネスト・ロドリゲスによって作成されたNFTマーケティングコースです。

この NFT コレクションはPolygonブロックチェーンで作成されており、ショーケースはOpenSea経由で利用できます。 

彼らのキャンペーンの焦点は、すべての人間の中に存在する多様な個性の称賛です。

コレクションには 780 アイテムが含まれ、各生徒は参加するために 3 つのアイテムを受け取れるのです。

NFTのGiveawayまとめ

NFTのGiveawayとは、将来値上がりする可能性のあるNFTが無料でプレゼントされるイベントやキャンペーンです。

運営側は、

  • NFTコレクションの認知度を上げる
  • 仲間集め、コミュニティの強化
  • Xアカウントのフォロワー数の増加

といった、マーケティングの一環として実施します。

NFTのGiveawayは主にX(旧ツイッター)を介して配布されます。
Giveawayの応募には以下のような条件を満たせば誰でも参加できます。

  • 企画者をフォロー
  • いいね
  • RT

Giveawayに当選したら、無料でNFTアートやゲームアイテムを入手でき、転売して利益を得てもOKです。

NFTのGiveawayを受取るためには、以下の準備が必須です;

  1. 仮想通貨取引所Coincheckで口座開設してイーサリアムを購入する
  2. ウォレット(MetaMaskがおすすめ)への利用登録
  3. MetaMaskにイーサリアムを入金する
  4. NFTマーケットプレイス(OpenSeaがおすすめ)に利用登録してMetaMaskと連携
  5. X(Twitter)で「#NFT Giveaway」の情報を検索して申し込む

2024年に有望なNFT Giveawayプロジェクトを3つ紹介したので挑戦してください。

今後急速に成長するであろうNFTの世界への第一歩として是非、NFT Giveawayに応募して気に入ったNFTをゲットしましょう!

NFTの世界へ踏み出す第一歩として、仮想通貨取引所Coincheckで無料の口座開設をしておきましょう↓

Coincheckの公式サイトはこちら>>

口座開設から、入金、そして仮想通貨の購入方法は以下の記事を参照ください。

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須