アフィリエイト広告を利用しています

【悲報】NFTゲームはもう稼げない?その理由と稼ぐための対策を徹底解説

【悲報】NFTゲームはもう稼げない?その理由と稼ぐための対策を徹底解説

スポンサーリンク

NFTゲーマー
NFTゲーマー
NFTゲームはもう稼げないの?

稼げにくい理由と、稼ぐための対策を教えて!

最近、NFTゲームのアクティブユーザー数が減少し、一部からは「もう稼げない」との声が上がっています。

NFTゲームでの収益機会は依然として大きくありますが、より洗練された戦略が必要です。

それに対する対策を、いまでもNFTゲームをプレイしている筆者が詳しく解説します。

なぜ稼げなくなると言われているのか、その理由を探り、それを克服するための具体的な方法をご紹介します。

NFTゲームで稼ぐためには、仮想通貨イーサリアムの購入が必須です。国内取引所Coincheckで無料で口座を開設しておくことをおすすめします。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

もくじ

NFTゲームの利益可能性

NFTゲームの収益の鍵は、ゲーム内アイテムの価値と稀少性、そしてNFTマーケットプレイスでのアイテム販売が収益の鍵となります。ゲーム内での成果がリアルな報酬につながり、プレイヤーにとって魅力的な収益源となっています

NFTゲームの利益可能性は依然として存在します。適切なゲーム選択や戦略を立てることで、まだまだNFTゲームから利益を得ることは可能です。フィリピンではAxie Infinityで稼いで家を建てた例が報告されています。「JobTribes」というゲームでは、一人の日本人プレイヤーが半年で3,500万円を稼いだという例もあります。

ゲーム内アイテムの価値と稀少性

NFTゲームにおいて、ゲーム内アイテムやキャラクターは、非代替性トークン(NFT)としてブロックチェーン上で発行され、唯一性(独自の識別データ)を持つことで、他とは違う独特の価値を有します。これらのアイテムはゲーム内使用だけでなく、他のユーザーに売却できます​​。

特に希少性が高く需要のあるレアアイテムは高値で取引されることが多く、人気の高いレアアイテムを入手すれば、それを他のプレイヤーに売却して大きな利益を期待できます​。

NFTマーケットプレースでのアイテム販売

日本国内においても、NFTマーケットプレイスは次々と誕生し、その中でゲームのキャラクターやアイテムの取引が活発に行われようとしています。

例えば、FiNANCiE(フィナンシェ)は、国内の有名なアイドル、起業家、クリエイター、スポーツチームなどがプロジェクト掲載しています。

また、Coincheck(コインチェック)は、ガス代の高騰などの問題を解決したオフチェーンのNFTマーケットプレイスで、出品や購入にかかる手数料(ガス代)を無料にしています。

これらのマーケットプレイスは、プレイヤーにとってゲーム内アイテムをリアルマネーに換金する有効な手段を提供し、NFTゲームの利益可能性を大きく高めています。ゲーム内でのアイテムの価値と稀少性を理解し、適切なマーケットプレイスでの取引戦略を練ることが、NFTゲームでの成功の鍵となるでしょう。

NFTゲームの収益例

NFTゲームで成功を収めるプレイヤーは、トレンドに基づいた投資方法とリスク管理に注力しています。また、ゲーム参加に加えて、コミュニティ活動にも積極的に参加し、他のプレイヤーとの交流を通じて楽しみを広げることが重要です。これにより、ゲーム内での存在感を高め、成功への道を拓くことができます

NFTゲームで稼ぐためには、仮想通貨イーサリアムの購入が必須です。国内取引所Coincheckで無料で口座を開設しておくことをおすすめします。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

Axie Infinity

Axie Infinity 公式サイト

「Axie Infinity」は、NFTゲームの収益化における成功事例の一つです。このゲームでは、プレイヤーは自身のAxie(ゲーム内キャラクター)を育成し、強化して、ゲーム内で稼ぐことができるAXSトークンやSLPを得ます。これらのトークンは、換金でき、プレイヤーはゲームから収益を得られます。

あるプレイヤーの例では約6ヶ月間のプレイで、合計約97,000円の収益を上げています。これには、SLPの取得、スカラーシップでの収益、アクシーの売却が含まれています​​​​。

また、別の事例では、月に10~15万円の収益が得られると報告されており、プレイ時間は1日約1時間で、時給換算で最大5000円に相当します

The Sandbox

The Sandbox公式サイト

The Sandboxは、ユーザーがメタバース内でボクセルアートのアバターや建物などを作成し、遊んだり売ったりすることができるNFTゲームです。土地(LAND)やアイテムを販売して収益化することが可能で、LANDの保有者は土地を自由に扱い、イベント開催やレンタルで収益化できます。LANDは高値で取引されており、1区画が数百万〜数億円で取引されています。また、VoxEditを使用してオリジナルのボクセルモデルを作成し、ゲームで使用したり、NFTマーケットプレイスで販売することも可能です。

PROJECT XENO(プロジェクトゼノ)

PROJECT XENOは、Web3 PvPゲームで、プレイヤーは3体のNFTキャラクターを組み合わせてバトルを行い、勝利することで報酬を獲得します。プレイヤーはゲームをプレイして稼ぐことができ、一体あたり最大250ドルの収益を得ることが可能です​​。

SYMBIOGENESIS(シンビオジェネシス)

SYMBIOGENESISは、NFTコレクティブアートとゲーム性を組み合わせた「ストーリー解放型NFTエンターテイメント」です。このゲームでは、プレイヤー間の情報戦が鍵となり、キャラクターNFTが手に入るキャンペーンも実施されています​​。

BIGTIME(ビッグタイム)

BIGTIMEは、冒険しながら高速アクションプレイを楽しむマルチプレイRPGゲームです。TIMEトークンを稼ぐことができ、これらのトークンはゲーム内で砂時計を使用することで獲得できます。TIMEトークンは上場直後で稼ぎやすいとされています​​。

【現状の結論】NFTゲームは稼ぎにくくなっている

2023年のNFTゲーム市場は、多くの新しいゲームが登場すると同時に、収益を上げることが難しくなっているのが現状です。ここでは、稼ぎにくくなっている理由を見ていきましょう。

稼げなくなっている理由

NFTゲームが稼ぎにくくなっている理由
①高い初期費用
②手数料の増加
③報酬を得るまでに時間がかかる
④報酬額の下落
⑤NFTゲームの寿命
⑥ゲームの魅力

それぞれ詳しく次の章で見ていきましょう。

NFTゲームが稼げない6つの理由

NFTゲームが稼ぎにくくなっている6つの理由を解説します。

  1. 高い初期費用
  2. 手数料の増加
  3. 報酬を得るまでに時間がかかる
  4. 報酬額の下落
  5. NFTゲームの寿命
  6. ゲームの魅力

①高い初期費用

NFTゲームで稼ぎにく理由の第一が初期費用が高くて、回収に時間がかかる、最悪元がとれないことです。特に、人気のゲームでは高価なゲーム内アイテムを購入しなければゲームを始められない場合もあります。さらに、ゲームの流行が過ぎ去ると、ゲーマーの数が減り、需要も減って価値が下がるリスクもあります。これらの要素が経済的負担となり、NFTゲームが稼げないと感じる原因になっているのです。

NFTゲームの初期費用情報です。

  • 一般的な初期費用: NFTゲームを始めるための初期投資額はゲームによって異なりますが、平均的には約4万円程度が必要とされています。ただし、ゲームによっては無料で始められるものもあれば、初期費用が5万円以上になる場合もあり、これはあくまで目安です。
  • 具体的なゲーム別初期費用: 人気のNFTゲームは以下のような初期費用が必要です。
    • Axie Infinity (アクシーインフィニティ): 最低3万円
    • The Sandbox (サンドボックス): 最低32万円
    • Sorare (ソラーレ): 最低15万円程度
    • STEPN (ステップン): 最低5万円

NFTゲームを始める際の初期費用は、選ぶゲームによって大きく異なりますが、平均4万円というのは勇気がいるお値段とも言えます。

②手数料の増加

NFTゲームにおける手数料には、さまざまな種類があり、具体的な金額はそれぞれのゲームやマーケットプレイスによって異なります。以下にその詳細をまとめました。

  1. ガス代: NFTゲームで発生するガス代は、トランザクションに対する報酬としてブロックチェーンのマイナーに支払われるものです。トランザクションが発生する主なタイミングは、暗号資産の移動、NFTの移動、ゲームデータのセーブです。ガス代は、「Gas Limit」と「Gas Price」によって決定されます。例えば、1GASあたりの金額が「Gwei(ギガウェイ)」として設定されており、2022年9月28日の時点で1GAS=9Gweiで、10000GAS × 9Gwei × 0.000000001ETH = 0.00009ETHとなります。この計算によれば、想定手数料は16.75円になりますが、実際の手数料は数百円から多い時は数千円になる場合があります。
  2. 販売手数料: NFTで商品を出品した人がマーケットプレイスに対して支払う販売価格の一部です。この手数料はマーケットプレイスによって異なり、販売価格の一定割合として定められることが多いです。
  3. 出庫手数料: NFTをウォレットへ移す際にかかる手数料です。マーケットプレイスによっては無料の場合もありますが、出庫ができない場所も存在します。
  4. 決済手数料: 決済時に必要となる手数料で、例えばクレジットカード決済の場合、売上代金の一定割合が手数料として必要になります。
  5. その他の手数料: NFTマーケットプレイスによっては、出金や入金に手数料がかかる場合もあります。

これらの手数料はゲームやマーケットプレイスによって異なります、ので上記はあくまで目安と考えてください。また、ガス代などは暗号資産の市場価格やネットワークの混雑状況によっても変動するため、常に最新の情報を確認することが重要です。NFTゲームをプレイする際は、これらの手数料を考慮に入れて計画的に進めることが必要です。

③報酬を得るまでに時間がかかる

NFTゲームは初期費用を回収し、稼げるまで時間がかかると言われています。

NFTゲームをプレイし、特定の仮想通貨で報酬を得る。NFTアイテムを収集し、それを販売して収益を得ま。これには相当な時間と労力が必要です。ゲームのシステムを理解し勝ち筋を発見する、効率的にアイテムを収集するための戦略を練るためにも、一定の時間が必要です。初心者が即座に大金を稼げるわけではありません。

例えば、「Axie Infinity」のようなNFTゲームでは、ゲームに参加するためにキャラクターを購入する際に高額な初期費用がかかります。この初期投資の回収には通常4~6か月程度の時間がかかり、その間に市場の状況が変化し、資産や報酬の価値が減少することがあります。

④報酬額の下落

初期費用がかかっても、しっかり報酬として回収できれば良いのですが、報酬である仮想通貨は最近まで長期的に下落していましたので、最終的に円に換金した際の手取り額が相対的に減ってしまっていました。

日本で開発されたNFTゲームの例をいくつか挙げます。

Axie Infinity (アクシーインフィニティ): このゲームでは、報酬として「AXS」と「SLP」が使用されます

Axie Infinity AXS全期間価格推移(CoinMarketCap)
【Axie Infinity AXS全期間価格推移(CoinMarketCap)】

2021円11月7日 にピークの¥24,728をつけましたが、今は927円と約1/27に下げています

PROJECT XENO (プロジェクトゼノ)

EPOCH FACTORYとCROOZ Blockchain Labによるカードバトルゲームで、2023年5月からリリースされています。マルチチェーンに対応しており、戦略と戦術を駆使するPvPバトルが特徴です。基軸通貨はGXEとUXEです。

XENO Governance(GXE)全期間価格推移(CoinMarketCap)
【XENO Governance(GXE)全期間価格推移(CoinMarketCap)】

仮想通貨GXEはピークの120円から、2023年11月20日現在は、7.7円と約1/16に下がっています。

Job Tribes (ジョブトライブス)

Digital Entertainment Asset Pte Ltdが開発したカードバトルゲームで、2021年1月から提供されています。BNBチェーンを利用し、職業を擬人化した職業神カードでバトルを楽しめます。使用トークンはDEPとDEAPCheckです。

DEAPコインDEP((全期間価格推移(CoinMarketCap)
【DEAPコインDEP((全期間価格推移(CoinMarketCap)】

過去最高価格は、2021 年 11 月 25 日の13.73円ですが、2023年11月20日の価格は、0.1808円と約1/76となっています。

PolkaFantasy (ポルカファンタジー)

日本の二次元文化に特化したカードバトルRPGで、2023年6月にリリースされました。マルチチェーン対応を予定しており、使用トークンはXPZENNYです。

【DEAPコインDEP((全期間価格推移(CoinMarketCap)】

ピークは 2021年12月25日の、¥1,479.46ですが、現在は¥1.46(2023/11/20)と約1/1000にまで下げました。

これらのNFTゲームで報酬として使われている仮想通貨はいずれも、2023年11月にかけて、大きく値を下げているものがほとんでですので、ゲーマーの方たちの換金手取り額は減っています。

⑤NFTゲームの寿命

NFTゲームの寿命が短いので稼げないと言われます。一時人気になったNFTゲームも、長期的な成功を収めには苦労しています。

NFTゲームが新規プレイヤーを獲得し続けるためには、新機能を追加し続けなければならず、開発側も継続的な投資が必要です。その投資が続かない場合、ゲームは衰退し始め、結果としてプレイヤーの収益も減少するという負のスパイラルに陥ります。

NFTゲームの寿命と報酬への影響について、以下の具体的な例を参考にご紹介します。

1. Axie Infinity(アクシーインフィニティ)

  • 寿命: 約4ヶ月(2021年5月〜9月)
  • 影響: ゲーム内トークンSLPの価格が下落。
  • 詳細: 一時期、Play to Earnの代表的なゲームとして人気を博したが、ゲーム内トークンの価格が急落し、収益化が困難に。

2. STEPN(ステップン)

  • 寿命: 約5ヶ月(2022年1月〜5月)
  • 影響: ゲーム内トークンGSTの価格が下落。
  • 詳細: Move to Earnの先駆けとして登場。しかし、ゲーム内トークンの価値が下落し、収益性に影響が出た。

3. Runblox

  • 寿命: 1ヶ月後に価値が大幅に下落。
  • 影響: トークンRUXが最高332円から1円にまで下落。
  • 詳細: 元Zozotownの前澤さんが出資したことで期待されたが、トークン価値が急落し、収益性が低下。

4. Twitfi

  • 寿命: おおよそ3ヶ月程度で価格が下落。
  • 影響: トークン価格の急激な下落。
  • 詳細: 複数のNFTゲームと同様、一時的な高騰後に価格が急落した例。

5. NFTゲーム一般:これらの例から次のことが言えます。

  • 寿命: 多くのゲームが3ヶ月程度で価格が下落。
  • 影響: トークン価格の下落により報酬減少。
  • 詳細: 新規ユーザーの増加に依存する構造が原因で、新規ユーザーの参入が止まると価格が下落し、報酬システムが崩壊。

まとめると、NFTゲームの寿命が短い主な理由は次の通りです:

  1. 新規参入者数に依存: 新規ユーザーが減少するとトークン価値が下がり、報酬システムが成り立たなくなる。
  2. ゲーム内通貨の使い道が少ない: トークンの用途が限られており、換金目的での参加者が多いと価格が下落する。
  3. ゲーム自体が面白くない: ゲーム性が乏しく、収益性が低下するとプレイヤーが離れる。

NFTゲームの寿命を伸ばすには、面白いゲームを作り、ゲーム内通貨の価値が安定するようにする必要があります。

⑥ゲームの魅力

NFTゲームが稼げない理由の一つに、ゲーム自体が面白くないことがあります。プレイすることが楽しくないと、人気も出ず、トレンドにもならず、プレイヤーは続けず、ゲーム内のアイテムの価値も下がり、結果として稼げなくなるという悪循環に陥ります。

NFTゲーム「STEPN(ステップン)」は、ゲームの魅力の無さが報酬の低下につながった例です。

STEPNは「Move to Earn」モデルを採用し、歩くことでゲーム内通貨を稼ぐことができる革新的なゲームとして、初期には大きな注目を集めました。

しかし、ゲームの内容自体が単調で面白みに欠けていたため、長くプレイヤーをひきつけられませんでした。プレイヤーが離れるとゲーム内通貨の価格が下落し、残ったプレイヤーの報酬も低下しました。この例から、NFTゲームが成功するためには、単に仮想通貨が稼げるだけでなく、ゲーム自体が面白い必要があることが分かります。

NFTゲームで稼ぐための対策

NFTゲームで稼ぐための対策はいくつかあります。

  • ゲームが流行る前に参入する
  • 原資回収前に追加投資を入れない
  • プレイし続けること
  • 自分でSNSなどで情報収集する習慣をもつ

を説明します。

NFTゲームで稼ぐためには、仮想通貨イーサリアムの購入が必須です。国内取引所Coincheckで無料で口座を開設しておくことをおすすめします。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

ゲームが流行る前に参入する

早期参入の利点は、新しいゲームが人気を集める前に有利なポジションを取ることができることです。2022年のNFTゲーム市場は、早期に参入した人が特に稼げる傾向にありました。

まだ遅くはありません、2023年にリリース予定の「ステラファンタジー」のような新作に注目し、リリース前に情報をキャッチアップすることが有効です

原資回収する前に追加資金を入れない

NFTゲームへの投資は高リスクであるため、原資回収前に追加投資を行うことは避けるべきです。たとえば、Axie Infinityではレンタル機能を利用して、初期投資0円で家を購入するほど稼いだ事例もありますが、逆に通貨価値の下落リスクも常にあります。

新規プレイヤーが増えると、ゲーム内通貨の価値が上がり、各プレイヤーのパフォーマンスが下がり、リターンが低下する傾向があります。そのため、原資回収前に追加投資を行うと、リターンが下がった場合に資金を回収するのがさらに難しくなるかもしれません。まずは原資を回収し、その上で追加投資を検討しましょう。

プレイし続けること

NFTゲームで稼ぐためには、短期間での大きな収益を期待するよりも、コツコツとゲームを継続することが重要です。例えば、セール期間中に安くNFTキャラクターを購入し、その後の価格上昇を利用して利益を得るチャンスがあります。しかし、これを活用するためには、毎日のようにゲームをプレイし、市場の動向を把握する必要があります。

プレイヤーとしてのスキルやゲーム内のアイテムを増やすためには、一定期間の継続的な活動が必要です。また、コミュニティに深く関与することで、新たなイベント情報や有益なアイテムの情報を早期に入手できるでしょう。このような情報は、他のプレイヤーを出し抜くための重要な要素です。

しかし、稼げないと感じた場合は、そのゲームを続けるべきか見直すことも必要です。

自分でSNSなどで情報収集する習慣をもつ

NFTゲームの成功には情報収集が鍵となります。例えば、Axie Infinityでは、ゲーム収益だけで家を建てたプレイヤーが現れるほどの収益が可能でした​​。このような成功事例を知るためにも、SNSや関連フォーラムでの情報収集は不可欠です。また、CryptoKittiesではNFT猫が1,000万円以上で取引されたことがあります。このような高額取引の情報をつかむためにも、常に市場の動向を追い続けることが重要です。

特にSNSはリアルタイムの情報が集まる場所であるため、TwitterやFacebook、Redditなどのプラットフォームを活用しましょう。その中で注目すべきは、新規ゲームのリリース情報やアップデート情報、そして既存ゲームの市場動向です。

稼げるNFTゲームは存在するの?

「稼げるNFTゲームは存在するの?」と聞かれたら、「はい確かに存在します」となります。

ここでは、

  • NFTゲームでどれくらい稼げるのか
  • 初心者におすすめの無料のNFTゲーム6選+7

という視点から、まだまだ稼げるゲームがあることを説明します。

NFTゲームで稼ぐためには、仮想通貨イーサリアムの購入が必須です。国内取引所Coincheckで無料で口座を開設しておくことをおすすめします。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

NFTゲームでどれくらい稼げるのか

NFTゲームの収益性はゲームによって異なります。

具体的な例を見ると、Axie Infinityでは、フィリピンのプレイヤーがゲームの収益だけで家を建てた事例があります。また、同ゲームでは「スカラーシップ」と呼ばれる制度を利用し、キャラクターを貸し出して不労所得を得ることも可能です。キャラクターを貸し出す人が収入の7割を、実際にプレイする人が3割を受け取るのが一般的です​

STEPNでは歩いたり走ったりするだけで稼げるシステムがあり、NFTスニーカーの売買も収益の一部となります。ただし、これらのゲームで収益を上げるためには、数千円から数万円の初期投資が必要な場合が多いです。

これらの例から、NFTゲームにおける収益の可能性は大きいものの、成功はプレイヤーのスキル、市場の状況、そして投資額に依存することがわかります。また、市場の変動に伴うリスクもあるため、慎重なアプローチが求められます。

初心者におすすめの無料のNFTゲーム6選+7

NFTゲームが稼げないと感じている初心者の皆さん、無料で楽しみながら経験を積めるゲームがあることを知っていますか?

以下、初心者向けにおすすめの無料NFTゲームを6つピックアップし、それ以外にも有望なものを7つまとめてご紹介します。

  1. 「Gods Unchained」:カードゲーム
  2. 「元素騎士Online」:アクションRPG
  3. 「My Crypto Heroes」:戦略ゲーム
  4. 「Yuliverse」:バーチャルリアルティ
  5. 「Crypto Spells」:カードバトル
  6. 「Axie Origin」
  7. その他7選

Gods Unchained(ゴッズアンチェインド)

Gods Unchained(ゴッズアンチェインド)

「Gods Unchained(ゴッズアンチェインド)」は、対戦カードゲームで、その稼ぎ方は主に以下の3つです:

  1. ゲームをプレイして報酬を得る:Gods Unchainedでは、ゲームをプレイすることで仮想通貨「$GODS」を稼げます。主なゲームモードは、デイリー対戦モードと、1週間ごとに開催されるランキングモードです。
  2. NFTカードを販売する:ゲーム内のレアカードは高値で取引されており、収益性の面でも人気が高いです。
  3. 大会に参加して賞金を獲得する。

また、Gods Unchainedは、賞金付き大会の開催やe-sportsへの参入といった活発な運営方針から、海外を中心に高い評価を受け、暗号資産 (仮想通貨)を使ったゲームの中でも人気の存在となっています。そのため、オススメ度は高いと言えます。

元素騎士Online

元素騎士Online

元素騎士Onlineでの稼ぎ方については、以下の方法があります:

  1. ゲーム内で使用するNFTを販売する:ゲーム内で手に入れたアイテムを売ることで仮想通貨を稼ぐことができます。
  2. MVを運用する:MVトークンを所有することで、ゲーム内で様々な特典を受けられます。
  3. RONDを運用する:RONDトークンは、ゲーム内のアイテム・装備の売却で入手できるminiRONDとの交換や暗号資産(仮想通貨)取引所で購入できます。
  4. 保有する土地を活かして稼ぐ:購入した土地(マップ)上のオブジェクトやデザインを自由に作り変えることが可能です。
  5. スカラーシップの活用・レンタル料としてMVトークンを稼ぐ

また、元素騎士Onlineの評価については、以下のような意見が見受けられます:

  • 良い評価:元素騎士Onlineは、初期投資無料で誰でも簡単に遊べる「Free to Play」型の3DオンラインRPG (MMORPG)で、仮想空間 (メタバース)でゲームを遊びながら暗号資産 (仮想通貨)を稼ぐ「Play to Earn」のNFTゲームです。また、NFTアイテムをプレイヤー自身が製造・販売できる「UGC to Earn 」の仕組みを実現したゲームで、ゲーム内で装備できるオシャレ (見た目)装備の作成や、購入した土地 (マップ)上のオブジェクトやデザインを自由に作り変えることが可能です。これらの特徴から、多くのユーザーから好評を得ています。
  • 悪い評価:一方で、一部のユーザーからは、ゲームの運営に問題が発生した場合や何らかの原因でゲーム自体の運営が困難になった場合、MVやRONDにどのような影響が及ぶのか、価値がなくなる可能性があるのかといった懸念の声も上がっています。

My Crypto Heroes

My Crypto Heroes

My Crypto Heroes(マイクリプトヒーローズ)での稼ぎ方は主に以下のような方法があります:

  1. ゲーム内で使用するNFTを販売する:ゲーム内で手に入れたアイテムを売ることで仮想通貨を稼ぐことができます。
  2. クエストをコツコツクリアして、ドロップしたアイテムを売る
  3. 対戦バトルで賞品を得る
  4. ドット絵のキャラクターを作って売る
  5. マーケットで売買して稼ぐ

また、My Crypto Heroesの評価については以下のような意見が見受けられます:

  • 良い評価:My Crypto Heroesは、暗号資産 (仮想通貨)ゲームでは珍しく、ヒーローやエクステンションがドット絵で表現されていることが特徴的です。また、ゲーム黎明期の代名詞ともいえるドット絵とこれまでにないブロックチェーン技術の組み合わせは単純に面白く、また味わいのあるゲームプレイに一役かっています。これらの特徴から、多くのユーザーから好評を得ています。
  • 悪い評価:一方で、一部のユーザーからは、「ゲーム自体が面白くないのに、それほど時間を費やす気があるかどうかが問題です。無課金ではじめる初心者には、なかなかキビシイものがあるんじゃないでしょうか」という意見もあります。

Yuliverse

Yuliverse

Yuliverse(ユリバース)での稼ぎ方は主に以下のような方法があります:

  1. ソロプレイ:YuliNFTを一体以上保有していれば誰でもM2Eが開始できます。マップをスキャニングしてNFTキャラやアイテムがいる場所に行きましょう。
  2. ソーシャルプレイ:M2Eはチームでプレイすることもできます。報酬がブーストされるので是非ご利用下さい。
  3. ブリーディング:NFTレベルが15以上でブリーディングができます。NFT売買で利益を上げられるようになります。
  4. ゲームをプレイして稼ぐ:ゲーム内に用意されているバトルやイベント、ダンジョン探索、アリーナやボスレイドなどをこなしてトークンを獲得できるようになることが予想されます。
  5. NFTを売買して稼ぐ
  6. トークンを売買して稼ぐ
  7. ステーキングで稼ぐ
  8. ツイートで稼ぐ

また、Yuliverseの評価については以下のような意見が見受けられます:

  • 良い評価:Yuliverseは、現実世界とメタバースを掛け合わせたゲームベースのソーシャルアプリで、他プレイヤーと交流して稼げるソーシャル型ゲームとして評価されています。また、探索して稼げるMove to Earn要素カードゲームを含むミニゲームがある点も評価されています。これらの特徴から、多くのユーザーから好評を得ています。
  • 悪い評価:一方で、一部のユーザーからは、「ゲーム自体が面白くないのに、それほど時間を費やす気があるかどうかが問題です。無課金ではじめる初心者には、なかなかキビシイものがあるんじゃないでしょうか」という意見もあります。

Crypto Spells

Crypto Spells

Crypto Spells(クリプトスペルズ)での稼ぎ方は主に以下のような方法があります:

  1. ゲーム内で使用するNFTを販売する:ゲーム内で手に入れたアイテムを売ることで仮想通貨を稼ぐことができます。
  2. ミッションをクリアして仮想通貨を獲得する
  3. オリジナルカードの発行:ゲーム内で獲得することができる「カード発行権」を行使し、ユーザーはオリジナルカードを発行することができます。
  4. NFTマーケットを介してカードの取引が可能

また、Crypto Spellsの評価については以下のような意見が見受けられます:

  • 良い評価:Crypto Spellsは、ブロックチェーンの技術を使ったNFTカードゲームで、所有権がユーザーにあります。所有しているNFTカードを売買でき、レア度の高いカードや、強力なカードは高値で売買されるので、カードの売買だけでたくさんの収益を得ることもできます。これらの特徴から、多くのユーザーから好評を得ています。
  • 悪い評価:一方で、一部のユーザーからは、「ゲーム自体が面白くないのに、それほど時間を費やす気があるかどうかが問題です。無課金ではじめる初心者には、なかなかキビシイものがあるんじゃないでしょうか」という意見もあります。

Axie Origin

Axie Infinity: Origins(アクシーインフィニティ:オリジンズ)での稼ぎ方は主に以下のような方法があります:

  1. アクシーを購入する:Originsで仮想通貨を稼ぐには、少なくとも1体のアクシーNFTを購入する必要があります。
  2. NFT数に応じたランクまで昇進する
  3. スタミナを使ってバトルに勝利する
  4. シーズンごとの報酬を獲得する

また、Axie Infinity: Originsの評価については以下のような意見が見受けられます:

  • 良い評価:Axie Infinity: Originsは、NFTの購入が不要になり、誰でも気軽にプレイすることができます¹。また、ゲームをプレイすることで、仮想通貨(SLPやAXS)を稼げる。これらの特徴から、多くのユーザーから好評を得ています。
  • 悪い評価:一方で、一部のユーザーからは、「ゲーム自体が面白くないのに、それほど時間を費やす気があるかどうかが問題です。無課金ではじめる初心者には、なかなかキビシイものがあるんじゃないでしょうか」という意見もあります[^10^]。

その他無料で開始できるゲーム7選

  1. FiveStars: RPGジャンルで、スマホ対応。仮想通貨はSTAR、Mineral、KLAYです。
  2. Sweatcoin: M2E(Move to Earn)ジャンルで、スマホ対応。仮想通貨はSWEATです。
  3. Walken: M2Eジャンルで、スマホ対応。仮想通貨はWLKN、GEMです。
  4. MirM: MMO、RPGジャンルで、スマホ対応。仮想通貨はDRN、DOGです。
  5. Town Star: 農業系ゲームで、スマホ対応。仮想通貨はTowncoinです。
  6. PlayZap: ミニゲームジャンルで、スマホ対応。仮想通貨はPZPです。
  7. Decentraland: メタバース(土地)ジャンルで、スマホ対応。仮想通貨はMANAです​​。

NFTゲームについてよくある質問と答え

  • NFTゲームはなぜ儲かると思われているのか?
  • NFTゲームの初期費用はいくらかかるのか?
  • NFTゲームで稼いでいる人はどのくらい稼いでいるのか
  • ゲームで購入したNFTは売らなければ確定申告しなくても大丈夫なのか

などにお答えします。

NFTゲームはなぜ儲かると思われているのか?

NFTゲームは「Play to Earn」の概念を実現し、遊びながら稼ぐことが可能なブロックチェーン技術に基づいたゲームです。稼ぐ方法は二つあります。

プレイヤーはゲーム内でトークン(仮想通貨)を獲得し、これを法定通貨に変換することで利益を得られます。しかし、トークンの価値は不安定であり、価格が激しく変動するため、大きな利益を得ることができる一方で、損失を被るリスクもあります​​​​​​。

NFTゲームが儲かると思われる理由は、ゲーム内で作成、育成、または獲得したNFT(キャラクターやアイテム)に価値が付くためです。これらはNFTマーケットで売買可能であり、収益化できます。実際に、一部のプレイヤーはNFTゲームの収入だけで生計を立てていたり、家を購入するほどの収入を得ています​​。また、NFTゲームの特徴として、ゲーム発売から時間が経つにつれてNFTの価値が上昇する傾向があります。これは、NFTの数が有限であるため、ゲーム初期よりも後期の方がNFTが手に入りにくくなるからです

流行る前にNFTを購入したユーザーは儲かっています

流行る前にNFTを購入したユーザーは、NFTゲームにおいて大きな収益を上げています。彼らは流行前の段階でNFTを購入し、その価値が上昇するのを待つという投資戦略を採用。その結果、NFTゲームが一般的になった今、彼らのデジタルアセットの価値は大幅に上昇し、稼げないという現状を逆手に取っています。この事例から、NFTゲームで稼ぐためには、ゲームが流行る前の早期参入と、価値が上昇する可能性のあるNFTの選択が重要であることがわかります。

NFTゲームの初期費用はいくらかかるのか?

NFTゲームの初期投資額はゲームによって異なりますが、平均的には約4万円程度とされています​​。一方で、人気のNFTゲームによっては、初期投資額が3万円から32万円程度と幅広いです​​。ただし、一部のゲームでは0円で始められる場合もあります。

NFTは主にイーサリアムで購入します。数千円から数万円です。

NFTゲームの世界では、仮想通貨であるイーサリアムを使用してNFTを購入します。その価格は数千円から数万円と幅広く、この初期費用の高さが稼げない一因となっています。

NFTゲームで稼いでいる人はどのくらい稼いでいるのか

NFTゲームでの月収の目安は1万円から10万円程度で、収入は「参入するタイミング」「選ぶゲーム」「投資する金額」によって大きく左右されます。

ただし全てのプレイヤーが同じように稼げるわけではありません。また、NFTゲームは投資性が高く、市場の変動やゲームの人気に左右されやすいのが特徴です。そのため、トレーディングスキルや適切な投資戦略が求められます。稼げないと感じているプレイヤーも多いのが現状です。

STEPNの最盛期には、1日に数万円稼げたそうです

NFTゲームの中でも特に人気を博した「STEPN」は、その最盛期には1日に数万円を稼ぐプレイヤーが存在したと言われています。しかし、全てのプレイヤーが同じように稼げるということを意味するわけではありません。マーケットの動向やゲーム内の経済環境は日々変化し、収益を得るための戦略もそれに応じて変わっていく必要があります。したがって、NFTゲームで稼ぐためには、常に最新の情報をキャッチし、適切な投資を行うことが求められます。

ゲームで購入したNFTは売らなければ確定申告しなくても大丈夫なのか

NFTゲームで得たデジタルアセットは仮想通貨と同様、税法上の資産として扱われます。つまり、NFTを売却した際に得た利益は、仮想通貨の売却益と同じく課税対象となります。しかし、売却しなければ確定申告の必要はありません。なぜなら、ブロックチェーン上で存在するNFTは、売却するまでの間は「未実現利益」として扱われ、これには課税されないからです。ただし、取引所での売買やゲーム内での取引など、一度でも売却行為があった場合は確定申告が必要となります。

NFTゲームの未来予測と将来性

NFTゲームの未来は、その独自の特性とブロックチェーン技術の進化により、まだまだ大きな可能性を秘めています

現在、一部のNFTゲームが稼げない状況が続いていますが、これは一過性のトレンドとも言えるでしょう。

ブロックチェーン技術の進化により、ゲーム内のアイテムやキャラクターの所有権を保証するNFTの活用範囲は広がりつつあります。大手のゲーム企業もNFTゲームに参入しようとしています。

またNFTゲームはイーサリアムなどの暗号資産をベースとしており、プレイすることで暗号資産を稼げるモデルは仮想通貨市場の回復と共に大きく成長するでしょう。

このような背景から、NFTゲームはゲーム業界の新たな潮流となり、将来的には大きな収益を生み出す可能性があると予測されます。しかし、そのためにはNFTゲームの品質向上や、プレイヤーがゲームを楽しむための環境整備が必要不可欠です。

NFTゲームで稼ぐためには、仮想通貨イーサリアムの購入が必須です。国内取引所Coincheckで無料で口座を開設しておくことをおすすめします。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

大手ゲーム会社がNFTゲーム市場に参入する実例

大手ゲーム会社がNFTゲーム市場に参入する事例が増えています。例として以下の5つが挙げられます:

  1. Ubisoft(ユービーアイソフト): 「アサシン クリード」や「ウォッチドッグス」「ファークライ」など、数々の有名なゲームを手がけているフランスの大手ゲームパブリッシャーです。彼らはNFTゲーム市場への出資を発表しています。
  2. Ubisoftと「The Sandbox」のパートナーシップ: Ubisoftは、メタバース系NFTゲーム「The Sandbox(サンドボックス)」とのパートナーシップを結びました。この提携により、Ubisoftの知的財産(IP)を「The Sandbox」のメタバース内で利用できるようになり、将来的にはUbisoftのキャラクター「Rabbids」もメタバース内で利用可能になる予定です。
  3. Glance(グランス): Googleが投資するインドの企業であり、NFT推進に向けて積極的な行動を取っています。
  4. テンセント(Tencent): 中国のネット大手であり、オーストラリアのスタートアップ「Immutable(イミュータブル)」への参加を通じて、NFTゲーム市場に出資しています。
  5. Krafton(クラフトン): 「PUBG」などを手掛ける韓国の大手ゲーム会社で、ブロックチェーンスタートアップ「Solana Labs(ソラナ・ラボ)」と提携し、Play-to-Earn(P2E)型のゲーム開発を行っています。

これらの例からは、NFTゲーム市場が大手ゲーム会社にとって魅力的な新たなフロンティアであることがわかります。これらの企業の参入により、NFTゲームの技術革新や市場の拡大が期待されています。

稼げないNFTゲームに時間を使うか、転売などの他の方法を探すか

NFTゲームで稼げない理由

  1. 高い初期費用
  2. 手数料の増加
  3. 報酬を得るまでに時間がかかる
  4. 報酬額の下落
  5. NFTゲームの寿命が短い
  6. ゲームの魅力が低いことが多い

などの理由でNFTゲームは稼ぎにくくなっています。

NFT転売の可能性

それに対して、NFT転売は、最近は格安の作品が続々とローンチされているので優良プロジェクトの優先購入権を手に入れて値上がり益を狙う手法もおすすめです。

比較と選択

  • NFTゲーム: ゲームのプレイスキルや市場の動向に依存し、初期投資が必要でリスクが高い。
  • NFT転売: 市場の不安定さによるリスクがあり、価格変動を正確に予測する必要があるが、大きな利益を得る機会もある。

結論

稼げないNFTゲームに時間を使うか、転売などの他の方法を探すかは、個々のリスク許容度や市場に対する理解に依存します。NFTゲームは初期投資が必要でリスクが高い一方で、転売は市場の不安定さを理解し、機会を捉える必要があります。どちらの選択も、十分なリサーチと戦略が必要です。

最終結論:NFTゲームは以前ほどではないがまだ稼げます

NFTゲーム市場は、以前ほどの勢いはないかもしれませんが、まだ稼げる機会は十分残っています収益性が高いゲームを選ぶことが重要です

多くのNFTゲームは無料で始められ、リスクを抑えつつ収益化できます。

NFTゲーム市場は、2023年現在でも活発です。プレイヤーがゲームを楽しみながら報酬として獲得したNFT(キャラクターやアイテム、土地など)を売買したり、稼いだ仮想通貨を換金して収益化できます​​。

いくつかの人気ゲームでは、プレイヤーが実際に高額な収入を得ています。例えば、「Project XENO」や「Axie Infinity」、「Crypto Spells」などは、2023年においてもユーザーが多く、高収益NFTゲームとしてランクインしています​​。また、「JobTribes」というゲームでは、一人の日本人プレイヤーが半年で3,500万円を稼いだという例もあります​​。

最終結論:NFTゲームは以前ほどではないがまだ稼げます

NFTゲームで稼ぐためには、仮想通貨イーサリアムの購入が必須です。国内取引所Coincheckで無料で口座を開設しておくことをおすすめします。

Coincheckの公式サイトはこちら>>

スポンサーリンク

最初のコメントをしよう

必須